Windows API インデックス

デスクトップ およびサーバー アプリケーション用の Windows アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) のリファレンス コンテンツの一覧を次に示します。

Windows API を使用すると、各バージョンに固有の機能を利用しながら、すべてのバージョンのWindowsで正常に実行されるアプリケーションを開発できます。 (これは以前は Win32 API と呼ばれていました。API Windows名前は、16 ビット Windowsでのルートと、64 ビット Windowsでのサポートをより正確に反映しています。

ユーザー インターフェイス

Windows UI API は、ウィンドウを作成して使用して出力を表示し、ユーザー入力を求め、ユーザーとの対話をサポートする他のタスクを実行します。 ほとんどのアプリケーションでは、少なくとも 1 つのウィンドウが作成されます。

Windows環境 (シェル)

ユーザー入力とメッセージング

データ アクセスとストレージ

診断

Diagnostics API を使用すると、アプリケーションまたはシステムの問題をトラブルシューティングし、パフォーマンスを監視できます。

グラフィックスとマルチメディア

グラフィックス、マルチメディア、オーディオ、ビデオの API を使用すると、アプリケーションは書式設定されたテキスト、グラフィックス、オーディオ、ビデオを組み込むことができます。

デバイス

システム サービス

System Services API は、コンピューターのリソースと、メモリ、ファイル システム、デバイス、プロセス、スレッドなど、基になるオペレーティング システムの機能にアプリケーションにアクセスできるようにします。

セキュリティと ID

セキュリティと ID API を使用すると、ログオン時のパスワード認証、共有可能なすべてのシステム オブジェクトに対する随意保護、特権アクセス制御、権限管理、およびセキュリティ監査が可能になります。

アプリケーションのインストールとサービス

システム管理者と管理

システム管理インターフェイスを使用すると、アプリケーションまたはシステムのインストール、構成、およびサービスを行えます。

ネットワークとインターネット

ネットワーク API を使用すると、ネットワーク経由のアプリケーション間の通信が可能になります。 ディレクトリやネットワーク プリンターなどの共有リソースへのアクセスを作成および管理することもできます。

非推奨または従来の API

Windowsクライアントおよびサーバー オペレーティング システムから古い、または置き換えられた、または非推奨になったテクノロジと API を次に示します。