プロビジョニングされたスループットとサーバーレスのどちらかを選択する方法

適用対象: NoSQL MongoDB Cassandra Gremlin Table

Azure Cosmos DB は、プロビジョニングされたスループットサーバーレスの 2 つの異なる容量モードで利用できます。 どちらのモードでもまったく同じデータベース操作を実行できますが、これらの操作に対して課金される方法は大きく異なります。 次の動画では、これらのモードの主な違いと、さまざまな種類のワークロードにどのように適合するかについて説明します。

詳細な比較

条件 プロビジョニング スループット サーバーレス
最も適しているデータ 予測可能なパフォーマンスが必要な持続したトラフィックを含むワークロード 断続的または予測不可能なトラフィックを含み、平均対ピークのトラフィック比率の低いワークロード
しくみ 各コンテナーに対して、1 秒あたりの要求ユニット (RU) 数で表されるプロビジョニングされたスループットの量を構成します。 毎秒、この量の要求ユニットをデータベース操作に使用できます。 プロビジョニングされたスループットは、手動で更新することも、自動スケールで自動的に調整することもできます。 コンテナーに対してデータベース操作を実行し、以前にプロビジョニングされた容量を構成する必要はありません。
地理的分散 使用可能 (Azure リージョンの数に制限なし) 使用不可 (サーバーレス アカウントは 1 つの Azure リージョンでのみ実行できます)
コンテナーあたりの最大ストレージ 無制限 50 GB1
パフォーマンス SLA に記載されるポイント読み取りと書き込み < 10 ms の待機時間 SLO に記載されるポイント読み取り < 10 ms、書き込み < 30 ms の待機時間
課金モデル 消費された RU 数に関係なく、プロビジョニングされた RU/ 秒に対して 1 時間ごとに課金が行われます。 データベース操作で消費される RU の量に対して時間単位で課金が行われます。

1 現在、Azure Cosmos DB では、最大 1 TB のサーバーレス コンテナーはプレビュー段階です。 新しい機能を試すには、Azure サブスクリプションで "Azure Cosmos DB Serverless 1 TB Container Preview"プレビュー機能を登録します

予想される消費量の見積もり

状況によっては、特定のワークロードに対してプロビジョニングされたスループットとサーバーレスのどちらを選択する必要があるのかがはっきりしない可能性があります。 これを判断するために、全体の予想される消費量、つまり、1 か月間に消費する可能性がある RU の合計数を見積もることができます。

詳細については、「サーバーレスのコストを見積もる」を参照してください。

例 1: ワークロードは、最大 500 RU/秒までバーストし、1 か月間に合計 20,000,000 RU を消費することが予想されます。

  • プロビジョニングされたスループット モードでは、プロビジョニングされたスループットを含むコンテナーの量を 500 RU/秒で構成するため、$0.008 * 5 * 730 = $29.20 の月額料金を支払うことになります
  • サーバーレス モードでは、消費される RU に対する料金は $0.25 * 20 = $5.00 になります

例 2: ワークロードは、最大 500 RU/秒までバーストし、1 か月間に合計 250,000,000 RU を消費することが予想されます。

  • プロビジョニングされたスループット モードでは、プロビジョニングされたスループットを含むコンテナーの量を 500 RU/秒で構成するため、$0.008 * 5 * 730 = $29.20 の月額料金を支払うことになります
  • サーバーレス モードでは、消費される RU に対する料金は $0.25 * 250 = $62.50 になります

(これらの例では、ストレージ コストは考慮しておらず、2 つのモード間で同じとします。)

Note

前の例で示したコストは、デモンストレーションのみを目的としています。 最新の価格情報については、価格に関するページを参照してください。

次のステップ