次の方法で共有


AI Builder 試用版

AI Builder の使用を開始するには、試用版ライセンスで期間限定のプレミアム機能を使用します。 または、ライセンスをまったく取得せずにプレビュー機能を使用します。

AI Builder は、あなたの Power Apps、Power Automate、または Dynamics 365 ライセンスのアドオンとしてライセンスされています。 これは、Microsoft Power Platform 環境を作成できる、Power Apps、Power Automate、または Dynamics 365 のライセンスを手にした後、AI Builder の試用版を開始できるということを意味します。

注意

キャパシティ アドオンを購入したり、他のプレミアム ライセンスを購入したりして、すでに AI Builder のクレジットがテナントにある場合は、AI Builder の試用版を開始することはできません。

試用版ライセンスのメリット

AI Builder 試用版ライセンス は、30 日間の試用期間中 AI Builder の機能を無料で利用できます。

次の機能を AI Builder 試用版ライセンスで入手できます。

  • 任意の環境 (試用版または運用版) で AI モデルを作成して使用します。
  • AI モデルの結果を Dataverse に保存します。
  • AI モデルを、アプリやフローなどで使用します。

カスタム プロンプト、事前構築済みプロンプト、および GPT を使用したテキストの作成は、AI Builder 試用版では利用できません。

AI Builder 試用版ライセンスをアクティブ化する

  1. Power Apps または Power Automate にサインインします。

  2. 左のペインで ... その他>AI ハブ を選択します。

  3. データベースがない場合 (データベースが見つかりませんというメッセージが表示される場合) は、次の手順を実行します:

    1. データベースの作成 を選択して、通貨と言語を選択します。

    2. マイ データベースの作成 を選択します。

      データベース作成のスクリーンショット。

    3. データベースが見つかりませんメッセージが消えるまで、ハブ ページを更新します。

  4. スクリーン上部にある 無料試用版を開始する を選択します。

    「無料試用版」ボタンのスクリーンショット。

注意

AI Builder 試用ライセンスは、環境レベルではなくユーザー レベルで適用されます。 試用版ライセンスは複数の環境で使用できます。 別のユーザーがモデルを任意の環境で使用するには、独自の試用版または有料ライセンスを開始する必要があります。

試用版の有効期限が失効すると、以下のようになります

AI Builder 試用版ライセンスは 30 日後に期限切れになります。

AI Builder を使い続けるには、AI Builder アドオン容量を購入して、AI Builder 容量をご使用の環境へ割り当てます。 試用版の期間を延長することもできます。 試用期間は制限付きで延長できます。 拡張機能は、試用版の期間が終了した後にのみ発生します。

AI Builder の試用期間を延長するには、次の手順を実行します:

  1. Power Apps または Power Automate にサインインします。
  2. 左のペインで ... その他>AI ハブ を選択します。
  3. 画面上部のバナーで、試用期間の延長 を選択します。

試用版の容量

AI Builder 試用版のライセンスは、限られた量の AI Builder 容量が含まれています。 モデルを実行またはトレーニングするときにこの容量を使用します。

AI Builder 容量を超えた場合は、容量超過の通知を受け取ります。 これらの通知は、AI Builder ページのバナーとして、またはモデルを使用する場合に表示されます。

容量を超えると、次の機能は使用できなくなります。

  • モデルまたはモデルの新しいバージョンの作成。
  • Power Apps または Power Automate フロー内でモデルを実行します。
    • モデルを他のユーザーと共有することもできます。 有効な試用版がある場合は、独自の AI Builder 容量を使用して実行できます。
  • スケジュールされたモデルの実行または再トレーニング。
    • 一部のシナリオでは、モデル設定パネルで構成されたスケジュールされた実行または再トレーニングが可能です。 容量を超えると、これらのスケジュールされたタスクは失敗します。 したがって、データは更新されず、モデルは再トレーニングされません。

容量を超えた場合に AI Builder を使い続けるには、AI Builder アドオン容量を購入して、環境に容量を割り当てます。

有効期限後に試用期間を延長すると、キャパシティはリセットされます。 モデルを再度実行してトレーニングし、新しいモデルを作成できます。 スケジュールされた実行インスタンスと再トレーニング インスタンスは、既存の設定に従って再開されます。

有効期限が切れる前に試用版を延長することはできません。

AI Builder 試用版に関するよくあるご質問

よくある質問への回答については、AI Builder ライセンスの FAQ をご覧ください。

試用版の容量を超えました。 どうすれば良いですか?

  • AI Builder アドオンを購入 し、ご利用の環境に キャパシティを割り当てる ことができます。
  • 試用版の期間が終了するまで待ってから、試用版の期間を延長することができます。 この拡張機能により、新しい容量が追加されます。
  • 既存のモデルを、容量のあるアクティブな試用版をまだ持っている別のユーザーと共有することもできます。

試用ライセンスの有効期限が切れるとどうなりますか?

あなたの AI Builder 試用版ライセンスの有効期限が切れている場合、または容量を超えた場合:

  • モデルは削除されません。
  • AI モデルを継続して使用するには、AI Builder アドオンを購入 する必要があります。
  • 管理者は、ユーザーが AI Builder を使用する環境に、AI Builder 容量を割り当てる必要があります。
  • AI Builder モデルの作成または変更をすることはできません。また、ライセンスを購入しない場合は、試用版の有効期限が失効すると、新しく推論を使うことはできません。
  • 試用期間を延長することもできますが、その回数は限られています。

AI Builder の試用版の有効期限が終了した場合、データやモデルはどうなりますか?

データとモデルは、環境が削除された場合にのみ削除されます。

試用版環境に関する詳細情報をどこで確認できますか。

詳細については、試用環境 を参照してください。

組織内のユーザーが AI Builder の無料版にサインインすることをブロックすることはできますか?

個人であれば誰でも AI Builder の機能を 30 日間無料で試すことができ、あなたの会社にコストは発生しません。 このオプションは、組織 (テナント) 内のどのユーザーでも利用でき、管理者が無効にすることはできません。 企業が AI クレジットを購入すると (たとえば、容量アドオンや一部のライセンスへの組み込みを通じて)、ユーザーには試用版は提案されなくなります。

Power Platform 管理センター未割り当てクレジット のテナント設定を無効にすることで、AI Builder 試用版の使用をブロックすることができます。 この設定を無効にすると、この環境で AI Builder アクションを実行する唯一の方法は、この環境にクレジットを割り当てることになります。

参照