クイック スタート: Microsoft Copilot Studio コパイロット の作成と展開

重要

Power Virtual Agents 機能は、生成 AI への多大な投資と Microsoft Copilot 全体の統合の強化により、現在 Microsoft Copilot Studio の一部となっています

ドキュメントやトレーニング コンテンツが更新される間、一部の記事やスクリーンショットで Power Virtual Agents が参照される場合があります。

Microsoft Copilot Studio により、データ サイエンティストや開発者を必要とせずに、チームがガイド付きのコードなしグラフィカル エクスペリエンスを使用して強力なコパイロットをすばやく簡単に作成できます。

このクイックスタート記事は、初めてコパイロットを作成する場合に役立ちます。 コパイロットにトピックを追加し、コンテンツの変更をリアルタイムでテストし、コパイロットをテスト ページに展開する方法を学びます。 導入後は、コパイロットのパフォーマンスを分析できます。

前提条件

Microsoft Copilot Studio で何ができるかについて詳細を確認する

ホーム ページの詳細を確認します。

Microsoft Copilot Studio にはアプリ レベルのホーム ページがあり、すべてのコパイロットがリストされています。 このページでは、新しいコパイロットを作成したり、最近のコパイロットを表示したり、ビデオ、ドキュメント、ラーニング パスなどの学習リソースにアクセスしたりできます。

アプリ レベルのホーム ページのスクリーンショット。

ナビゲーション メニューで、コパイロットを選択して、コパイロット ページを開きます。 特定の環境で作成したすべてのコパイロットがここに表示されます。 コパイロットのリストでは、所有者、最後に公開された時期、コパイロットを最後に変更した人などのメタデータを確認できます。

コパイロットを作成する

  1. Microsoft Copilot Studio の紹介 Web サイト にアクセスします。 サポートされているブラウザーには、Microsoft Edge、Chrome、Firefox が含まれます。

  2. Web サイトで、無料で試すを選択し、職場のアドレスを使用してサインインします。

    注意

    Microsoft の個人用アカウントは現在サポートされていません。

    Microsoft Copilot Studio 紹介 Web サイトの無料で試すボタンの場所のスクリーンショット。

  3. サインアップすると、既定Power Apps 環境が作成されます。 ほとんどのユーザーにとって、この既定は十分です。 ただし、カスタム Power Apps 環境を指定するには、環境ピッカーを使用して別の環境を選択します。

    環境ピッカーのスクリーンショット。

    注意

    Microsoft Copilot Studio はこれらのデータの場所でのサポートのみです。 これらの場所以外では、コパイロットを作成する前に、サポートされているデータの場所にリージョンが設定されたカスタム環境を作成します。

    カスタム Power Apps 環境の作成の詳細については、環境に関する作業を参照してください。

  4. サインアップすると、ホーム ページが表示されます。 コパイロットを作成を選択します。

  5. ウィザードが開始します。 自分のコパイロットに名前を付けます。

  6. コパイロットに話してもらいたい言語は何ですか? フィールドで言語を選択します。 言語ドロップダウンにはブラウザーのロケールが事前に設定されています。

    名前と言語フィールドを含むコパイロットの作成ページのスクリーンショット。

  7. (オプション) AI が生成した応答で会話を向上するには、生成型回答で会話を向上させるフィールドに URL を追加します。

  8. (オプション) コパイロットを完成させる前に、カスタマイズと拡張機能を行うことができます。

    ページの下部にある詳細オプションの編集を選択します。

    1. コパイロットのアイコンを選択して、コパイロットに個性を与え、ビジネス シナリオを表します。 事前に設定されたアイコンのリストから選択することも、カスタム アイコンをアップロードすることもできます。 コパイロットが応答すると、このアイコンがチャット ウィンドウに表示されます。

    2. 事前設定されたレッスン トピックを選択してスターター コンテンツを提供し、コパイロットのトピックに慣れてください。

    3. コパイロットのソリューションとスキーマ名を選択します。

    これらのオプションはすべて詳細オプションであり、後で変更できます。

  9. 作成を選択します。

    新しい環境で最初のコパイロットを作成するには、最大 15 分かかる場合があります。 追加のコパイロットがより迅速に作成されます。

    コパイロットの概要ページにリダイレクトされます。

    注意

    公開や認証構成などの コパイロット 操作が使用できるようになるまでに、さらに数分かかる場合があります。

Copilot Studio についてよく理解する

処理を待っている間に、次のことを行うこともできます。

チップ

ナビゲーション メニューでホームを選択して、コパイロットからアプリ レベルのホーム ページに戻ります。

ナビゲーション メニューのホームボタンのスクリーンショット。

トピックを作成する

新しいコパイロットを使用して、トピックの作成を開始できます。 トピックは、コパイロットがユーザーの質問にどのように応答するかを説明するダイアログ ツリーです。

  1. ナビゲーション メニューで トピックス を選択し、ページ上部の 追加 を選択します。 追加からトピックを選択し、空欄からを選択します。

    トピックをコパイロットに追加する方法を示すスクリーンショット。

  2. ここでは、トピックに名前を付け、トリガーを構成してトピックを構築します。 トリガー フレーズとは、ユーザーの質問または発言が検出されたときにコパイロットに応答するよう教える、ユーザーの質問や発言の例です。

    1. トピックの上部に「Personal Hello World」という名前を付けます。
    2. フレーズトリガー ボックスで、編集を選択します。 意図認識時ウィンドウが表示されます。
    3. 発話とも呼ばれる「hello world」テキスト を フレーズの追加に追加します。
    4. フレーズ ボックスの横にある + アイコンを選択して、トリガーに追加します。
    5. 上部の保存アイコンを選択して、トリガーを保存します。

    トピック に名前を付けてトリガー フレーズを追加する方法を示すスクリーンショット。

  3. トリガー ノードの下にある (+) アイコンを選択し、メッセージの送信を選択します。

    1. 'Hello! I’ll create a personalized greeting for you.' と 新しく追加された メッセージ ノードに追加します。

      メッセージ ノードを追加してメッセージ テキストを作成する方法を示すスクリーンショット。

    2. 上部の保存アイコンを選択して、トリガーを保存します。

  4. 新しいメッセージ ノードの下にある (+) アイコンを選択し、質問するノードを追加します。

    'Where do you live?' という質問テキストを、メッセージを聞くボックスに入力します。 特定する複数の選択肢オプションを選択し、顧客に回答の選択肢を与えます。

    質問ノードに質問を追加する方法を示すスクリーンショット。

    複数選択オプションが選択されている場合は、さらにオプションを追加する必要があります。

  5. 質問ノードのユーザーのオプション+ 新規オプションを選択し、ユーザーに 2 つのオプションを追加して、テキストとして「シアトル」と入力します。 別のオプションを追加し、テキストとして「ベルビュー」と入力します。

    各オプションは、ユーザーに複数選択ボタンとしてコパイロット チャットに表示されます。

  6. キャンバスの作成でダイアログ ツリー全体を表示して、会話フローを理解します。

    ダイアログ ツリーでは、顧客の応答に応じて会話に異なるパスが作成されます。 このパスは、ユーザーの応答ごとに最善の解決に向けて顧客を誘導します。

    ダイアログ ツリー全体を示すスクリーンショット。分岐オプションは自動的に作成されます。

    分岐した会話パスので、ノードは一方のパスに「シアトル」、他方のパスに「ベルビュー」がないか自動的に確認して、次の最適なステップに進みます。

  7. 最後に、各条件ノードの下にある (+) アイコンを選択して、各分岐のメッセージ ノードを追加します。

    「Hello Seattle!」のような小さなメッセージを追加します。 Seattle 分岐で「Hello Bellevue!」 のような簡単なメッセージを追加します。

    会話を完了します。

  8. 上部の保存アイコンを選択して、トリガーを保存します。

ここまでで基本分岐ダイアログ ツリーができました。お疲れさまでした! 変数エンティティ、およびPower Automate フローを組み込むことにより、このツリーのより複雑なバージョンの作成を開始できます。

コンテンツをリアルタイムでテストする

ダイアログ ツリーに作成されたコンテンツを使用して、会話をリアルタイムでテストし、予想どおりに機能しているかかどうかを確認します。 コパイロットをテストするウィンドウを使用してテストできます。

最新のコンテンツでコパイロットを開始します。

  1. テスト コパイロット ウィンドウが画面に表示されていない場合は、ナビゲーション メニューの下にあるコパイロットをテストするを選択します。

    コパイロット コントロールをテストします。

  2. 上部の トピック間の追跡 をオンにすると、コパイロットがダイアログを実行するときに一緒に追跡できます。 コパイロットがダイアログのその部分に到達すると、ダイアログ ツリーの部分が強調表示されるのを確認できます。

    会話を開始します。

  3. チャットウィンドウに「hello world」と入力し、コパイロットにメッセージを送信します。 ダイアログ ツリーの上部が緑色で強調表示され、テスト コパイロット ウィンドウにユーザー オプションとして表示された SeattleBellevue を確認します。

    コパイロットは現在ユーザーの応答を待っており、応答方法に関する提案を表示しています。 これらの提案ボタンは、ダイアログ ツリーの質問するノード内で作成した内容を反映しています。

    コパイロットのテストでは、これらの提案ボタンを選択して続行するか、チャットウィンドウに回答を入力することができます。

    会話をトレース中。

  4. Seattle ブランチを選択して、ダイアログを続行します。

    この分岐の下部に到達すると、チャットが停止するのが確認できます。 コンテンツをさらに作成するとダイアログは継続されますが、小さなダイアログ ツリーしか作成していないため、すぐコンテンツの終わりに達してしまいます。

このテスト エクスペリエンスを使用すると、会話をすばやく作成およびテストして、会話が予想どおりに流れることを確認できます。 対話が意図したとおりにならない場合は、ダイアログを変更して保存します。 最新のコンテンツをコパイロットのテストに反映して、もう一度テストしてみることができます。 公開されたバージョンのコパイロットが変更されることはありません。満足するまで、自由にコンテンツを試してください。

コパイロットを公開する - Web アプリ

コパイロットで作成したコンテンツに問題がなければ、コパイロットを Web サイトに公開できます。

  1. ナビゲーション メニューで、公開 を選択します。

  2. 公開を選択してコパイロットをアクティブ化します。 公開が成功すると、ページの上部に緑色のバナーが表示されます。

    コパイロットをデモサイトに展開します。

  3. コパイロットの共有 の下にあるデモ Web サイトのリンクを選択すると、デモ Web サイトでの動作を確認できます。

    ブラウザーで新しいウィンドウが開きます。 新しいウィンドウが表示されない場合は、ポップアップ ブロッカーがアクティブかどうかを確認し、アクティブになっている場合は、ウィンドウを開くことを許可します。 通常、URL フィールドからの直接のポップアップを許可できます。

    この Web ページは、あなたのウェブページを訪れたエンドユーザーに対して、あなたのコパイロットがどのように見えるかを示すものです。 コパイロットのキャンバスは一番下にあります。 ウィンドウに入力するか、または提供されたオプションからスターター フレーズを選択することで対話できます。

    コパイロットを他のチャンネルに公開する方法については、公開のキーコンセプト のドキュメントを参照してください。

コパイロットのパフォーマンスを分析します

コパイロットがユーザーとのインタラクションを完了すると、統計情報がコパイロットのアナリティクスに記録されます。 分析を表示するには、ナビゲーション メニューから分析を選択します。

ここでは、以下を示す主要業績評価指標 (KPI) を見つけることができます。

  • コパイロットが処理したセッションの量。
  • コパイロットがエンドユーザーにどれだけ効果的に働きかけ、問題を解決できたか
  • 人間のエージェントへのエスカレーション率
  • 会話中の放棄率

顧客満足度に関する KPI レベルの情報は、顧客満足度タブで確認できます。

注意

会話が始まってから、それらの会話の統計が分析ビューに表示されるまでに、最大 1 時間の遅延があります。 また、デモ ウェブサイト、カスタム ウェブサイト、テスト コパイロットからのインタラクションを含め、コパイロットとのすべてのインタラクションがアナリティクスに記録されます。

また、分析>セッションを選択すると、詳細なセッション履歴とトランスクリプトを確認できます。 ここでは、完全なセッション トランスクリプトを含む CSV ファイルをダウンロードできます。 コパイロットのパフォーマンスを調整し、トピックのコンテンツを変更してコパイロットの効率を向上させるのに役立ちます。

セッションをダウンロードします。

詳細については、分析に関する主な概念を参照してください。