Power Apps と Power Automate に予定されている重要な変更 (非推奨)

この記事で説明する発表と非推奨は、Power Apps と Power Automate に適用されます。 管理者と IT プロフェッショナルは、この情報を使用して今後のリリースに備えることができます。 この記事は、2017 年 6 月 27 日に最初に公開されました。

その他の製品の非推奨情報については、本記事後半の その他の非推奨の記事 をご覧ください。

重要

「非推奨」とは、将来のリリースから特性または機能を削除する予定であることを意味します。 この機能あるいは能力は公式に削除されるまで引き続き機能し、完全にサポートされます。 この非推奨通知は数か月または数年にわたり設定できます。 削除後は、この機能あるいは能力は機能しなくなります。 この通知は、機能が削除される前に、コードを計画および更新するための十分な時間を確保するためのものです。

モデル駆動型アプリ コントロールの非推奨 (2023 リリース サイクル 1)

今後の 2023 年リリース サイクル 1 (2023 年 2 月のパブリック プレビューおよび 2023 年 4 月の GA) により、モデル駆動型アプリの古いコントロールの一部は非推奨になります。 これらのコントロールには、自動完了、定型入力、マルチメディア プレーヤー、数値入力、オプション セット、星評価が含まれます。

なぜこれが必要なのですか?

  • これらのコントロールは古く、使いやすさとアクセシビリティに関する現在の標準に準拠していません。
  • これらのコントロールを置き換える新しいコントロールを導入します。

影響

  • 2023 年 4 月以降、これらのコントロールをフォームに追加できなくなりました。
  • 他のすべてのコントロールについては、2024 年 4 月まで既存のフォーム内で引き続き機能します。

ユーザーによって求められるアクション

  • 非推奨のコントロールを含む既存のフォームを評価し、新しいコントロールに置き換えます。

Power Automate フローの Microsoft Dataverse(レガシー) コネクタ (CDS 2.0 コネクタ) は廃止され、別のコネクタに置き換えられました

2022 年 10 月より、Microsoft Dataverse (レガシー) コネクタ (CDS 2.0 コネクタとも呼ばれます) は非推奨になります。 このコネクタは現在、複数のクライアントおよびコンポーネントで使用するための Dataverse への接続に使用できます。

ユーザーは、更新が必要なフローを決定するために既存の Power Automate フローを確認する必要があります。 2023 年 3 月までに、CDS 2.0 コネクタを使用して新しいフローを作成することはできなくなりますが、既存のフローは引き続き機能します。

お客様は、ほとんどのフロー ユーザーに対して Power Automate で使用できるようになった Microsoft Dataverse コネクタを使用してください。 これはコードなしの体験を提供し、柔軟性を高めます。 ただし、次の機能は現在利用できません。

  • 現在の環境以外の環境に接続するコネクタ アクション。

  • 現在の環境とは地理的に異なる場所にある環境に接続するコネクタ アクション。

  • 行の選択時 トリガー。

これらの基準のいずれかを満たす場合、この機能が利用可能になるまで移行できません。 他のすべてのフローは、2022 年 10 月に移行を開始できます。

場合によっては、ユーザーは移行ツールを使用して Dataverse (レガシ) コネクタから Microsoft Dataverse コネクタに移行できるようになります。 各フローの詳細ページに、"このフローを最新の Microsoft Dataverse コネクタに移行してください" というメッセージが表示されます。 そこから Migration Assistant を開くことができます。

フローが 2020 年 6 月より前に作成された場合、移行ツールは使用できません。 これを確認するために、顧客はフローを編集する時に Microsoft Dataverse コネクタが検索可能かどうかを確認できます。 この場合、または移行が失敗した場合は、Microsoft Dataverse コネクタを使用して手動でフローを再作成する必要があります。

2023 年 10 月より、非推奨のレガシ アクションとトリガーを使用するすべての既存のフローは機能しなくなります。 ユーザーは、既存のフローをレビューして、新しいアクションとトリガーに更新する必要があります。

Azure Logic Apps 用 Microsoft Dataverse (レガシー) コネクタ (CDS 2.0 コネクタ) は廃止され、別のコネクタに置き換えられました

2022 年 10 月より、Microsoft Dataverse (レガシー) コネクタ (CDS 2.0 コネクタとも呼ばれます) は非推奨になります。 このコネクタは現在、複数のクライアントおよびコンポーネントで使用するための Dataverse への接続に使用できます。 Microsoft Dataverse コネクタは、2022 年 8 月に Azure Logic Apps で使用できるようになります。 ユーザーは、既存のロジック アプリを変更するか、Microsoft Dataverse コネクタを使用して、2023 年 10 月より前に新しいロジック アプリを作成する必要があります。

非推奨になる前に、段階的なアプローチが行われる予定です。 タイムラインは次のとおりです。

  • 2022 年 8 月 30 日: CDS 2.0 コネクタのアクションとトリガー、別名 Dataverse (レガシー) コネクタは、Microsoft Dataverse コネクタに更新されます。
    • 既存の Dataverse レガシ コネクタのトリガーとアクションは、下位互換性のために一定期間、既存のロジック アプリで引き続き使用できます。
    • 新しいロジック アプリはすべて、新しいアクションを使用して作成されます。
  • 2022 年 8 月から 2023 年 1 月までのプレビュー期間: 新しいフローの作成中に、新しいアクションと従来のアクションとトリガーの両方を使用できます。
  • 2023 年 4 月: 従来のアクションとトリガーを使用して新しいロジック アプリを作成することはできませんが、これらのアクションとトリガーを使用する既存のロジック アプリは引き続き機能します。

2023 年 10 月より、非推奨のレガシ アクションとトリガーを使用するすべての既存のロジック アプリは機能しなくなります。 ユーザーは、既存のロジック アプリを確認して、新しい Azure Logic Apps トリガーに更新する必要があります。

Dynamics 365 および Microsoft Power Platform 向けの Internet Explorer 11 は非推奨になりました

Dynamics 365 と Microsoft Power Platform は、10 月 31 日から Internet Explorer でブロックされます。 2022 年 10 月上旬から、デバイスに現在 Edge がインストールされている場合はユーザーは Microsoft Edge にリダイレクトされます。 それ以外の場合、ブロックされた理由を通知し、Microsoft Edge のサイトを使用してみるように通知する、却下できないメッセージを受け取ります。 10 月 31 日より、Internet Explorer は Dynamics 365 と Microsoft Power Platform でブロックされ、ユーザーには、Microsoft Edge を使用するように通知するブロック メッセージが表示されます。 ユーザーが、サポートされなくなった Microsoft Edge バージョンで Dynamics 365 と Microsoft Power Platform にアクセスしようとしている場合は、最新バージョンの Edge を使用するように求められます。

お客様には Microsoft Edge への移行をお勧めします。

Outlook デスクトップ クライアントを使用している Dynamics 365 App for Outlook ユーザーは、クライアントを Edge WebView2 または Microsoft Outlook on the web (OWA) を使用する Microsoft Outlook バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

詳細: Internet Explorer のサポート エンド

さらに質問がある場合は、Microsoft の顧客サービス担当者または Microsoft のパートナーにお問い合わせください。

モデル駆動型アプリの従来の読み取り専用グリッドは廃止されました

レガシの読み取り専用グリッド コントロールは、2022 年リリース ウェーブ 1 でモデル駆動型アプリで非推奨になりました。 このコントロールは、Power Apps 読み取り専用グリッド によって置き換えられています。これは、2022 年リリース ウェーブ 1 でモデル駆動型アプリのすべての環境の規定の読み取り専用グリッド体験となりました。

なぜこれが必要なのですか?

レガシの読み取り専用グリッド:

  • 最新の Microsoft アクセシビリティ標準をサポートしていません。
  • 最新の Microsoft 設計ガイダンスと一致しません。
  • 制限された拡張機能のオプションがあります。

影響

読み取り専用グリッド (規定) コントロールは、ビューとサブグリッド用に Power Apps 読み取り専用グリッド で置き換えられました。 この変更は、2022 年リリース ウェーブ 1 から開始されました。

Power Apps 読み取り専用グリッドが元々有効な場合、ジャンプ バーの行は表示されません。ただし、メーカーは必要に応じてこれを再度有効にすることができます。 詳細: Power Apps 読み取り専用グリッドコントロールを構成する

Windows 向け Dynamics 365 (プレビュー) アプリは非推奨です

Windows 向け Microsoft Dynamics 365 (プレビュー) アプリは、2022 年 6 月 20 日に廃止されました。 このアプリのサポートは終了しました。

現在でも一連の同じ機能を使用して、Windows 向け Powers Apps で Dynamics 365 アプリを実行できます。 詳細については、Windows 向け Powers Apps をインストールする を参照してください。

管理者モードのカスタム メッセージは非推奨です

2022 年 7 月 1 日をもって、環境の [詳細の編集] ページからカスタム メッセージ フィールドが廃止されました。

Windows 8 向け Power Apps は非推奨になり、新しいアプリに置き換えられます

2022 年 9 月をもって、Power Apps for Windows 8 は廃止されます。 Microsoft は、2022 年 9 月 20 日まで、アプリのセキュリティ更新プログラムとその他の重要な更新プログラムの提供を継続します。 アプリの他の機能はリリースされません。

2022 年 9 月 20 日から、Power Apps for Windows 8 は Microsoft Store から削除され、サポートされなくなります。

2022 年 6 月 20 日に、Power Apps for Windowsが使用できるようになります。 新しいアプリの詳細については、Powers Apps for Windows をインストールする を参照してください。

データ エクスポート サービスの廃止

2021 年 11 月より、データ エクスポート サービスは廃止されました。 データ エクスポート サービスは引き続き機能し、2022 年 11 月にサポート終了と販売終了となるまで完全にサポートされます。 これは Dynamics 365 と Microsoft AppSource のデータ エクスポート サービス アドオンを使用している Power Platform のお客様に影響します。 データ エクスポート サービス アドオンは、新規のお客様はダウンロードできません。 既存のお客様は、このアドオンを AppSource からダウンロードして使用できます。 お客様には Azure Synapse Link for Dataverse への移行をお勧めします。 詳細については、ブログ を参照するか、廃止に関するプレイブック をダウンロードしてください。

Dataverse OData v2.0 サービスの廃止

2023 年 4 月 30 日に Dataverse OData v2.0 組織データ サービスの削除を予定しています。 これは当初、2022 年 11 月 11 日に予定されていましたが、日付が延長されました。

注意

このお知らせには、非推奨の組織サービス SOAP エンドポイントは含まれていません。 現時点では、SOAP エンドポイントの削除日は発表されていません。

組織データ サービスは Dynamics CRM 2011 で導入された OData v2.0 エンドポイントです。 組織データ サービスは、Dynamics 365 Customer Engagement v8.0 で廃止され、OData v4.0 サービスである Web API が採用されました。 現在、Dataverse への要求のうち、このエンドポイントを使用しているのは .06% 未満です。 このエンドポイントを削除すると、Dataverse が有効になり、全体的なパフォーマンスが改善されます。

組織データ サービスを使用するコードはすべて、それ以前に Web API を使用するよう移行する必要があります。 詳細情報: OData v2.0 サービス廃止日のお知らせ

Dynamics 365 で Microsoft 365 グループと Yammer のサポートは非推奨です

2022 年 2 月より、以前は Office グループと呼ばれていた Microsoft 365 グループと、Dynamics 365 の Yammer のサポートは非推奨になる予定です。 これは Dynamics 365 でのコラボレーションに Microsoft 365 グループや Yammer をご利用のお客様に影響します。 より高度なコラボレーション機能のために、お客様が Microsoft Teams に移行することをお勧めします。 Dynamics 365 と Teams の統合については、Dynamics 365 のカスタマー エンゲージメント アプリを Microsoft Teams に統合するを参照してください。

既存の顧客は、既存の Microsoft 365 グループからチームを作成し、要件に従ってそれらを個々のレコードにマップできます。 引き続き Microsoft 365 グループも使用できますが、Dynamics 365 内でホストするためのカスタム エクスペリエンスがあります。

非推奨について質問がある場合は、Microsoft 顧客サービス担当者または Microsoft パートナーにお問い合わせください。

従来の Web クライアントでのアプリケーション ユーザーの表示と管理のサポートは非推奨になりました

2022 年 2 月より、"アプリケーション ユーザー" の一覧は、詳細設定 > セキュリティ > ユーザー では利用できなくなります。 Power Platform 管理センターを使用して、アプリケーション ユーザーを表示および管理できます。 Power Platform 管理センターでアプリケーション ユーザーを管理する を参照してください。

Mobile Offline プロファイルの分析セクションは廃止されます

2021 年 9 月より、Mobile Offline プロファイルを構成するために使用される 分析 アクションおよび オフライン プロファイル レポートは廃止されます。 Cross-Site Scripts (XSS) の脆弱性が理由で分析機能は削除されました。 レポートは、オフライン モードで作業しているときに使用できないコンポーネントを識別するために使用されます。 これらの機能は、モバイル オフライン構成エクスペリエンスの継続的な機能強化の一環として見直されます。 必要なアクションはありません。

Dynamics 365 - Gamification は非推奨です

2021 年 4 月 1 日より Dynamics 365 – Gamification は非推奨になりました。 2021 年 9 月 30 日まで、マイクロソフトはこのソリューションに対して限定的なサポートを提供していました。 2021 年 10 月 1 日以降は Dynamics 365 – Gamification ソリューションが機能しません。 Gamification をアンインストールするには、Dynamics 365 組織から GamificationUpdater および Gamification ソリューションを削除します。 最初に、Gamification ソリューションを削除してから、GamificationUpdater ソリューションを削除する必要があることに注意してください。 詳細については、優先順位の高いソリューションを削除するを参照してください。

Skype と Customer Engagement アプリの統合が廃止されています

2019 年 7 月より、Skype と Customer Engagement アプリの統合機能は廃止され、2021 年 7 月 31 日より後はサポートされなくなります。 Skype は 2021 年 7 月 31 日に廃止されます; 詳細情報: Skype for Business Online の廃止 - Microsoft Teams

Skype for Business に基づくプレゼンス表示は機能しなくなります。 この廃止には、ホバー カードのプレゼンス インジケーター、検索フィールド、およびグリッドの検索列が含まれます。 現在、Teams 経由でこれらの場所をサポートする計画があります。 それまでの間、プレゼンス表示はライブ パーソン カードに表示されます。

Teams の機能は、Skype for Business Online の機能をはるかに超えていますので、Microsoft Teams への移行を計画しましょう。 Teams は、Microsoft のエンタープライズ コミュニケーション ソリューションの次の章です。 Teams の機能の詳細については、Microsoft Teams の総合的経済の影響™ を参照してください。

モデル駆動型アプリの低密度ヘッダーは、2021 リリース ウェーブ 2 ではサポートされません

今後の 2021 リリース ウェーブ 2 (2021 年 8 月のパブリックプ レビューと 2021 年 10 月の GA) では、低密度ヘッダーオプションとランタイム体験はモデル駆動型アプリフォームではサポートされなくなります。

なぜこれが必要なのですか?

  • メーカーは低密度のヘッダーから離れ、使用量は少なくなっています。
  • 低密度ヘッダーは、高密度のエクスペリエンスを促進するものではなく、ユーザーは、小さいものから非常に広いものまで、ビュー ポート サイズ全体のすべてのコントロールに常にポップアップを使用する必要があります。

影響

"低密度" に構成されている現在のフォームは、自動的に更新されて、モデル駆動型アプリの ポップアップ付きの高密度 モードにレンダリングされます。 以下は、ポップアップ付きの高密度ヘッダーの例です:

高密度ヘッダーのヘッダー ポップアップ。

ユーザーによって求められるアクション

2021 年 10 月の期限に間に合うように、最新のフォーム デザイナーを使用して、フォームを低密度形式からポップアップ付き高密度モードに更新してください。 詳細情報: ヘッダー密度の構成

この変更を行わないと、フォームは実行時にこの設定に従いません。 また、既定でポップアップ付き高密度に設定されます。

モデル駆動型アプリのフォーム フッターは、2021 年リリース ウェーブ 2 ではサポートされません

今後の 2021 リリース ウェーブ 2 (2021 年 8 月の公開プレビューと 2021 年 10 月の GA) では、フォーム フッターはモデル駆動型アプリ フォームではサポートされなくなります。

なぜこれが必要なのですか?

  • フッターが、アクセシビリティに関する Microsoft Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0 のコンプライアンスに適合していません。
  • データ密度はフォーム フッターの影響を大きく受け、優れたカスタマー エクスペリエンスをサポートしません。 コントロールを発見することはできず、多数の顧客のユーザビリティ問題につながります。
  • メーカーはコントロールをフッターへ追加することはできなくなっており、現在のフォーム フッター エクスペリエンスでは、標準、カスタマイズに関わらず、他のコントロールの使用率が低くなっています。
  • Power Apps component framework を使用して作成されたコンポーネントは、フォーム フッターと完全に互換性がないため、フォーム フッターに追加すると使いやすさの問題が発生します。
  • フォーム フッターは、モバイル エクスペリエンス、またはビュー ページとダッシュボード ページには含まれていません。 この変更により、フォーム体験がモデル駆動型アプリの他のページと一致するようになります。

影響

レコードが開かれたときに、メイン フォームにフッターが含まれなくなります。 フォームフッターに追加されたすぐに使用できるコントロールやカスタムコントロールは使用できなくなります。不要になった場合はフィールドを削除するか、フィールドをヘッダーに移動して使用する必要があります。フライアウト付き高密度ヘッダーまたは、メインフォームに追加します。 推奨されるアプローチは、ユーザーが表示しているフォームタブに関係なく、ユーザーがアクセスする必要のあるフィールドをヘッダーに移動し、ポップアップ付き高密度ヘッダー を使用するように設定することです。 タブが 1 つしかない場合は、フォームの新しいセクションに移動することをお勧めします。

ユーザーによって求められるアクション

  • 2021 年 10 月の期限に間に合うように、フォーム フッターに追加されたフィールドまたはコントロールを、フォームのヘッダーまたはセクションに移動してください。
  • 何もしないと、追加したフッター フィールドまたはコントロールはフォームにレンダリングされなくなり、ユーザーは使用できなくなります。

現在フッターにある既成のフィールドは削除され、2021 年リリース ウェーブ 2 更新プログラムの一部としてフォームに含まれます。 そのため、状態、未保存の変更、または新しいウィンドウでフォームを開くオプションが失われることはありません。 保存 オプションはコマンドバーですでに使用可能であり、ユーザーには常に表示されます。

これらのタイプの変更は、現在フッターを使用している作成者にとって混乱を招く可能性があることを理解していますが、常にエクスペリエンスを評価しています。 これは、使いやすさを向上させ、アクセシビリティ要件をサポートし、ページ上で頻繁に使用されるフィールドとコントロールの検出性を向上させる最新のエクスペリエンスを提供するために行います。

モデル駆動型アプリ コントロールの非推奨 (2021 リリース サイクル 1)

今後の 2021 年リリース ウェーブ 1 (2021 年 2 月の公開プレビューおよび 2021 年 4 月の GA) により、モデル駆動型アプリの古いコントロールの一部は非推奨になります。 これらのコントロールには、フリップ スイッチ、カレンダー コントロール (V1)、線形スライダー、放射状ノブ、アーク ノブ、線形ゲージのほか、Web サイト プレビュー コントロール、MultiSelectPicklistControl (V1)、およびフリップ ラベル (2 つのラジオ ボタン フォーマット オプション) が含まれます。

なぜこれが必要なのですか?

  • これらのコントロールは古く、使いやすさとアクセシビリティに関する現在の標準に準拠していません。
  • たとえば、フリップ ラベル コントロールは使用目的を判断することが難しく、通常、ユーザーには "はい/いいえ" または "有効/無効" などを選択できるオプションが表示されないというフィードバックを受け取りました。

影響

  • 2021 年 4 月以降、これらのコントロールをフォームに追加することはできなくなりました。
  • フリップラベル コントロールのインスタンスでは、コントロールはドロップダウン コントロールに置き換えられます。
  • 他のすべてのコントロールについては、2022 年 4 月まで既存のフォーム内で引き続き機能します。

ユーザーによって求められるアクション

フォームやコントロールに他の変更を加えることはありません。 作成者は更新を行うようお勧めします。

  • フリップ ラベルとフリップ スイッチの代わりにトグル コントロールを使用します。
  • カレンダー コントロール (V1) の代わりにカレンダー コントロール (V2) を使用します。
  • その他の非推奨のコントロールを評価し、既存のフォーム内でまだ有効であるかどうかを判断します。

Microsoft Dynamics 365 E-mail Router は非推奨です

2018 年 7 月 17 日に電子メール ルーターは非推奨になりました。また、2021 年 4 月 12 日から機能しなくなります。 電子メール ルーターはまだ Dynamics 365 On-premises で機能する可能性がありますが、この構成はサポートされなくなりました。 すべての電子メールのルーティング機能を移行して、サーバー側同期を使用する必要があります。 サーバー側同期機能を使用するための電子メール ルーティング機能の移行については、Email Router からの設定をサーバー側同期に移行 を参照してください。

Windows 用の Microsoft Dynamics 365 アプリケーションは非推奨です

2021 年 4 月より、Customer Engagement アプリ (Dynamics 365 Sales、Dynamics 365 Customer Service、Dynamics 365 Marketing など) を実行するための Windows 用 Microsoft Dynamics 365 アプリ は廃止されました。

Microsoft は、Windows 用 Microsoft Dynamics 365 アプリのセキュリティおよびその他の重要な更新プログラムを 2021 年 1 月 29 日まで引き続き提供します。 アプリの他の機能はリリースされません。 2021 年 4 月 1 日の翌日以降、アプリは Microsoft Store から削除され、サポートが終了します。

Dynamics 365 Sales、Dynamics 365 Customer Service、Dynamics 365 Marketing などの Customer Engagement アプリを実行するには、できるだけ早く Web ブラウザーの使用を開始することをお勧めします。 Windows で実行して、Web アプリの継続的な改善を利用します。

モバイル オフライン用の組織データ ダウンロード フィルターは非推奨になりました

2021 年 2 月以降、モバイルをオフラインに設定するときにデータをフィルタリングする 組織データ ダウンロード フィルター オプションは廃止されました。 組織の準備を開始し、関連するデータ フィルターを 組織データのダウンロード フィルター から、ユーザーがオフライン モードで作業するときに使用できるデータを決定できるオフライン プロファイル オプションに移動することをお勧めします。 詳細については、Mobile Offline 同期の作成 を参照してください。 古いフィルター基準がオフライン プロファイルに移動されたら、組織データ ダウンロード フィルター で設定されたフィルターをクリアまたは削除できます。

TLS RSA 暗号スイートは非推奨です

2020 年 10 月 30 日より、次の暗号スイートは当社サーバーから非推奨になります。

  • "TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384"
  • "TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256”
  • "TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256”
  • "TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256”

暗号スイートは、メッセージを暗号化して、クライアント/サーバーと他のサーバー間のネットワーク接続を保護するために使用されます。 現在のセキュリティ プロトコルに準拠するため、上記の暗号スイートのリストを削除します。

2021 年 3 月 1 日以降、お客様は当社の 標準の暗号スイート のみを使用できます。 この変更は、サーバーと通信するクライアントとサーバーに影響します。たとえば、Microsoft Exchange server からのメールの同期、アウトバウンド プラグインの実行、ネイティブ (ローカル) クライアントを使用したサーバーへのアクセスなどです。

お客様は、2021 年 3 月 1 日までにサーバーをアップグレードする必要があります。 TLS 暗号スイートの注文の構成の詳細については、トランスポート層セキュリティ (TLS) の管理 を参照してください。

ケースを除くすべてのエンティティのドキュメント サジェスチョンは非推奨です

2020 年 10 月 20 日より、ドキュメント サジェスチョン機能は、ケース エンティティを除くすべてのエンティティで非推奨になりました。 ケース エンティティは、Dynamics 365 Customer Service で使用できます。 詳細: 関連するドキュメントを推奨するためドキュメント サジェスチョンを有効化します

Web クライアントの自動レコード作成ルールと SLA アイテムの廃止

2020 年 10 月 1 日以降、このこの自動レコード作成とルールおよびサービス レベル アグリーメント (SLA) の更新は、Web クライアントで非推奨となります。 詳細については、顧客サービスの廃止 を参照してください。

TimeZoneRule エンティティおよび TimeZoneDefinition エンティティの一部の属性の廃止

2020 年 9 月 24 日より、TimeZoneRule エンティティ、バイアス および TimeZoneDefinition エンティティの RetiredOrder の属性は廃止され、将来のリリースで削除されます。 すべてのクライアント側のタイム ゾーン計算には、LocalTimeFromUtcTime および Web API の UtcTimeFromLocalTime 機能または .NETFramework の TimeZoneInfo クラスを使用します。 詳細: ブログ: Microsoft Dataverse でのタイム ゾーン エンティティの廃止

オンライン管理 API PowerShell モジュールと REST API は非推奨になりました

2020 年 8 月 26 日より、オンライン管理 API PowerShell モジュールとその基になる オンライン管理 REST API は非推奨になります。 オンライン管理 API PowerShell モジュール は 2020 年 10 月に基盤となる新しい API に更新され、それ以上は更新されません。 Power Apps 管理モジュールを使用することをお勧めします。 詳細 :Power Apps 管理モジュールの使用を開始する

会社のニュースのタイムライン ソリューションの廃止

顧客に関連する情報を Bing ニュースから配信し、それを顧客アカウントを表示しているときにインラインで分類する会社のニュースのタイムライン ソリューションは、2020 年 7 月 10 日をもって廃止される予定です。 2020 年 9 月 10 日まで、Microsoft はこの機能のサポートを提供し続けますが、既存の機能以外の機能をリリースすることはありません。 2020 年 9 月 10 日以降、ソリューションをアンインストールする必要があります。これにより、アカウント レコード ページからニュース ウィジェットが削除されます。

  1. ソリューションを削除するには、詳細設定 に移動し、ソリューション を選択します。
  2. CompanyNewsTimeline を選択してから、削除 を選択します。

代わりに、ニュース Power Apps component framework コントロールをインストールできます。 詳細については、ニュース コントロールを設定して使用するを参照してください。

Dynamic 365 Sales ボットは非推奨です

2020 年 6 月 2 日から、Dynamics 365 Sales ボット、つまり、ユーザーが Teams 用 Dynamics 365 Sales アプリ内のボットを通して販売情報を取得できる機能は廃止されます。 2020 年 7 月 31 日まで Microsoft はこの機能のサポートを引き続き提供しますが、現在ある機能だけが対象で、他の機能はリリースしません。 2020 年 7 月 31 日以降、会話への応答を受信できなくなります。 新規顧客はボットを使用できません。既存の顧客は引き続きチャットからボットにアクセスできる場合がありますが、ボットは質問に応答しません。

ユーザーが情報を取得して管理できる強力なボット エクスペリエンスを提供することが私たちの目標です。 使用状況データとお客様からのフィードバックに基づいて、ボット インターフェースを介して、他のエンティティの中でも販売情報に直感的にアクセスして操作できるようにする、強力で拡張可能な一連の能力と機能に取り組んでいます。 利用できるようになる時期については、随時お知らせします。

Dynamics 365 Connector の廃止

2020 年 5 月 5 日より、データ統合、フロー、Azure Logic Apps、キャンバス アプリで使用される Dynamics 365 Connector は正式に非推奨になりました。 このコネクタを使用して新たに接続しないことをお勧めします。

影響

2022 年 10 月 31 日の時点で、このコネクタは、Windowsの Power Apps プレーヤーを使用した Power Automate フローとキャンバス アプリに対してシャットダウンされています。 すべてのフローとキャンバス アプリは、以下の推奨アクションごとの Microsoft Dataverse または Dataverse レガシー コネクタに移行されている必要があります。

2022 年 10 月 31 日の時点で、このコネクタは Logic Apps に対してシャットダウン中です。 すべての Logic Apps は、以下の推奨アクションごとに Microsoft Dataverse または Dataverse レガシ コネクタになるべく早く移行されている必要があります。

Dynamics 365 Connector を使用してデータ統合用の新しい接続を作成することはできません。 これらのコンポーネントについては、シャットダウンが進行中です。 Dynamics 365 Connector の仕様を以下のオプションでできるだけ早く置換することを推奨します。

以下の動作が観察されます

データ インテグレーター

  • 新しい統合を作成するために Dynamics 365 Connector を選択できません。
  • 既存の統合は編集できません。編集を試みる場合は、別のコネクタを選択する必要があります。

自動化

  • 新しいフローを作成するために Dynamics 365 Connector を選択できません。
  • 既存のフローは無効になります。

Logic Apps

  • 新しい Logic App を作成するために Dynamics 365 Connector を選択できません。
  • 既存の Logic Apps は引き続き実行されますが、できるだけ早く移行する必要があります。
  • 既存の Logic App を編集できるようになります。

キャンバス アプリ

  • キャンバス アプリ用の Windows Player は使用できなくなります。

ユーザーによって求められるアクション

Dynamics 365 Connector は Microsoft Dataverse コネクタで置換する必要があります。

  • Microsoft Dataverse – これは最新のコネクタであり、今後は Dataverse で使用できる唯一のコネクタになります。 すべての新機能、パフォーマンス作業、拡張機能を、このコネクタで利用できます。
  • Microsoft Dataverse (レガシ) – これは Microsoft Dataverse に対応した最後の世代のコネクタです。 これは完全に非推奨になるまで今後も動作します。 これは機能や拡張機能の更新を受信しません。

共通アクションのマッピング

Action Dynamics 365 Dataverse レガシ Microsoft Dataverse
トリガーの作成 レコードが作成されたとき (非推奨) 行の追加時 行が追加、変更、または削除された場合
トリガーの更新 レコードが更新されたとき (非推奨) 行の変更時 行が追加、変更、または削除された場合
削除トリガー レコードが削除されたとき (非推奨) 行の削除時 行が追加、変更、または削除された場合
アクションの作成 新しいレコードの作成 (非推奨) 新しい行を追加する (レガシ) 新しい行を追加する (プレビュー)
アクションの更新 レコードの更新 (非推奨) 行を更新する (レガシ) 行を更新する (プレビュー)
アクションの削除 レコードの削除 (非推奨) 行を削除する (レガシ) 行を削除する (プレビュー)
アクションの取得 レコードを取得する (非推奨) 行の取得 (レガシ) ID で行を取得する (プレビュー)
複数アクションの取得 レコードの一覧表示 (非推奨) 行の一覧 (レガシ) 行を一覧表示する (プレビュー)

データ インテグレーター

  • すべての新しい統合は Microsoft Dataverse (レガシ) コネクタで作成する必要があります。
  • Dynamics 365 Connector は Microsoft Dataverse (レガシ) コネクタで置換する必要があります。 Microsoft Dataverse コネクタは、まだ使用できません。
  • データ統合は、Dataverse (レガシ) コネクタを使用してデータ インテグレーターで再作成してから、設定を完了する必要があります。

自動化

  • すべての新しいフローは Microsoft Dataverse (レガシ) コネクタで作成する必要があります。
  • Dataverse (レガシ) コネクタまたは Microsoft Dataverse コネクタを使用するフローを、Dynamics 365 Connector を使用するように再作成する必要があります。

場合によっては、ユーザーは移行ツールを使用して Dynamics 365 Connector から Microsoft Dataverse コネクタに移行します。 ツールは、各フローの詳細ページの Power Apps (make.powerapps.com) にあります。 フロー チェッカーに、"このフローを最新の Microsoft Dataverse コネクタに移行してください" というメッセージが表示されます。 そこから Migration Assistant を開くことができます。 完了すると、フローは Microsoft Dataverse コネクタを使用します。

これは、フローが古い形式でない限り

  • あなたのフローに移行されるはずです。 これを確認するために、顧客はフローを編集する時に Microsoft Dataverse コネクタが検索可能かどうかを確認できます。 2020 年 6 月より前に作成されたほとんどのフローは、古い形式です。

  • フローには、現在の環境以外の環境に接続するレガシ アクションがあります。

  • フローが上記のいずれかのカテゴリに該当する場合、または移行が失敗した場合は、Dataverse レガシ Microsoft Dataverse (レガシー) コネクタを使って、手動でフローを再度作成する必要があります。

Logic Apps

  • すべての新しい Logic Apps は Microsoft Dataverse (レガシ) コネクタで作成する必要があります。 2022 年夏には、Microsoft Dataverse コネクタが利用可能になり、使用する必要があります。
  • Dynamics 365 connector を使用する Logic Apps が、Microsoft Dataverse コネクタが利用可能になるまでは Microsoft Dataverse (レガシ) への移行に推奨されています。
  • Logic Apps は、Dataverse (レガシー) コネクタ/Dataverse コネクタを使用するか、編集して Dynamics 365 Connector を Dataverse (レガシー) コネクタ/Dataverse コネクタに変更するために編集し、すべてのトリガーとアクションを検証するために再作成する必要があります。
  • Microsoft Dataverse コネクタが 2022 年の夏に利用可能になると、ユーザーは Microsoft Dataverse コネクタへと移行することができます。

キャンバス アプリ

  • Power Apps プレーヤーを使用して Windowsで Power Apps を起動する場合は、Windows 向け Power Apps に切り替える必要があります。

AI Builder のテキスト分類モデルは非推奨になりました

2020 年 4 月 24 日より、この日付より前に AI Builder を使用して作成したテキスト分類モデルは非推奨になります。 2020 年 5 月 15 日までは、これらモデルは引き続き機能し、Microsoft はサポートを継続しますが、一部の機能が無効になる場合があります。 2020 年 5 月 15 日以降、これらのモデルは機能しなくなります。

2020 年 4 月 24 日からは、既存のテキスト分類モデルを新しいモデル バージョンで再作成する必要があります。 この日付以降に作成されたモデルは自動的に新しいモデル バージョンを使用し、それ以上のアクションは不要です。

2020 年 4 月 24 日以降は、できるだけ早く新しいモデル バージョンに移行することを推奨します。

Dynamic 365 for Outlook は廃止予定です

2020 年 3 月より、レガシー Dynamics 365 for Outlook (Outlook COM アドインとも呼ばれた) は廃止され、顧客エンゲージメント アプリ (Dynamics 365 Sales、Customer Service、Marketing、および Field Service) では使用できなくなりました。 代わりに、最新の Dynamics 365 App for Outlook を使用します。

Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) ユーザーはレガシー Dynamics 365 for Outlook の使用を継続できます。 ただし、できるだけ早く最新の Dynamics 365 App for Outlook に移行することをお勧めします。 移行を円滑に行うための情報と手順については、Dynamics 365 for Outlook (COM アドイン) プレイブックをダウンロードしてください。

Dynamics 365 Home は廃止予定です

2020 年 3 月より、Dynamics 365 アプリケーションのホームページ (https://home.dynamics.com) は非推奨であり、2021 年 6 月 30 日以降は利用できなくなります。 Microsoft 365 アプリのページ (https://www.office.com/apps) を置き換え、生産性とビジネス アプリケーションのための単一のページをユーザーに提供します。

Dynamics 365 ホーム ユーザーには、2020 年 10 月 1 日より、新しい場所に関する通知およびブラウザーのブックマークを変更するための推奨事項が表示されます。 2021 年 6 月 30 日以降、ユーザーは Office 365 アプリケーション リストまたは Office 365 アプリケーション ランチャーから https://home.dynamics.com に移動できなくなります。 2021 年 6 月以降は、https://home.dynamics.com に移動するユーザーにエラー ページが表示されます。

詳細: https://aka.ms/business-apps-discovery-docs

AI Builder のフォーム処理とオブジェクト検出のプレビュー モデルは非推奨です

2020 年 3 月 5 日より、それ以前に AI Builder を使用して作成したフォーム処理とオブジェクト検出のモデルは、すべて非推奨になります。 2020 年 6 月 8 日まで、これらのモデルは引き続き機能し、Microsoft はサポートを継続しますが、一部の機能が無効になる場合があります。 2020 年 6 月 8 日以降、これらのモデルは機能しなくなります。

2020 年 3 月 5 日から、お客様は既存のフォーム処理モデルと物体検出モデルを新しいモデル バージョンで再作成する必要があります。 この日付以降に作成されたモデルは自動的に新しいモデル バージョンを使用し、それ以上のアクションは不要です。

2020 年 3 月 5 日以降、お客様はできるだけ早く新しいモデル バージョンに移行することをお勧めします。

詳細:

以前の Dataverse 環境 URL リダイレクタ サービスは廃止されました

初回または前回のセッションからサインアウトした後で毎回 Dataverse 環境にアクセスすると、Azure AD にサインインするように指示されます。 サインイン ページ URL には、URL リダイレクタ サービスへのリンクを含む内部値/コードのセットが含まれています。 ログインに成功すると、URL リダイレクタ サービスは、Dataverse 環境に移動します。

以前の URL リダイレクタ サービスである cloudredirector.crm.dynamics.com は、2019 年 9 月に新しいサービス bn1--namcrlivesg614.crm.dynamics.com (ほんの一例; URLは環境の地域によって異なります) に置き換えられました。 以前の URL リダイレクタ サービスは廃止され、2020 年 3 月 31 日 で削除されます。

この変更は、以前の URL リダイレクタ サービスへのリンクを含む 2019 年 9 月以前にサインイン ページのブックマークを作成した場合に影響します。 この変更の影響を受けるユーザーには、2020 年 2 月 17 日から、問題を解決するための手順が通知されます。 この問題の詳細と解決方法については、https://support.microsoft.com/help/4541747 を参照してください。

Dataverse に接続するための Office365 認証の種類と OrganizationServiceProxy クラスの廃止

2020 年 2 月 4 日以降、カスタム クライアントが Dataverse に接続するために使用する WS-Trust 認証タイプは非推奨となります。 この変更は、認証タイプ 「Office365」 に Microsoft.Xrm.Sdk.Client.OrganizationServiceProxy クラスと Microsoft.Xrm.Tooling.Connector.CrmServiceClient クラスを利用しているアプリケーションに影響します。

現在の暗号化標準では本質的に安全ではないセキュリティ プロトコル (WS-Trust) を削除するために、この変更を行っています。 Microsoft は、ログイン プロセスの利便性のためにこの認証タイプを使用することを選択したユーザーを保護するために懸命に取り組んできましたが、Microsoft のセキュリティおよび ID 保護システムに対する懸念が高まっています。 WS-Trust セキュリティ プロトコルは、ユーザー アカウントとパスワードと組み合わせて使用した際に、トークン サービスが使用する認証トークンを返すまで、トランスポート暗号化のみに依存して認証の最初のレグにセキュリティを提供することで、認証のリソースにユーザー ID とパスワードの両方を 'クリアテキスト' 形式で提示する認証フローを実装します。 さらに、WS-Trust プロトコルは、顧客データに対する多要素認証および条件付きアクセス制御の最新形式をサポートしていません。

この変更の目的は、開発者をこの認証フローから遠ざけ、アプリケーション開発者が Azure Active Directory の機能を利用して、Dataverse のアプリケーションと顧客へのアクセスを保護できるようにすることです。

顧客およびパートナー アプリケーションの移行を可能にするには:

  • 2020年10月以降は、認証プロトコルがすべての新規テナントで廃止されます。
  • 2020 年 10 月より、認証プロトコルはすべての新しい 地域 で使用できなくなります。
  • 2021 年 4 月以降は 1、認証プロトコルは、テナント内のすべての新規環境で廃止されます。
  • 2022年4月以降は、認証プロトコルは、テナント内のすべての新規、および既存の環境では廃止されます。

1新しい環境の廃止は 2021 年 4 月 1 日に始まり、6 週間以内にすべての地域で段階的に展開されます。

詳細: WS-Trust セキュリティ プロトコルを使用した Office365 認証の運用

地域の探索サービスは廃止されました

2020 年 3 月 2 日より、地域検出サービス は廃止されました。 Microsoft は、地域 の探索サービスへのサポート、セキュリティ、およびその他の重要な更新を引き続き提供しますが、すでに発表されている以外の機能はリリースされません。 2021 年 4 月 21 日以降は、地域 の探索サービスはシャットダウンされます。

顧客は、アプリケーションへの影響を回避するため、2021 年 4 月 21 日以前に グローバル OData V4 探索サービス に移行する必要があります。 詳細: グローバル探索サービスを使用するようにコードを変更します

レガシ Web クライアントの廃止

2019 年 9 月の時点で、レガシー Web クライアントは廃止されました。 2020 年 12 月 4 日までに統一インターフェイスに移行する必要があります。 Microsoft は、2020 年 12 月 4 日までサポート、セキュリティ、およびその他の重要な更新をレガシ Web クライアントに引き続き提供しますが、すでに発表されている以外の機能はリリースされません。

2020 年 12 月 4 日をもって、レガシー Web クライアントは利用できなくなります。 組織は、信頼性、パフォーマンス、機能に対する Microsoft の継続的な投資を活用するために、できるだけ早く統一インターフェイスに移行する必要があります。

今後数ヶ月の間は、移行が完了していないお客様に向けて、2020 年 12 月 4 日までに統一インターフェイスに移行するにあたってのリマインダーとスケジュールの更新をお送りします。 簡単に移行するための詳細と手順については、以下を参照してください。

タスク フローの非推奨

タスク フロー は、アフター ミーティングのフォローアップなどの一般的なタスクに向けた段階的データ入力フォームの作成に使用されます。

タスク フローは廃止され、2021 年 10 月 1 日までに削除されます。 ユーザーは、リリースの計画が行われたビジネス プロセス フローのイマーシブなエクスペリエンスに置き換えられます。 詳細: ビジネス プロセス フローのイマーシブ エクスペリエンス

ダイアログの廃止プロセス

ダイアログを使用して、開始および完了まで実行するためにユーザー入力を必要とする対話型の段階的なデータ入力フォームを作成できます。 ダイアログ プロセスを開始すると、ウィザード風のインターフェイスが表示されます。ユーザーは、ウィザードを 1 ページずつ進みながら選択またはデータ入力を行います。

プロセス ダイアログは廃止され、2020 年 12 月 1 日までに削除されます。 推奨の置換オプションは、ビジネス プロセス フローまたはキャンバス アプリが含まれます。 詳細: ダイアログから業務プロセス フローまたはキャンバス アプリへの置き換え

ビジネス プロセス フローで有効なエンティティのレガシ プロセス関連属性 (StageId、および TraversedPath など) は削除されています。 また、業務プロセス フローの SetProcess​ アクションも廃止されました。 ターゲットのエンティティ レコードに対してこのようなレガシプロセス関連の属性を操作すると、ビジネス プロセス フローの状態の一貫性を保証できません。また、サポートされるシナリオではありません。 業務プロセス フロー エンティティの属性を使用することをお勧めします。 詳細情報: 業務プロセス フロー エンティティ レコードの作成、取得、更新、削除

一部のクライアント API の廃止

以下のクライアント API は廃止されます。これは、Xrm クライアント オブジェクト モデルを再編成して、実行されるコンテキストやクライアント (Web クライアントまたは新しい統一インターフェイス) に応じてクライアント スクリプトを変更しなくても同じクライアント スクリプトを使用できるようにするためです。 廃止されるクライアント API の代わりに、置換先のクライアント API 列に示された新しいクライアント API を使用することを計画してください。 廃止されるクライアント API は、今後のメジャー リリースから公式に削除されるまで引き続き利用でき、サポートされます。 公表は、この文書、Dynamics 365 ブログ、および他の多くの場所で、削除の少なくとも 6 ヶ月前に行われます。

廃止されるクライアント API 置換先のクライアント API コメント
Xrm.Page フォーム: ExecutionContext.getFormContext
コマンド: PrimaryControl パラメーターとして送信します
既存スクリプトとの下位互換性を維持するため、プライマリ フォーム コンテキストへの静的アクセスとしての Xrm.Page オブジェクトの使用が引き続きサポートされています。 Xrm.Page は、フィードバックによりその使用率の高さが確認されているため、このセクションに記載されているその他のクライアント API メソッドのようにすぐに削除されることはありません。 可能な限り、フォーム コンテンツを取得する新しいメソッドを使用することをお勧めします。 詳細: クライアント API フォーム コンテキスト
Xrm.Page は廃止されましたが、フォームに埋め込まれた HTML Web リソースの場合には、parent.Xrm.Page を引き続き使用できます。これは HTML Web リソースからフォーム コンテキストにアクセスする唯一の方法です。
Xrm.Page.context Xrm.Utility.getGlobalContext フォーム コンテキストを使用せずに、グローバル コンテキストにアクセスできます。
Xrm.Page.context.getQueryStringParameters formContext.data.attributes formContext.data.attributes API は、エンティティにバインドされていないデータの取得をエンティティ フォーム、メタデータ駆動型ダイアログ、およびタスクベース フロー間で一貫して行えるようにします。 データは、クエリ文字列を使用して送信されたカスタム値と、openForm メソッドのパラメーターで指定された値の組み合わせになります。
Xrm.Page.context.getTimeZoneOffsetMinutes globalContext.userSettings.getTimeZoneOffsetMinutes globalContext.userSettings に移動
Xrm.Page.context.getUserId globalContext.userSettings.userId globalContext.userSettings に移動
Xrm.Page.context.getUserLcid globalContext.userSettings.languageId globalContext.userSettings に移動
Xrm.Page.context.getUserName globalContext.userSettings.userName globalContext.userSettings に移動
Xrm.Page.context.getUserRoles globalContext.userSettings.securityRoles globalContext.userSettings に移動
Xrm.Page.context.getIsAutoSaveEnabled globalContext.organizationSettings.isAutoSaveEnabled globalContext.organizationSettings に移動
Xrm.Page.context.getOrgLcid globalContext.organizationSettings.languageId globalContext.organizationSettings に移動
Xrm.Page.context.getOrgUniqueName globalContext.organizationSettings.uniqueName globalContext.organizationSettings に移動
Xrm.Page.data.entity.getDataXml メソッドに変更はありませんが、検索属性として type の代わりに "typename" を使用します。
GridRow.getData GridRow.data GridRow は、基本的にはフォーム コンテンツです。 この変更により、GridRow のインターフェイスが formContext と統合されます。
GridRowData.getEntity GridRowData.entity GridRowData はフォーム データです。 この変更により、GridRowData のインターフェイスが formContextData と統合されます。
Xrm.Mobile.offline Xrm.WebApi.offline オフライン関連のメソッドが Xrm.WebApi.offline の下に移動されました
parent.Xrm 次のいずれかを使用します:

a) HTML Web リソースの代わりに Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用します。

b) フォームで、Web リソース コントロールの getContentWindow メソッドを使用します。

c) getContentWindow メソッドが機能しないの場合は、parent.Xrm を使用して HTML Web リソース内の Xrm オブジェクトにアクセスできます。 HTML Web リソースが新しいウィンドウで開いた場合は、代わりに opener.Xrm を使用してください。
以前: HTML Web リソースは、parent.Xrm.Page または parent.Xrm.Utility を使用してフォーム内の Xrm.Page または Xrm.Utility オブジェクトと対話できました。

現在: parent.Xrm.* は、HTML Web リソースがフォーム コンテナーに読み込まれた場合にのみ機能します。 スタンドアロンの HTML Web リソース、またはサイト マップやその他の場所から参照されている HTML Web リソースに対しては機能しません。
addOnKeyPress Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用する
fireOnKeyPress Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用する
removeOnKeyPress Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用する
showAutoComplete Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用する
hideAutoComplete Power Apps component framework で作成されたカスタム コントロールを使用する
Xrm.Utility.alertDialog Xrm.Navigation.openAlertDialog 新しい署名は他の API (openForm) と一貫性があり、柔軟性のための新しいパラメーター セットを取得します。
Xrm.Utility.confirmDialog Xrm.Navigation.openConfirmDialog 新しい署名は他の API (openForm) と一貫性があり、柔軟性のための新しいパラメーター セットを取得します。
Xrm.Utility.getBarcodeValue Xrm.Device.getBarcodeValue デバイス関連のアクションを Xrm.Device に移動する
Xrm.Utility.getCurrentPosition Xrm.Device.getCurrentPosition デバイス関連のアクションを Xrm.Device に移動する
Xrm.Utility.isActivityType Xrm.Utility.getEntityMetadata isActivityType メソッドは同期メソッドなので、リボン ルールに適していました。 ただし、交換メソッドの getEntityMetadata は非同期であり、リボン ルールには適していません。
Xrm.Utility.openEntityForm Xrm.Navigation.openForm ナビゲーション操作を Xrm.Navigation に移動
Xrm.Utility.openQuickCreate Xrm.Navigation.openForm ナビゲーション操作を Xrm.Navigation に移動
Xrm.Utility.openWebResource Xrm.Navigation.openWebResource ナビゲーション操作を Xrm.Navigation に移動
メモ: この API は統一インターフェイスで VOID を返します。
globalContext.organizationSettings.baseCurrencyId globalContext.organizationSettings.baseCurrency 置換メソッドを使用すると、取引通貨の ID とともに表示名にアクセスできます。
globalContext.userSettings.securityRoles globalContext.userSettings.roles 置換メソッドを使用すると、セキュリティ ロールの ID とともに表示名にアクセスできます。
globalContext.userSettings.transactionCurrencyId globalContext.userSettings.transactionCurrency 置換メソッドを使用すると、取引通貨の ID とともに表示名にアクセスできます。
Silverlight Web リソース用 getDatasetData なし Silverlight はサポートされなくなりました。 これらのメソッドは、2020 年 10 月以降は使用できません。
formContext.data.entity.save formContext.data.save
getObject getContentWindow

新しいクライアント API については、JavaScript を使用したモデル駆動型アプリのクライアント スクリプト使用したビジネス ロジックを適用 を参照してください

EntityMetadata.IsInteractionCentricEnabled プロパティの廃止

統一インターフェイスでサポートされているすべてのエンティティが、新しい顧客サービス ハブ アプリの対話型エクスペリエンスに対して有効化されました。 これは、対話型エクスペリエンスに対してエンティティを有効化できるかどうかを示す EntityMetadata.IsInteractionCentricEnabled プロパティが不要になることを意味します。 カスタマイズ ツール、対話型エクスペリエンスの有効化 にて、このプロパティに対応する設定は削除されています。EntityMetadata.IsInteractionCentricEnabled プロパティは今後のバージョンから削除される予定です。

お客様の声の廃止

お客様の声のソリューションは、フィードバックを収集するための調査を作成および送信に使用されています。

2019 年 7 月 1 日の時点で、お客の声のソリューションは削除されます。 ユーザーは、2020 年 7 月 1 日まで、新しい調査を作成して実施し、ライブ調査から回答を収集できます。

新しいソリューション Dynamics 365 Customer Voice では、調査を使用して顧客のフィードバックを一般的に収集できるようになります。 顧客は Customer Voice の詳細について、こちら を参照できます。

Dynamics 365 for Blackberry の廃止

2018 年 12 年 3 日の時点で、Microsoft Dynamics 365 for Blackberry App は廃止されており、2019 年 10 月 31 日に iOS アプリ ストアから削除されます。 モバイル アプリは、現在 iOS アプリ ストアで利用可能で、Blackberry Mobile Application Management Dynamics を利用する Dynamics 365 の顧客向けに設計されています。 Dynamics 365 for Blackberry アプリについては、Microsoft Dynamics 365 for Good でモバイル データを確保 を参照してください。 2019 年 10 月 31 日後、Microsoft Intune が電話アプリ用 Dynamics 365 でサポートされる唯一のモバイル アプリケーション管理のソリューションとなります。

Microsoft は、2019 年 10 月 31 日までセキュリティおよびその他の重要な更新を Dynamics 365 for Blackberry アプリ に引き続き提供しますが、すでに発表されている以外の機能はリリースされません。 2019 年 10 月 31 日以降、Dynamics 365 for Blackberry アプリはアプリ ストアから削除され、サポートは終了します。

何をすべきですか

現在 Blackberry の Mobile Application Management とともに Dynamics 365 for Blackberry アプリを使用している場合、2019 年 10 月 31 日までに電話用 Dynamics 365 に移行する計画を立ててください。 Dynamics 365 モバイルアプリの信頼性、パフォーマンス、機能性に対する Microsoft の継続的な投資を活用するために、できるだけ早く移行することを推奨します。

ナレッジ マネージメント ソリューションとして Parature knowledgebase の使用は、廃止されます。

ナレッジ マネージメント ソリューションとして Parature knowledgebase の使用は廃止 この機能は、Dynamics 365 Customer Service のナレッジ マネージメント機能に置き換えられます。

Pasture への接続を提供する サポート情報管理設定 ダイアログ ボックスの サポート情報ソリューション 設定は、今後のメジャー リリースでは削除される予定です。

サポート情報管理設定のダイアログ。

Project Service Finder アプリの廃止

Dynamics 365 Project Service Automation で使用可能な Project Service Finder アプリは、非推奨です。 レガシー アプリケーションは、関連するレガシー Project Service Automation のリリースに対して、Microsoft のモダン ライフサイクル ポリシー に従ってサポートされます。 このアプリで提供されている機能は、Dynamics 365 Project Service Automation アプリケーションの今後のリリースにおいて利用可能です。

リレーションシップ ロールの廃止

リレーションシップ ロール (設定 > ビジネス管理 > リレーションシップ ロール) は、ユーザー インターフェイス コンポーネントと共に非推奨になっています。 これらは、今後のメジャー リリースで削除される予定です。 この機能は つながりロール で置き換えられます。 詳細については、 接続を作成し、レコード間の関連付けを表示する を参照してください。

差し込み印刷の廃止

Dynamics CRM 2016 (バージョン 8.0) では、Word と Excel テンプレートを使用したサーバー側ドキュメント生成が導入されました。 これらのテンプレートを使用して、標準化された文書またはカスタマイズされたデータ解析を組織に提供できます。

以前のバージョンからの差し込み印刷は廃止されます。 これには、差し込み印刷 Word アドインと、差し込み印刷テンプレート (設定 > テンプレート > 差し込み印刷テンプレート) が含まれます。

詳細: Word と Excel テンプレートを作成

お知らせの廃止

お知らせ (設定 > 管理者 > お知らせ) は廃止され、今後のメジャー リリースで削除される予定です。

[既製のビジネス プロセスの追加] 設定から利用できる既製のビジネス プロセスの廃止

既製のビジネス プロセス設定の追加より利用可能な既製のビジネス プロセス (設定 > データ管理 > 既製のビジネス プロセスの追加) は廃止され、今後のメジャー リリースで削除される予定です。 既製のビジネス プロセスは Microsoft AppSource で入手できます。

Silverlight (XAP) Web リソースの廃止

Silverlight (XAP) Web リソースは Web クライアントでは非推奨であり、統一インターフェイスではサポートされていません。 データをビジュアル化してデータと対話する UI コンポーネントを作成する場合は、Silverlight Web リソースの代わりに、HTML5 で HTML Web リソースを使用して作成されたカスタム コントロールを使用してください。

キャンバス アプリ

キャンバス アプリで予定されている重要な変更と非推奨 を参照してください。

Power Apps ポータル

Power Apps ポータルでの今後の重要な変更 を参照してください。

その他の非推奨に関する記事

Dynamics 365 Sales の非推奨機能
Dynamics 365 Customer Service の非推奨の機能
Dynamics 365 Field Service の非推奨の機能
Universal Resource Scheduling の非推奨の機能
財務と運用アプリの廃止済みまたは非推奨の機能

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。