H (セキュリティ用語集)

ABCDE F G H I J KLMNOP Q RSTUVWX Y Z

処理

暗号化プロバイダー、証明書ストア、メッセージ、キー ペアへのハンドルなど、オブジェクトを識別またはアクセスするために使用されるトークン。

ハッシュ

任意の量のデータに数学関数 ( ハッシュ アルゴリズム) を適用して取得した固定サイズの結果。 ("メッセージ ダイジェスト" とも呼ばれます)。

ハッシュ関数も参照してください。

hash オブジェクト

メッセージまたはセッション キーをハッシュするために使用されるオブジェクト。 ハッシュ オブジェクトは、 CryptCreateHash の呼び出しによって作成されます。 オブジェクトの定義は、呼び出しで指定された CSP によって定義されます。

ハッシュ アルゴリズム

データ (メッセージやセッション キーなど) のある部分のハッシュ値を生成するために使用するアルゴリズム。 一般的なハッシュ アルゴリズムとして、MD2、MD4、MD5、SHA-1 などがあります。

ハッシュ関数

ハッシュ オブジェクトの作成と破棄、ハッシュ オブジェクトのパラメーターの取得または設定、ハッシュ データとセッション キーの設定に使用される一連の関数。

ハッシュ ベースのメッセージ認証コード

(HMAC)Microsoft 暗号化サービス プロバイダーによって実装される対称キー付きハッシュ アルゴリズム。 HMAC は、ストレージまたは転送中にデータが変更されていないことを確認するために、データの整合性を検証するために使用されます。 これは、MD5 や SHA-1 などの任意の反復処理された暗号化ハッシュ アルゴリズムで使用できます。 CryptoAPI は、アルゴリズム識別子 (CALG_HMAC) とクラス (ALG_CLASS_HASH) によってこのアルゴリズムを参照します。

メッセージ認証コードも参照してください。

HCSBC

Certificate Services バックアップ コンテキストへのハンドルとして機能するデータ型。 その役割は、バックアップの実行時にサーバーとバックアップ API の間でコンテキスト状態を維持することです。

HMAC

ハッシュ ベースのメッセージ認証コードを参照してください。