Mv2 シリーズ

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

Mv2 シリーズは、高スループットで低待機時間のプラットフォームを特長としています。このプラットフォームは、全コア ベース周波数 2.5 GHz、最大ターボ周波数 3.8 GHz を備えたハイパースレッド Intel® Xeon® Platinum 8180 M 2.5 GHz (Skylake) プロセッサで実行されています。 すべての Mv2 シリーズ仮想マシンで、標準またはプレミアムの永続ディスクを使用できます。 Mv2 シリーズ インスタンスはメモリ最適化済み VM サイズで、非常に優れたコンピューティング性能によって大規模なメモリ内データベースとワークロードをサポートし、リレーショナル データベース サーバー、大規模キャッシュ、インメモリ分析に適した高いメモリ対 CPU 比率を提供します。

Mv2 シリーズの VM は Intel® ハイパー スレッディング テクノロジを利用しています

Premium Storage: サポートされています
Premium Storage キャッシュ: サポートされています
ライブ マイグレーション: サポートされていません
メモリ保持更新: サポートされていません
VM 世代サポート: 第 2 世代
書き込みアクセラレータ: サポートされています
高速ネットワーク:サポートされています
エフェメラル OS ディスク:サポートされています
入れ子になった仮想化: サポートされていません

サイズ vCPU メモリ:GiB 一時ストレージ (SSD) GiB 最大データ ディスク数 キャッシュが有効な場合および一時ストレージの最大スループットIOPS/MBps (キャッシュ サイズは GiB 単位) キャッシュが無効な場合の最大ディスク スループット: IOPS/MBps 最大 NIC 数 必要なネットワーク帯域幅 (Mbps)
Standard_M208ms_v21 208 5700 4096 64 80000 / 800 (7040) 40000 / 1000 8 16000
Standard_M208s_v21 208 2850 4096 64 80000 / 800 (7040) 40000 / 1000 8 16000
Standard_M416ms_v21,2 416 11400 8192 64 250000 / 1600 (14080) 80000 / 2000 8 32000
Standard_M416s_v21,2 416 5700 8192 64 250000 / 1600 (14080) 80000 / 2000 8 32000

1 Mv2 シリーズの VM は第 2 世代のみであり、第 2 世代でサポートされているイメージのサブセットがサポートされます。 Mv2 シリーズでサポートされているイメージの完全な一覧については、以下を参照してください。 Linux を使用している場合、イメージを検索して選択する方法については、Azure での第 2 世代 VM のサポートに関するページを参照してください。 Windows を使用している場合、イメージを検索して選択する方法については、Azure での第 2 世代 VM のサポートに関するページを参照してください。

  • Windows Server 2019 以降
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4 以降または SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 以降、および 8.1 以降
  • Oracle Enterprise Linux 7.7 以降、および 8.1 以降
  • カーネル 5.4.0-azure 以降が搭載された Ubuntu 18.04

2コア数を制限したサイズも提供されています

サイズ表の定義

  • ストレージ容量は GiB (1024^3 バイト) 単位で示されています。 GB (1000^3 バイト) 単位のディスクと GiB (1024^3 バイト) 単位のディスクを比較する場合は、GiB 単位の方が容量の数値が小さく見えることに注意してください。 たとえば、1023 GiB = 1098.4 GB です。

  • ディスク スループットの測定単位は、1 秒あたりの入力/出力操作数 (IOPS) および MBps です (MBps = 10^6 バイト/秒)。

  • データ ディスクは、キャッシュを有効にしたモードでも無効化したモードでも動作します。 キャッシュを有効にしたデータ ディスクの操作では、ホスト キャッシュ モードは ReadOnly または ReadWrite に設定されています。 キャッシュを無効にしたデータ ディスクの操作では、ホスト キャッシュ モードは Noneに設定されています。

  • VM の最高のストレージ パフォーマンスを得る方法については、「仮想マシンとディスクのパフォーマンス」を参照してください。

  • 想定ネットワーク帯域幅は、すべての宛先について、すべての NIC で VM の種類ごとに割り当てられた最大集約帯域幅です。 詳しくは、「仮想マシンのネットワーク帯域幅」を参照してください。

    上限は保証されていません。 制限は、目的のアプリケーションに適した VM の種類を選択するためのガイダンスを示しています。 実際のネットワークのパフォーマンスは、ネットワークの輻輳、アプリケーションの負荷、ネットワーク設定などのさまざまな要因に左右されます。 ネットワーク スループットの最適化については、「Azure 仮想マシンのネットワーク スループットの最適化」を参照してください。 Linux または Windows で想定ネットワーク パフォーマンスを実現するには、特定のバージョンの選択または VM の最適化が必要になる場合があります。 詳細については、「帯域幅/スループットのテスト (NTTTCP)」を参照してください。

その他のサイズと情報

料金計算ツール: 料金計算ツール

ディスクの種類の詳細情報: ディスクの種類

次のステップ

Azure コンピューティング ユニット (ACU) を確認することで、Azure SKU 全体の処理性能を比較できます。