PublicKey オブジェクト

[ PublicKey オブジェクトは、[要件] セクションで指定したオペレーティング システムで使用できます。 代わりに、System.Security.Cryptography.X509Certificates 名前空間で X509Certificate2.PublicKey プロパティを使用します。

PublicKey オブジェクトは、Certificate オブジェクトの公開キーを表します。

使用する場合

PublicKey オブジェクトは、公開キーに関するデータを取得するために使用されます。

メンバー

PublicKey オブジェクトには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

PublicKey オブジェクトには、次のプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
アルゴリズム
読み取り専用
公開キーによって使用されるアルゴリズムを識別する OID オブジェクトを取得します。 これは既定のプロパティです。
EncodedKey
読み取り専用
公開キーの値へのアクセスを提供する EncodedData オブジェクトを取得します。
EncodedParameters
読み取り専用
公開キー アルゴリズムのパラメーターへのアクセスを提供する EncodedData オブジェクトを取得します。
長さ
読み取り専用
公開キーの長さをビット単位で取得します。

 

解説

PublicKey オブジェクトを作成できません。

PublicKey オブジェクトは、Certificate.PublicKey メソッドによって使用されます。

要件

要件
再頒布可能パッケージ
Windows Server 2003 および Windows XP の CAPICOM 2.0 以降
[DLL]
Capicom.dll