容量プールまたはボリュームをサイズ変更する

ボリュームまたは容量プールがいっぱいになったときなど、必要に応じて容量プールまたはボリュームのサイズを変更できます。

ボリュームの容量の監視に関する詳細については、「ボリュームの容量を監視する」を参照してください。

考慮事項

  • ボリューム クォータは、maxfiles 制限に対してインデックスが付けられます。 ボリュームが maxfiles 制限を超えると、その maxfiles 制限に対応するクォータより小さくボリューム サイズを縮小することはできません。 詳細と特定の制限については、「maxfiles制限」を参照してください。
  • Basic ネットワーク機能を備えた容量プールの最小サイズは 4 TiB です。 Standard ネットワーク機能を備えた容量プールの場合、最小サイズは 1 TiB です。 詳細については、「リソースの制限」を参照してください
  • ボリュームのサイズ変更操作はほぼ一瞬で終わりますが、常にすぐに行われるとは限りません。 ボリュームの更新されたサイズがポータルに表示されるまでに、少し時間がかかる場合があります。 サイズ変更操作をもう一度試みる前に、ホストの側からサイズを確認してください。

Azure portal を使用して容量プールのサイズを変更する

容量プールのサイズは、1 TiB 単位で増減できます。 ただし、容量プールのサイズは、プールでホストされているボリュームの容量の合計よりも小さくすることはできません。

容量プールをサイズ変更すると、購入した Azure NetApp Files の容量が変更されます。

  1. [NetApp アカウント] ビューから [容量プール] にアクセスし、サイズ変更する容量プールを選択します。

  2. 容量プールの名前を右クリックするか、容量プールの行の最後にある […] アイコンを選択して、コンテキスト メニューを表示します。 [サイズ変更] を選択します。

    Screenshot that shows pool context menu.

  3. [プールのサイズ変更] ウィンドウで、プール サイズを指定します。 [OK] を選択します。

    Screenshot that shows Resize pool window.

Azure portal を使用してボリュームのサイズを変更する

必要に応じてボリュームのサイズを変更できます。 ボリュームの容量消費は、そのプールのプロビジョニング容量を前提としてカウントされます。

  1. [NetApp アカウント] ビューから [ボリューム] にアクセスし、サイズを変更するボリュームを選択します。

  2. ボリュームの名前を右クリックするか、ボリュームの行の最後にある […] アイコンを選択して、コンテキスト メニューを表示します。 [サイズ変更] を選択します。

    Screenshot that shows volume context menu.

  3. [ボリュームのクォータを更新] ウィンドウで、ボリュームのクォータを指定します。 [OK] を選択します。

    Screenshot that shows Update Volume Quota window.

Azure CLI を使用して容量プールまたはボリュームのサイズを変更する

Azure コマンドライン (CLI) ツールの次のコマンドを使用して、容量プールまたはボリュームのサイズを変更できます。

REST API を使用して容量プールまたはボリュームのサイズを変更する

容量プールとボリュームのサイズ変更を処理するオートメーションを構築できます。

Azure NetApp Files 用の REST API に関するページ、および Azure NetApp Files 用の PowerShell を使用する REST API に関するページを参照してください。

Azure NetApp Files 用の REST API の仕様とコード例は、resource-manager GitHub ディレクトリで入手できます。

リージョン間レプリケーションの宛先ボリュームのサイズを変更する

リージョン間のレプリケーション関係では、宛先ボリュームは、ソース ボリュームのサイズに基づいて、自動的にサイズ変更されます。 そのため、宛先ボリュームを個別にサイズ変更する必要はありません。 この自動サイズ変更の動作は、ボリュームがアクティブなレプリケーション関係にある場合、または再同期操作でレプリケーション ピアリングが切断された場合に適用されます。

次の表では、ミラーの状態に基づいた宛先ボリュームのサイズ変更の動作について説明します。

ミラーの状態 宛先ボリュームのサイズ変更の動作
ミラー化 宛先ボリュームが初期化済みで、ミラー化の更新を受信する準備ができている場合、ソース ボリュームをサイズ変更すると、宛先ボリュームが自動的にサイズ変更されます。
中断 ソース ボリュームをサイズ変更し、ミラーの状態が中断の場合、宛先ボリュームは再同期操作によって自動的にサイズ変更されます。
未初期化 ソース ボリュームをサイズ変更し、ミラーの状態がまだ未初期化の場合は、宛先ボリュームのサイズ変更を手動で行う必要があります。 そのため、ソース ボリュームをサイズ変更する場合は、初期化が完了する (つまり、ミラーの状態がミラー化になる) まで待つことをお勧めします。

重要

リージョン間レプリケーションのソース ボリュームと宛先ボリュームの両方に対して、容量プールに十分なヘッドルームがあることを確認します。 ソース ボリュームのサイズを変更すると、宛先ボリュームは自動的にサイズ変更されます。 ただし、宛先ボリュームをホストしている容量プールのヘッドルームが十分でない場合は、ソースと宛先ボリュームの両方のサイズ変更が失敗します。

次のステップ