winbase.h ヘッダー

このヘッダーは、複数のテクノロジで使用されます。 詳細については、次を参照してください。

winbase.h には、次のプログラミング インターフェイスが含まれています。

関数

 
_lclose

_lclose関数は、指定したファイルを閉じて、読み取りまたは書き込みができなくなります。 この関数は、16 ビット バージョンの Windows との互換性のために提供されます。 Win32 ベースのアプリケーションでは、CloseHandle 関数を使用する必要があります。
_lcreat

指定したファイルを作成または開きます。
_llseek

指定したファイルのファイル ポインターの位置を変更します。
_lopen

_lopen関数は、既存のファイルを開き、ファイル ポインターをファイルの先頭に設定します。 この関数は、16 ビット バージョンの Windows との互換性のために提供されます。 Win32 ベースのアプリケーションでは、CreateFile 関数を使用する必要があります。
_lread

_lread関数は、指定したファイルからデータを読み取ります。 この関数は、16 ビット バージョンの Windows との互換性のために提供されます。 Win32 ベースのアプリケーションでは、ReadFile 関数を使用する必要があります。
_lwrite

指定したファイルにデータを書き込みます。
AccessCheckAndAuditAlarmA

セキュリティ記述子が、呼び出し元のスレッドによって偽装されているクライアントに対して、指定したアクセス権のセットを許可するかどうかを決定します。 (AccessCheckAndAuditAlarmA)
AccessCheckByTypeAndAuditAlarmA

セキュリティ記述子が、呼び出し元のスレッドによって偽装されているクライアントに対して、指定したアクセス権のセットを許可するかどうかを決定します。 (AccessCheckByTypeAndAuditAlarmA)
AccessCheckByTypeResultListAndAuditAlarmA

セキュリティ記述子が、呼び出し元のスレッドによって偽装されているクライアントに対して、指定したアクセス権のセットを許可するかどうかを決定します。 (AccessCheckByTypeResultListAndAuditAlarmA)
AccessCheckByTypeResultListAndAuditAlarmByHandleA

AccessCheckByTypeResultListAndAuditAlarmByHandleA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、セキュリティ記述子が、呼び出し元のスレッドが偽装しているクライアントに対して、指定されたアクセス権のセットを付与するかどうかを決定します。
ActivateActCtx

ActivateActCtx 関数は、指定されたアクティブ化コンテキストをアクティブにします。
AddAtomA

ローカルの atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (ANSI)
AddAtomW

ローカルの atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (Unicode)
AddConditionalAce

指定したアクセス制御リスト (ACL) に条件付きアクセス制御エントリ (ACE) を追加します。
AddIntegrityLabelToBoundaryDescriptor

指定した境界記述子に新しい必要なセキュリティ識別子 (SID) を追加します。
AddRefActCtx

AddRefActCtx 関数は、指定されたアクティブ化コンテキストの参照カウントをインクリメントします。
AddSecureMemoryCacheCallback

セキュリティで保護されたメモリ範囲が解放されたとき、またはその保護が変更されたときに呼び出されるコールバック関数を登録します。
ApplicationRecoveryFinished

呼び出し元のアプリケーションがデータ復旧を完了したことを示します。
ApplicationRecoveryInProgress

呼び出し元のアプリケーションがデータの回復を継続していることを示します。
BackupEventLogA

指定したイベント ログをバックアップ ファイルに保存します。 (ANSI)
BackupEventLogW

指定したイベント ログをバックアップ ファイルに保存します。 (Unicode)
BackupRead

セキュリティ情報を含むファイルまたはディレクトリをバックアップします。
BackupSeek

BackupRead または BackupWrite 関数を使って、最初にアクセスされたデータ ストリームで前方にシークします。
BackupWrite

BackupRead を使ってバックアップされたファイルまたはディレクトリを復元します。
BeginUpdateResourceA

バイナリ モジュール内のリソースを追加、削除、または置換するために UpdateResource 関数で使用できるハンドルを取得します。 (ANSI)
BeginUpdateResourceW

バイナリ モジュール内のリソースを追加、削除、または置換するために UpdateResource 関数で使用できるハンドルを取得します。 (Unicode)
BindIoCompletionCallback

スレッド プールが所有する I/O 完了ポートを、指定したファイル ハンドルに関連付けます。 このファイルに関連する I/O 要求が完了すると、I/O 以外のワーカー スレッドによって、指定されたコールバック関数が実行されます。
BuildCommDCBA

指定した DCB 構造体に、デバイス制御文字列で指定された値を入力します。 (ANSI)
BuildCommDCBAndTimeoutsA

デバイス定義文字列を適切なデバイス制御ブロック コードに変換し、デバイス制御ブロックに配置します。 (ANSI)
BuildCommDCBAndTimeoutsW

デバイス定義文字列を適切なデバイス制御ブロック コードに変換し、デバイス制御ブロックに配置します。 (Unicode)
BuildCommDCBW

指定した DCB 構造体に、デバイス制御文字列で指定された値を入力します。 (Unicode)
CallNamedPipeA

メッセージ型パイプに接続し (パイプのインスタンスが使用できない場合は待機)、パイプへの書き込みとパイプからの読み取りを行い、パイプを閉じます。 (CallNamedPipeA)
CheckNameLegalDOS8Dot3A

指定した名前を使用して FAT ファイル システム上にファイルを作成できるかどうかを判断します。 (ANSI)
CheckNameLegalDOS8Dot3W

指定した名前を使用して FAT ファイル システム上にファイルを作成できるかどうかを判断します。 (Unicode)
ClearCommBreak

指定された通信デバイスの文字転送を復元し、伝送ラインを非改行状態にします。
ClearCommError

通信エラーに関する情報を取得し、通信デバイスの現在の状態を報告します。
ClearEventLogA

指定したイベント ログをクリアし、必要に応じてログの現在のコピーをバックアップ ファイルに保存します。 (ANSI)
ClearEventLogW

指定したイベント ログをクリアし、必要に応じてログの現在のコピーをバックアップ ファイルに保存します。 (Unicode)
CloseEncryptedFileRaw

バックアップまたは復元操作の後に暗号化されたファイルを閉じ、関連付けられているシステム リソースを解放します。
CloseEventLog

指定したイベント ログを閉じます。 (CloseEventLog)
CommConfigDialogA

ドライバーが指定した構成ダイアログ ボックスを表示します。 (ANSI)
CommConfigDialogW

ドライバーが指定した構成ダイアログ ボックスを表示します。 (Unicode)
ConvertFiberToThread

現在のファイバーをスレッドに変換します。
ConvertThreadToFiber

現在のスレッドをファイバーに変換します。 他のファイバーをスケジュールする前に、スレッドをファイバーに変換する必要があります。 (ConvertThreadToFiber)
ConvertThreadToFiberEx

現在のスレッドをファイバーに変換します。 他のファイバーをスケジュールする前に、スレッドをファイバーに変換する必要があります。 (ConvertThreadToFiberEx)
CopyContext

ソース コンテキスト構造体 (任意の XState を含む) を、初期化された宛先コンテキスト構造体にコピーします。
CopyFile

CopyFile 関数 (winbase.h) は、既存のファイルを新しいファイルにコピーします。
CopyFile2

既存のファイルを新しいファイルにコピーし、コールバック関数を介してその進行状況をアプリケーションに通知します。 (CopyFile2)
CopyFileA

既存のファイルを新しいファイルにコピーします。 (CopyFileA)
CopyFileExA

既存のファイルを新しいファイルにコピーし、コールバック関数を介してその進行状況をアプリケーションに通知します。 (CopyFileExA)
CopyFileExW

既存のファイルを新しいファイルにコピーし、コールバック関数を介してその進行状況をアプリケーションに通知します。 (CopyFileExW)
CopyFileTransactedA

トランザクション操作として、既存のファイルを新しいファイルにコピーし、コールバック関数を介してその進行状況をアプリケーションに通知します。 (ANSI)
CopyFileTransactedW

トランザクション操作として、既存のファイルを新しいファイルにコピーし、コールバック関数を介してその進行状況をアプリケーションに通知します。 (Unicode)
CopyFileW

CopyFileW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、既存のファイルを新しいファイルにコピーします。
CreateActCtxA

CreateActCtx 関数は、アクティブ化コンテキストを作成します。 (ANSI)
CreateActCtxW

CreateActCtx 関数は、アクティブ化コンテキストを作成します。 (Unicode)
CreateBoundaryDescriptorA

CreateBoundaryDescriptorA (ANSI) 関数 (winbase.h) によって境界記述子が作成されます。
CreateDirectory

CreateDirectory 関数 (winbase.h) によって新しいディレクトリが作成されます。
CreateDirectoryExA

指定のテンプレート ディレクトリの属性で新しいディレクトリを作成します。 (ANSI)
CreateDirectoryExW

指定のテンプレート ディレクトリの属性で新しいディレクトリを作成します。 (Unicode)
CreateDirectoryTransactedA

指定のテンプレート ディレクトリの属性で新しいディレクトリをトランザクション操作として作成します。 (ANSI)
CreateDirectoryTransactedW

指定のテンプレート ディレクトリの属性で新しいディレクトリをトランザクション操作として作成します。 (Unicode)
CreateFiber

ファイバー オブジェクトを割り当て、スタックを割り当て、指定した開始アドレス (通常はファイバー関数) で開始するように実行を設定します。 この関数はファイバーをスケジュールしません。 (CreateFiber)
CreateFiberEx

ファイバー オブジェクトを割り当て、スタックを割り当て、指定した開始アドレス (通常はファイバー関数) で開始するように実行を設定します。 この関数はファイバーをスケジュールしません。 (CreateFiberEx)
CreateFileMappingA

指定したファイルの名前付きまたは名前のないファイル マッピング オブジェクトを作成または開きます。 (CreateFileMappingA)
CreateFileMappingNumaA

指定したファイルの名前付きまたは名前のないファイル マッピング オブジェクトを作成または開き、物理メモリの NUMA ノードを指定します。 (CreateFileMappingNumaA)
CreateFileTransactedA

トランザクション操作として、ファイル、ファイル ストリーム、またはディレクトリを作成するか、開きます。 (ANSI)
CreateFileTransactedW

トランザクション操作として、ファイル、ファイル ストリーム、またはディレクトリを作成するか、開きます。 (Unicode)
CreateHardLinkA

既存のファイルと新規のファイルの間にハード リンクを確立します。 (ANSI)
CreateHardLinkTransactedA

トランザクション操作として、既存のファイルと新規のファイルの間にハード リンクを確立します。 (ANSI)
CreateHardLinkTransactedW

トランザクション操作として、既存のファイルと新規のファイルの間にハード リンクを確立します。 (Unicode)
CreateHardLinkW

既存のファイルと新規のファイルの間にハード リンクを確立します。 (Unicode)
CreateJobObjectA

ジョブ オブジェクトを作成または開きます。 (CreateJobObjectA)
CreateMailslotA

指定した名前の mailslot を作成し、mailslot サーバーが mailslot に対する操作を実行するために使用できるハンドルを返します。 (ANSI)
CreateMailslotW

指定した名前の mailslot を作成し、mailslot サーバーが mailslot に対する操作を実行するために使用できるハンドルを返します。 (Unicode)
CreateNamedPipeA

CreateNamedPipeA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、名前付きパイプのインスタンスを作成し、後続のパイプ操作のハンドルを返します。
CreatePrivateNamespaceA

CreatePrivateNamespaceA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、プライベート名前空間を作成します。
CreateProcessWithLogonW

新しいプロセスとそのプライマリ スレッドを作成します。 その後、新しいプロセスは、指定された資格情報 (ユーザー、ドメイン、パスワード) のセキュリティ コンテキストで、指定された実行可能ファイルを実行します。 必要に応じて、指定したユーザーのユーザー プロファイルを読み込むことができます。
CreateProcessWithTokenW

新しいプロセスとそのプライマリ スレッドを作成します。 新しいプロセスは、指定されたトークンのセキュリティ コンテキストで実行されます。 必要に応じて、指定したユーザーのユーザー プロファイルを読み込むことができます。
CreateSemaphoreA

名前付きまたは名前のないセマフォ オブジェクトを作成または開きます。 (CreateSemaphoreA)
CreateSemaphoreExA

名前付きまたは名前のないセマフォ オブジェクトを作成または開き、オブジェクトへのハンドルを返します。 (CreateSemaphoreExA)
CreateSymbolicLinkA

シンボリック リンクを作成します。 (ANSI)
CreateSymbolicLinkTransactedA

トランザクション操作としてシンボリック リンクを作成します。 (ANSI)
CreateSymbolicLinkTransactedW

トランザクション操作としてシンボリック リンクを作成します。 (Unicode)
CreateSymbolicLinkW

シンボリック リンクを作成します。 (Unicode)
CreateTapePartition

テープを再フォーマットします。
CreateUmsCompletionList

ユーザー モード スケジューリング (UMS) 完了リストを作成します。
CreateUmsThreadContext

UMS ワーカー スレッドを表すユーザー モード スケジューリング (UMS) スレッド コンテキストを作成します。
DeactivateActCtx

DeactivateActCtx 関数は、指定された Cookie に対応するアクティブ化コンテキストを非アクティブ化します。
DebugBreakProcess

指定したプロセスでブレークポイント例外を発生させます。 これにより、呼び出し元のスレッドは、例外を処理するようにデバッガーに通知できます。
DebugSetProcessKillOnExit

呼び出し元スレッドが終了したときに実行されるアクションを設定します。
DecryptFileA

暗号化されたファイルまたはディレクトリの暗号化を解除します。 (ANSI)
DecryptFileW

暗号化されたファイルまたはディレクトリの暗号化を解除します。 (Unicode)
DefineDosDeviceA

MS-DOS デバイスの名前を定義、再定義、または削除します。 (DefineDosDeviceA)
DeleteAtom

ローカル文字列アトムの参照カウントをデクリメントします。 アトムの参照カウントが 0 に減った場合、DeleteAtom は、その atom に関連付けられている文字列をローカルの atom テーブルから削除します。
DeleteFiber

既存のファイバーを削除します。
DeleteFile

DeleteFile 関数 (winbase.h) は、既存のファイルを削除します。
DeleteFileTransactedA

トランザクション操作として、既存のファイルを削除します。 (ANSI)
DeleteFileTransactedW

トランザクション操作として、既存のファイルを削除します。 (Unicode)
DeleteUmsCompletionList

指定したユーザー モード スケジューリング (UMS) 完了リストを削除します。 リストは空である必要があります。
DeleteUmsThreadContext

指定したユーザー モード スケジューリング (UMS) スレッド コンテキストを削除します。 スレッドは終了する必要があります。
DeleteVolumeMountPointA

ドライブ文字またはマウントされたフォルダーを削除します。 (DeleteVolumeMountPointA)
DequeueUmsCompletionListItems

指定した UMS 完了リストからユーザー モード スケジューリング (UMS) ワーカー スレッドを取得します。
DeregisterEventSource

指定したイベント ログを閉じます。 (DeregisterEventSource)
DestroyThreadpoolEnvironment

指定したコールバック環境を削除します。 新しいスレッド プール オブジェクトを作成するためにコールバック環境が不要になった場合は、この関数を呼び出します。 (DestroyThreadpoolEnvironment)
DisableThreadProfiling

スレッド プロファイルを無効にします。
DnsHostnameToComputerNameA

DNS スタイルのホスト名を NetBIOS スタイルのコンピューター名に変換します。 (ANSI)
DnsHostnameToComputerNameW

DNS スタイルのホスト名を NetBIOS スタイルのコンピューター名に変換します。 (Unicode)
DosDateTimeToFileTime

MS-DOS の日付と時刻の値をファイル時刻に変換します。
EnableProcessOptionalXStateFeatures

EnableProcessOptionalXStateFeatures 関数を使用すると、現在のプロセスに対して一連のオプションの XState 機能が有効になります。
EnableThreadProfiling

指定したスレッドでスレッド プロファイルを有効にします。
EncryptFileA

ファイルまたはディレクトリを暗号化します。 (ANSI)
EncryptFileW

ファイルまたはディレクトリを暗号化します。 (Unicode)
EndUpdateResourceA

UpdateResource の呼び出しの前に行われた変更をコミットまたは破棄します。 (ANSI)
EndUpdateResourceW

UpdateResource の呼び出しの前に行われた変更をコミットまたは破棄します。 (Unicode)
EnterUmsSchedulingMode

呼び出し元のスレッドをユーザー モード スケジューリング (UMS) スケジューラ スレッドに変換します。
EnumResourceLanguagesA

バイナリ モジュールに関連付けられている、指定した型と名前の言語固有のリソースを列挙します。 (ANSI)
EnumResourceLanguagesW

バイナリ モジュールに関連付けられている、指定した型と名前の言語固有のリソースを列挙します。 (Unicode)
EnumResourceTypesA

バイナリ モジュール内のリソースの種類を列挙します。 (ANSI)
EnumResourceTypesW

バイナリ モジュール内のリソースの種類を列挙します。 (Unicode)
EraseTape

テープの全部または一部を消去します。
EscapeCommFunction

指定された通信デバイスに拡張関数を実行するように指示します。
ExecuteUmsThread

指定した UMS ワーカー スレッドを実行します。
FatalExit

デバッガーに実行制御を転送します。 その後のデバッガーの動作は、使用されるデバッガーの種類に固有です。
FileEncryptionStatusA

指定したファイルの暗号化状態を取得します。 (ANSI)
FileEncryptionStatusW

指定したファイルの暗号化状態を取得します。 (Unicode)
FileTimeToDosDateTime

ファイル時刻を MS-DOS の日付と時刻の値に変換します。
FindActCtxSectionGuid

FindActCtxSectionGuid 関数は、現在のアクティブ化コンテキストの特定の GUID に関する情報を取得し、ACTCTX_SECTION_KEYED_DATA構造体を返します。
FindActCtxSectionStringA

FindActCtxSectionString 関数は、現在のアクティブ化コンテキストの特定の文字列に関する情報を取得し、ACTCTX_SECTION_KEYED_DATA構造体を返します。 (ANSI)
FindActCtxSectionStringW

FindActCtxSectionString 関数は、現在のアクティブ化コンテキストの特定の文字列に関する情報を取得し、ACTCTX_SECTION_KEYED_DATA構造体を返します。 (Unicode)
FindAtomA

指定した文字列をローカル atom テーブルで検索し、その文字列に関連付けられている atom を取得します。 (ANSI)
FindAtomW

指定した文字列をローカル atom テーブルで検索し、その文字列に関連付けられている atom を取得します。 (Unicode)
FindFirstFileNameTransactedW

トランザクション操作として、指定したファイルへのすべてのハード リンクの列挙を作成します。 この関数は、FindNextFileNameW 関数の後続の呼び出しで使用できる列挙へのハンドルを返します。
FindFirstFileTransactedA

トランザクション操作として、特定の名前と一致する名前を持つファイルまたはサブディレクトリをディレクトリで検索します。 (ANSI)
FindFirstFileTransactedW

トランザクション操作として、特定の名前と一致する名前を持つファイルまたはサブディレクトリをディレクトリで検索します。 (Unicode)
FindFirstStreamTransactedW

トランザクション操作として、指定したファイルまたはディレクトリの最初のストリームを列挙します。
FindFirstVolumeA

コンピューター上のボリュームの名前を取得します。 (FindFirstVolumeA)
FindFirstVolumeMountPointA

指定したボリューム上のマウントされたフォルダーの名前を取得します。 (ANSI)
FindFirstVolumeMountPointW

指定したボリューム上のマウントされたフォルダーの名前を取得します。 (Unicode)
FindNextVolumeA

FindFirstVolume 関数の呼び出しによって開始されたボリューム検索を続けます。 (FindNextVolumeA)
FindNextVolumeMountPointA

FindFirstVolumeMountPoint 関数の呼び出しによって開始された、マウントされたフォルダーの検索を続けます。 (ANSI)
FindNextVolumeMountPointW

FindFirstVolumeMountPoint 関数の呼び出しによって開始された、マウントされたフォルダーの検索を続けます。 (Unicode)
FindResourceA

指定したモジュール内の指定した型と名前を持つリソースの場所を決定します。 (FindResourceA)
FindResourceExA

指定したモジュール内の指定した型、名前、言語を使用して、リソースの場所を決定します。 (FindResourceExA)
FindVolumeMountPointClose

指定したマウントされたフォルダー検索ハンドルを閉じます。
FormatMessage

FormatMessage 関数 (winbase.h) は、メッセージ文字列を書式設定します。
FormatMessageA

メッセージ文字列を書式設定します。 (FormatMessageA)
FormatMessageW

FormatMessageW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、メッセージ文字列を書式設定します。
GetActiveProcessorCount

プロセッサ グループまたはシステム内のアクティブなプロセッサの数を返します。
GetActiveProcessorGroupCount

システム内のアクティブなプロセッサ グループの数を返します。
GetApplicationRecoveryCallback

指定したプロセスに登録されているコールバック ルーチンへのポインターを取得します。 返されるアドレスは、プロセスの仮想アドレス空間にあります。
GetApplicationRestartSettings

指定したプロセスに登録されている再起動情報を取得します。
GetAtomNameA

指定したローカル アトムに関連付けられている文字列のコピーを取得します。 (ANSI)
GetAtomNameW

指定したローカル アトムに関連付けられている文字列のコピーを取得します。 (Unicode)
GetBinaryTypeA

ファイルが実行可能ファイル (.exe) であるかどうかを判断し、その場合はその実行可能ファイルを実行するサブシステムを特定します。 (ANSI)
GetBinaryTypeW

ファイルが実行可能ファイル (.exe) であるかどうかを判断し、その場合はその実行可能ファイルを実行するサブシステムを特定します。 (Unicode)
GetCommConfig

通信デバイスの現在の構成を取得します。
GetCommMask

指定した通信デバイスのイベント マスクの値を取得します。
GetCommModemStatus

モデムコントロールレジスタの値を取得します。
GetCommPorts

整形式の COM ポートを含む配列を取得します。
GetCommProperties

指定した通信デバイスの通信プロパティに関する情報を取得します。
GetCommState

指定した通信デバイスの現在の制御設定を取得します。
GetCommTimeouts

指定した通信デバイスに対するすべての読み取りおよび書き込み操作のタイムアウト パラメーターを取得します。
GetCompressedFileSizeTransactedA

トランザクション操作として、指定したファイルの格納に使用されるディスク ストレージの実際のバイト数を取得します。 (ANSI)
GetCompressedFileSizeTransactedW

トランザクション操作として、指定したファイルの格納に使用されるディスク ストレージの実際のバイト数を取得します。 (Unicode)
GetComputerNameA

ローカル コンピューターの NetBIOS 名を取得します。 この名前は、システムがレジストリから読み取るときに、システムの起動時に確立されます。 (ANSI)
GetComputerNameW

ローカル コンピューターの NetBIOS 名を取得します。 この名前は、システムがレジストリから読み取るときに、システムの起動時に確立されます。 (Unicode)
GetCurrentActCtx

GetCurrentActCtx 関数は、呼び出し元スレッドのアクティブなアクティブ化コンテキストへのハンドルを返します。
GetCurrentDirectory

現在のプロセスの現在のディレクトリを取得します。
GetCurrentHwProfileA

ローカル コンピューターの現在のハードウェア プロファイルに関する情報を取得します。 (ANSI)
GetCurrentHwProfileW

ローカル コンピューターの現在のハードウェア プロファイルに関する情報を取得します。 (Unicode)
GetCurrentUmsThread

呼び出し元の UMS スレッドのユーザー モード スケジューリング (UMS) スレッド コンテキストを返します。
GetDefaultCommConfigA

指定した通信デバイスの既定の構成を取得します。 (ANSI)
GetDefaultCommConfigW

指定した通信デバイスの既定の構成を取得します。 (Unicode)
GetDevicePowerState

指定したデバイスの現在の電源状態を取得します。
GetDllDirectoryA

アプリケーションの DLL の検索に使用される検索パスのアプリケーション固有の部分を取得します。 (ANSI)
GetDllDirectoryW

アプリケーションの DLL の検索に使用される検索パスのアプリケーション固有の部分を取得します。 (Unicode)
GetEnabledXStateFeatures

x86 または x64 プロセッサ上の有効な XState 機能のマスクを取得します。
GetEnvironmentVariable

GetEnvironmentVariable 関数 (winbase.h) は、呼び出し元プロセスの環境ブロックから、指定された変数の内容を取得します。
GetEventLogInformation

指定したイベント ログに関する情報を取得します。
GetFileAttributesTransactedA

トランザクション操作として、指定されたファイルまたはディレクトリのファイル システム属性を取得します。 (ANSI)
GetFileAttributesTransactedW

トランザクション操作として、指定されたファイルまたはディレクトリのファイル システム属性を取得します。 (Unicode)
GetFileBandwidthReservation

指定したファイルが存在するボリュームの帯域幅予約プロパティを取得します。
GetFileInformationByHandleEx

指定したファイルのファイル情報を取得します。 (GetFileInformationByHandleEx)
GetFileInformationByName

ファイルへのパスを指定して、ファイルまたはディレクトリに関する情報を照会します。
GetFileSecurityA

ファイルまたはディレクトリのセキュリティに関する指定された情報を取得します。 取得された情報は、呼び出し元のアクセス権と特権によって制限されます。 (GetFileSecurityA)
GetFirmwareEnvironmentVariableA

指定したファームウェア環境変数の値を取得します。 (ANSI)
GetFirmwareEnvironmentVariableExA

指定したファームウェア環境変数とその属性の値を取得します。 (ANSI)
GetFirmwareEnvironmentVariableExW

指定したファームウェア環境変数とその属性の値を取得します。 (Unicode)
GetFirmwareEnvironmentVariableW

指定したファームウェア環境変数の値を取得します。 (Unicode)
GetFirmwareType

ローカル コンピューターのファームウェアの種類を取得します。
GetFullPathNameTransactedA

トランザクション操作として、指定したファイルの完全パスとファイル名を取得します。 (ANSI)
GetFullPathNameTransactedW

トランザクション操作として、指定したファイルの完全パスとファイル名を取得します。 (Unicode)
GetLogicalDriveStringsA

システム内の有効なドライブを指定する文字列でバッファーを埋めます。 (GetLogicalDriveStringsA)
GetLongPathNameTransactedA

トランザクション操作として、指定したパスを長い形式に変換します。 (ANSI)
GetLongPathNameTransactedW

トランザクション操作として、指定したパスを長い形式に変換します。 (Unicode)
GetMailslotInfo

指定した mailslot に関する情報を取得します。
GetMaximumProcessorCount

プロセッサ グループまたはシステムで使用できる論理プロセッサの最大数を返します。
GetMaximumProcessorGroupCount

システムで使用できるプロセッサ グループの最大数を返します。
GetNamedPipeClientComputerNameA

GetNamedPipeClientComputerNameA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、指定された名前付きパイプのクライアント コンピューター名を取得します。
GetNamedPipeClientProcessId

指定した名前付きパイプのクライアント プロセス識別子を取得します。
GetNamedPipeClientSessionId

指定した名前付きパイプのクライアント セッション識別子を取得します。
GetNamedPipeHandleStateA

GetNamedPipeHandleStateA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、指定された名前付きパイプに関する情報を取得します。
GetNamedPipeServerProcessId

指定した名前付きパイプのサーバー プロセス識別子を取得します。
GetNamedPipeServerSessionId

指定した名前付きパイプのサーバー セッション識別子を取得します。
GetNextUmsListItem

スレッド コンテキストの一覧で次のユーザー モード スケジューリング (UMS) スレッド コンテキストを返します。
GetNumaAvailableMemoryNode

指定したノードで使用可能なメモリの量を取得します。
GetNumaAvailableMemoryNodeEx

USHORT 値として指定されたノードで使用できるメモリの量を取得します。
GetNumaNodeNumberFromHandle

指定したファイル ハンドルによって表されるファイルまたは I/O デバイスに関連付けられている NUMA ノードを取得します。
GetNumaNodeProcessorMask

指定したノードのプロセッサ マスクを取得します。
GetNumaProcessorNode

指定したプロセッサのノード番号を取得します。
GetNumaProcessorNodeEx

指定した論理プロセッサの USHORT 値としてノード番号を取得します。
GetNumaProximityNode

指定した近接ドメイン識別子に対応する NUMA ノード番号を取得します。
GetNumberOfEventLogRecords

指定したイベント ログ内のレコードの数を取得します。
GetOldestEventLogRecord

指定したイベント ログ内の最も古いレコードの絶対レコード番号を取得します。
GetPrivateProfileInt

GetPrivateProfileInt 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションのキーに関連付けられた整数を取得します。
GetPrivateProfileIntA

初期化ファイルの指定したセクションのキーに関連付けられている整数を取得します。 (GetPrivateProfileIntA)
GetPrivateProfileIntW

GetPrivateProfileIntW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションのキーに関連付けられた整数を取得します。
GetPrivateProfileSection

GetPrivateProfileSection 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションのすべてのキーと値を取得します。
GetPrivateProfileSectionA

初期化ファイルの指定したセクションのすべてのキーと値を取得します。 (GetPrivateProfileSectionA)
GetPrivateProfileSectionNames

GetPrivateProfileSectionNames 関数 (winbase.h) は、初期化ファイル内のすべてのセクションの名前を取得します。
GetPrivateProfileSectionNamesA

初期化ファイル内のすべてのセクションの名前を取得します。 (GetPrivateProfileSectionNamesA)
GetPrivateProfileSectionNamesW

GetPrivateProfileSectionNamesW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、初期化ファイル内のすべてのセクションの名前を取得します。
GetPrivateProfileSectionW

GetPrivateProfileSectionW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションのすべてのキーと値を取得します。
GetPrivateProfileString

GetPrivateProfileString 関数 (winbase.h) は、初期化ファイル内の指定されたセクションから文字列を取得します。
GetPrivateProfileStringA

初期化ファイル内の指定したセクションから文字列を取得します。 (GetPrivateProfileStringA)
GetPrivateProfileStringW

GetPrivateProfileStringW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、初期化ファイル内の指定されたセクションから文字列を取得します。
GetPrivateProfileStruct

GetPrivateProfileStruct 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションにあるキーに関連付けられているデータを取得します。
GetPrivateProfileStructA

初期化ファイルの指定したセクションのキーに関連付けられているデータを取得します。 (GetPrivateProfileStructA)
GetPrivateProfileStructW

GetPrivateProfileStructW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、初期化ファイルの指定されたセクションにあるキーに関連付けられているデータを取得します。
GetProcessAffinityMask

指定したプロセスのプロセス アフィニティ マスクと、システムのシステム アフィニティ マスクを取得します。
GetProcessDEPPolicy

指定した 32 ビット プロセスのデータ実行防止 (DEP) と DEP-ATL サンク エミュレーション設定を取得します。WINDOWS XP with SP3: 現在のプロセスの DEP および DEP-ATL サンク エミュレーション設定を取得します。
GetProcessIoCounters

指定したプロセスによって実行されるすべての I/O 操作のアカウンティング情報を取得します。
GetProfileIntA

Win.ini ファイルの指定したセクションのキーから整数を取得します。 (ANSI)
GetProfileIntW

Win.ini ファイルの指定したセクションのキーから整数を取得します。 (Unicode)
GetProfileSectionA

Win.ini ファイルの指定したセクションのすべてのキーと値を取得します。 (ANSI)
GetProfileSectionW

Win.ini ファイルの指定したセクションのすべてのキーと値を取得します。 (Unicode)
GetProfileStringA

Win.ini ファイルの指定したセクションのキーに関連付けられている文字列を取得します。 (ANSI)
GetProfileStringW

Win.ini ファイルの指定したセクションのキーに関連付けられている文字列を取得します。 (Unicode)
GetShortPathNameA

指定したパスの短いパス形式を取得します。 (GetShortPathNameA)
GetSystemDEPPolicy

システムのデータ実行防止 (DEP) ポリシー設定を取得します。
GetSystemPowerStatus

システムの電源状態を取得します。 状態は、システムが AC 電源と DC 電源のどちらで動作しているか、バッテリーが現在充電されているかどうか、バッテリーの寿命がどれくらい残っているか、バッテリー 節約機能がオンかオフかを示します。
GetSystemRegistryQuota

レジストリの現在のサイズと、レジストリがシステムで取得できる最大サイズを取得します。
GetTapeParameters

テープまたはテープ ドライブを説明する情報を取得します。
GetTapePosition

テープの現在のアドレスを論理ブロックまたは絶対ブロックで取得します。
GetTapeStatus

テープ・デバイスがテープ・コマンドを処理する準備ができているかどうかを判別します。
GetTempFileName

GetTempFileName 関数 (winbase.h) は、一時ファイルの名前を作成します。 一意のファイル名が生成されると、空のファイルが作成され、そこへのハンドルが解放されます。それ以外の場合は、ファイル名のみが生成されます。
GetThreadEnabledXStateFeatures

GetThreadEnabledXStateFeatures 関数は、現在のスレッドで現在有効になっている XState 機能のセットを返します。
GetThreadSelectorEntry

指定したセレクターとスレッドの記述子テーブル エントリを取得します。
GetUmsCompletionListEvent

指定したユーザー モード スケジューリング (UMS) 完了リストに関連付けられているイベントへのハンドルを取得します。
GetUmsSystemThreadInformation

指定したスレッドが UMS スケジューラ スレッド、UMS ワーカー スレッド、または UMS 以外のスレッドのいずれであるかを照会します。
GetUserNameA

現在のスレッドに関連付けられているユーザーの名前を取得します。 (ANSI)
GetUserNameW

現在のスレッドに関連付けられているユーザーの名前を取得します。 (Unicode)
GetVolumeNameForVolumeMountPointA

指定したボリューム マウント ポイント (ドライブ文字、ボリューム GUID パス、またはマウントされたフォルダー) に関連付けられているボリュームのボリューム GUID パスを取得します。 (GetVolumeNameForVolumeMountPointA)
GetVolumePathNameA

指定したパスがマウントされているボリューム マウント ポイントを取得します。 (GetVolumePathNameA)
GetVolumePathNamesForVolumeNameA

指定したボリュームのドライブ文字とマウントされたフォルダー パスの一覧を取得します。 (GetVolumePathNamesForVolumeNameA)
GetXStateFeaturesMask

CONTEXT 構造体内に設定された XState 機能のマスクを返します。
GlobalAddAtomA

グローバル atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (GlobalAddAtomA)
GlobalAddAtomExA

グローバル atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (GlobalAddAtomExA)
GlobalAddAtomExW

グローバル atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (GlobalAddAtomExW)
GlobalAddAtomW

グローバル atom テーブルに文字列を追加し、文字列を識別する一意の値 (atom) を返します。 (GlobalAddAtomW)
GlobalAlloc

ヒープから指定したバイト数を割り当てます。 (GlobalAlloc)
GlobalDeleteAtom

グローバル文字列アトムの参照カウントをデクリメントします。 アトムの参照カウントが 0 に達すると、GlobalDeleteAtom は、その atom に関連付けられている文字列をグローバルアトム テーブルから削除します。
GlobalDiscard

指定したグローバル メモリ ブロックを破棄します。
GlobalFindAtomA

指定した文字列をグローバル atom テーブルで検索し、その文字列に関連付けられているグローバル アトムを取得します。 (ANSI)
GlobalFindAtomW

指定した文字列をグローバル atom テーブルで検索し、その文字列に関連付けられているグローバル アトムを取得します。 (Unicode)
GlobalFlags

指定したグローバル メモリ オブジェクトに関する情報を取得します。
GlobalFree

指定したグローバル メモリ オブジェクトを解放し、ハンドルを無効にします。
GlobalGetAtomNameA

指定したグローバル アトムに関連付けられている文字列のコピーを取得します。 (ANSI)
GlobalGetAtomNameW

指定したグローバル アトムに関連付けられている文字列のコピーを取得します。 (Unicode)
GlobalHandle

グローバル メモリ ブロックへの指定されたポインターに関連付けられているハンドルを取得します。
GlobalLock

グローバル メモリ オブジェクトをロックし、オブジェクトのメモリ ブロックの最初のバイトへのポインターを返します。
GlobalMemoryStatus

物理メモリと仮想メモリの両方のシステムの現在の使用状況に関する情報を取得します。 (GlobalMemoryStatus)
GlobalReAlloc

指定したグローバル メモリ オブジェクトのサイズまたは属性を変更します。 サイズは増減できます。
GlobalSize

指定したグローバル メモリ オブジェクトの現在のサイズをバイト単位で取得します。
GlobalUnlock

GMEM_MOVEABLEで割り当てられたメモリ オブジェクトに関連付けられているロック数をデクリメントします。
HasOverlappedIoCompleted

未処理の I/O 操作の完了をポーリングするために使用できる高パフォーマンスのテスト操作を提供します。
InitAtomTable

ローカル atom テーブルを初期化し、ハッシュ バケットの数を指定したサイズに設定します。
InitializeContext

バッファー内の CONTEXT 構造体を必要なサイズと配置で初期化します。
InitializeContext2

XSTATE 圧縮マスクを指定するオプションを使用して、必要なサイズとアラインメントを使用して、バッファー内の CONTEXT 構造体を初期化します。
InitializeThreadpoolEnvironment

コールバック環境を初期化します。
InterlockedExchangeSubtract

2 つの値のアトミック減算を実行します。
IsBadCodePtr

呼び出し元のプロセスが、指定したアドレスのメモリへの読み取りアクセス権を持っているかどうかを判断します。
IsBadReadPtr

呼び出し元のプロセスが、指定したメモリ範囲への読み取りアクセス権を持っていることを確認します。 (IsBadReadPtr)
IsBadStringPtrA

呼び出し元のプロセスが、指定したメモリ範囲への読み取りアクセス権を持っていることを確認します。 (IsBadStringPtrA)
IsBadStringPtrW

呼び出し元のプロセスが、指定したメモリ範囲への読み取りアクセス権を持っていることを確認します。 (IsBadStringPtrW)
IsBadWritePtr

呼び出し元のプロセスが、指定したメモリ範囲への書き込みアクセス権を持っていることを確認します。
IsNativeVhdBoot

OS が VHD コンテナーから起動されたかどうかを示します。
IsSystemResumeAutomatic

コンピューターの現在の状態を決定します。
IsTextUnicode

バッファーに Unicode テキストの形式が含まれている可能性が高いかどうかを判断します。
LoadModule

アプリケーションを読み込んで実行するか、既存のアプリケーションの新しいインスタンスを作成します。
LoadPackagedLibrary

指定したパッケージ モジュールとその依存関係を呼び出し元プロセスのアドレス空間に読み込みます。
LocalAlloc

ヒープから指定したバイト数を割り当てます。 (LocalAlloc)
LocalFlags

指定したローカル メモリ オブジェクトに関する情報を取得します。
LocalFree

指定したローカル メモリ オブジェクトを解放し、そのハンドルを無効にします。
LocalHandle

ローカル メモリ オブジェクトへの指定されたポインターに関連付けられているハンドルを取得します。
LocalLock

ローカル メモリ オブジェクトをロックし、オブジェクトのメモリ ブロックの最初のバイトへのポインターを返します。
LocalReAlloc

指定したローカル メモリ オブジェクトのサイズまたは属性を変更します。 サイズは増減できます。
LocalSize

指定したローカル メモリ オブジェクトの現在のサイズをバイト単位で取得します。
LocalUnlock

LMEM_MOVEABLEで割り当てられたメモリ オブジェクトに関連付けられているロック数をデクリメントします。
LocateXStateFeature

CONTEXT 構造体内の XState 機能のプロセッサ状態へのポインターを取得します。
LogonUserA

Win32 LogonUser 関数は、ユーザーをローカル コンピューターにログオンしようとします。 LogonUser は、ユーザーを偽装するために使用できるユーザー トークンへのハンドルを返します。 (ANSI)
LogonUserExA

LogonUserEx 関数は、ユーザーをローカル コンピューターにログオンしようとします。 (ANSI)
LogonUserExW

LogonUserEx 関数は、ユーザーをローカル コンピューターにログオンしようとします。 (Unicode)
LogonUserW

Win32 LogonUser 関数は、ユーザーをローカル コンピューターにログオンしようとします。 LogonUser は、ユーザーを偽装するために使用できるユーザー トークンへのハンドルを返します。 (Unicode)
LookupAccountNameA

システムの名前とアカウントを入力として受け入れます。 アカウントのセキュリティ識別子 (SID) と、アカウントが見つかったドメインの名前を取得します。 (ANSI)
LookupAccountNameW

システムの名前とアカウントを入力として受け入れます。 アカウントのセキュリティ識別子 (SID) と、アカウントが見つかったドメインの名前を取得します。 (Unicode)
LookupAccountSidA

入力としてセキュリティ識別子 (SID) を受け入れます。 この SID のアカウントの名前と、この SID が見つかった最初のドメインの名前を取得します。 (ANSI)
LookupAccountSidLocalA

ローカル コンピューター上の指定された SID のアカウントの名前を取得します。 (ANSI)
LookupAccountSidLocalW

ローカル コンピューター上の指定された SID のアカウントの名前を取得します。 (Unicode)
LookupAccountSidW

入力としてセキュリティ識別子 (SID) を受け入れます。 この SID のアカウントの名前と、この SID が見つかった最初のドメインの名前を取得します。 (Unicode)
LookupPrivilegeDisplayNameA

指定した特権を表す表示名を取得します。 (ANSI)
LookupPrivilegeDisplayNameW

指定した特権を表す表示名を取得します。 (Unicode)
LookupPrivilegeNameA

指定したローカル一意識別子 (LUID) によって特定のシステムで表される特権に対応する名前を取得します。 (ANSI)
LookupPrivilegeNameW

指定したローカル一意識別子 (LUID) によって特定のシステムで表される特権に対応する名前を取得します。 (Unicode)
LookupPrivilegeValueA

指定された特権名をローカルで表すために、指定されたシステムで使用されるローカル一意識別子 (LUID) を取得します。 (ANSI)
LookupPrivilegeValueW

指定された特権名をローカルで表すために、指定されたシステムで使用されるローカル一意識別子 (LUID) を取得します。 (Unicode)
lstrcatA

1 つの文字列を別の文字列に追加します。警告 使用しないでください。 (ANSI)
lstrcatW

1 つの文字列を別の文字列に追加します。警告 使用しないでください。 (Unicode)
lstrcmpA

2 つの文字列を比較します。 比較では、大文字と小文字を区別します。 (ANSI)
lstrcmpiA

2 つの文字列を比較します。 比較では、大文字と小文字を区別しません。 (ANSI)
lstrcmpiW

2 つの文字列を比較します。 比較では、大文字と小文字を区別しません。 (Unicode)
lstrcmpW

2 つの文字列を比較します。 比較では、大文字と小文字を区別します。 (Unicode)
lstrcpyA

文字列をバッファーにコピーします。 (ANSI)
lstrcpynA

指定した文字数をソース文字列からバッファーにコピーします。警告 使用しないでください。 (ANSI)
lstrcpynW

指定した文字数をソース文字列からバッファーにコピーします。警告 使用しないでください。 (Unicode)
lstrcpyW

文字列をバッファーにコピーします。 (Unicode)
lstrlenA

指定した文字列の長さを決定します (終端の null 文字は含まれません)。 (ANSI)
lstrlenW

指定した文字列の長さを決定します (終端の null 文字は含まれません)。 (Unicode)
MAKEINTATOM

指定した atom を文字列に変換するため、アトムまたは文字列を受け入れる関数に渡すことができます。
MapUserPhysicalPagesScatter

以前に割り当てられた物理メモリ ページを、アドレス ウィンドウ拡張機能 (AWE) リージョンの指定されたアドレスにマップします。 (MapUserPhysicalPagesScatter)
MapViewOfFileExNuma

ファイル マッピングのビューを呼び出し元プロセスのアドレス空間にマップし、物理メモリの NUMA ノードを指定します。
MoveFile

MoveFile 関数 (winbase.h) は、子を含む既存のファイルまたはディレクトリを移動します。
MoveFileA

既存のファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 (MoveFileA)
MoveFileExA

さまざまな移動オプションを使って既存のファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 (ANSI)
MoveFileExW

さまざまな移動オプションを使って既存のファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 (Unicode)
MoveFileTransactedA

トランザクション操作として、既存のファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 (ANSI)
MoveFileTransactedW

トランザクション操作として、既存のファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 (Unicode)
MoveFileW

MoveFileW (Unicode) 関数 (winbase.h) は、子を含む既存のファイルまたはディレクトリを移動します。
MoveFileWithProgressA

ファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 進行状況通知を受け取るコールバック関数を指定できます。 (ANSI)
MoveFileWithProgressW

ファイルまたはディレクトリ (その子を含む) を移動します。 進行状況通知を受け取るコールバック関数を指定できます。 (Unicode)
MulDiv

2 つの 32 ビット値を乗算し、64 ビットの結果を 3 番目の 32 ビット値で除算します。
NotifyChangeEventLog

指定したイベント ログにイベントが書き込まれるときに、アプリケーションが通知を受信できるようにします。
ObjectCloseAuditAlarmA

プライベート オブジェクトへのハンドルが削除されると、セキュリティ イベント ログに監査メッセージを生成します。 (ObjectCloseAuditAlarmA)
ObjectDeleteAuditAlarmA

ObjectDeleteAuditAlarmA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、オブジェクトが削除されると監査メッセージを生成します。
ObjectOpenAuditAlarmA

クライアント アプリケーションがオブジェクトへのアクセスを取得しようとしたり、新しいオブジェクトを作成したりしようとすると、監査メッセージを生成します。 (ObjectOpenAuditAlarmA)
ObjectPrivilegeAuditAlarmA

セキュリティ イベント ログに監査メッセージを生成します。 (ObjectPrivilegeAuditAlarmA)
OpenBackupEventLogA

BackupEventLog 関数によって作成されたバックアップ イベント ログへのハンドルを開きます。 (ANSI)
OpenBackupEventLogW

BackupEventLog 関数によって作成されたバックアップ イベント ログへのハンドルを開きます。 (Unicode)
OpenCommPort

通信デバイスを開こうとします。
OpenEncryptedFileRawA

ファイルをバックアップ (エクスポート) または復元 (インポート) するために、暗号化されたファイルを開きます。 (ANSI)
OpenEncryptedFileRawW

ファイルをバックアップ (エクスポート) または復元 (インポート) するために、暗号化されたファイルを開きます。 (Unicode)
OpenEventLogA

指定したイベント ログへのハンドルを開きます。 (ANSI)
OpenEventLogW

指定したイベント ログへのハンドルを開きます。 (Unicode)
OpenFile

ファイルを作成、開く、再度開く、または削除します。
OpenFileById

指定された識別子と一致するファイルを開きます。
OpenFileMappingA

名前付きファイル マッピング オブジェクトを開きます。 (OpenFileMappingA)
OpenJobObjectA

既存のジョブ オブジェクトを開きます。 (OpenJobObjectA)
OpenPrivateNamespaceA

OpenPrivateNamespaceA (ANSI) 関数 (winbase.h) はプライベート名前空間を開きます。
OperationEnd

アプリケーションが操作を終了しようとしていることをシステムに通知します。
OperationStart

アプリケーションが操作を開始しようとしていることをシステムに通知します。
PowerClearRequest

電源要求オブジェクトの指定した種類の電源要求の数をデクリメントします。
PowerCreateRequest

新しい電源要求オブジェクトを作成します。
PowerSetRequest

電源要求オブジェクトの指定した種類の電源要求の数をインクリメントします。
PrepareTape

アクセスまたは削除するテープを準備します。
PrivilegedServiceAuditAlarmA

セキュリティ イベント ログに監査メッセージを生成します。 (PrivilegedServiceAuditAlarmA)
PulseEvent

指定したイベント オブジェクトをシグナル状態に設定し、適切な数の待機スレッドを解放した後、非署名状態にリセットします。
PurgeComm

指定した通信リソースの出力バッファーまたは入力バッファーからすべての文字を破棄します。 また、リソースに対する保留中の読み取り操作または書き込み操作を終了することもできます。
QueryActCtxSettingsW

QueryActCtxSettingsW 関数は、アクティブ化コンテキストと、クエリを実行する属性の名前空間と名前を指定します。
QueryActCtxW

QueryActCtxW 関数は、アクティブ化コンテキストに対してクエリを実行します。
QueryDosDeviceA

MS-DOS デバイスの名前に関する情報を取得します。 (QueryDosDeviceA)
QueryFullProcessImageNameA

指定したプロセスの実行可能イメージの完全な名前を取得します。 (ANSI)
QueryFullProcessImageNameW

指定したプロセスの実行可能イメージの完全な名前を取得します。 (Unicode)
QueryThreadProfiling

指定したスレッドに対してスレッド プロファイルが有効になっているかどうかを判断します。
QueryUmsThreadInformation

指定されたユーザー モード スケジューリング (UMS) ワーカー スレッドに関する情報を取得します。
ReadDirectoryChangesExW

指定のディレクトリ内での変更を説明する情報を取得します。ある種類の情報が指定されている場合、それも含めるように拡大されることがあります。
ReadDirectoryChangesW

指定したディレクトリ内の変更を説明する情報を取得します。
ReadEncryptedFileRaw

暗号化されたファイルをバックアップ (エクスポート) します。
ReadEventLogA

指定したイベント ログから、指定した数のエントリを読み取ります。 (ANSI)
ReadEventLogW

指定したイベント ログから、指定した数のエントリを読み取ります。 (Unicode)
ReadThreadProfilingData

スレッドに関連付けられている指定されたプロファイル データを読み取ります。
RegisterApplicationRecoveryCallback

アプリケーションのアクティブなインスタンスを回復用に登録します。
RegisterApplicationRestart

アプリケーションのアクティブなインスタンスを再起動用に登録します。
RegisterEventSourceA

指定したイベント ログへの登録済みハンドルを取得します。 (ANSI)
RegisterEventSourceW

指定したイベント ログへの登録済みハンドルを取得します。 (Unicode)
RegisterWaitForSingleObject

オブジェクトで待機するようにスレッド プール内の待機スレッドを指示します。
ReleaseActCtx

ReleaseActCtx 関数は、指定されたアクティブ化コンテキストの参照カウントをデクリメントします。
RemoveDirectoryTransactedA

トランザクション操作として既存のディレクトリを削除します。 (ANSI)
RemoveDirectoryTransactedW

トランザクション操作として既存のディレクトリを削除します。 (Unicode)
RemoveSecureMemoryCacheCallback

以前に AddSecureMemoryCacheCallback 関数に登録されていたコールバック関数の登録を解除します。
ReOpenFile

異なるアクセス権、共有モード、フラグを使って、指定したファイル システム オブジェクトを再度開きます。
ReplaceFileA

元のファイルのバックアップ コピーを作成するオプションを使って、あるファイルを別のファイルに置き換えます。 (ANSI)
ReplaceFileW

元のファイルのバックアップ コピーを作成するオプションを使って、あるファイルを別のファイルに置き換えます。 (Unicode)
ReportEventA

指定したイベント ログの末尾にエントリを書き込みます。 (ANSI)
ReportEventW

指定したイベント ログの末尾にエントリを書き込みます。 (Unicode)
RequestWakeupLatency

効果がなく、STATUS_NOT_SUPPORTEDを返します。 この関数は、以前のバージョンの Windows.Windows Server 2008 および Windows Vista との互換性のみを目的として提供されています。効果はなく、常に成功を返します。
SetCommBreak

指定された通信デバイスの文字転送を中断し、ClearCommBreak 関数が呼び出されるまで伝送ラインを中断状態にします。
SetCommConfig

通信デバイスの現在の構成を設定します。
SetCommMask

通信デバイスで監視するイベントのセットを指定します。
SetCommState

デバイス制御ブロック (DCB 構造体) の仕様に従って通信デバイスを構成します。 この関数は、すべてのハードウェアと制御の設定を再初期化しますが、出力キューや入力キューは空にしません。
SetCommTimeouts

指定した通信デバイス上のすべての読み取りおよび書き込み操作のタイムアウト パラメーターを設定します。
SetCurrentDirectory

現在のプロセスの現在のディレクトリを変更します。
SetDefaultCommConfigA

通信デバイスの既定の構成を設定します。 (ANSI)
SetDefaultCommConfigW

通信デバイスの既定の構成を設定します。 (Unicode)
SetDllDirectoryA

アプリケーションの DLL の検索に使用する検索パスにディレクトリを追加します。 (ANSI)
SetDllDirectoryW

アプリケーションの DLL の検索に使用する検索パスにディレクトリを追加します。 (Unicode)
SetEnvironmentVariable

SetEnvironmentVariable 関数 (winbase.h) は、現在のプロセスの指定された環境変数の内容を設定します。
SetFileAttributesTransactedA

トランザクション操作として、ファイルまたはディレクトリの属性を設定します。 (ANSI)
SetFileAttributesTransactedW

トランザクション操作として、ファイルまたはディレクトリの属性を設定します。 (Unicode)
SetFileBandwidthReservation

指定したファイル ストリームの帯域幅を予約するように要求します。 この予約は、指定したファイル ハンドルでの I/O 要求のミリ秒単位の期間におけるバイト数として指定されます。
SetFileCompletionNotificationModes

ファイル ハンドルの通知モードを設定します。ここでは、指定したファイルに対する完了通知の動作を指定できます。
SetFileSecurityA

SetFileSecurityA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、ファイルまたはディレクトリ オブジェクトのセキュリティを設定します。
SetFileShortNameA

指定したファイルの短い名前を設定します。 (ANSI)
SetFileShortNameW

指定したファイルの短い名前を設定します。 (Unicode)
SetFirmwareEnvironmentVariableA

指定したファームウェア環境変数の値を設定します。 (ANSI)
SetFirmwareEnvironmentVariableExA

指定したファームウェア環境変数の値を、この変数の格納方法と保守方法を示す属性として設定します。
SetFirmwareEnvironmentVariableExW

指定したファームウェア環境変数の値と、この変数の格納と保守方法を示す属性を設定します。
SetFirmwareEnvironmentVariableW

指定したファームウェア環境変数の値を設定します。 (Unicode)
SetHandleCount

SetHandleCount 関数は、プロセスで使用できるファイル ハンドルの数を変更します。
SetMailslotInfo

指定した mailslot で読み取り操作に使用されるタイムアウト値を設定します。
SetProcessAffinityMask

指定したプロセスのスレッドのプロセッサ アフィニティ マスクを設定します。
SetProcessDEPPolicy

32 ビット プロセスのデータ実行防止 (DEP) と DEP-ATL サンク エミュレーション設定を変更します。
SetSearchPathMode

SearchPath 関数でファイルの検索時に使用されるプロセスごとのモードを設定します。
SetSystemPowerState

電源を切ってシステムを中断します。 ForceFlag パラメーターに応じて、関数は操作を直ちに中断するか、すべてのアプリケーションとデバイス ドライバーのアクセス許可を要求してから実行します。
SetTapeParameters

テープのブロック サイズを指定するか、テープ デバイスを構成します。
SetTapePosition

指定したデバイスのテープ位置を設定します。
SetThreadAffinityMask

指定したスレッドのプロセッサ アフィニティ マスクを設定します。
SetThreadExecutionState

アプリケーションが使用中であることをシステムに通知できるようにします。これにより、アプリケーションの実行中にシステムがスリープ状態になったり、ディスプレイがオフになったりするのを防ぐことができます。
SetThreadpoolCallbackCleanupGroup

指定したクリーンアップ グループを指定したコールバック環境に関連付けます。 (SetThreadpoolCallbackCleanupGroup)
SetThreadpoolCallbackLibrary

未処理のコールバックがある限り、指定した DLL が確実に読み込まれたままになります。 (SetThreadpoolCallbackLibrary)
SetThreadpoolCallbackPersistent

コールバックを永続スレッドで実行することを指定します。 (SetThreadpoolCallbackPersistent)
SetThreadpoolCallbackPool

コールバックの生成時に使用するスレッド プールを設定します。
SetThreadpoolCallbackPriority

同じスレッド プール内の他の作業項目に対する相対的なコールバック関数の優先度を指定します。 (SetThreadpoolCallbackPriority)
SetThreadpoolCallbackRunsLong

このコールバック環境に関連付けられているコールバックがすぐに返されない可能性があることを示します。 (SetThreadpoolCallbackRunsLong)
SetUmsThreadInformation

指定したユーザー モード スケジューリング (UMS) ワーカー スレッドのアプリケーション固有のコンテキスト情報を設定します。
SetupComm

指定した通信デバイスの通信パラメーターを初期化します。
SetVolumeLabelA

ファイル システム ボリュームのラベルを設定します。 (ANSI)
SetVolumeLabelW

ファイル システム ボリュームのラベルを設定します。 (Unicode)
SetVolumeMountPointA

ボリュームをドライブ文字または別のボリューム上のディレクトリに関連付けます。 (ANSI)
SetVolumeMountPointW

ボリュームをドライブ文字または別のボリューム上のディレクトリに関連付けます。 (Unicode)
SetXStateFeaturesMask

CONTEXT 構造体内で XState 機能のマスクを設定します。
SwitchToFiber

ファイバーをスケジュールします。 関数はファイバーで呼び出す必要があります。
TransmitCommChar

指定された通信デバイスの出力バッファー内の保留中のデータの前に、指定した文字を送信します。
UmsThreadYield

呼び出し元の UMS ワーカー スレッドが実行されているユーザー モード スケジューリング (UMS) スケジューラ スレッドに制御を提供します。
UnregisterApplicationRecoveryCallback

回復リストからアプリケーションのアクティブなインスタンスを削除します。
UnregisterApplicationRestart

再起動リストからアプリケーションのアクティブなインスタンスを削除します。
UnregisterWait

RegisterWaitForSingleObject 関数によって発行された登録済み待機操作を取り消します。 (UnregisterWait)
UpdateResourceA

ポータブル実行可能ファイル (PE) ファイル内のリソースを追加、削除、または置き換えます。 (ANSI)
UpdateResourceW

ポータブル実行可能ファイル (PE) ファイル内のリソースを追加、削除、または置き換えます。 (Unicode)
VerifyVersionInfoA

オペレーティング システムのバージョン要件のセットを、現在実行中のシステムのバージョンに対応する値と比較します。 (ANSI)
VerifyVersionInfoW

オペレーティング システムのバージョン要件のセットを、現在実行中のシステムのバージョンに対応する値と比較します。 (Unicode)
WaitCommEvent

指定した通信デバイスでイベントが発生するまで待機します。 この関数によって監視されるイベントのセットは、デバイス ハンドルに関連付けられているイベント マスクに含まれています。
WaitNamedPipeA

WaitNamedPipeA (ANSI) 関数 (winbase.h) は、タイムアウト間隔が経過するか、指定された名前付きパイプのインスタンスが接続に使用できるようになるまで待機します (つまり、パイプのサーバー プロセスには、パイプに対する保留中の ConnectNamedPipe 操作があります)。
WinExec

指定したアプリケーションを実行します。
WinMain

グラフィカル Windows ベースのアプリケーションのユーザー指定のエントリ ポイント。
Wow64GetThreadSelectorEntry

指定したセレクターと WOW64 スレッドの記述子テーブル エントリを取得します。
WriteEncryptedFileRaw

暗号化されたファイルを復元 (インポート) します。
WritePrivateProfileSectionA

初期化ファイル内の指定したセクションのキーと値を置き換えます。 (ANSI)
WritePrivateProfileSectionW

初期化ファイル内の指定したセクションのキーと値を置き換えます。 (Unicode)
WritePrivateProfileStringA

初期化ファイルの指定したセクションに文字列をコピーします。 (ANSI)
WritePrivateProfileStringW

初期化ファイルの指定したセクションに文字列をコピーします。 (Unicode)
WritePrivateProfileStructA

初期化ファイルの指定したセクションのキーにデータをコピーします。 データをコピーすると、関数はチェックサムを計算し、データの末尾に追加します。 (ANSI)
WritePrivateProfileStructW

初期化ファイルの指定したセクションのキーにデータをコピーします。 データをコピーすると、関数はチェックサムを計算し、データの末尾に追加します。 (Unicode)
WriteProfileSectionA

Win.ini ファイル内の指定したセクションの内容を、指定したキーと値に置き換えます。 (ANSI)
WriteProfileSectionW

Win.ini ファイル内の指定したセクションの内容を、指定したキーと値に置き換えます。 (Unicode)
WriteProfileStringA

Win.ini ファイルの指定したセクションに文字列をコピーします。 (ANSI)
WriteProfileStringW

Win.ini ファイルの指定したセクションに文字列をコピーします。 (Unicode)
WriteTapemark

指定した数のファイルマーク、設定マーク、短いファイルマーク、または長いファイルマークをテープ デバイスに書き込みます。
WTSGetActiveConsoleSessionId

コンソール セッションのセッション識別子を取得します。
ZombifyActCtx

ZombifyActCtx 関数は、指定されたアクティブ化コンテキストを非アクティブ化しますが、割り当てを解除しません。

コールバック関数

 
LPPROGRESS_ROUTINE

CopyFileEx、MoveFileTransacted、MoveFileWithProgress 関数で使用される、アプリケーション定義のコールバック関数。
PCOPYFILE2_PROGRESS_ROUTINE

CopyFile2 関数で使用される、アプリケーション定義のコールバック関数。
PFE_EXPORT_FUNC

ReadEncryptedFileRaw で使用される、アプリケーション定義のコールバック関数。
PFE_IMPORT_FUNC

WriteEncryptedFileRaw で使用される、アプリケーション定義のコールバック関数。 システムでは、バックアップ ファイルのデータの一部を取得するたびに、ImportCallback を 1 回以上呼び出します。
PFIBER_START_ROUTINE

CreateFiber 関数で使用されるアプリケーション定義関数。 これは、ファイバーの開始アドレスとして機能します。

構造

 
ACTCTX_SECTION_KEYED_DATA

ACTCTX_SECTION_KEYED_DATA構造体は、FindActCtxSectionString 関数と FindActCtxSectionGuid 関数によって使用され、GUID または 32 ビットの整数タグ付きアクティブ化コンテキスト セクションと共にアクティブ化コンテキスト情報を返します。
ACTCTXA

ACTCTX 構造体は、CreateActCtx 関数によってアクティブ化コンテキストを作成するために使用されます。 (ANSI)
ACTCTXW

ACTCTX 構造体は、CreateActCtx 関数によってアクティブ化コンテキストを作成するために使用されます。 (Unicode)
COMMCONFIG

通信デバイスの構成状態に関する情報が含まれます。
COMMPROP

通信ドライバーに関する情報が含まれています。
COMMTIMEOUTS

通信デバイスのタイムアウト パラメーターが含まれます。
COMSTAT

通信デバイスに関する情報が含まれます。
COPYFILE2_EXTENDED_PARAMETERS

CopyFile2 関数の拡張パラメーターが含まれます。
COPYFILE2_EXTENDED_PARAMETERS_V2

CopyFile2 関数のCOPYFILE2_EXTENDED_PARAMETERS構造体を超える更新された追加機能が含まれています
COPYFILE2_MESSAGE

保留中のコピー操作に関する情報を含む CopyFile2ProgressRoutine コールバック関数に渡されます。
DCB

シリアル通信デバイスの制御設定を定義します。
EVENTLOG_FULL_INFORMATION

イベント ログがいっぱいかどうかを示します。
FILE_ALIGNMENT_INFO

ファイルの配置情報が含まれます。
FILE_ALLOCATION_INFO

ファイルに割り当てる必要がある合計バイト数が含まれます。
FILE_ATTRIBUTE_TAG_INFO

要求されたファイル属性情報を受信します。 任意のハンドルに使用されます。
FILE_BASIC_INFO

ファイルの基本情報が含まれます。 ファイル ハンドルに使用されます。
FILE_COMPRESSION_INFO

ファイル圧縮情報を受信します。
FILE_DISPOSITION_INFO

ファイルを削除する必要があるかどうかを示します。 任意のハンドルに使用されます。
FILE_END_OF_FILE_INFO

ファイルの末尾の値として設定する必要がある、指定の値が含まれます。
FILE_FULL_DIR_INFO

ファイルのディレクトリ情報が含まれます。 (FILE_FULL_DIR_INFO)
FILE_ID_BOTH_DIR_INFO

指定したディレクトリ内のファイルに関する情報が含まれます。
FILE_ID_DESCRIPTOR

使用する ID の種類を指定します。
FILE_ID_EXTD_DIR_INFO

ファイルの識別情報が含まれます。 (FILE_ID_EXTD_DIR_INFO)
FILE_ID_INFO

ファイルの識別情報が含まれます。 (FILE_ID_INFO)
FILE_IO_PRIORITY_HINT_INFO

ファイル I/O 操作の優先度ヒントを指定します。
FILE_NAME_INFO

ファイル名を受け取ります。
FILE_REMOTE_PROTOCOL_INFO

ファイル リモート プロトコル情報が含まれます。
FILE_RENAME_INFO

ファイルの名前を変更した後の名前が含まれます。
FILE_STANDARD_INFO

ファイルの拡張情報を受信します。
FILE_STORAGE_INFO

ファイルのディレクトリ情報が含まれます。 (FILE_STORAGE_INFO)
FILE_STREAM_INFO

指定したファイルのファイル ストリーム情報を受信します。
HW_PROFILE_INFOA

ハードウェア プロファイルに関する情報が含まれます。 (ANSI)
HW_PROFILE_INFOW

ハードウェア プロファイルに関する情報が含まれます。 (Unicode)
MEMORYSTATUS

物理メモリと仮想メモリの両方の現在の状態に関する情報が含まれます。
OFSTRUCT

OpenFile 関数で開いた、または開こうと試みたファイルに関する情報が含まれます。
OPERATION_END_PARAMETERS

この構造体は、OperationEnd 関数によって使用されます。
OPERATION_START_PARAMETERS

この構造体は、OperationStart 関数によって使用されます。
STARTUPINFOEXA

新しいプロセスのウィンドウ ステーション、デスクトップ、標準ハンドル、および属性を指定します。 これは、CreateProcess 関数と CreateProcessAsUser 関数で使用されます。 (ANSI)
STARTUPINFOEXW

新しいプロセスのウィンドウ ステーション、デスクトップ、標準ハンドル、および属性を指定します。 これは、CreateProcess 関数と CreateProcessAsUser 関数で使用されます。 (Unicode)
SYSTEM_POWER_STATUS

システムの電源状態に関する情報が含まれます。
UMS_SCHEDULER_STARTUP_INFO

ユーザー モード スケジューリング (UMS) スケジューラ スレッドの属性を指定します。
UMS_SYSTEM_THREAD_INFORMATION

UMS スケジューラ スレッド、UMS ワーカー スレッド、または UMS 以外のスレッドを指定します。 GetUmsSystemThreadInformation 関数はこの構造体を使用します。
WIN32_STREAM_ID

ストリーム データが含まれています。

列挙

 
COPYFILE2_COPY_PHASE

エラー時のコピーのフェーズを示します。
COPYFILE2_MESSAGE_ACTION

CopyFile2ProgressRoutine コールバック関数が、保留中のコピー操作に対して実行する必要があるアクションを示すために返します。
COPYFILE2_MESSAGE_TYPE

COPYFILE2_MESSAGE 構造体が CopyFile2ProgressRoutine コールバック関数に渡すメッセージの種類を示します。
FILE_ID_TYPE

FILE_ID_DESCRIPTOR 構造体内の共用体の判別子。
PRIORITY_HINT

ファイル I/O 操作の優先度ヒントを指定するために、FILE_IO_PRIORITY_HINT_INFO 構造体と共に使用する値を定義します。