vcpkg テレメトリとプライバシー

vcpkg は、利用統計情報を収集して、失敗したパッケージなどの使用状況の問題を把握し、ツールの機能強化をガイドします。 収集されたデータは匿名です。 Microsoft がプライバシーを保護する方法の詳細については、Microsoft のプライバシーに関する声明を 参照してください

範囲

ツール自体の呼び出しからの情報のみを明示的に収集します。生成されたライブラリに追跡情報を追加することはありません。 テレメトリは、いずれかの vcpkg コマンドを使用するときに収集されます。

オプトアウトする方法

vcpkg テレメトリ機能は既定で有効になっています。 データ収集をオプトアウトするには、Windows と Linux/OSX に対してそれぞれ次のフラグを使用してブートストラップ スクリプトを再実行します。

PS> .\bootstrap-vcpkg.bat -disableMetrics

~/$ ./bootstrap-vcpkg.sh -disableMetrics

開示

vcpkg をビルドすると、次のようなテキストが表示されます。 これは、Microsoft がデータ収集について通知する方法です。

Telemetry
---------
vcpkg collects usage data in order to help us improve your experience.
The data collected by Microsoft is anonymous.
You can opt-out of telemetry by re-running the bootstrap-vcpkg script with -disableMetrics,
passing --disable-metrics to vcpkg on the command line,
or by setting the VCPKG_DISABLE_METRICS environment variable.

Read more about vcpkg telemetry at docs/about/privacy.md

データ収集済み

製品利用統計情報機能では、ユーザー名やメール アドレスなどの個人データは収集されません。 コードはスキャンされず、名前、リポジトリ、作成者などのプロジェクト レベルのデータは抽出されません。 データは Microsoft サーバーに安全に送信され、制限付きアクセスの下で保持されます。

ユーザーのプライバシー保護は Microsoft にとって重要です。 テレメトリが機密データを収集していると思われる場合、またはデータが安全でないか不適切に処理されていると思われる場合は、Microsoft/vcpkg リポジトリに問題を提出するか、調査のために電子メールを vcpkg@microsoft.com 送信してください。

使用されるコマンド ライン、呼び出しの時間、実行にかかった時間など、さまざまなテレメトリ イベントを収集します。 一部のコマンドでは、追加の計算情報 (インストールするライブラリの完全なセットなど) も追加されます。 最初の使用時に完全にランダムな UUID を生成し、各イベントにアタッチします。

vcpkg コマンド ラインの後に追加 --printmetrics することで、任意のコマンドでテレメトリ イベントを確認できます。

ソース コード (GitHub microsoft/vcpkg-toolに含まれています) では、関数track_property()の呼び出し、およびtrack_feature()track_metric()track_buildtime()収集したすべての特定のデータ ポイントを検索できます。

不注意による情報開示を避ける

vcpkg 共同作成者と、自身でビルドした vcpkg のバージョンを実行している他のユーザーは、ソース コードへのパスを考慮する必要があります。 vcpkg の使用時にクラッシュが発生した場合、ビルド マシンからのファイル パスはスタック トレースの一部として収集され、ハッシュされません。 このため、vcpkg のビルドは、パス名が個人情報または機密情報を公開するディレクトリに配置しないでください。