Windows UI ライブラリ (WinUI) 2

Note

最新バージョンの WinUI を使った Windows デスクトップ アプリの作成について詳しくは、Windows UI ライブラリ 3 に関するページをご覧ください。

WinUI コントロール

Windows UI ライブラリ (WinUI) 2 は、Windows SDK と緊密に統合されており、UWP アプリケーション (および XAML Islands を使用しているデスクトップ アプリケーション) 向けに、公式のネイティブ Windows UI コントロールおよびその他のユーザー インターフェイス要素が提供されます。

WinUI 2 プラットフォームのサポート

以前のバージョンの Windows 10 との下位互換性が維持されるため、WinUI 2 のコントロールはユーザーが最新の OS を使用していない場合でも動作します。

最新の WinUI 2 のリリース ノートをご覧ください。

特徴

次のリリースで計画されている作業の詳細については、WinUI 2.8 のマイルストーンを参照してください (フィードバックもお寄せいただけます)。

  • 新しいコントロール:Windows UI ライブラリには、既定の Windows プラットフォームの一部として同梱されていない新しいコントロールが含まれています。

  • 既存のコントロールの更新バージョン:ライブラリには、以前のバージョンの Windows 10 で使用できる既存の Windows プラットフォーム コントロールの更新バージョンも含まれています。

  • 以前のバージョンの Windows 10 のサポート:Windows UI ライブラリ API は以前のバージョンの Windows 10 で動作するため、最新 OS を実行していない可能性のあるユーザーのサポート用にバージョン チェックや条件付き XAML を含める必要はありません。

  • XamlDirect のサポート:ミドルウェア開発者向けに設計された Xaml Direct API を使用すると、CPU とワーキング セットのパフォーマンスを向上させる下位レベルの XAML 機能にアクセスできます。 XamlDirect では、以前のバージョンの Windows 10 で XamlDirect API を使用でき、複数のターゲット Windows 10 バージョンを処理する特別なコードを記述する必要はありません。

ヒント

詳細、設計ガイダンス、コード例については、「Windows アプリの設計とコーディング」を参照してください。

WinUI 2 ギャラリー アプリには、ほとんどの WinUI 2 コントロールと機能の対話型の例が含まれています。

ギャラリー アプリが既にインストールされている場合は、WinUI 2 ギャラリーをクリックして開きます。

インストールされていない場合は、Microsoft Store から WinUI 2 ギャラリーをダウンロードします。

GitHub からソース コードを取得することもできます (winui2 ブランチを選択します)。

ドキュメント

Windows UI ライブラリ コントロールの操作方法に関する記事は、ユニバーサル Windows プラットフォーム コントロール ドキュメントに含まれています。

API リファレンスのドキュメントは、Windows UI ライブラリ API にあります。

Windows UI ライブラリをインストールして使用する

WinUI 2 ライブラリをインストールして使用する手順については、「Windows UI ライブラリの使用を開始する」を参照してください。

開発者向けロードマップ

WinUI は GitHub の Windows UI ライブラリ リポジトリにホストされており、バグ レポート、機能要求、およびコミュニティ コードの投稿を歓迎します。

より多くの開発者シナリオをサポートするために、今後も WinUI の開発と進化を続けます。 WinUI の計画に関する最新の詳細については、Windows UI ライブラリ リポジトリのロードマップをご覧ください。

NuGet パッケージの一覧

Windows UI ライブラリ NuGet パッケージの詳細については、「Windows UI ライブラリ NuGet パッケージの一覧」を参照してください。

関連項目