D3DX 構造体 (Direct3D 10 グラフィックス)

このセクションには、D3DX ユーティリティ ライブラリに含まれる構造体に関する情報が含まれています。

構造体 説明
D3DMATRIX
D3DVECTOR
D3DX10_ATTRIBUTE_RANGE 属性テーブル エントリを格納します。
D3DX10_ATTRIBUTE_WEIGHTS メッシュウェイトアトリビュートを指定します。
D3DX10_FONT_DESC フォントの属性を定義します。
D3DX10_IMAGE_INFO イメージ ファイルの元の内容の説明を返します。
D3DX10_IMAGE_LOAD_INFO
D3DX10_INTERSECT_INFO 光線と三角形の交差部分について説明します。
D3DX10_SPRITE スプライトに関する位置、テクスチャ、色の情報を定義します。
D3DX10_TEXTURE_LOAD_INFO テクスチャの読み込みパラメーター。
D3DX10_WELD_EPSILONS 頂点を比較するときに各頂点コンポーネントの許容値を指定して、それらが溶接に十分に似ているかどうかを判断します。
D3DX10_SKINNING_CHANNEL
D3DXCOLOR 色の値について説明します。
D3DXFLOAT16 16 ビット浮動小数点ベクトルについて説明します。
D3DXMATRIX マトリックスを記述します。
D3DXMATRIXA16 16 バイトアライン行列を定義します。
D3DXPLANE 平面について説明します。
D3DXQUATERNION 四元数について説明します。
D3DXVECTOR2 2D 空間内のベクトルについて説明します。
D3DXVECTOR2_16F D3DXVECTOR2 と同じですが、x、y、z には 16 ビットの浮動小数点値が使用されます。
D3DXVECTOR3 3 次元 (3D) 空間のベクトルを記述します。
D3DXVECTOR3_16F D3DXVECTOR3 と同じですが、x、y、z には 16 ビットの浮動小数点値が使用されます。
D3DXVECTOR4 4D 空間内のベクトルを記述します。
D3DXVECTOR4_16F D3DXVECTOR4 と同じですが、x、y、z には 16 ビットの浮動小数点値が使用されます。

 

D3DX リファレンス