次の方法で共有


OneDrive と SharePoint での Teams 会議記録のストレージとアクセス許可

組織のユーザーが Teams 会議を記録すると、記録は OneDrive と SharePoint のいずれかに格納されます。 ユーザーがファイルにアクセスする場所に応じて、記録は OneDrive または SharePoint のビデオ プレーヤーで再生されます。 この記事は、管理者が OneDrive と Sharepoint の記録ストレージとアクセス許可を理解するのに役立ちます。

記録ポリシーの詳細については、「 Teams 会議の記録」を参照してください。 SharePoint または OneDrive からの Teams 会議記録ファイルのダウンロードをブロックする方法については、「 SharePoint または OneDrive からの Teams 会議記録ファイルのダウンロードをブロックする」を参照してください。

ストレージの記録

注意

管理者は、記録の保存場所を変更できません。

既定では、スケジュールされた会議では、すべての記録ファイルが開催者の OneDrive アカウントに移動します。 1 から 1 の通話とグループ通話の場合、記録ファイルは、[ レコード] を選択したユーザーの OneDrive アカウントに移動します。 チャネル会議の場合、記録は常にチャネルの SharePoint サイトに移動します。

会議とイベント

会議、ウェビナー、タウン ホールの場合、開催者が会議やイベントに出席しなかった場合でも、すべての記録ファイルは自動的に開催者の OneDrive Recordings フォルダーに保存されます。 このプロセスは、定期的な会議、今すぐ会議、委任によって作成された会議に適用されます。 共同開催者には、ファイルを記録するためのオーガナイザーと同じ編集権限があります。

委任によって作成された会議

開催者が開催者に代わって行動する権限を持つ 代理人 を任命する会議の場合、すべての記録ファイルは OneDrive の開催者の レコーディング フォルダーに自動的に保存されます。 代理人が共同開催者として追加されると、ファイルを記録するためのオーガナイザーと同じ編集アクセス許可を持ちます。

チャネル会議

チャネル会議の場合、記録は Teams サイトドキュメント ライブラリの Recordings という名前のフォルダーに格納されます。 たとえば、 Teams 名 - チャネル名/Documents/Recordings

共有アカウントとMicrosoft Teamsルームが会議を今すぐ開く

共有アカウントMicrosoft Teams会議室が会議に参加している場合、開催者が OneDrive アカウントを持っている場合、記録は開催者の OneDrive にアップロードされます。 開催者の OneDrive 領域がいっぱいであるか、開催者、共同開催者、および記録イニシエーターに OneDrive アカウントがないために記録のアップロードが失敗した場合、記録は非同期メディア ストレージに一時的に格納されます。

開催者が OneDrive アカウントを持っていない場合の動作を理解するには、この記事の「 OneDrive アカウントを持たないオーガナイザーの記憶域を記録する 」セクションを参照してください。

Microsoft Teams会議室の会議の詳細については、「 Microsoft Teams Rooms (Windows)」を参照してください。 共有アカウントの詳細については、「 共有メールボックスについて - Microsoft 365 管理者」を参照してください。

ビデオ

ビデオは、OneDrive と SharePoint の他のファイルと同じです。 従業員が退職した後の所有権と保持の処理は、標準の OneDrive と SharePoint のプロセスに従います。

保持ラベル

Teams 会議の記録に保持ラベルを適用する方法については、「 保持ラベルを自動適用する方法」を参照してください。

OneDrive アカウントを持たない開催者のストレージを記録する

開催者が OneDrive アカウントを持っていない場合、会議の記録に対する順番は次のようになります。

  1. 記録は共同開催者の OneDrive に保存されます。 複数の共同開催者がある場合、各共同開催者のユーザー ID の最初の文字に従って、共同開催者の OneDrive に記録が保存されます。 組織内のユーザーのユーザー ID を表示するには、「 Get-TeamUser」を参照してください。
  2. 共同開催者が OneDrive アカウントを持っていない場合、記録は記録を開始したユーザーの OneDrive アカウントに保存されます。 ただし、自動的に記録される会議の場合、記録は非同期メディア ストレージに一時的に保存されます。
  3. 記録を開始したユーザーに OneDrive がない場合、記録は非同期メディア ストレージに一時的に格納されます。

非同期メディア ストレージ

開催者、共同開催者、レコーディング イニシエーターに OneDrive アカウントがない、またはストレージ クォータがいっぱいであるために、Teams 会議の記録が OneDrive に正常にアップロードできない場合は、エラー メッセージが表示されます。 代わりに、録音は非同期メディア ストレージに一時的に保存されます。 記録が非同期メディア ストレージに格納されると、OneDrive または SharePoint に記録を自動的にアップロードする再試行は行われません。 その間、主催者は記録をダウンロードする必要があります。 オーガナイザーは、OneDrive または SharePoint ライセンスを取得した場合に記録をもう一度アップロードするか、ストレージ クォータの一部の領域をクリアすることができます。 21 日以内にダウンロードされない場合、記録は削除されます。

ストレージの計画

1 時間の記録のサイズは 400 MB です。 レコーディング ファイルに要求される容量を理解していること、及び OneDrive と SharePoint に十分な記憶域が確保されていることを確かめて下さい。 「 OneDrive の既定のストレージ領域を設定 する」と「 SharePoint サイトストレージの制限を管理 する」を参照して、サブスクリプションに含まれる基本ストレージと、より多くのストレージを購入する方法について説明します。

アクセス許可の表示

チャネル以外の会議の場合、外部参加者を除くすべての会議出席依頼者は、個人用共有リンクを自動的に取得します。 会議の開催者は、共有リストに外部参加者を明示的に追加する必要があります。

チャネル会議の場合、アクセス許可はチャネルの所有者とメンバーの一覧から継承されます。

クォータの記録

Teams 会議記録ファイルは OneDrive と SharePoint に存在し、それらのサービスのクォータに含まれています。 詳細については、「 SharePoint クォータSharepoint の制限OneDrive クォータ」を参照してください。

キャプションの管理

キャプションを使用すると、障碍者も健常者も含めすべての視聴者に対して包括的コンテンツを作成できます。 Teams 会議の記録のクローズド キャプションは、ユーザーが記録時に文字起こしをオンにした場合にのみ、再生中に使用できます。 ユーザーが文字起こしを使用して会議を記録できるようにするには、文字起こしを有効にする必要があります。 ユーザーの文字起こしを有効にする方法の詳細については、「 管理者 - Teams 会議の文字起こしとキャプションを管理する」を参照してください。

所有者は、会議記録のキャプションを非表示にすることができますが、会議のトランスクリプトは Teams で使用できますが、削除しない限り使用できます。

Teams 会議記録のクローズド キャプションは、会議が記録された時点からの 60 日間サポートされています。 Teams 会議の記録が OneDrive または SharePoint 上の元の場所から移動またはコピーされた場合、クローズド キャプションは完全にはサポートされません。

アクセス許可とロール ベースのアクセス

注意

Teams 会議の記録を共有するときは、受信者がログイン ユーザーである必要があることをお勧めします。 「SharePoint ファイルまたはフォルダーを共有する」 に記載されているようにファイルを共有するときは、[ユーザー (所属組織内)] オプションを選択します。 外部共有は、サイズの大きいファイルや大量のファイルを配布するためのものではありません。

会議の種類 [レコード] を選択したユーザー 記録はどこにありますか? 誰にアクセス権が与えられるか? R/W、R、または共有
社内関係者との 1 対 1 の通話 発信者 発信者の OneDrive アカウント 呼び出し元は所有者であり、完全なアクセス許可を持っています。

呼び出し先には読み取り専用アクセス権がありますが、共有またはダウンロードのアクセス許可はありません。

社内関係者との 1 対 1 の通話 受信者 受信者の OneDrive アカウント 呼び出し先は所有者であり、完全なアクセス許可を持っています。

呼び出し元は読み取り専用アクセス権を持っていますが、共有またはダウンロードのアクセス許可はありません。

外部通話を使用した 1 対 1 の通話 発信者 発信者の OneDrive アカウント 呼び出し元は所有者であり、完全なアクセス許可を持っています。

受信者にはアクセス権がありません。 発信者は受信者にそれを共有する必要があります。
外部通話を使用した 1 対 1 の通話 受信者 受信者の OneDrive アカウント 呼び出し先は所有者であり、完全なアクセス許可を持っています。

発信者にはアクセス権がありません。 受信者は発信者に共有する必要があります。
グループ通話 通話のいずれかのメンバー レコードの OneDrive アカウントを選択したグループ メンバー [レコード] を選択したメンバーには、完全なアクセス許可があります。

同じテナントの他のグループ メンバーには読み取り権限があります。

別のテナントの他のグループ メンバーには、アクセス許可がありません。
アドホック/スケジュールされた会議 開催者 開催者の OneDrive アカウント オーガナイザーには、記録に対する完全なアクセス許可があります。 共同開催者と開催者は編集アクセス許可を持ち、共有できます。

開催者と同じテナントの会議の他のすべてのメンバーは、読み取りアクセス権を持っていますが、共有およびダウンロードのアクセス許可はありません。
アドホック/スケジュールされた会議 その他の会議メンバー 開催者の OneDrive アカウント オーガナイザーには、記録に対する完全なアクセス許可があります。 共同開催者と開催者は編集アクセス許可を持ち、共有できます。

開催者と同じテナントのすべての会議メンバーは、読み取りアクセス権を持ちます。
外部の参加者とのアドホック/予定された会議 開催者 開催者の OneDrive アカウント オーガナイザーには、記録に対する完全なアクセス許可があります。 共同開催者と開催者は編集アクセス許可を持ち、共有できます。

開催者と同じテナントのすべての会議メンバーは、読み取りアクセス権を持ちます。

他のすべての外部参加者はアクセス権を持たず、開催者は共有する必要があります。
外部の参加者とのアドホック/予定された会議 その他の会議メンバー 開催者の OneDrive アカウント オーガナイザーには、記録に対する完全なアクセス許可があります。 共同開催者と開催者は編集アクセス許可を持ち、共有できます。

開催者と同じテナントのすべての会議メンバーは、読み取りアクセス権を持ちます。

他のすべての外部参加者はアクセス権を持たず、開催者は共有する必要があります。
チャネル会議 チャネル メンバー そのチャネルの Teams の SharePoint の場所。 : SharePoint へのチャネル会議記録のアップロードは、IP ベースの制限ではサポートされていません。 Azure 条件付きアクセスを使用することをお勧めします。 [レコード] で選択したメンバーは、記録に対する編集アクセス許可を持っています。

他のすべてのメンバーのアクセス許可は、チャネル SharePoint のアクセス許可に基づいています。