IOCTL_DISK_ARE_VOLUMES_READY コントロール コード

指定したディスク上のすべてのボリュームが使用できる状態になるまで待機します。

この操作を実行するには、次のパラメーターを指定して DeviceIoControl 関数を呼び出します。

BOOL 
WINAPI 
DeviceIoControl( (HANDLE)       hDevice,         // handle to device 
                 IOCTL_DISK_ARE_VOLUMES_READY,   // dwIoControlCode
                 (LPVOID)       NULL,            // lpInBuffer 
                 (DWORD)        0,               // nInBufferSize 
                 (LPVOID)       NULL,            // lpOutBuffer 
                 (DWORD)        0,               // nOutBufferSize
                 (LPDWORD)      lpBytesReturned, // number of bytes returned
                 (LPOVERLAPPED) lpOverlapped );  // OVERLAPPED structure

パラメーター

hDevice

ディスクへのハンドル。

デバイス ハンドルを取得するには、 CreateFile 関数を呼び出します。

dwIoControlCode

操作の制御コード。

この操作 にはIOCTL_DISK_ARE_VOLUMES_READY を使用します。

lpInBuffer

この操作では使用されません。 NULL に設定 します

nInBufferSize

入力バッファーのサイズ (バイト単位)。 0 (ゼロ) に設定します。

lpOutBuffer

この操作では使用されません。 NULL に設定 します

nOutBufferSize

この操作では使用されません。 0 (ゼロ) に設定します。

lpBytesReturned

この操作では使用されません。 NULL に設定 します

lpOverlapped

OVERLAPPED 構造体へのポインター。

FILE_FLAG_OVERLAPPEDを指定せずに hDevice を開いた場合、lpOverlapped は無視されます。

hDeviceFILE_FLAG_OVERLAPPED フラグで開かれた場合、操作は重複 (非同期) 操作として実行されます。 この場合、 lpOverlapped は、イベント オブジェクトへのハンドルを含む有効な OVERLAPPED 構造体を指す必要があります。 それ以外の場合、関数は予期しない方法で失敗します。

重複する操作の場合、 DeviceIoControl はすぐに返され、操作が完了するとイベント オブジェクトが通知されます。 それ以外の場合、操作が完了するかエラーが発生するまで、関数は戻りません。

戻り値

操作が正常に完了し、ディスク上のすべてのボリュームが使用できる状態であることを示す場合、 DeviceIoControl は 0 以外の値を返します。

操作が失敗するか、保留中の場合、 DeviceIoControl は 0 を返します。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Ntdddisk.h

こちらもご覧ください

DeviceIoControl

ディスク管理制御コード