Azure Firewall Standard の機能

Azure Firewall Standard は、Azure 仮想ネットワーク リソースを保護する、クラウドベースのマネージド ネットワーク セキュリティ サービスです。

Azure Firewall Standard の機能

Azure Firewall には次の機能が含まれています。

  • 組み込みの高可用性
  • 可用性ゾーン
  • クラウドによる無制限のスケーラビリティ
  • アプリケーションの FQDN のフィルタリング規則
  • ネットワーク トラフィックのフィルタリング規則
  • FQDN のタグ
  • サービス タグ
  • 脅威インテリジェンス
  • DNS プロキシ
  • [カスタム DNS]
  • ネットワーク規則内の FQDN
  • 強制トンネル モードでのパブリック IP アドレスを使用しないデプロイ
  • 送信 SNAT サポート
  • 受信 DNAT のサポート
  • 複数のパブリック IP アドレス
  • Azure Monitor ログ記録
  • 強制トンネリング
  • Web カテゴリ
  • 認定資格

組み込みの高可用性

高可用性が組み込まれているため、追加のロード バランサーは必要なく、構成すべきものもありません。

可用性ゾーン

Azure Firewall は、デプロイ時に、可用性を高めるために複数の可用性ゾーンにまたがるように構成できます。 Availability Zones を使用すると、可用性が高まり 99.99% のアップタイムが実現します。 詳細については、Azure Firewall のサービス レベル アグリーメント (SLA) に関するページをご覧ください。 2 つ以上の可用性ゾーンを選択すると、稼働率 99.99% の SLA が提供されます。

サービス標準の 99.95% の SLA を使用して、近接性の理由から Azure Firewall を特定のゾーンに関連付けることもできます。

複数の可用性ゾーンにデプロイされるファイアウォールについては追加のコストは発生しません。 ただし、Availability Zones に関連する受信および送信データ転送については追加のコストが発生します。 詳細については、「帯域幅の料金詳細」をご覧ください。

Azure Firewall Availability Zones は、Availability Zones をサポートするリージョンで利用できます。 詳細については、「Azure で Availability Zones がサポートされるリージョン」を参照してください

Note

Availability Zones は、デプロイ時にのみ構成できます。 既存のファイアウォールを構成して Availability Zones を含めることはできません。

Availability Zones の詳細については、「Azure のリージョンと Availability Zones」を参照してください。

クラウドによる無制限のスケーラビリティ

Azure Firewall では、必要に応じてスケールアウトしてネットワーク トラフィック フローの変化に対応できるので、ピーク時のトラフィックに合わせて予算を立てる必要がありません。

アプリケーションの FQDN のフィルタリング規則

ワイルド カードも含まれる完全修飾ドメイン名 (FQDN) の指定された一覧に、送信 HTTP/S トラフィックまたは Azure SQL トラフィックを制限できます。 この機能に TLS 終了は必要ありません。

ネットワーク トラフィックのフィルタリング規則

送信元と送信先の IP アドレス、ポート、プロトコルを基準として、"許可" または "拒否" のネットワーク フィルタリング規則を一元的に作成できます。 Azure Firewall は完全にステートフルであるため、各種の接続の正当なパケットを識別できます。 規則は、複数のサブスクリプションと仮想ネットワークにまたがって適用および記録されます。

Azure Firewall では、レイヤー 3 とレイヤー 4 のネットワーク プロトコルのステートフル フィルター処理がサポートされています。 レイヤー 3 の IP プロトコルをフィルター処理するには、ネットワーク規則で任意のプロトコルを選択し、ポートにはワイルドカード * を選択します。

FQDN のタグ

FQDN のタグにより、ファイアウォール経由の既知の Azure サービスのネットワーク トラフィックを簡単に許可することができます。 たとえば、ファイアウォール経由の Windows Update のネットワーク トラフィックを許可したいとします。 アプリケーションの規則を作成して、Windows Update のタグを組み込みます。 これで、Windows Update からのネットワーク トラフィックをファイアウォール経由でフローできるようになります。

サービス タグ

サービス タグは IP アドレス プレフィックスのグループを表し、セキュリティ規則の作成の複雑さを最小限に抑えるのに役立ちます。 独自のサービス タグを作成することも、タグ内に含まれる IP アドレスを指定することもできません。 サービス タグに含まれるアドレス プレフィックスの管理は Microsoft が行い、アドレスが変化するとサービス タグは自動的に更新されます。

脅威インテリジェンス

ファイアウォール用に脅威インテリジェンスベースのフィルター処理を有効にして、既知の悪意のある IP アドレスやドメインとの間のトラフィックの警告と拒否を行うことができます。 この IP アドレスとドメインのソースは、Microsoft の脅威インテリジェンス フィードです。

DNS プロキシ

DNS プロキシを有効にすると、Azure Firewall は DNS クエリを処理し、仮想ネットワークから目的の DNS サーバーに転送できます。 この機能は非常に重要であり、ネットワーク ルールで信頼性の高い FQDN フィルタリングを行うために必要です。 Azure Firewall とファイアウォール ポリシーの設定で DNS プロキシを有効にすることができます。 DNS プロキシの詳細については、「Azure Firewall の DNS 設定」を参照してください。

[カスタム DNS]

カスタム DNS を使用すると、独自の DNS サーバーを使用するように Azure Firewall を構成し、ファイアウォールの送信依存関係が Azure DNS で解決された状態を維持することができます。 Azure Firewall とファイアウォール ポリシーの DNS 設定で、単一の DNS サーバーまたは複数のサーバーを構成することができます。 カスタム DNS の詳細については、「Azure Firewall の DNS 設定」を参照してください。

Azure Firewall では、Azure プライベート DNS を使用して名前を解決することもできます。 Azure Firewall が存在する仮想ネットワークは、Azure プライベート ゾーンにリンクされている必要があります。 詳細については、「プライベート リンクを使用して DNS フォワーダーとして Azure Firewall を使用する」を参照してください。

ネットワーク規則内の FQDN

Azure Firewall とファイアウォール ポリシーでの DNS 解決に基づいて、ネットワーク ルールで完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用できます。

ルール コレクションで指定された FQDN は、ファイアウォールの DNS 設定に基づいて IP アドレスに変換されます。 この機能を使用すると、任意の TCP/UDP プロトコル (NTP、SSH、RDP など) を含む FQDN を使用して送信トラフィックをフィルター処理できます。 この機能は DNS の解決に基づいているため、DNS プロキシを有効にして、保護された仮想マシンとファイアウォールとの間で名前解決に整合性があることを確認するよう強くお勧めします。

強制トンネル モードでパブリック IP アドレスを使用せずに Azure Firewall をデプロイする

Azure Firewall サービスでは、運用目的でパブリック IP アドレスが必要になります。 セキュリティで保護されていますが、一部のデプロイでは、パブリック IP アドレスをインターネットに直接公開しないことをお勧めします。

このような場合は、強制トンネル モードで Azure Firewall をデプロイできます。 この構成では、管理 NIC が作成されます。この NIC は、操作用に Azure Firewall によって使用されます。 テナント データ パスネットワークは、パブリック IP アドレスなしで構成でき、インターネット トラフィックは、別のファイアウォールに強制的にトンネリングするか、完全にブロックすることができます。

強制トンネル モードを実行時に構成することはできません。 ファイアウォールを再デプロイするか、停止および開始機能を使用して、既存の Azure Firewall を強制トンネル モードで再構成できます。 セキュリティで保護されたハブにデプロイされているファイアウォールは、常に強制トンネル モードでデプロイされます。

送信 SNAT サポート

仮想ネットワーク トラフィックの送信 IP アドレスはすべて Azure Firewall パブリック IP に変換されます (送信元ネットワーク アドレス変換)。 仮想ネットワークからインターネット上のリモートの送信先に向かうトラフィックを特定して許可できます。 宛先 IP が IANA RFC 1918 のプライベート IP 範囲である場合、Azure Firewall は SNAT を行いません。

組織でプライベート ネットワークに対してパブリック IP アドレス範囲を使用している場合、Azure Firewall は、SNAT を使用して、トラフィックのアドレスを AzureFirewallSubnet のいずれかのファイアウォール プライベート IP アドレスに変換します。 パブリック IP アドレス範囲の SNAT が行われないように、Azure Firewall を構成することができます。 詳細については、「Azure Firewall の SNAT プライベート IP アドレス範囲」を参照してください。

Azure Firewall メトリックで SNAT ポートの使用率を監視できます。 SNAT ポートの使用率の詳細と推奨事項については、ファイアウォールのログとメトリックのドキュメントを参照してください。

受信 DNAT のサポート

ファイアウォールのパブリック IP アドレスへのインバウンド インターネット ネットワーク トラフィックは、変換され (宛先ネットワーク アドレス変換)、仮想ネットワークのプライベート IP アドレスでフィルター処理されます。

複数のパブリック IP アドレス

複数のパブリック IP アドレス (最大 250) をファイアウォールに関連付けることができます。

これにより、次のシナリオが実現します。

  • DNAT - 複数の標準ポート インスタンスをバックエンド サーバーに変換できます。 たとえば、2 つのパブリック IP アドレスがある場合、両方の IP アドレス用の TCP ポート 3389 (RDP) を変換できます。
  • SNAT - 送信 SNAT 接続にさらにポートを使用できるので、SNAT ポートが不足する可能性が低減されます。 現時点では、Azure Firewall は、接続に使用する送信元パブリック IP アドレスをランダムに選択します。 ネットワークにダウンストリーム フィルターがある場合、ファイアウォールに関連付けられているすべてのパブリック IP アドレスを許可する必要があります。 この構成を簡略化するには、パブリック IP アドレス プレフィックスを使用することを検討してください。

Azure Monitor ログ記録

すべてのイベントは Azure Monitor と統合されます。そのため、ログをストレージ アカウントにアーカイブしたり、イベントをイベント ハブにストリーム配信したり、それらを Azure Monitor ログに送信したりできます。 Azure Monitor ログのサンプルについては、「Azure Firewall の Azure Monitor ログ」をご覧ください。

詳細については、「Azure Firewall のログとメトリックを監視する」を参照してください。

Azure Firewall ブックにより、Azure Firewall のデータ分析のための柔軟なキャンバスが提供されます。 これを使用して、Azure portal 内で高度な視覚的レポートを作成できます。 詳細については、「Azure Firewall ブックを使用してログを監視する」をご覧ください。

強制トンネリング

インターネットへのすべてのトラフィックを、インターネットに直接送信するのではなく、指定された次ホップにルーティングするように、Azure Firewall を構成することができます。 たとえば、インターネットに渡す前にネットワーク トラフィックを処理するために、オンプレミスのエッジ ファイアウォールや他のネットワーク仮想アプライアンス (NVA) があるような場合です。 詳細については、「Azure Firewall 強制トンネリング」を参照してください。

Web カテゴリ

Web カテゴリでは、管理者は、ギャンブルの Web サイトやソーシャル メディアの Web サイトなどの Web サイト カテゴリへのユーザーのアクセスを許可または拒否できます。 Web カテゴリは Azure Firewall Standard に含まれていますが、Azure Firewall Premium ではさらに細かく調整されています。 FQDN に基づくカテゴリと照合する Standard SKU の Web カテゴリ機能とは異なり、Premium SKU では、HTTP と HTTPS の両方のトラフィックについて URL 全体に従ってカテゴリを照合します。 Azure Firewall Premium の詳細については、Azure Firewall Premium の機能に関するページを参照してください。

たとえば、Azure Firewall が www.google.com/news の HTTPS 要求をインターセプトする場合、次のような分類が想定されます。

  • Firewall Standard - FQDN 部分のみが検証されるため、www.google.com は "検索エンジン" として分類されます。

  • Firewall Premium - URL 全体が検証されるため、www.google.com/news は "ニュース" として分類されます。

カテゴリは、 [責任][高帯域幅][ビジネス利用][生産性の低下][一般的なネット サーフィン][未分類] の下で重要度に基づいて整理されています。

カテゴリの例外

Web カテゴリの規則の例外を作成できます。 規則コレクション グループ内で、より優先度の高い個別の許可または拒否の規則コレクションを作成します。 たとえば、優先度が 100 で www.linkedin.com を許可する規則コレクションと、優先順位が 200 でソーシャル ネットワーキングを拒否する規則コレクションを構成できます。 これにより、定義済みのソーシャル ネットワーキング Web カテゴリに例外が作成されます。

認定

Azure Firewall は、Payment Card Industry (PCI)、Service Organization Controls (SOC)、国際標準化機構 (ISO) に準拠しています。 詳細については、「Azure Firewall のコンプライアンス認定資格」を参照してください。

次のステップ