/sstub スイッチ

/sstub スイッチは、RPC インターフェイスのサーバー スタブ ファイルの名前を指定します。

midl /sstub stub_file_name

オプションの切り替え

stub_file_name

既定のサーバー スタブ ファイル名をオーバーライドするファイル名を指定します。 シェルが特殊文字を解釈できないようにするには、二重引用符 (") を使用してファイル名を明示的に引用符で囲むことができます。

解説

指定したファイル名が既定のファイル名に置き換えられます。 既定では、IDL ファイルの名前に _S.C を追加することで、ファイル名が取得されます。 このスイッチは OLE インターフェイスには影響しません。

ファイルをインポートする場合、指定したファイル名は 1 つのスタブ ファイル (コマンド ラインで指定された IDL ファイルに対応するスタブ ファイル) にのみ適用されます。

stub_file_nameに明示的なパスが含まれていない場合、ファイルは現在のディレクトリまたは /out スイッチで指定されたディレクトリに書き込まれます。 stub_file_nameの明示的なパスは、/out スイッチの仕様をオーバーライドします。

/server none スイッチは/sstub スイッチよりも優先されます。

midl /sstub my_sstub.c filename.idl

関連項目

一般的な MIDL コマンド ライン構文

/cstub

/header

/out