Microsoft Surface Hub の管理

Microsoft Surface Hubの初期セットアップ後、デバイスの設定と構成は、次の方法で変更または変更できます。

注意

これらの管理方法は、相互に排他的ではありません。 必要に応じて、デバイスをローカルとリモートの両方で管理できます。 ただし、MDM のポリシーと設定により、Surface Hubが管理サーバーと同期されると、ローカルの変更が上書きされます。

このセクションの内容

Surface Hub の管理と更新について説明します。

トピック 説明
Surface Hub のリモート管理 Surface Hub のリモート管理に関連するトピックです。 アプリのインストール、MDM による設定の管理、Operations Management Suite による監視について説明します。
Surface Hub の設定の管理 Surface Hub の設定の管理に関連するトピックです。アクセシビリティ、デバイス アカウント、デバイスのリセット、完全修飾ドメイン名、Windows Update の設定、ワイヤレス ネットワークについて説明します。
Surface Hub へのアプリのインストール 管理者は、Microsoft Store またはビジネス向け Microsoft Store からアプリをインストールできます。
Surface Hub のスタート メニューの構成 MDM を使用して、Surface Hub のスタート メニューをカスタマイズできます。
Microsoft Whiteboard のセットアップと使用 Microsoft Whiteboard の最新の更新プログラムには、2 つの Surface Hub で同じボードを使用してリアルタイムに共同作業を行うための機能が含まれています。
[セッションの終了] をタップして会議を終了する 会議の終了時、ユーザーは [セッションの終了] をタップすることによって、機密データをクリーンアップし、次の会議用にデバイスを準備できます。
Microsoft Authenticator を使った Surface Hub へのサインイン Android と iOS で使用できる Microsoft Authenticator アプリを使用して、パスワードを使用せずに Surface Hub にサインインできます。
BitLocker キーの保存 すべての Surface Hub は、自動的に BitLocker ドライブ暗号化ソフトウェアによってセットアップされます。 BitLocker 回復キーはバックアップしておくことを強くお勧めします。
Surface Hub への他のデバイスの接続と表示 Surface Hub に他のデバイスを接続して、コンテンツを表示できます。
既存のワイヤレス ネットワークまたは LAN での Miracast ワイヤレス ネットワークまたは LAN で Miracast を使用して、Surface Hub に接続できます。
802.1x ワイヤード (有線) 認証を有効にする Surface Hub デバイスでは、802.1x ワイヤード (有線) 認証の MDM ポリシーが有効になっています。
ルーム コントロール システムの使用 Microsoft Surface Hub では、ルーム コントロール システムを使用できます。
Surface Hub の回復ツールの使用 Surface Hub回復ツールを使用して、Surface Hub SSD を再イメージします。
Surface Hub SSD の交換 Surface Hub内のソリッド ステート ドライブを取り外して交換する方法について説明します。