日付の選択コントロール

DatePicker は、ユーザーがタッチ、マウス、またはキーボード入力を使ってローカライズされた日付値を選択できる標準化された方法です。

日付の選択コントロールの例

これは適切なコントロールですか?

日付の選択コントロールは、ユーザーが誕生日などの既知の日付 (カレンダーのコンテキストが重要ではない日) を選べるようにする場合に使用します。

カレンダーのコンテキストが重要な場合は、カレンダーの日付の選択またはカレンダー ビューの使用をご検討ください。

適切な日付コントロールの選択について詳しくは、「日付と時刻コントロール」をご覧ください。

エントリ ポイントには、選んだ日付が表示されます。ユーザーがエントリ ポイントを選ぶと、選択ツール サーフェイスが中央から縦方向に展開されて、日付を選べるようになります。 日付の選択は他の UI をオーバーレイし、他の UI を別の位置に移動させることはありません。

展開した日付の選択コントロールの例

UWP と WinUI 2

重要

この記事の情報と例は、Windows アプリ SDKWinUI 3 を使用するアプリ向けに最適化されていますが、一般に WinUI 2 を使用する UWP アプリに適用されます。 プラットフォーム固有の情報と例については、UWP API リファレンスを参照してください。

このセクションには、UWP または WinUI 2 アプリでコントロールを使用するために必要な情報が含まれています。

このコントロールの API は 、Windows.UI.Xaml.Controls 名前空間に存在します。

最新の WinUI 2 を使用して、すべてのコントロールの最新のスタイルとテンプレートを取得することをお勧めします。 WinUI 2.2 以降には、角丸みを使用するこのコントロール用の新しいテンプレートが含まれています。 詳しくは、「角の半径」をご覧ください。

日付の選択コントロールの作成

WinUI 3 ギャラリー アプリには、ほとんどの WinUI 3 コントロール、機能、機能の対話型の例が含まれています。 Microsoft Store からアプリを取得するか、GitHub でソース コードを取得する

次の例は、ヘッダーを含むシンプルな日付の選択コントロールを作成する方法を示しています。

<DatePicker x:Name="exampleDatePicker" Header="Pick a date"/>
DatePicker exampleDatePicker = new DatePicker();
exampleDatePicker.Header = "Pick a date";

結果として、日付の選択コントロールは、次のように表示されます。

日付の選択コントロールの例

日付の選択の書式設定

既定で、日付の選択には日、月、年が表示されます。 日付の選択を使用するシナリオにこれらのフィールドの一部が不要な場合は、不要なフィールドを非表示にできます。 フィールドを非表示にするには、対応する fieldVisible プロパティ (DayVisibleMonthVisible、または YearVisible) を false に設定します。

次の例では、年のみが必要であるため、[日] フィールドと [月] フィールドは非表示になっています。

<DatePicker x:Name="yearDatePicker" Header="In what year was Microsoft founded?" 
            MonthVisible="False" DayVisible="False"/>

[日] フィールドと [月] フィールドが非表示になっている日付の選択。

DatePicker 内の各 ComboBox の文字列の内容は、DateTimeFormatter によって作成されます。 書式テンプレート書式パターンのいずれかである文字列を指定することにより、日付値の書式を DateTimeFormatter に通知します。 詳細については、DayFormatMonthFormatYearFormat プロパティを参照してください。

ここでは、書式パターンを使用して、月を整数と省略形で表示します。 書式パターンにリテラル文字列を追加できます。たとえば、({month.abbreviated}) のようにして月の省略形をかっこで囲むことができます。

<DatePicker MonthFormat="{}{month.integer(2)} ({month.abbreviated})" DayVisible="False"/>

[日] フィールドが非表示になっている日付の選択。

日付値

日付の選択コントロールには、Date/DateChanged API と SelectedDate/SelectedDateChanged API の両方が用意されています。 両者の違いは、Date では null 値が許容されないのに対して、SelectedDate では null 値が許容されることです。

SelectedDate の値は、日付の選択を設定するのに使用され、既定では null に指定されています。 SelectedDatenull の場合、Date プロパティは 12/31/1600 に設定されます。それ以外の場合、Date の値は SelectedDate の値と同期されます。 SelectedDatenull の場合、ピッカーは "unset" になり、日付ではなくフィールド名が表示されます。

日付が選択されていない日付の選択。

MinYear プロパティと MaxYear プロパティを設定することにより、ピッカー内の日付の値を制限できます。 既定では、MinYear は現在の日付の 100 年前、MaxYear は現在の日付の 100 年後に設定されています。

MinYear または MaxYear のどちらかのみを設定する場合、設定した日付と他方の既定値の日付によって有効な期間が作成されることを確認する必要があります。期間が正しくないと、ピッカー内で日付を選択できなくなります。 たとえば、yearDatePicker.MaxYear = new DateTimeOffset(new DateTime(900, 1, 1)); のみを設定すると、MinYear には既定値が指定されているため、無効な期間が作成されます。

日付値の初期化

日付のプロパティは、XAML 属性文字列として設定することはできません。これは、Windows ランタイム XAML パーサーには、文字列を DateTime / DateTimeOffset オブジェクトとして日付に変換する変換ロジックがないためです。 これらのオブジェクトをコードで定義し、現在の日付以外の日付に設定できるいくつかの方法を次に説明します。

  • DateTime: Windows.Globalization.Calendar オブジェクトをインスタンス化します (現在の日付に初期化されます)。 Year を設定するか AddYears を呼び出して、日付を調整します。 次に、Calendar.GetDateTime を呼び出し、返される DateTime を使用して、日付のプロパティを設定します。
  • DateTimeOffset: コンストラクターを呼び出します。 内部の System.DateTime の場合は、そのコンストラクター シグネチャを使用します。 または、既定の DateTimeOffset を構築し (現在の日付に初期化されます)、AddYears を呼び出します。

考えられる別の方法として、データ オブジェクトとして (またはデータ コンテキストで) 利用可能な日付を定義し、日付のプロパティを、データとしてその日付にアクセスできる {Binding} マークアップ拡張を参照する XAML 属性として設定することができます。

注意

日付値の重要な情報については、「日付と時刻コントロール」の「DateTime と Calendar の値」をご覧ください。

次の例では、SelectedDateMinYearMaxYear の各プロパティを、異なる DatePicker コントロール上で設定する方法を示します。

<DatePicker x:Name="yearDatePicker" MonthVisible="False" DayVisible="False"/>
<DatePicker x:Name="arrivalDatePicker" Header="Arrival date"/>
public MainPage()
{
    this.InitializeComponent();

    // Set minimum year to 1900 and maximum year to 1999.
    yearDatePicker.SelectedDate = new DateTimeOffset(new DateTime(1950, 1, 1));
    yearDatePicker.MinYear = new DateTimeOffset(new DateTime(1900, 1, 1));
    // Using a different DateTimeOffset constructor.
    yearDatePicker.MaxYear = new DateTimeOffset(1999, 12, 31, 0, 0, 0, new TimeSpan());

    // Set minimum to the current year and maximum to five years from now.
    arrivalDatePicker.MinYear = DateTimeOffset.Now;
    arrivalDatePicker.MaxYear = DateTimeOffset.Now.AddYears(5);
}

日付値の使用

日付値をアプリで使用するには、通常、SelectedDate プロパティへのデータ バインドを使用するか、SelectedDateChanged イベントを処理します。

DatePickerTimePicker を一緒に使用して単一の DateTime 値を更新する方法の例については、「カレンダー、日付、および時刻コントロール」の「日付の選択と時刻の選択を一緒に使用する」を参照してください。

ここでは、DatePicker を使用することにより、ユーザーが到着日を選択できるようにします。 SelectedDateChanged イベントを処理して、arrivalDateTime という名前の DateTime インスタンスを更新します。

<StackPanel>
    <DatePicker x:Name="arrivalDatePicker" Header="Arrival date"
                DayFormat="{}{day.integer} ({dayofweek.abbreviated})"
                SelectedDateChanged="arrivalDatePicker_SelectedDateChanged"/>
    <Button Content="Clear" Click="ClearDateButton_Click"/>
    <TextBlock x:Name="arrivalText" Margin="0,12"/>
</StackPanel>
public sealed partial class MainPage : Page
{
    DateTime arrivalDateTime;

    public MainPage()
    {
        this.InitializeComponent();

        // Set minimum to the current year and maximum to five years from now.
        arrivalDatePicker.MinYear = DateTimeOffset.Now;
        arrivalDatePicker.MaxYear = DateTimeOffset.Now.AddYears(5);
    }

    private void arrivalDatePicker_SelectedDateChanged(DatePicker sender, DatePickerSelectedValueChangedEventArgs args)
    {
        if (arrivalDatePicker.SelectedDate != null)
        {
            arrivalDateTime = new DateTime(args.NewDate.Value.Year, args.NewDate.Value.Month, args.NewDate.Value.Day);
        }
        arrivalText.Text = arrivalDateTime.ToString();
    }

    private void ClearDateButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        arrivalDatePicker.SelectedDate = null;
        arrivalText.Text = string.Empty;
    }
}

サンプル コードの入手