Azure Boards でバックログを作成する

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2022 - Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018

プロダクト バックログはプロジェクト計画であり、チームが何を提供しようとしているかを示します。 これには、ユーザー ストーリー、バックログ項目、または追加する要件が含まれます。 次の図に示すように、バックログは作業項目のフラットな一覧です。これは、Azure DevOps Services のスクラム プロセスを示しています。 アジャイル、基本、CMMI の各プロセス モデルでは、[バックログ項目] の選択は [ストーリー][問題点][要件] と表示されます。

Screenshot of a Backlog of Scrum process product backlog items.

前提条件

プロジェクトまたはチームの作成時に、バックログが自動的に作成されます。 各チームは、独自の製品、ポートフォリオ、スプリント バックログにアクセスできます。

前提条件 説明
プロジェクト管理者または共同作成者のメンバー 共同作成者またはプロジェクト管理者セキュリティ グループのメンバーとしてプロジェクトに追加される必要があります。
利害関係者アクセス 作業項目を追加または変更するには、利害関係者以上のアクセス権が付与されている必要があります。 パブリック プロジェクトの利害関係者アクセス権を持つユーザーは、Basic アクセス権を持つユーザーと同様に、バックログとボード機能へのフル アクセス権を持っています。 詳細については、「利害関係者アクセスクイック リファレンス」を参照してください。
共同作成者メンバーまたは許可するアクセス許可 作業項目を表示または変更するには、[このノードの作業項目の表示] および [このノードの作業項目の編集] アクセス許可を [許可] に設定している必要があります。 既定では、共同作成者グループではこのアクセス許可が [許可する] に設定されています。 詳細については、「作業追跡のアクセス許可とアクセスを設定する」を参照してください。
定義された繰り返し [計画] ウィンドウを使用するには、チーム管理者がイテレーション (スプリント) パスを定義し、チーム イテレーションを構成する必要があります。
前提条件 説明
プロジェクト管理者または共同作成者のメンバー 共同作成者またはプロジェクト管理者セキュリティ グループのメンバーとしてプロジェクトに追加される必要があります。
利害関係者アクセス 作業項目を追加または変更するには、利害関係者以上のアクセス権が付与されている必要があります。
共同作成者メンバーまたは許可するアクセス許可 作業項目を表示または変更するには、[このノードの作業項目の表示] および [このノードの作業項目の編集] アクセス許可を [許可] に設定している必要があります。 既定では、共同作成者グループではこのアクセス許可が [許可する] に設定されています。 詳細については、「作業追跡のアクセス許可とアクセスを設定する」を参照してください。
定義された繰り返し [計画] ウィンドウを使用するには、チーム管理者がイテレーション (スプリント) パスを定義し、チーム イテレーションを構成する必要があります。

バックログを追加する

プロジェクトがある場合は、バックログがあります。 バックログには、ビルドする機能と要件の一覧が優先度順に含まれています。 規定では、各プロジェクトには、チームと、そのチームに対する一連のバックログがあります。 より多くのチームをサポートする必要がある場合は、バックログをさらに追加できます。 新しいチームを作成するときは、チーム管理者がチームのワークフローに合わせてカスタマイズできるさまざまなチーム資産も作成します。 新しいチームをサポートする一連のバックログを追加するには、チームの追加に関する記事をご覧ください。

各チームのバックログのセットは、1 つ以上の作業項目の種類に関連付けられます。 バックログに関連付けられている作業項目の種類は、プロジェクトの作成時に選択されたプロセス、チーム構成、およびプロセスのカスタマイズによって異なります。

各既定のプロセスに定義されているバックログは次のとおりです。

  • アジャイル: ストーリーフィーチャーエピック
  • 基本: 問題エピック
  • スクラム: バックログ項目機能エピック
  • CMMI: 要件機能エピック
  • アジャイル: ストーリー機能エピック
  • スクラム: バックログ項目機能エピック
  • CMMI: 要件機能エピック

カスタム作業項目の種類を使用してバックログをカスタマイズし、ポートフォリオ バックログ、または他のサポートされているオプションを追加するには、継承されるプロセスモデルまたはオンプレミス XML プロセス モデルに関する記事をご覧ください。

バックログをカスタマイズして、カスタム作業項目の種類、ポートフォリオ バックログ、または他のサポートされているオプションを追加するには、オンプレミス XML プロセス モデルに関する記事をご覧ください。

バックログを開く

Web ブラウザーから、次の手順を実行してプロダクト バックログを開きます。

  1. プロジェクトにサインインします(https://dev.azure.com/{yourorganization}/{yourproject})。

  2. (1) ボード> (2) バックログを選択します。

    Screenshot of sequence selection for opening Backlogs in Boards.

    別のバックログを選ぶには、別のチームを選ぶか、[バックログ ディレクトリの表示] オプションを選びます。 検索ボックスにキーワードを入力して、プロジェクトのチーム バックログの一覧をフィルター処理することもできます。

    Screenshot showing team selection dropdown menu.

    ヒント

    星型アイコンを選んで、チーム バックログをお気に入りに追加します。 お気に入りの成果物 ( お気に入りアイコン) は、チーム セレクターの一覧の先頭に表示されます。

  3. バックログ レベルとして [ストーリー] (アジャイルの場合)、[問題] (基本の場合)、[バックログ項目] (スクラムの場合)、または [要件] (CMMI の場合) を選んだことを確認します。

    Choose backlog level.

  4. (省略可能)必要に応じて列を表示するには、[アクション] アイコンと [列] オプションを選択します。 詳しくは、列オプションを変更するをご参照ください。

    Screenshot showing Column Options button selection.

  1. 正しいプロジェクトを選んだことを確認して、[Boards]>[バックログ] を選びます。 次に、チーム セレクター メニューから正しいチームを選びます。

    Screenshot of Open Boards > Backlogs, for a team.

    別のバックログを選ぶには、セレクターを開いてから、別のチームを選ぶか、[すべてのバックログを参照します] オプションを選びます。 または、検索ボックスにキーワードを入力して、プロジェクトのチーム バックログの一覧をフィルター処理します。

    screenshot of Select another team.

    ヒント

    チームのバックログをお気に入りにするには、 星型アイコンを選びます。 お気に入りの成果物 ( お気に入りアイコン) は、チーム セレクターの一覧の先頭に表示されます。

  2. バックログ レベルとして [ストーリー] (アジャイルの場合)、[問題] (基本の場合)、[バックログ項目] (スクラムの場合)、または [要件] (CMMI の場合) を選びます。

    Screenshot of Select product backlog level, Backlog items, Stories, or Requirements.

  3. (省略可能) 表示する列とその順序を選ぶには、 アクション アイコンを選んで、[列のオプション] を選びます。 詳しくは、列オプションを変更するをご参照ください。

    Screenshot of Open Column options.

ヒント

各チーム メンバーには、バックログ ビューを構成するためのいくつかのツールがあります: [1 レベル展開]/[1 レベル折りたたみ][列のオプション]バックログ レベル セレクター[表示のオプション][フィルター] ツール バー。 各バックログ レベルに設定されたオプションは個別であり、変更されるまで保持されます。 詳細については、「Configure your backlog view (バックログ ビューを構成する)」をご覧ください。

Web ブラウザーでチームのプロダクト バックログを開き、プロジェクトとチーム セレクターからチームを選びます。 次に、[作業]>[バックログ] を選びます。 プロダクト バックログを選びます。これは、スクラムの場合は [バックログ項目]、アジャイルの場合は [ストーリー]、CMMI の場合は [要件] です。

Screenshot of Open the Boards > Backlogs page .

別のチームを選ぶには、プロジェクトとチーム セレクターを開きます。 別のチームを選ぶか、[参照] オプションを選びます。

Screenshot of selection of another team.

バックログでバグを追跡する

チームによっては、バックログの要件と共にバグを追跡するのを好むことがあります。 他のチームは、要件のサポートで完了したタスクとしてバグを追跡するのを好み、バグがタスクボードに表示されるようにします。 バグの管理方法を決定する前に、「構成とカスタマイズ」、バグを要件またはタスクとして扱う」、「バックログとボードにバグを表示する」を参照してください。

アイデアをバックログ項目に変換する

バックログには、実行する予定の作業または進行中の作業が表示されます。 作業項目の [状態]"完了" または "完了済み" に設定されるとすぐに、作業項目はバックログに表示されなくなります。 バックログ コントロールを使って、ビューをフィルター処理または変更できます。

項目の長いリストを既に定義している場合は、一度に 1 つずつ再入力する必要はありません。 代わりに、作業項目の一括インポートまたは更新を CSV ファイルまたは Microsoft Excel を使って行い、作業項目をすばやくバックログにインポートします。

  1. 作業項目を追加する前に、[表示オプション] を選択し、[親][予測] のスライダーを [オフ] に設定します。 必要に応じて、[進行中の項目] をオンまたはオフにします。

    Screenshot of view options parents turned off.

  2. 作業項目を追加するには、[新しい作業項目] を選択してタイトルを入力します。 次に、Enter キーを押すか、[上部に追加] を選びます。 作業項目には、チームに対して選択されている既定の区分パスイテレーション パスが自動的に割り当てられます。 詳しくは、チーム設定の構成に関する記事を参照してください。

    Screenshot of work item added.

    Note

    利害関係者アクセス権を持っている場合は、バックログの末尾にのみ作業項目を追加できます。 詳細については、「利害関係者アクセスクイック リファレンス」を参照してください。

バックログを作成するには、タイトルを入力して [追加] を選択します。 [追加] リンクが表示されない場合は、[新規] を選んでクイック追加パネルを開きます。 必要に応じて、[進行中の項目][表示] または [非表示] に設定します。 作業項目には、チームに対して選択されている既定の区分パスイテレーション パスが自動的に割り当てられます。 詳しくは、チーム設定の構成に関する記事を参照してください。

Screenshot of work items added to backlog.

Note

利害関係者アクセス権を持っている場合は、バックログの末尾にのみ作業項目を追加できます。 詳細については、「利害関係者アクセスクイック リファレンス」を参照してください。

主要なアイデアをすべて取得するまで、このステップを繰り返します。

基本アジャイルスクラムCMMI のどのプロジェクトを作成するかにより、バックログ内の項目はイシュー、ユーザー ストーリー、PBI、または要件と呼ばれる場合があります。 提供する顧客価値と実行すべき作業が説明しているため、これら 3 つとも似ています。

既定では、ユーザー ストーリーはアジャイルのバックログに表示され、イシューは基本のバックログに表示され、PBI とバグはスクラムのバックログに表示され、要件は CMMI のバックログに表示されます。

バックログの並べ替え

アイテムを並べ替えて、優先順位付けされた作業の一覧を作成します。 チームが次に提供すべき最も重要なものを知るのに役立つよう、バックログを頻繁に確認して優先順位を付けます。

列でバックログを並べ替えることはできません。 並べ替えられた一覧を表示するには、[クエリの作成] を選択します。 クエリを保存して開き、クエリ結果を並べ替えます。 クエリについて詳しくは、クエリ エディターを使用したクエリの一覧表示と管理に関する記事をご覧ください。

バックログを並べ替えるには、作業項目をドラッグします。 または、キーボードを使う場合は、Alt キーを押しながら上下の矢印キーを押します。

Screenshot of Reordered work items.

Note

バックログの順序を変更するには、Basic レベル以上のアクセス権が必要です。 利害関係者アクセス権を持っている場合、バックログ項目を並べ替えることはできません。 詳細については、「利害関係者アクセスクイック リファレンス」を参照してください。

ポートフォリオ管理に参加しているバックログ、または入れ子になった同じ種類の子項目を含むバックログでは、項目の順序を変更できない場合があります。 詳細と例については、次の記事をご覧ください。

バックログ項目に詳細と見積もりを追加する

バックログを作成して優先順位を付けると、大まかなロードマップが提供されます。 ただし、チームが項目の作業を始めるには、さらに詳細な情報が必要です。 作業項目フォーム内の詳細をキャプチャします。

各項目を開くには、ダブルクリックするか、Enter キーを押します。 次に、追跡するすべての情報を追加します。1 つ以上のフィールド値を変更したり、説明を追加したり、[ディスカッション] セクションにメモを入力したりします。 [添付ファイル] タブを選び、ファイルをドラッグして他のユーザーとファイルを共有することもできます。

チームが次のタスクをするのに必要な情報をできるだけ入力します。

  • スコープを理解する
  • 必要な作業を見積もる
  • テストを開発する
  • 最終製品が受け入れ基準を満たしていることを確認する

Note

作業は 1 人のユーザーにのみ割り当てることができます。 複数のユーザーに作業を割り当てる必要がある場合は、ユーザーごとに作業項目を追加し、タイトルと説明で実行する作業を区別します。 [割り当て先ユーザー/グループ] フィールドは、プロジェクトまたはチームに追加されたユーザー アカウントのみを受け付けます。

たとえば、ここでは Raisa Pokrovskaya にストーリーを割り当て、Raisa に @メンションするディスカッション ノートを追加します。

Screenshot of User Story work item form, add details.

完了したら、[保存して閉じる] を選択します。

スプリントを計画するには、少なくとも、各バックログ項目を実装するために必要な作業を見積もります。 作業項目フォームで作業をキャプチャするには、基本またはスクラムの場合は [作業量]、アジャイルの場合は [ストーリー ポイント]、CMMI の場合は [サイズ] を使います。

フィールド

使用方法


PBI を完了するために必要な作業量の相対的な見積もりを指定します。 ユーザー ストーリーと要件の場合は、[ストーリー ポイント][サイズ] で見積もりをキャプチャします。

ほとんどのアジャイル手法では、作業の相対的なサイズに基づいてバックログ項目の見積もりを設定することをお勧めします。 このような手法には、2 の累乗 (1、2、4、8) とフィボナッチ数列 (1、2、3、5、8 など) が含まれます。 チームが好む任意の数値単位を使用します。
[作業量][サイズ]、または [ストーリー ポイント] に設定した推定値は、ベロシティの計算とスプリントの予測に使われます。

ある PBI を他の PBI と比較した相対的価値を表す優先順位を指定します。 数字が大きいほど、ビジネス価値は大きくなります。
変更可能なバックログ スタック順位とは別に、優先順位を表したい場合は、このフィールドを使います。

スコープについて共通の理解が得られ、見積もり作業をサポートするのに十分な詳細を提供します。 ユーザー、ユーザーが達成したいこと、その理由に焦点を当てます。 製品の開発方法については説明しないでください。 チームが、項目を実装するためのタスクとテスト ケースを作成できるように、十分な詳細情報を提供する必要があります。

PBI またはバグ修正が完全に実装されたかどうかを確認するためにチームで使用する条件を記述することで、何をもって "完了" とするかを定義します。

PBI またはバグについての作業を始める前に、顧客の受け入れ基準をできる限り明確に記述します。 チームと顧客の間で話し合い、受け入れ基準を決定します。 これらの基準は、顧客の期待を満たすためにチーム内で共通の理解を得るのに役立ちます。 また、この情報は承認テストの基礎となります。

影響の評価 (CMMI のみ)

要件を実装しなかった場合の顧客への影響を説明します。 この要件が Surprise カテゴリ、Required カテゴリ、または Obvious カテゴリにあるかどうかについて、Kano モデルから詳細を含めることができます。

進行中の項目の表示または非表示

[表示オプション] セレクターから、[進行中の項目]の表示または非表示を選択できます。 それをオフにすると、"アクティブ""コミット済み"、または "解決済み" の各状態、または"進行中"カテゴリ状態にマップされる状態である項目は、バックログに表示されません。

Screenshot of View options selector, In progress control.

View options selector, In progress control.

[進行中の項目] を選んで、進行中のバックログ項目を表示または非表示にします。 [進行中の項目] コントロールをオフにすると、"アクティブ""コミット済み"、または "解決済み" の各状態、または"進行中"カテゴリ状態にマップされる状態である項目は、バックログに表示されません。

作業を予測する場合は、[進行中の項目]を非表示にすることを選ぶ可能性があります。 詳細については、「プロダクト バックログを予測する」を参照してください。

完了状態の作業項目を表示または非表示にする

[表示オプション] セレクターから、[完了した子項目] を表示するか、しないかを選べます。

View options selector, Completed child items control

ロールアップ列を表示する場合は、[完了した子項目] を表示することを選びます。

作業を予測する場合は、[完了した子項目] を表示することを選びます。 詳細については、「プロダクト バックログを予測する」を参照してください。

Note

変更日が 183 日 (約半年) を超えると、完了または終了した作業項目はバックログとボードに表示されません。 これらの項目の一覧は、引き続きクエリを使用して表示することができます。 それらをバックログまたはボードに表示したい場合は、クロックをリセットする小さな変更を行うことができます。

注意

変更日が 1 年を超えると、完了または終了した作業項目はバックログとボードに表示されません。 これらの項目の一覧は、引き続きクエリを使用して表示することができます。 それらをバックログまたはボードに表示したい場合は、クロックをリセットする小さな変更を行うことができます。

プロダクト バックログは、利用できる バックログ、ボード、プランという3 つのバックログ クラスのうちの 1 つです。 予期される作業項目がバックログに表示されない場合は、バックログとボードのセットアップに関する記事をご覧ください。

次のステップ

バックログが整ったので、チームは優先度の最も高い項目の作業を開始できます。 今度は、チームとしての作業方法を決定します。 スクラムまたはかんばんを使用しますか。 これらの方法は、独立して、または組み合わせて使用できます。

トラッキングと見積もりのオーバーヘッドを最小限に抑えたいチームは、かんばんを優先する場合があります。 安定したペースで作業し、スプリント計画の詳細をプロットしたいチームは、スクラムとスプリントの計画を優先する場合があります。