Visual Studio Icon Visual Studio 2022 の対象プラットフォームと互換性


ヒント

Visual Studio 2022 のローンチ イベントの録画を視聴して、新機能について学習し、ヒントやテクニックを確認して、無料のデジタル Swag をダウンロードしてください。

Developer Community | Visual Studio 2022 ロードマップ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | リリース履歴 | ライセンス条項 | ブログ | 最新リリースの既知の問題 | Visual Studio のドキュメントの最新情報


Visual Studio 2022 では、Windows アプリの開発、クロスプラットフォーム モバイルの開発、Azure の開発、Web とクラウドの開発などをサポートするためのさまざまな優れた機能や IDE 生産性拡張機能が新たに加わりました。 Visual Studio 2022 を試すには、Visual Studio 2022 のダウンロードに関するページを参照してください。 このリリースのすべての新機能について詳しくは、「Visual Studio 2022 リリース ノート」と、Visual Studio 2022 の新機能に関するページを参照してください。

インストール

Visual Studio 2022 は、以前のバージョンの Visual Studio (Visual Studio 2019、Visual Studio 2017、Visual Studio 2015、Visual Studio 2013、Visual Studio 2012 など) と共に、インストールして使用することができます。

ダウンロード


ボタンをクリックして、Visual Studio 2022 の最新バージョンをダウンロードします。 Visual Studio 2022 のインストールと更新の手順については、Visual Studio 2022 の最新リリースへの更新に関する記事をご覧ください。 また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。

Download Community ButtonDownload Professional ButtonDownload Enterprise Button

他の Visual Studio 2022 製品をダウンロードするには、Visual Studio のサイトを参照してください。


注: インストール パッケージのサイズは、現在の Visual Studio の構成によって異なります。

システム要件

Visual Studio 2022 製品ファミリをインストールして実行するためのシステム要件については、Visual Studio 2022 のシステム要件に関するページを参照してください。

フィードバックとサポート

サポートが必要な場合、または Visual Studio に関するフィードバックを送信するには、次を参照してください。

プロジェクトを Visual Studio 2022 にアップグレードする

サポートされるアップグレード パスに従えば、Visual Studio ソース、ソリューション、およびプロジェクト ファイルは引き続き動作します。ただし、ソースにいくつかの変更を加えることになります。 リリース間のバイナリ互換性は保証できませんが、更新を支援するために、重要な変更はできる限り文書化します。

Note

プロジェクトを Visual Studio 2022 に移行する方法の詳細については、Visual Studio プロジェクトの移植、移行、アップグレードに関するページを参照してください。

対象となるプラットフォーム

Visual Studio は、最新のプラットフォーム (Windows、Android、iOS、または Linux) 機能を利用するアプリを作成するための最先端のツールとテクノロジを提供します。 Visual Studio 2022 は、以前のプラットフォームも対象とします。したがって、以前のバージョンの Windows 上で実行される新規アプリを作成するときや、既存アプリを最新化するときにも、Visual Studio 2022 の拡張開発ツール、品質向上、チーム コラボレーションの機能を利用できます。 詳細については、「プロジェクト内の参照の管理」および「Visual Studio のマルチ ターゲットの概要」を参照してください。

Visual Studio 2022 の Windows 開発のサポート

次の表は、Visual Studio 2022 を使用してアプリを構築する際に対象となる Microsoft Windows プラットフォームを示しています。

Windows クライアントで実行されるアプリの構築

Windows クライアント バージョン ネイティブおよびマネージド クラシック Windows デスクトップ開発用ツールの使用 UWP アプリ開発用ツールの使用
Windows 11
Windows 10
はい
(下記メモを参照)
はい
(下記メモを参照)
Windows 10 Team Edition 適用なし はい
リモート デバッグが必要。
Windows 11 S
Windows 10 S
適用なし はい
リモート デバッグが必要。
Windows 10 LTSC はい
リモート デバッグが必要。
はい
リモート デバッグが必要。
HoloLens いいえ はい
Windows Holographic デベロッパー センターをご覧ください。
Xbox One 適用なし はい
Xbox デベロッパー センターをご覧ください。
Windows 8.1 はい 使用できません。 Visual Studio 2015 を使用してください。
Windows 8 (Windows 8) いいえ 使用できません。
Windows 7 はい 利用不可
Windows Vista いいえ 利用不可
Windows XP いいえ 適用なし

Note

Windows Phone で実行されるアプリの構築

Windows Phone バージョン ネイティブおよびマネージド クラシック Windows デスクトップ開発用ツールの使用 UWP アプリ開発用ツールの使用
Windows 10 Mobile いいえ 使用できません。 Visual Studio 2017 を使用してください。
Windows Phone 8.1 および 8.0 いいえ 使用できません。 Visual Studio 2015 を使用してください。
Windows Phone 7.x いいえ 使用できません。 Visual Studio 2012 を使用してください。

Note

Windows Server で実行されるアプリの構築

Windows Server のバージョン ネイティブおよびマネージド クラシック Windows デスクトップ開発用ツールの使用 UWP アプリ開発用ツールの使用
Windows Server 2019 はい はい
(下記メモを参照)
Windows Server 2016 はい はい
(下記メモを参照)
Windows Server 2016 の Nano Server インストール オプション はい (.NET Core および Win32 のサブセットの場合)
Nano Server デベロッパー センターをご覧ください。
いいえ
Windows Server 2012 R2 はい Windows ストア アプリ開発は使用できません。
Windows Server 2012 はい Windows ストア アプリ開発は使用できません。
Windows Server 2008 R2 はい 利用不可
Windows Server 2008 いいえ 利用不可
Windows Server 2003 いいえ 適用なし

Note

Windows Embedded デバイスで実行されるアプリの構築

Windows Embedded バージョン ネイティブおよびマネージド クラシック Windows デスクトップ開発用ツールの使用 UWP アプリ開発用ツールの使用
Windows 10 IoT Core はい (Win32 API のサブセットの場合)
詳細については「IoT Core API Porting Tool (IoT Core API 移植ツール)」を参照してください。
はい
他のツールやリソースについては、Windows IoT デベロッパー センターをご覧ください。
Windows 10 IoT Mobile Enterprise いいえ はい
他のツールやリソースについては、Windows IoT デベロッパー センターをご覧ください。
Windows 10 IoT Enterprise はい
他のツールやリソースについては、Windows IoT デベロッパー センター"> をご覧ください。
はい
他のツールやリソースについては、Windows IoT デベロッパー センターをご覧ください。
Windows Embedded 8 Standard および 8.1 Industry はい いいえ
Windows Embedded Compact 2013 いいえ 利用不可
Windows Embedded 7 (Compact、Standard、POSReady) いいえ 利用不可
Windows Embedded CE 6.0 以前 いいえ 利用不可
Windows XP Embedded (POSReady 2009、WES 2009、WEPOS など) いいえ 適用なし

Note

Visual Studio 2022 の .NET 開発のサポート

Visual Studio 2022 では、.NET の実装のいずれかを使用するアプリの開発がサポートされます。 .NET Framework、.NET Core、Mono、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 用 .NET Native、C#、F#、Visual Basic をサポートするワークロードとプロジェクトの種類があります。 Visual Studio 2022 では、次の .NET の実装がサポートされます。

注意

これらの各実装および共通 API 仕様の .NET Standard について詳しくは、「.NET アーキテクチャ コンポーネント」をご覧ください。 .NET サポート ポリシーも参照してください。

Visual Studio 2022 の Android 開発のサポート

Visual Studio 2022 では、Xamarin と C#、または C++ を使用して、ネイティブの Android アプリを構築できます。 Visual Studio Tools for Unity と Unreal Engine を使用して、Android ゲーム開発を行えます。 Visual Studio for Mac を使用することで、Mac を使用して Android アプリを構築することもできます。

Visual Studio セットアップを使用すると、Android SDK および Android API レベル 25 (C++ によるモバイル開発用) および 33 を簡単に入手できます。 追加の API レベルは、Android SDK Manager を使用して個別にダウンロードできます。 また、Visual Studio セットアップを使用して、Android Native Development Kit (R10E)、Java SE Development Kit、および Apache Ant を入手することもできます。

詳細については、Visual Studio を使用した Android 開発およびモバイル アプリの開発に関するページを参照してください。

Note

Android 用 .NET の開発については、「Xamarin を使用した Android および iOS」を参照してください。

Visual Studio 2022 の iOS 開発のサポート

Visual Studio 2022 では、remotebuild、vcremote、Visual Studio Tools for Unity、または Xamarin Mac Agent を使用する場合、C++、Unity、または Xamarin のほか、iOS 開発用に構成された Mac を使用して、iOS 用アプリの構築とデバッグを行うことができます。 Xamarin では、iOS 9 以降がサポートされており、Xcode 12.5 以降および OS X 11.0 "Big Sur" 以降が必要です。 Visual Studio for Mac を使用することで、Mac を使用して iOS アプリを構築することもできます。

注意

詳細については、Visual Studio でのクロス プラットフォーム モバイルの開発に関する記事をご覧ください。 iOS 用 .NET の開発については、「Xamarin を使用した Android および iOS」を参照してください。

Visual Studio 2022 の Linux 開発のサポート

Visual Studio 2022 では、C++、Python、Node.js を使用して、Linux 用アプリの構築とデバッグを行うことができます。 Linux 用 C++ アプリを作成するためには、Visual C++ for Linux Development 拡張機能が必要です。 Python または Node.js を使用してアプリを作成するためには、ターゲットの Linux マシンでリモート デバッグを有効にする必要があります。 また、C#、VB、F# などの最新の言語を使用して、Linux 用 .NET Core および ASP.NET Core アプリケーションの作成、ビルド、およびリモート デバッグも可能です。

Note

Linux 用 .NET の開発については、「Linux に .NET をインストールする」を参照してください。

  • CentOS 7.1 および Oracle Linux 7.1
  • Debian 10、11
  • Fedora 37, 38
  • openSUSE 15.4
  • Red Hat Enterprise Linux 7、8、9
  • Ubuntu 16.04、18.04、20.04、22.04、22.10、23.04

Note

詳細については、「https://dot.net/core」を参照してください。

Visual Studio 2022 の macOS 開発のサポート

Visual Studio 2022 では、macOS を対象とするコンソール アプリケーションと ASP.NET アプリケーションを構築できます。 ただし、デバッグはサポートされていません。 macOS 開発ツールをさらに選択する場合は、Visual Studio Code または Visual Studio for Mac をお試しください。 Visual Studio Code は、macOS 用の効率的で拡張性の高い開発者ツール エクスペリエンスを提供します。 Visual Studio for Mac は、C# を使用して ASP.NET などのネイティブ macOS アプリを構築できる機能豊富な IDE を提供します。

Note

macOS 用 .NET の開発については、「macOS に .NET をインストールする」を参照してください。

その他のプラットフォームとテクノロジ

Visual Studio 2022 では、次のプラットフォームおよびテクノロジもサポートされます。 詳細については、「https://visualstudio.microsoft.com/vs/features/」を参照してください。

以前のリリースとの互換性

.NET Framework

.NET 4.8 は、.NET Framework バージョン 4.0 から 4.7.2 向けの互換性の高いインプレース更新です。

Note

詳細については、.NET Framework 4.8、4.7、4.6、4.5 への移行ガイドを参照してください。

チーム エクスプローラー、Azure DevOps Server および Team Foundation Server

Visual Studio 2022 向けチーム エクスプローラーは、Azure DevOps Server 2019、Team Foundation Server 2017、Team Foundation Server 2015、Team Foundation Server 2013、Team Foundation Server 2012、Team Foundation Server 2010 SP1 に接続されます。



ページの先頭へ