次の方法で共有


ライセンスの概要

AI Builder には、毎月のキャパシティ ベースでライセンスが付与されます。 このキャパシティは、サービス クレジット またはAI Builder クレジット に関して測定されます。 対象となる前提条件には、Power Apps、Power Automate、または Microsoft Power Platform 環境を作成できる Dynamics 365 ライセンスを持っていることが含まれます。

環境内の AI Builder 機能にアクセスするには、AI Builder クレジットが必要です。

クレジット権利: AI Builder クレジットは主に AI Builder キャパシティアドオンから購入されます。 一部のユーザー ライセンスでは、AI Builder 特典の一部として毎月付与されるクレジットの一定量のライセンスも付与されます。

クレジットの割り当て: 取得したクレジットは、特定の環境に割り当てる (割り当てとも呼ばれる) ことも、組織 (テナント) レベルで割り当てられないままにすることもできます。 規定では、クレジットが割り当てられていない環境は、未割り当てのクレジットを消費できます。 管理者 は、Power Platform 管理センター の設定を変更することで、未割り当てのクレジットの使用を防げます。

環境が、割り当てられたソースまたは未割り当てのソースからクレジットを取得すると、AI Builder 機能を使用できます。

クレジット消費: 消費量は毎月初めにリセットされます。 クレジットは、特に AI Builder モデルが Power Automate フローや Power Apps アプリケーションで実行されたときに、特定の AI Builder アクションが発生した場合に使用されます。 さらに、クレジットの消費は AI Builder モデルのトレーニング中に発生する場合があります。 消費されるクレジットの数は AI Builder モデルによって異なります。

クレジット監視: クレジット消費を監視できるため、管理者や作成者は月初以降に消費されたクレジット数を知ることができます。

クレジット超過: 月内に、所有しているクレジットを超えるクレジットを使用すると、超過により一部の機能が段階的にブロックされます。 環境が 単純な超過 の場合、モデルを実行してより多くのクレジットを使用することはできますが、モデルを編集または作成することはできません。 環境が 重大な超過 にある場合、モデルの実行はブロックされます。 この問題が発生した場合は、さらにクレジットを購入するか、クレジットを再割り当てする必要があります。

試用版: AI Builder を持たない組織のテナントでは AI Builder クレジットを無料で利用できます。 この場合、AI Builder のキャパシティはユーザーにリンクされており、割り当てる必要はありません。

消費量は毎月リセットされるため、購入および/または割り当てるクレジットの量は 1 か月の消費量にする必要があります。 未使用のクレジットは翌月に繰り越されません。 100 万クレジットのアドオンを購入して 1 つの環境に割り当てると、環境は月に最大 100 万クレジットを消費できます。 この環境が毎月 800,000 クレジットを消費すると仮定すると、年間の総消費量は 960 万クレジットになります。

詳細情報

参照