Teams 会議の記録

適用対象: ✔️会議✔️ウェビナー✔️タウン ホール

Microsoft Teams では、ユーザーは Teams 会議、ウェビナー、タウン ホールを記録して、オーディオ、ビデオ、画面共有アクティビティをキャプチャできます。 記録は Microsoft 365 で行われ、OneDrive または SharePoint に保存されます。これはユーザーに対して有効にする必要があります。

注意

この設定はウェビナーにも影響します。 ライブ イベントの記録は、 Teams のライブ イベント記録ポリシーで説明されている別の設定です。

会議が記録される場合:

  • OneDrive (プライベート会議) または SharePoint (チャネル会議) にアップロードされます
  • 会議に招待されたPeopleには、記録に対するアクセス許可があります (ゲストと外部の出席者は、明示的に共有されている場合にのみ記録を表示できます)
  • Microsoft Purview コンプライアンス機能は、他のファイルと同じ会議記録ファイルに適用されます。
  • 会議のチャットにリンクされている
  • Teams 予定表の会議の [記録とトランスクリプト] タブに表示されます
  • これは、Microsoft 365 のさまざまなファイルリストに追加されます:私と共有、office.com、推奨、最近など。
  • Microsoft 365 Search によってインデックスが作成されます

タウン ホールとウェビナーは、記録の同じプロセスに従います。 ただし、いくつかの重要な違いがあります。

  • タウン ホールでは、出席者はチャットを通じて録音にアクセスできません。
  • ウェビナーとタウン ホールでは、ビデオ オンデマンド (VOD) を使用して録画を公開します。

VOD の詳細については、「 ウェビナーとタウン ホールの VOD 発行の管理」を参照してください。

また、録音に自動文字起こしを設定するオプションもあり、ユーザーはクローズド キャプションで会議の録音を再生したり、トランスクリプト内の重要なディスカッション項目を確認したりできます。 文字起こしとキャプションの詳細については、「 Teams 会議の文字起こしとキャプションの構成」を参照してください。

Teams ポリシーベースのコンプライアンス記録の場合を除き、外部の参加者は会議を記録できません。 コンプライアンス記録を有効にした外部の Teams ユーザーが、organizationによってホストされている会議または通話に参加する場合、その会議または通話は、organizationの [会議の記録] 設定に関係なく、コンプライアンス上の目的で他のorganizationによって記録されます。 その会議の発表者は、他のorganizationによって記録をキャプチャしたくない場合は、会議から外部参加者を削除できます。

ユーザーによる会議の記録を許可または禁止する

Microsoft Teams 管理センター または PowerShell を使用して、Teams 会議ポリシーを設定して、ユーザーの会議を記録できるかどうかを制御できます。 会議の開催者と録音開始者の両方が、会議を記録するための記録アクセス許可を持っている必要があります。

多くのユーザーは、ニーズに応じて会議や通話を同じ意味で使用します。 通話記録ポリシー設定もチェックすることをお勧めします。 会議や通話の設定が異なる場合は、ユーザーが混乱する可能性があります。

会議の記録を許可または禁止するには

  1. Microsoft Teams 管理センターで、[会議] を展開 します
  2. [ 会議ポリシー] を選択します
  3. 編集するポリシーを選択します。
  4. [会議の記録] を [オン] または [オフ] に切り替えます。
  5. [保存] を選択します。

PowerShell では、Set-CsTeamsMeetingPolicy でパラメーターを構成-AllowCloudRecordingします。

記録に参加者契約を要求する

Teams 管理センターまたは PowerShell を使用して、この割り当てられたポリシーを使用して開催者によって作成された会議で、参加者に明示的な同意の記録を要求できるかどうかを管理できます。

明示的な記録ポリシーを有効にすると、会議の記録が開始されると、すべての参加者がミュートされ、カメラとコンテンツ共有がオフになります。 参加者がミュートを解除したり、カメラをオンにしたり、コンテンツを共有したりすると、会議の記録に含めることに同意するように "はい" または "いいえ" に応答するように求められます。 出席者がプロンプトに対して "いいえ" と応答した場合、表示のみの会議エクスペリエンスが得られます。 明示的な同意を必要とする会議の記録を開始できないのは、出席者のみの表示です。

出席者ごとの同意の選択は、出席レポートに含まれます。 開催者が出席レポートを無効にした場合、会議を記録できません。 出席者が出席レポートに含まれていない場合 -オプトアウトしたか、管理者出席レポート ポリシーで禁止されているため、表示専用の会議エクスペリエンスが提供されます。

このポリシーを有効にする前に、出席レポートに対して選択したポリシーをチェックしてください。 出席レポートの詳細については、「Microsoft Teams での会議とウェビナーの出席レポート」を参照してください。

注意

明示的な記録の同意ポリシーは、文字起こしのみで、記録なしで開始された会議には適用されません。

サポートされているエンドポイントとサポートされていないエンドポイント

次のユーザーの種類は、参加者の操作なしで記録することに自動的に同意されます。 彼らは記録通知を受け取り、同意データは「適用されない」または「自動同意」として記録されます。

  • Windows でのTeams Rooms
  • Android でのTeams Rooms
  • Cloud Video Interop (CVI) を使用したサード パーティのビデオ会議デバイス
  • ダイレクト ゲスト参加 (DGJ) を介して接続するサード パーティ製のビデオ会議デバイス
  • PSTN 会議ダイヤルインを使用してダイヤルインする会議参加者

サポートされているエンドポイント

明示的な記録の同意は、次のエンドポイントでサポートされています。

  • Teams ネイティブ Windows
  • Teams ネイティブ Mac
  • Teams Web
  • Mobile Teams (Android および iOS)

サポートされていないエンドポイント

明示的な同意を必要とする会議では、サポートされていないエンドポイントから参加するユーザーはビューのみのエクスペリエンスを持っています。 明示的な記録の同意は、サポートされているエンドポイントの下に一覧表示されていないエンドポイントと共に、次のエンドポイントではサポートされていません。

  • Microsoft Teams 電話 システム デバイス (電話会議電話デバイスを含む)
  • Teams ディスプレイ
  • Vdi
  • CarPlay
  • 古いバージョンのネイティブ クライアント

Teams 管理センターで次の手順に従って、organization内のユーザーまたはグループに対して明示的な記録の同意をオンまたはオフにします。

  1. Teams 管理センターを開きます。
  2. ナビゲーション ウィンドウから [ 会議 ] を選択します。
  3. [ 会議] で、[ 会議ポリシー] を選択します。
  4. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
  5. 選択したポリシー内で、[ 記録 & 文字起こし ] セクションに移動します。
  6. [記録に参加者契約を要求する] 設定を [オン] または [オフ] に切り替えます。
  7. [保存] を選択します。

PowerShell を使用すると、organization内のユーザーまたはグループに対する明示的な記録の同意を管理できます。

CsTeamsMeetingPolicy コマンドレットのパラメーターは-ExplicitRecordingConsent、この割り当てられたポリシーを使用して開催者が作成した会議で、参加者が記録に明示的な同意を提供する必要があるかどうかを制御します。 次の表は、 パラメーターの設定の動作を -ExplicitRecordingConsent 示しています。

値を設定する 動作
有効 このポリシーを持つ開催者の場合、すべての会議では、参加者に明示的な同意を提供して記録する必要があります。
無効 この設定は既定値です。 このポリシーを使用する開催者の場合、参加者は明示的な同意の記録を求められません。 すべての参加者は、これらの開催者の会議からの録音に含まれます。

このポリシーを使用して開催者が作成した会議で、参加者が明示的に同意して記録されるように有効にするには -ExplicitRecordingConsent 、次のスクリプトを実行します。

Set-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <policy name> -ExplicitRecordingConsent Enabled

チャネル会議のレコーディングのダウンロードを禁止または許可する

PowerShell を -ChannelRecordingDownload 使用して、 Set-CsTeamsMeetingPolicy のパラメーターは、チャネル メンバーが会議の記録をダウンロードできるかどうかを制御します。 これは、保存するフォルダーの記録を制御することによって行われます。

この設定のための 2 つの値は次のとおり:

  • 許可 - チャネルの会議の記録を、チャネル内の "レコーディング" フォルダーに保存します。 記録ファイルに対するアクセス許可は、チャネルの SharePoint アクセス許可に基づいています。 これは、チャネル用にアップロードされた他のファイルと同じです。 これは、既定の設定です。
  • [ブロック ] - チャネル内の "Recordingsonly" フォルダーにチャネル会議の記録を保存します。 チャネル所有者は、このフォルダー内の録音に対する完全な権限を持っていますが、チャネル メンバーはダウンロードしなくても読み取りアクセス権を持ちます。

レコーディングを自動的に有効期限切れにする

この設定では、古い録音で使用されるストレージの量を減らす簡単なツールが提供されます。 OneDrive と SharePoint は、すべての会議記録の有効期限設定を監視し、有効期限日に記録をごみ箱に自動的に移動します。

Teams 管理センターの [会議会議ポリシー>の記録] &文字起こしの下にある [会議>の自動期限切れ] 設定をオフにすることができます。

既定の有効期限

この設定は、会議の記録が自動的に期限切れになるかどうかを制御します。 [会議の有効期限が自動的に切れる] をオンにすると、既定の有効期限 (日数) を設定するオプションが表示されます。 会議の記録の既定の有効期限は 120 日です。

この設定に対する変更は、既存の記録ではなく、新しく作成された会議の記録にのみ影響します。 管理者は、既存の会議の記録の有効期限を変更できません。

有効期限の値は、次のように設定できる日数の整数です。

  • 最小値: 1
  • 最大値: 99999
  • -1 (PowerShell のみ) ので、記録の有効期限は切れません。

注意

A1 ユーザーの既定の最大有効期限は 30 日です。

PowerShell を使用して有効期限を設定するには、次のコマンドを実行します。

Set-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <policy name> -NewMeetingRecordingExpirationDays <days>

コンプライアンス

エンド ユーザーは制御するすべての録音の有効期限を変更できるため、法的保護のために会議の有効期限設定に依存しないでください。

Microsoft Purview での有効期限設定と Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの記録

ファイルの保持は、ファイルの削除よりも優先されます。 Purview アイテム保持ポリシーを使用した Teams 会議の記録は、保持期間が完了するまで、Teams 会議記録の有効期限ポリシーによって削除できません。 たとえば、ファイルが 5 年間保持され、Teams 会議記録の有効期限ポリシーが 60 日間設定されていることを示す Purview アイテム保持ポリシーがある場合、Teams 会議記録の有効期限ポリシーは 5 年後に記録を完全に削除します。

削除日が異なる Teams 会議記録の有効期限ポリシーと Purview 削除ポリシーがある場合、ファイルは 2 つの日付の最も早く削除されます。 たとえば、1 年後にファイルが削除され、Teams 会議記録の有効期限が 120 日間に設定されていることを示す Purview 削除ポリシーがある場合、Teams 会議記録の有効期限ポリシーは 120 日後にファイルを削除します。

ユーザーは、有効期限の前に記録を手動で削除できます。ただし、それを妨げる Purview アイテム保持ポリシーがない限りです。 保持期間内の記録をユーザーが手動で削除した場合、記録は保持保持ライブラリに保持されます。 ただし、記録はエンド ユーザーに対して削除済みとして表示されます。 詳細については、「 SharePoint と OneDrive の保持について」を参照してください。

記録の削除

有効期限日に、記録がごみ箱に移動され、有効期限フィールドがクリアされます。 ユーザーがごみ箱から記録を回復した場合、会議の有効期限の設定でもう一度削除されることはありません。

通常、記録は有効期限から 1 日以内に削除されますが、まれに 5 日ほどかかる場合があります。 ファイル所有者は、記録の有効期限が切れると電子メール通知を受け取り、記録を回復する場合はごみ箱に送られます。

Stream (クラシック)から移行された記録の有効期限

Stream (クラシック)から移行された録音には有効期限が設定されません。 代わりに、管理者は保持するレコーディングのみを移行することをお勧めします。

カスタム プライバシー ポリシーの URL を設定する

teams の記録と文字起こしのプライバシー ポリシー URL を、Microsoft Entra ID でorganizationのユーザー用のカスタム リンクで更新できます。 詳細については、「Microsoft Entra ID を使用してorganizationのプライバシー情報を追加する」を参照してください。

プライバシー ポリシー URL を追加すると、既定の Teams 会議の記録と文字起こしのプライバシーに関する声明が、指定した URL に置き換えられます。 (organizationによってホストされている Teams 会議に参加するorganizationの外部からPeople、既定の Teams 会議の記録と文字起こしのプライバシー ポリシーが引き続き適用されます)。

アクセス許可とストレージ

Teams 会議の記録は、OneDrive と SharePoint ストレージに格納されます。 保管場所とアクセス許可は、会議の種類と会議におけるユーザーの役割に依存しています。 ビデオ録画ファイルに対する完全な編集権限を持つユーザーは、アクセス許可を変更し、必要に応じて後で他のユーザーと共有できます。

ストレージの計画

1 時間の記録のサイズは 400 MB です。 レコーディング ファイルに要求される容量を理解していること、及び OneDrive と SharePoint に十分な記憶域が確保されていることを確かめて下さい。 サブスクリプションに含まれる基本のストレージを理解し、追加の記憶域の注文方法を知るために、OneDrive に既定の記憶域を設定する そして SharePoint サイトの記憶域の制限を管理する をご覧ください。

OneDrive および SharePoint にアップロードできない時の一時的なストレージ

会議の記録を OneDrive と SharePoint にアップロードできない場合は、削除されるまでの 21 日間、会議チャットから一時的にダウンロードできます。 これは、アップロード先がクォータを超えているか、ファイルのアップロードが制限されている場合に発生する可能性があります。 チャットが削除された場合、記録も削除されます。

会議レコーディングの診断ツール

ユーザーが会議を記録できない

次の診断ツールを使用して、Teams で会議を記録するようにユーザーが適切に構成されていることを検証できます。

  1. [テストの実行] を選択して、Microsoft 365 管理センターに診断を設定します。

  2. [診断の実行] ウィンドウで、[ユーザー名] フィールドまたは [Email] フィールドに会議を記録できないユーザーのメールを入力し、[テストの実行] を選択します。

  3. このテストでは、テナントまたはポリシーの構成を処理するのに最適な次の手順が返され、ユーザーが Teams で会議を記録するために適切に構成されていることを確認します。

会議の記録がありません

次の診断ツールを使用して、会議の記録が正常に完了し、OneDrive または SharePoint にアップロードされたことを検証できます。

  1. [テストの実行] を選択して、Microsoft 365 管理センターに診断を設定します。

  2. [診断の実行] ウィンドウで、 記録された会議の URL (通常は会議出席依頼に表示されます) に会議の URL を 入力し、[ 会議が記録された日時 ] フィールドに会議の日付を入力し、[ テストの実行] を選択します。

  3. テストでは、会議の記録が正常に完了し、SharePoint または OneDrive にアップロードされたことを検証します。

Teams ポリシー リファレンス - 会議

Teams 会議の文字起こしとキャプションを構成する

Teams 会議でのロール