シェル構造

このセクションでは、Windowsシェル構造について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明
AASHELLMENUFILENAME
メニュー ファイル名に関する情報を含む可変サイズの構造体。
AASHELLMENUITEM
メニュー項目に関する情報が含まれます。
APPBARDATA
システム アプリバー メッセージに関する情報が含まれます。
APPCATEGORYINFO
コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] にアプリケーション カテゴリ情報を提供します。 APPCATEGORYINFOLIST 構造体は、アプリケーションパブリッシャーのカテゴリの完全なリストを作成するために使用されます。
APPCATEGORYINFOLIST
アプリケーション発行元から コントロール パネル の [プログラムの追加と削除] にサポートされているアプリケーション カテゴリの一覧を提供します。
APPINFODATA
[プログラムの追加と削除] コントロール パネル ユーティリティに発行されたアプリケーションに関する情報を提供します。
ASSOCIATIONELEMENT
AssocCreateForClasses が特定のファイル関連付けの IQueryAssociations インターフェイスを取得するために使用する情報を定義します。
BANDINFOSFB
フォルダー バンドに関する情報が含まれます。 この構造体は、 IShellFolderBand::GetBandInfoSFB メソッドと IShellFolderBand::SetBandInfoSFB メソッドで使用されます。
BANDSITEINFO
バンド サイトに関する情報が含まれています。 この構造体は、 IBandSite::GetBandSiteInfo メソッドと IBandSite::SetBandSiteInfo メソッドで使用されます。
BASEBROWSERDATA
基底クラスの保護されたメンバーが含まれます。 BASEBROWSERDATA はブラウザーの状態を定義し 、IBrowserService2::GetBaseBrowserDataIBrowserService2::P utBaseBrowserData と共に使用されます。
BORDERWIDTHS
罫線の四角形の左上隅と右下隅の座標を定義します。
BROWSEINFO
SHBrowseForFolder 関数のパラメーターを格納し、ユーザーが選択したフォルダーに関する情報を受け取ります。
CATEGORY_INFO
カテゴリ情報が含まれます。 コンポーネント カテゴリは、共通カテゴリ識別子 (CATID) を共有する、論理的に関連するコンポーネント オブジェクト モデル (COM) クラスのグループです。
CIDA
1 つ以上のシェル名前空間オブジェクトの項目識別子リスト (PIDL) へのポインターを転送するために、 CFSTR_SHELLIDLIST クリップボード形式で使用されます。
CM_COLUMNINFO
列情報を定義します。 IColumnManager インターフェイスのメンバーによって使用されます。
CMINVOKECOMMANDINFO
ショートカット メニュー コマンドを呼び出すために IContextMenu::InvokeCommand に必要な情報が含まれています。
CMINVOKECOMMANDINFOEX
ショートカット メニュー コマンドに関する拡張情報が含まれています。 この構造体は、Unicode 値を使用できる CMINVOKECOMMANDINFO の拡張バージョンです。
COMDLG_FILTERSPEC
要素をフィルター処理するために汎用的に使用されます。
コンポーネント
コンポーネントに関する情報を保持するために、Windows 2000 によって使用されます。 この構造体は IE4COMPONENT 構造体を置き換えます。
COMPONENTSOPT
デスクトップ項目のオプションが含まれます。
COMPPOS
コンポーネントの位置とサイズに関する情報を保持します。
COMPSTATEINFO
コンポーネントの状態に関する情報を保持するために、Windows 2000 によって使用されます。
CONFIRM_CONFLICT_ITEM
競合項目の構造を定義します。
CONFIRM_CONFLICT_RESULT_INFO
競合結果情報の構造を定義します。
CPLINFO
コントロール パネル アプリケーションでサポートされているダイアログ ボックスのリソース情報とアプリケーション定義の値が含まれます。 コントロール パネル アプリケーションの CPlApplet 関数は、CPL_INQUIRE メッセージに応答して、この情報をコントロール パネルに返します。
CREDENTIAL_PROVIDER_CREDENTIAL_SERIALIZATION
資格情報に関する詳細が含まれています。
CREDENTIAL_PROVIDER_FIELD_DESCRIPTOR
資格情報の 1 つのフィールドについて説明します。 たとえば、文字列やユーザー イメージなどです。
CSFV
SHCreateShellFolderViewEx 関数と共に使用されます。
DATABLOCK_HEADER
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ構造の一部のヘッダーとして機能します。
DEFCONTEXTMENU
SHCreateDefaultContextMenu で使用されるコンテキスト メニュー情報が含まれます。
DELEGATEITEMID
標準 の ITEMIDLIST 構造体の代わりにデリゲート フォルダーによって使用されます。
DETAILSINFO
シェル フォルダー項目の詳細情報が含まれています。 SFVM_GETDETAILSOF通知と共 使用されます。
DFMICS
DFM_INVOKECOMMANDEXによって使用される追加の引数が含まれます。
DLLVERSIONINFO
DLL 固有のバージョン情報を受け取ります。 これは DllGetVersion 関数と共に使用されます。
[!注]
この構造体の代わりに、 DLLVERSIONINFO2 構造体を使用できます。

DLLVERSIONINFO2
DLL 固有のバージョン情報を受け取ります。 これは DllGetVersion 関数と共に使用されます。
DROPDESCRIPTION
ドロップ オブジェクトの画像と付随するテキストについて説明します。
DROPFILES
CF_HDROPクリップボード形式を定義します。 次のデータは、ファイル名の二重 null で終わるリストです。
EXP_DARWIN_LINK
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ ブロックを保持します。 リンクのWindowsインストーラー ID が保持されます。
EXP_PROPERTYSTORAGE
シェル リンクの状態に関する情報を格納します。 この構造体は、EXP_PROPERTYSTORAGE_SIGでタグ付けされた追加のデータ セクションに使用されます。
EXP_SPECIAL_FOLDER
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ ブロックを保持します。 特別なフォルダー情報が保持されます。
EXP_SZ_LINK
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ ブロックを保持します。 アイコンまたはターゲットの展開可能な環境文字列を保持します。
EXT_BUTTON
ファイル マネージャー拡張機能 DLL がファイル マネージャーのツール バーに追加するボタンに関する情報が含まれています。
EXTRASEARCH
シェル フォルダー オブジェクトでサポートされている検索オブジェクトに関する情報を返すために 、IEnumExtraSearch 列挙子オブジェクトによって使用されます。
FILE_ATTRIBUTES_ARRAY
CFSTR_FILE_ATTRIBUTES_ARRAYのクリップボード形式の定義を格納します。
FILEDESCRIPTOR
Microsoft ActiveXドラッグ アンド ドロップ操作中にクリップボードによってコピーされるファイルのプロパティについて説明します。
FILEGROUPDESCRIPTOR
CF_FILEGROUPDESCRIPTORクリップボード形式を定義します。
FMS_GETDRIVEINFO
アクティブなファイル マネージャー ウィンドウ (ディレクトリ ウィンドウまたは検索結果ウィンドウ) で選択されたドライブに関する情報が含まれます。
FMS_GETFILESEL
アクティブなファイル マネージャー ウィンドウ (ディレクトリ ウィンドウまたは検索結果ウィンドウ) で選択したファイルに関する情報が含まれます。
FMS_HELPSTRING
メニューまたはツール バーのコマンド項目のヘルプ文字列を追加するためにファイル マネージャーが使用する情報が含まれています。
FMS_LOAD
ファイル マネージャー拡張機能 DLL によって提供されるカスタム メニューを追加するためにファイル マネージャーが使用する情報が含まれています。 この構造体は、ファイル マネージャーがメニューを読み込んだ後に、拡張 DLL がカスタム メニューを操作するために使用できる差分値も提供します。
FMS_TOOLBARLOAD
ファイル マネージャー ツール バーに追加するカスタム ボタンに関する情報が含まれています。 ボタンは、ファイル マネージャー拡張機能 DLL によって提供されます。
FOLDERSETTINGS
フォルダー ビュー情報が含まれています。
FVSHOWINFO
ファイル ビューアーがファイルの表示に使用する情報が含まれます。
HELPINFO
状況依存のヘルプが要求されたアイテムに関する情報が含まれます。
HELPWININFO
プライマリ ヘルプ ウィンドウまたはセカンダリ ヘルプ ウィンドウのサイズと位置を格納します。 アプリケーションは、HELP_SETWINPOS値を使用して WinHelp 関数を呼び出すことによって、この情報を設定できます。
IE4COMPONENT
コンポーネントに関する情報を保持するために、Microsoft Internet Explorer 4.0 および Microsoft Internet Explorer 4.01 によって使用されます。 Windows 2000 では、COMPONENT 構造体に置き換えられます。
ITEMIDLIST
アイテム識別子の一覧を格納します。
ITEMSPACING
表示可能なアイコン間隔の 2 つの可能なサイズのサイズ (小さいサイズと大きいサイズ) を格納します。 IShellFolderView::GetItemSpacing によって使用されます。
KNOWNFOLDER_DEFINITION
既知のフォルダーの詳細を定義します。
LOGFONT
フォントの属性を定義します。
MRUINFO
最近使用した新しい (MRU) リストを定義する情報が含まれます。 CreateMRUListW によって使用されます。
MULTIKEYHELP
検索するキーワードと、ヘルプで検索するキーワード テーブルWindows指定します。
NC_ADDRESS
ネットワーク アドレスを説明する情報が含まれます。
NET_ADDRESS_INFO
ネットワーク アドレスについて説明します。
NEWCPLINFO
コントロール パネル アプリケーションでサポートされているダイアログ ボックスのリソース情報とアプリケーション定義の値が含まれます。
NOTIFYICONDATA
システムが通知領域に通知を表示するために必要な情報が含まれます。 Shell_NotifyIconによって使用されます。
NOTIFYICONIDENTIFIER
外接する四角形を取得するアイコンを識別するために Shell_NotifyIconGetRect によって使用される情報が含まれます。
NRESARRAY
CF_NETRESOURCEクリップボード形式を定義します。
NSTCCUSTOMDRAW
INameSpaceTreeControlCustomDraw メソッドで使用されるカスタム描画構造体。
NT_CONSOLE_PROPS
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ ブロックを保持します。 コンソール プロパティを保持します。
NT_FE_CONSOLE_PROPS
IShellLinkDataList で使用される追加のデータ ブロックを保持します。 コンソールのコード ページが保持されます。
OPEN_PRINTER_PROPS_INFO
プリンターのプロパティ ページ内の特定のプロパティ シートを識別し、そのプロパティ シートをモーダルにする必要があるかどうかを示します。 必要に応じて SHInvokePrinterCommand 関数と共に使用します。
OPENASINFO
SHOpenWithDialog 関数の情報を格納します。
オーバー ラップ
非同期 (重複) 入出力 (I/O) で使用される情報が含まれます。
PARSEDURL
解析された URL を返すために ParseURL 関数によって使用されます。
PERSIST_FOLDER_TARGET_INFO
フォルダー ショートカットのターゲット フォルダーとその属性を指定します。 この構造体は、 IPersistFolder3::GetFolderTargetInfoIPersistFolder3::InitializeEx によって使用されます。
PREVIEWHANDLERFRAMEINFO
アクセラレータ テーブルの構造。 IPreviewHandlerFrame::GetWindowContext によって使用されます。
PROFILEINFO
ユーザー プロファイルの読み込みまたはアンロード時に使用される情報が含まれます。
PUBAPPINFO
コントロール パネルでアプリケーション発行元から [プログラムの追加と削除] に発行されたアプリケーションに関する情報を提供します。
QCMINFO
メニュー項目を Windows Explorer メニューにマージするための情報が含まれています。
QITAB
1 つのインターフェイスを記述するために QISearch 関数によって使用されます。
SERIALIZEDPROPERTYVALUE
シリアル化された PROPVARIANT 構造体を表す任意の型のメモリの範囲。 プログラムは SERIALIZEDPROPERTYVALUE の内容を検査しないでください。代わりに、 StgSerializePropVariant 関数と StgDeserializePropVariant 関数を使用して操作する必要があります。
SFV_CREATE
この構造体は 、SHCreateShellFolderView 関数で使用されます。
SFV_SETITEMPOS
アイテムの位置情報を格納します。 メッセージ SFVM_SETITEMPOSで使用されます。
SFVM_HELPTOPIC_DATA
HTML ヘルプ ファイルの名前とそのファイル内のトピックが含まれます。 SFVM_GETHELPTOPIC通知で使用されます。 この構造体には Unicode 文字列が必要です。
SFVM_PROPPAGE_DATA
オブジェクトの プロパティ シートに追加するページの詳細を格納します。
SHARDAPPIDINFO
SHAddToRecentDocs によって使用されるデータが含まれており、項目 (この場合は IShellItem) と関連付けられているプロセスの両方を識別します。
SHARDAPPIDINFOIDLIST
SHAddToRecentDocs によって使用されるデータが含まれており、項目 (この場合は絶対 PIDL) と関連付けられているプロセスの両方を識別します。
SHARDAPPIDINFOLINK
SHAddToRecentDocs によって、IShellLink を介してアイテムを識別するために使用されるデータと、それに関連付けられているプロセスの両方が含まれます。
SHChangeNotifyEntry
変更通知の情報を格納および受信します。 この構造体は 、SHChangeNotifyRegister 関数と SFVM_QUERYFSNOTIFY 通知と共に使用されます。
SHCOLUMNDATA
特定のファイルを識別する情報が含まれます。 これは、特定のファイルのデータを要求するときに IColumnProvider::GetItemData によって使用されます。
SHCOLUMNID
Windows エクスプローラーの詳細ビューに表示される列の FMTID/PID 識別子を指定します。
[!注]
Windows Vista の時点では、SHCOLUMNID は従来の形式と見なされるため、使用しないでください。 その代わりに PROPERTYKEY 構造体を使用します。

SHCOLUMNINFO
列のプロパティに関する情報が含まれます。 これは IColumnProvider::GetColumnInfo によって使用されます。
SHCOLUMNINIT
初期化情報を IColumnProvider::Initialize に渡します。
SHDESCRIPTIONID
SHGetDataFromIDList の呼び出しに応答して項目データを受信します。
SHDRAGIMAGE
ドラッグ イメージを作成するために必要な情報が含まれています。
SHELL_ITEM_RESOURCE
シェル項目リソースを定義します。
SHELLDETAILS
シェル フォルダー内のアイテムに関する詳細情報を報告します。
SHELLEXECUTEINFO
ShellExecuteEx で使用される情報を格納します。
SHELLFLAGSTATE
現在のシェル設定を示すフラグのセットが含まれています。 この構造体は SHGetSettings 関数で使用されます。
SHELLSTATE
シェルの状態の設定が含まれています。 この構造体は SHGetSetSettings 関数と共に使用されます。
SHFILEINFO
ファイル オブジェクトに関する情報を格納します。
SHFILEOPSTRUCT
SHFileOperation 関数がファイル操作の実行に使用する情報を格納します。
[!注]
Windows Vista では、この関数よりも IFileOperation インターフェイスを使用することをお勧めします。

SHFOLDERCUSTOMSETTINGS
カスタム フォルダー設定を保持します。 この構造体は 、SHGetSetFolderCustomSettings 関数で使用されます。
SHITEMID
項目識別子を定義します。
SHNAMEMAPPING
SHFileOperation 関数によって移動、コピー、または名前変更された各ファイルの古いパス名と新しいパス名が含まれます。
SHQUERYRBINFO
SHQueryRecycleBin 関数によって取得されるサイズと項目数の情報を格納します。
SHSTOCKICONINFO
ストック シェル アイコンを取得するために使用される情報を受け取ります。 この構造体は、 SHGetStockIconInfo の呼び出しで使用されます。
SLOWAPPINFO
コントロール パネルでプログラムを追加/削除するための特殊なアプリケーション情報を提供します。 この構造は、公開されたアプリケーションには適用されません。
SMCSHCHANGENOTIFYSTRUCT
変更通知に関する情報が含まれています。 これは IShellMenuCallback::CallbackSM によって使用されます。
SMDATA
メニュー バンドからの情報が含まれます。
SMINFO
メニュー バンドの項目に関する情報が含まれます。
SOFTDISTINFO
ソフトウェア更新プログラムに関する情報が含まれています。
SORTCOLUMN
フォルダー ビューに表示される列を並べ替える方法に関する情報を格納します。
STRRET
IShellFolder インターフェイス メソッドから返される文字列を格納します。
SV2CVW2_PARAMS
IShellView2::CreateViewWindow2 メソッドのパラメーターを保持します。
SYNC_HANDLER_ITEM_INFO
スケジュールされた同期のハンドラーを定義します。 ISyncSchedule::AddItem で使用されます。
SYNCMGR_CONFLICT_ID_INFO
競合 ID 情報の構造について説明します。
SYNCMGRHANDLERINFO
ISyncMgrSynchronize::GetHandlerInfo メソッドで使用するハンドラーに関する情報を提供します。
SYNCMGRITEM
ISyncMgrEnumItems インターフェイスによって列挙される項目に関する情報を提供します。
SYNCMGRLOGERRORINFO
ISyncMgrSynchronizeCallback::LogError メソッドで使用するためのエラー情報を提供します。
SYNCMGRPROGRESSITEM
同期の進行中に状態情報を提供します。 この構造体は ISyncMgrSynchronizeCallback::P rogress メソッドで使用され、1 つの同期項目に対応します。
TBINFO
SFVM_GETBUTTONINFO通知と共に使用して、ツール バーに追加するボタンの数と追加方法を指定します。
THUMBBUTTON
ウィンドウのサムネイル表現に埋め込まれたツール バーで使用されるボタンを定義するために 、ITaskbarList3 インターフェイスのメソッドによって使用されます。
WALLPAPEROPT
壁紙の表示オプションが含まれています。 IActiveDesktop インターフェイスのメンバーと共に使用されます。
WINDOWDATA
ウィンドウ データを格納します。
WTS_CONTEXTFLAGS
サムネイル抽出のコンテキストを指定します。 IThumbnailSettings::SetContext によって使用されます。
WTS_FLAGS
IThumbnailCache::GetThumbnail でサムネイル画像の抽出と表示のオプションを指定するために使用される値。
WTS_THUMBNAILID
システム サムネイル キャッシュ内のサムネイルの一意識別子が含まれます。