Share via


プロジェクト プロセスをスクラムからアジャイルに変更する

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2022 | Azure DevOps Server 2020

スクラム プロセスに基づいてプロジェクトを変更して、継承されたアジャイル プロセスを使用できます。 この記事では、この変更を行うために必要な手順について説明します。

この変更を行う前に、変更するプロセスについて理解しておくことをお勧めします。 タスク、バグ、機能、エピック作業項目の種類は、スクラム プロセスとアジャイル プロセスの両方で同じです。 ただし、一部の State フィールドと Reason フィールドの値は異なります。

 Process 作業項目の種類 ワークフロー
スクラム Scrum work item types Scrum workflow
アジャイル Agile work item types Agile workflow

詳しくは、プロセスとプロセス テンプレートの概要に関する記事をご覧ください。

プロセスをスクラムからアジャイルに変更する理由:

  • 製品バックログの項目と作業の代わりに、ユーザー ストーリーとストーリー ポイントを使用する必要があります。
  • organizationでは、アジャイル プロセスに基づいてカスタマイズされた継承プロセスを使用して追跡を標準化する必要があります。

警告

既存の作業項目がある場合、このプロセスでは作業項目とボード構成を手動で更新する必要があります。 プロジェクトで使用されるプロセスを変更した後に必要な手動の手順に確実に対処するには、この記事に記載されている手順に従ってください。

前提条件

  • プロセスを作成、削除、または編集するには、Project Collection 管理istrators グループメンバーであるか、コレクション レベルのアクセス許可の作成プロセス、削除プロセス編集プロセスまたは組織からのフィールドの削除が必要です。 詳細については、「作業追跡のアクセス許可とアクセスの設定」、継承されたプロセスのカスタマイズに関するセクションを参照してください
  • 基本アクセス権または利害関係者アクセス権を持っている場合でも、他のユーザーがアクセス許可を付与した場合でも、プロセスを変更できます。
  • かんばんボードを更新するには、チーム管理者または Project 管理istrators グループのメンバーである必要があります
  • 既存の作業項目の種類を更新および変更するには、プロジェクトのメンバーである必要があります。

[設定] > [プロセス] を開く

プロセスの作成、管理、カスタマイズは、[組織の設定] > [プロセス] から行います。

  1. Azure DevOps のロゴを選択して、[プロジェクト] を開きます。 次に、[組織の設定] を選びます。

    Choose Organization settings.

  2. 次に、[プロセス] を選択します。

    Choose Process.

    重要

    [プロセス] が表示されない場合は、TFS-2018 以前のバージョンから作業しています。 [プロセス] ページはサポートされていません。 オンプレミス XML プロセス モデルでサポートされている機能を使う必要があります。

プロセスの作成、管理、カスタマイズは、[コレクション設定] > [プロセス] から行います。

  1. Azure DevOps のロゴを選択して、[プロジェクト] を開きます。 プロセスをカスタマイズするプロジェクト コレクションを選んで、[コレクション設定] を選びます。

    Choose Organization settings.

  2. 次に、[プロセス] を選択します。

    Choose Process.

アジャイル継承プロセスの作成とカスタマイズ

  1. "アジャイル - 継承" という名前のアジャイルの下にカスタム プロセス を作成します。

  2. 現在のスクラム ベースのプロジェクトで製品バックログ項目と障害作業項目の種類が使用されている場合は、これらの作業項目の種類"アジャイル - 継承" プロセスに追加する必要があります。

    後でユーザー ストーリーと問題に変更するため、これらの作業項目の種類に詳細を追加する必要はありません。 ただし、作業量、優先度、その他のフィールドなど、フィールド内の詳細をキャプチャした場合は、それらのフィールドを作業項目の種類に追加します。

  3. 完了すると、作業項目の種類の一覧が次のように表示されます。

    Agile - Inherited WITs

プロセスを変更する

  1. 変更するプロジェクトを含むプロセスを選択します。 スクラムからアジャイルに変更するには、スクラムまたはスクラムに基づくカスタム プロセスを選択します。

    Choose the process

  2. [ プロジェクト] を選択し、変更する プロジェクトのアクション アイコンを選択し、[プロセスの 変更] を選択します。 ここでは、Fabrikam Fiber PB プロジェクトを選択します。

    Choose Projects tab

    ウィザードの手順に従って操作します。

  3. 前に 作成したアジャイル - 継承された プロセスを選択し、[保存] を選択 します

    Step 1 of 3 of change process dialog, Choose the process

    アジャイル継承プロセスの作成とカスタマイズの手順 2 をスキップした場合は、不足している作業項目の種類を追加する次のメッセージが表示されます。

    Step 2 of 3 of change process dialog, Retry

    ウィザード ダイアログを閉じて、不足している作業項目の種類を今すぐ追加します。 「作業項目の種類の追加と管理」を参照してください。

  4. 正常に完了すると、ウィザードに次の情報が表示されます。 従う手順をメモし、[ 閉じる] を選択します。

    Step 3 of 3 of change process dialog

作業項目とボード設定を手動で更新する手順:

  • 各チームかんばんボードの状態マッピングに列を更新する
  • ターゲット プロセスによって設定された作業項目の種類を使用して既存の作業項目を更新する
  • ターゲット プロセスの正しい状態モデルを使用して、既存の作業項目を更新します。

かんばんボードの列から状態への設定を更新する

かんばんボードをカスタマイズして中間列を表示できます。 追加された列ごとに、ボードに表示される作業項目の種類に対して有効なワークフロー状態を選択する必要があります。 詳細については、「ワークフローの状態と状態のカテゴリ」を参照してください

  1. チームごとに 、かんばんボードを開きます

    Open team Kanban board

  2. [ 今すぐ修正 ] リンクまたは歯車アイコンを 選択して、ボード設定を構成します。

    [設定] ダイアログが開きます。 必要なアイコンを表示するタブには 修正が必要です。

    Columns dialog

    各列の名前を変更し、列から状態へのマッピングが正しいように、各列の正しい状態を選択します。 必要に応じて、1 つ以上の列を追加します。 完了したら、[ 保存して閉じる] を選択します

    Kanban board fixed.

作業項目を更新する

次の手順では、作業項目を一括更新します。 推奨されるシーケンスは次のとおりです。

  • 更新が必要なすべての作業項目を表示する作業項目クエリを作成します。
  • 一括更新を実行して、製品バックログ項目の作業項目の作業項目の種類をユーザー ストーリーに変更します。
  • すべての状態に対して一括更新を実行して、スクラムの状態 (承認済み、コミット済み、完了) からアジャイル プロセスの状態 (アクティブ、解決済み、およびクローズ) に変更します。
  1. すべての製品バックログ項目、障害、機能、タスク、エピックの一覧を取得するクエリ を作成します。 最初の 2 つの作業項目の種類の作業項目の種類と、すべてのアイテムの [状態] フィールドと [理由] フィールドを変更する必要があります。

    Query all items

  2. アクション アイコンを 選択し、[ 列のオプション] を選択します。 [状態] フィールドと [理由] フィールドを表示する場合に選択します。 [ 並べ替え ] タブを選択し、作業項目の種類と状態の値でリストを並べ替える設定を行います。

    Column options dialog, sort tab

  3. [ 結果 ] を選択すると、作業項目の一覧だけが表示されます。

  4. すべてのユーザー ストーリーを強調表示し、アクション アイコンを選択し、[種類変更] を選択して、種類を Product Backlog Item に変更します。

    Change type dialog

    詳細については、「 作業項目の移動、変更、または削除」、「作業項目の種類の変更」を参照してください。

    作業項目の種類と状態が一致しないエラーが発生する可能性があります。 その場合、次の手順で説明するように状態を更新するまで、変更を保存することはできません。

    Error state of changed work item type

  5. [解決済み] など、同じ状態のすべての作業項目を強調表示し、アクション アイコンを 選択して、[編集] を選択 します。 [状態] フィールドを追加し、[コミット済み] または [製品バックログアイテム] の有効な値を選択します。 [理由] フィールドを更新する必要がある場合もあります。 詳細については、「 作業項目の一括編集」を参照してください。

    Edit work item dialog

    これにより、エラーなしでリストが更新されます。

    Updated list without errors.

  6. 変更を保存するには、アクション アイコンを選択し、[アイテムの 保存] を選択 します

  7. 上記の手順を繰り返して、障害の作業項目の種類を問題に変更し、作業項目の種類の状態を有効な状態に更新します。

  8. 完了したら、アクション アイコンを選択し、[アイテム保存] を選択してください。

ヒント

[ストーリー ポイント] フィールドに [作業] に保持されている値を設定するなど、フィールド値の変更が多数ある場合は、Excel を使用して行うことができます。 「Excel での作業項目の一括追加または変更」を参照してください。

変更を確認する

  1. チームのバックログに移動し、バックログ項目が期待どおりに表示されることを確認します。

    View team backlog

  2. チーム ボードに移動し、列の設定が有効であることを確認します。

    View team board

    列を追加したり列名を変更したりするには、「 かんばんボードに列を追加する」を参照してください。

オプションの更新

プロセスを変更した後、次のように追加の更新を行うことができます。