Microsoft Teams の開発者向けの新機能

一般公開Microsoft Teams プラットフォーム機能 (GA) について説明します。 RSS フィードの ダウンロード フィードをサブスクライブすることで、最新の Teams プラットフォームの更新プログラムを取得できるようになりました。 詳細については、「RSS フィードの構成」を参照してください。

一般公開

すべてのアプリ開発者が利用できる Teams プラットフォーム機能。

2022 年 11 月


2022
Date Update ここで検索
10/27/2022 Teams 用ワークフロー ボットの概要。 ツールと SDK > Teams ツールキット > Teams ツールキットを使用してアプリ>を作成する Teams アプリを開発する マルチ機能アプリ>>の作成 Teams ワークフロー ボットを作成する
10/26/2022 会議参加者がリアルタイムでドキュメントに署名できるようにするための会議内アプリを構築します。 Teams 会議用のアプリをビルドし、Teams > 会議のアプリを有効にして構成する Teams 会議>ステージ用アプリを構築する
10/19/2022 TEAMS 用開発者ポータルが GCC テナントで使用できるようになりました。 Teams 用ツールと SDK > 開発者ポータルの >概要
10/13/2022 NavBar を構成し、複数のアクションのオーバーフロー メニューを作成します。 アプリのアプリ機能個人用アプリ>を設計する>
10/13/2022 アプリの [戻る] ボタンを構成します。 アプリのアプリ機能個人用アプリ>を設計する>
10/12/2022 アプリは、インスタント会議、1 対 1、およびグループ通話でサポートされます。 Teams 会議と通話>用のアプリを構築する概要
10/12/2022 Live Share キャンバス Teams 会議用のアプリを構築し、Live Share >Canvas との拡張コラボレーションを呼び出す>
09/29/2022 Teams モバイル アプリで、ローカル デバイスへのファイルダウンロードがサポートされるようになりました。 デバイス機能を>統合する メディア機能を>統合する Teams モバイルでのファイルのダウンロード
09/16/2022 検索ベースのメッセージ拡張機能のアダプティブ カードでユニバーサル アクションがサポートされるようになりました。 メッセージ拡張機能 > のビルド 検索コマンド >検索ベースのメッセージ拡張機能のユニバーサル アクション
09/06/2022 API を使用してカメラを使用してビデオをキャプチャするためのコード スニペットを selectMedia 導入しました。 デバイス機能の>統合 メディア機能の>統合 コード スニペット
08/09/2022 Visual Studio 2022 用 Teams ツールキットが導入されました Visual Studio 用ツールと SDK > Teams Toolkit Visual Studio >用 Teams ツールキットの概要
08/03/2022 個人用アプリまたはタブから Teams に共有する 個人用アプリまたはタブから Teams > 共有と Teams> 共有を Teams に統合する
08/03/2022 会議後のシナリオで会議のトランスクリプトを取得する機能が追加されました。 Teams 会議と通話 > 用のアプリを構築する Graph API を使用して会議のトランスクリプトを取得する >概要
08/03/2022 Web アプリからの [Teams で共有] のリンク展開 Teams Share と Teams > 共有を Web アプリから Teams> に統合する
08/01/2022 注意: 開発者ポータルは GA になり、App Studio は 2022 年 8 月 1 日から非推奨になりました。 Teams 用のツールと SDK >開発者ポータル
2022 年 7 月 28 日 Teams の表示画像と連絡先カードを会議内通知用に追加する Teams 会議用のアプリをビルドし、Teams > 会議のアプリを有効にして構成する Teams 会議の会議の会議内通知を>作成する
2022 年 7 月 28 日 Teams で共有チャネルを作成にする Teams 会議用のアプリを構築し、共有チャネルを呼び出す>
2022 年 7 月 28 日 アプリ マニフェスト バージョン 1.14 が導入されました Teams のアプリ マニフェスト >アプリ マニフェスト スキーマ
2022 年 7 月 26 日 ボットに推奨されるアクション ボットの構築 ボットの>会話 ボットの>会話のメッセージ
07/21/2022 アクティビティ フィード通知を送信するためのステップ バイ ステップ ガイドを導入しました アプリ>の UI コンポーネント>を設計する アクティビティ フィード通知 アクティビティ フィード通知を送信する>
07/08/2022 アプリのインストール中にユーザーが選択したチャネル ID を会話とインストール更新イベントを介してボットに送信する更新 Teams ボットでボットの>>会話会話イベントを作成する Teams ボット>の会話イベント
2022/6/16 デスクトップとモバイルをサポートするようにメディア機能を更新しました デバイス機能の>統合 メディア機能を統合する
06/08/2022 成功メッセージに関するオプションのカード フィードバック ボットの構築 ボットの>会話 ボットの>会話のメッセージ
06/03/2022 新しい構造と手順でタブ アプリの SSO を有効にするための認証モジュールの追加を更新しました [認証 > の追加] タブ >タブ アプリでシングル サインオンを有効にする
05/24/2022 SaaS オファーにリンクされたアプリを公開するための迅速な承認に関するその他のヒント Teams ストア > に発行する概要 >SaaS オファーにリンクされたアプリを公開するための迅速な承認のためのその他のヒント
05/24/2022 Outlook と Office が有効なアプリを Teams ストアに送信する Microsoft 365 >の概要全体でアプリを拡張する
05/24/2022 TeamsJS バージョン 2.0.0 のアプリ ガイダンスと新機能 ツールと SDK >Teams JavaScript クライアント SDK
05/24/2022 Visual Studio Code 用 Teams Toolkit バージョン 4.0.0 の一般提供開始 Visual Studio Code 用のツールと SDK > Teams ツールキット >
Teams ツールキットの概要
Build コマンド ボットと JavaScript
JavaScript を使用した通知ボットのビルド
Teams アプリ マニフェストのプレビューとカスタマイズ
既存の API に接続します
Teams アプリに機能を追加する
シングル サインオン エクスペリエンスを追加する
Teams アプリにクラウド リソースを追加する
05/24/2022 アプリ マニフェスト バージョン 1.13 が導入されました Microsoft Teams のアプリ マニフェスト > マニフェスト スキーマ
5/24/2022 GCC と GCCH のボットとメッセージ拡張機能 • アプリ>の計画の概要
• ボットのビルドの概要
• メッセージ拡張機能の>ビルドの概要>
04/26/2022 ボットを使用した個人用アプリのアンインストール動作 ボットの会話を>構築する ボットを使用して個人用アプリの動作更新プログラムをアンインストールする>
04/22/2022 収益化されたアプリのテスト プレビュー アプリを収益化する 収益化されたアプリ>のテスト プレビュー
04/22/2022 アプリの収益化のためのアプリ内購入フロー アプリ >内購入を収益化する
2022/04/28 アプリ検証エラーの一般的な理由 アプリ>の発行を Teams ストア>に配布する アプリ検証エラーの一般的な理由
04/20/2022 CI/CD パイプラインを設定する Visual Studio Code > 用のツールと SDK > Teams ツールキット CI/CD パイプラインを設定する
04/19/2022 Microsoft Teams でアプリをアップロードする アプリを配布する アプリ >をアップロードする
04/01/2022 Teams ボットを作成するためのステップバイステップのガイドを導入しました ボットの構築 ボットの>>会話 チャネルとグループの>会話 Teams 会話ボットを作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
03/30/2022 タブとボットを使用した Blazor アプリの [使用を開始するモジュール] の更新 >Blazor を使用して初めてのアプリをビルドする
03/30/2022 ブラウザーのデバイスのアクセス許可 デバイス機能を>統合する ブラウザーのデバイスのアクセス許可
03/29/2022 ユーザー ピッカーを統合する Teams > 統合Peopleピッカーとの統合
03/23/2022 ボットを使用して Teams でリンクを展開するためのステップ バイ ステップ ガイドを導入しました メッセージ拡張機能>をビルドする ボットを使用して Teams でリンクの展開>を解除するリンクを追加する
03/22/2022 デバッグ プロセスに関する情報を追加しました • ツールと SDK> Teams Toolkit for Visual Studio Code > で Teams アプリをローカルで
デバッグする • ツールと SDK> Teams Toolkit for Visual Studio Code >デバッグのバックグラウンド プロセス
03/14/2022 Microsoft Teams でコネクタを構築してテストするためのステップバイステップ ガイドを導入しました。 Webhook とコネクタをビルドする > Office 365 コネクタの作成 Teams コネクタを>ビルドする
03/10/2022 Moodle LMS および Microsoft 365 プラグインに関する情報を追加しました Teams > Moodle LMS >Moodle 学習管理システムとの統合
03/03/2022 外部 OAuth プロバイダーを使用して認証を追加する方法 認証>タブの>追加 外部 OAuth プロバイダーを使用する
02/25/2022 Teams でタスク モジュールを呼び出すステップ バイ ステップ ガイドを導入しました カードとタスク モジュールの>ビルド タスク モジュールの>構築 ボットのタスク モジュールを使用 Teams からタスク モジュールを>呼び出す
02/24/2022 アクション ベースのメッセージ拡張機能を構築するためのステップ バイ ステップ ガイドを導入しました メッセージ拡張機能 > のビルド アクション コマンド > アクション コマンド >を定義する アクション ベースのメッセージ拡張機能をビルドする
02/24/2022 検索ベースのメッセージ拡張機能を構築するためのステップ バイ ステップ ガイドが導入されました メッセージ拡張機能>のビルド 検索コマンド 検索コマンド>>の定義 検索ベースのメッセージ拡張機能の構築
02/24/2022 送信 Webhook を作成するためのステップバイステップ ガイドを導入しました Webhook とコネクタの > 構築 送信 Webhook の >作成 送信 Webhook の作成
02/23/2022 Microsoft Teams ストアのランク付けパラメーター Teams ストアのランク付けパラメーター Microsoft Teams ストア>にアプリ>の発行を配布する
02/18/2022 用語に関する定義をすばやく見つけるのに役立つ、Microsoft Teams 開発者ドキュメントの広範な用語集を導入しました 用語集
02/18/2022 Teams アプリを組織の目標、ユーザー ストーリーにマッピングし、Teams アプリの機能を検索するための概要モジュールを更新しました 適合する Teams アプリの概要>
02/18/2022 ユース ケースの Teams 機能へのマッピングとアプリ計画チェックリストを含めるために、[アプリの基礎] モジュールを [アプリの計画] に更新しました アプリ>概要を計画する
02/17/2022 アプリを送信した後、何を期待しますか? アプリ>を配布する Teams ストア>への発行の概要
2022/02/15 ボットから Teams にファイルをアップロードする方法のステップバイステップ ガイドが導入されました ボットのビルド ファイル>の>送受信ボットから Teams にファイルをアップロードする手順ガイド
02/11/2022 共有会議ステージ • Teams 会議>用アプリのビルド 共有会議ステージ
• Teams 会議用アプリのビルド Teams 会議
>用アプリの構築 • アプリ マニフェスト>パブリック開発者プレビュー開発者プレビュー> マニフェスト スキーマ
02/08/2022 通話と会議ボットを作成するステップバイステップ ガイドを導入しました ボットの>構築 通話ボットと会議ボット>通話と会議ボットを登録する 通話ボットと会議ボット>を作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
02/02/2022 アプリ マニフェスト バージョン 1.12 が導入されました アプリ マニフェスト >アプリ マニフェスト スキーマ
2022 年 1 月 25 日 リアルタイム キャプション API を送信する Teams 会議 > 用アプリの構築 会議アプリ API リファレンス>高度な会議 API
01/19/2022 アダプティブ カードは、完了フィードバックを形成します ボットの構築 ボットの>>会話 ボットの会話>内のメッセージ フォームの完了フィードバック
2022/1/17 デスクトップ版アダプティブ カードのユーザー ピッカー カードとタスク モジュールを構築する >アダプティブ カードでカード> Peopleピッカーを構築する

以前の更新プログラム

ここに記載されている以前の GA リリースの更新プログラムについて詳細を確認してください。


2021
Date Update ここで検索
2021/12/24 タブ デバイスのアクセス許可を付与するためのステップバイステップ ガイドを導入しました アプリの > 基礎 デバイス機能 >Tab デバイスのアクセス許可を付与するためのステップ バイ ステップ ガイド
2021/12/23 アダプティブ カード付きタブを作成するためのステップバイステップ ガイドを導入しました 認証 > タブの > 追加 SSO 認証 >を使用するステップバイステップ ガイドを使用して、アダプティブ カードを使用してタブを作成する
2021/12/21 「作業の開始」の Teams Toolkit 3.0.0 用 JavaScript、C#、Node.js モジュールを更新しました JavaScript を使用した最初のアプリの構築を開始する>
>• C# または .NET を使用して最初のアプリをビルドする
• はじめ>にNode.jsを使用して最初のアプリをビルドする
2021/12/20 シングルサインオン (SSO) を利用したタブ拡張機能およびメッセージ拡張機能向けのステップバイステップ ガイド [認証>の追加] タブ>タブとメッセージ拡張機能に SSO を使用する SSO 認証>のステップ バイ ステップ ガイド
2021/12/20 会議コンテンツ バブルを作成するためのステップバイステップ ガイドを導入しました Teams 会議用アプリの構築 会議 > のアプリを有効にして構成する 会議 >コンテンツ バブルを作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
2021/12/9 会議ステージ ビューのステップバイステップ ガイドを導入しました Teams 会議用アプリを構築する > 会議用アプリを有効にして構成する 会議>のステージ ビューを作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
2021/12/13 SaaS の提供にリンクしたアプリのガイドラインを導入しました アプリ>を配布する Teams ストア>に発行する SaaS オファーにリンクされたアプリに関するレビュー ストアの検証ガイドライン > ガイドライン
2021/12/9 会議のサイドパネルを作成するためのステップバイステップ ガイドを導入しました Teams 会議>用アプリを構築する 会議>用アプリを有効にして構成する Teams で会議サイドパネルを作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
2021/12/1 新しいストア アイコンを導入しました • アプリアプリ>の>機能を設計する Microsoft Teams
用の個人用アプリを設計する • アプリ > UI コンポーネントを設計する 高度な UI コンポーネントを使用してMicrosoft Teams アプリを設計する>
2021/11/24 会議のトークンを生成するためのステップバイステップ ガイドを導入しました Teams 会議 > 用アプリを構築する 会議のアプリを有効にして構成する Teams で会議 >トークンを作成するためのステップ バイ ステップ ガイド
2021/11/17 更新された Microsoft Teams ストア検証ガイドライン ストア検証ガイドライン
2021/11/17 デスクトップおよびモバイル ユーザー向けの静的/動的先行入力検索 • カードとタスク モジュール>をビルドする アダプティブ カード
でカード>のタイプアヘッド検索を構築する • カードとタスク モジュール>のビルド > カードの概要 > [アダプティブ カードでの Typeahead 検索](task-modules-and-card/what-are-card.md#typeahead search-in-adaptive-card)
• カードとタスク モジュール>の概要>カードとタスク モジュール
2021/11/13 ボットは、リソース固有のコンテンツ (RSC) を使用して、すべてのチャネル メッセージの受信を有効化できます • ボットの>会話>を構築する ボット会話>内のメッセージ RSC
を使用してすべてのチャネル メッセージを受信する • ボットボット>の会話を構築する >ボットの会話の概要
• ボットボット>の会話チャネルとグループの会話>を構築する
2021/10/28 取引可能な SaaS プランを使用して Teams アプリを収益化する アプリ>を配布する Teams ストア>への発行 Teams アプリに SaaS オファーを含める
2021/10/25 ステップバイステップのガイドの新しい構造と手順を使用して Microsoft Teams 開発者ドキュメントの [使用を開始する] モジュールが更新されました >初めての Teams アプリの概要
2021/10/20 一般提供で会議ステージを使用できるようになりました Teams 会議用アプリを構築する Teams 会議 >用アプリを有効にして構成する
2021/10/20 会議の詳細 API とリアルタイム Teams 会議イベント Teams 会議>用のアプリをビルドする 会議の詳細を取得する API
2021/10/18 タブのリンクの展開とステージ ビュー ビルド タブ >タブリンクの展開とステージ ビュー
2021/10/8 アダプティブ カードの設計に関する新しいベスト プラクティス アプリ > UI コンポーネント>の設計 Teams アプリのアダプティブ カードの設計
2021/10/5 管理者がアプリの表示を許可するまで Teams アプリを非表示にします 管理者が承認するまでアプリをユーザーに対して既定でブロックするアプリ>を設計する
2021/10/5 Teams モバイル用のアプリを計画します アプリの>基礎 Teams モバイル用の応答性の高いタブを計画する
2021/10/4 Teams アプリを管理するために、新しい Teams 向け開発者ポータルが導入されました Teams 用のツールと SDK >開発者ポータル
2021/9/21 Teams は、ボットや受信 Webhook 向けのユーザーのメンションで Azure AD オブジェクト ID と UPN をサポートしています • カードとタスク モジュールの > ビルド カード >Azure AD オブジェクト ID とユーザーメンション
の UPN • カードとタスク モジュールの > ビルド カード >の構築 - 概要
2021/8/16 アダプティブカード (v1.3、すべての機能向け) およびユニバーサル アクション (v1.4、ボット送信カード向け) での入力の検証をサポートします • アダプティブ カード>作成カード>入力検証
• カードとタスク モジュールを>構築>する アダプティブ カードのユニバーサル アクション アダプティブ カード>のユニバーサル アクション v1.4
2021/8/30 カスタム Together モードのシーン機能は、参加者を 1 つの仮想シーンにまとめ、そのビデオ ストリームを事前に決定された席に配置します Teams 会議>用のアプリを構築するカスタム 一緒にモード のシーン
2021/8/25 シングルサインオン (SSO) を使用して Teams ボットを作成するためのステップバイステップのガイドを導入しました SSO を使用>して Teams ボットを作成するための認証>ボットのステップ バイ ステップ ガイドを追加する
2021/8/19 会話スレッドにボットをインストールしたときに受信するインストール更新イベント ボットの構築 ボットの>>会話 インストール更新イベント
2021/8/12 アダプティブ カードを使用してタブをビルドする [ビルド] タブ >アダプティブ カードを使用してタブをビルドする
2021/8/4 タブのエクスペリエンスを囲む余白がなくなります ビルド タブ >タブの余白を削除する
2021/7/8 Teams モバイルに会議中のアプリのサポートが追加されました Teams 会議用アプリをビルドする Teams 会議>用アプリを構築する
2021/6/28 ユーザー ピッカー機能を統合する Teams > 統合Peopleピッカー機能との統合
2021/6/25 プロアクティブ メッセージを送信するためのステップバイステップのガイドを導入しました ボットのボット会話>プロアクティブ メッセージを>構築するプロアクティブ メッセージを送信するためのステップ バイ ステップ ガイド>
2021/6/9 allowExpand 属性を使用したアダプティブ カードの画像のステージ ビュー カードとタスク モジュールをビルドする >アダプティブ カードのイメージのカード> ステージ ビューを構築する
2021/5/31 会話タブ [ビルド] タブ タブ >のコンテンツに関する会話を開始して続行する
2021/5/24 モバイル パターンを使用して Teams アプリのデザイン ガイドラインを更新しました アプリ>を設計する Teams アプリを設計する
2021/5/13 mConnect と Skooler の情報を追加しました Teams > Moodle LMS >Moodle 学習管理システムとの統合
2021/5/10 アプリ マニフェスト v1.10 をリリースしました アプリ マニフェスト マニフェスト >スキーマ
2021/5/10 新しいアプリのカスタマイズ機能 アプリ>を設計する 組織を有効にしてアプリをカスタマイズする
2021/5/7 チャットでの音声通話とビデオ通話のためのディープ リンク Teams >ディープ リンクとの統合
2021/4/30 Teams ストアにアプリを発行する方法に関する新しいガイダンス • Teams ストア>に発行する アプリを Teams ストア
に発行する • Teams ストアに発行する Teams ストア>の検証ガイドライン
2021/4/29 アダプティブ カード v1.4 のユニバーサル アクションのサポート カードとタスク モジュール>を構築する アダプティブ カード>のユニバーサル アクション アダプティブ カード>のユニバーサル アクションを構築する
2021/4/29 ユーザー固有のビュー カードとタスク モジュール>のビルド カード アダプティブ カード>>ユーザー固有ビューのユニバーサル アクションを構築する
2021/4/29 シーケンシャル ワークフロー カードとタスク モジュール>のビルド カードアダプティブ カード>>シーケンシャル ワークフローのユニバーサル アクションを構築する
2021/4/29 最新のカード カードとタスク モジュール>を構築する アダプティブ カード>のユニバーサル アクションを最新のカードに構築する>
2021/4/8 アプリのカスタマイズ機能 • アプリ>の設計 チーム アプリの概要
• ツールと SDK >開発者ポータル
• アプリ マニフェスト>パブリック開発者プレビュー >マニフェスト スキーマ
2021/3/18 通知: TeamsInfo.getMembersTeamsInfo.GetMembersAsync の非推奨プロセスを開始したため、Bot Framework SDK のバージョン 4.10 以上に更新してください。 チーム/チャット メンバーのボット Bot API の変更をビルドする>
2021/3/5 既定のインストール範囲とグループ機能 アプリ>の既定のインストール スコープとグループ機能を配布する
2021/3/5 個人用アプリ タブの並べ替え [ビルド] タブ >個人用アプリの [チャット] タブを並べ替える
2021/3/4 アダプティブ カードでの情報マスク カードとタスク モジュールを構築する >アダプティブ カードでカード>情報マスクを構築する
2021/2/19 位置情報機能が追加されました。
位置情報機能の情報が、デバイス機能の概要、ネイティブ デバイスのアクセス許可、メディア機能の統合、QR またはバーコード スキャナー機能の各ファイルに追加されます
• アプリの>基礎 デバイス機能>の概要
• アプリの基礎 > デバイス機能 >デバイスのアクセス許可
を要求する > • アプリの基礎 デバイス機能 >メディア機能
を統合する • アプリの基礎 > デバイス機能 >QR またはバーコード スキャナー機能
を統合する • アプリの基礎 > デバイス機能 >場所の機能を統合する
2021/2/18 QR コードまたはバーコード スキャナー機能が追加されました。
QR またはバーコード スキャナーの機能情報は、デバイス機能の概要、ネイティブ デバイスのアクセス許可、およびメディア機能ファイルの統合に追加されます
• アプリの>基礎 デバイス機能>の概要
• アプリの>基礎 デバイス機能 デバイスの>アクセス許可
を要求する • アプリの>基礎 デバイス機能 >メディア機能
を統合する • アプリの>基礎 デバイス機能 >QR またはバーコード スキャナー機能を統合する
2021/2/9 デバイス機能の概要が追加されました。
マイク機能の情報が、ネイティブ デバイスのアクセス許可、メディア機能の統合の各ファイルに追加されます
• アプリの>基礎 デバイス機能 >概要
アプリの>基礎 • デバイス機能 デバイスのアクセス許可
を>要求する • アプリの>基礎 デバイス機能 >メディア機能を統合する


2020
Date Update ここで検索
2020/11/30 Teams Toolkit とタブ用 Visual Studio Code を使用した ID プラットフォームの統合 Teams ツールキットとタブ用 Visual Studio Code を使用したシングル サインオン認証
2020/11/16 Teams アプリ マニフェストがバージョン 1.8 に更新されました。 参照: Microsoft Teams のマニフェスト スキーマ
2020/11/10 Teams ボットの設計ガイドライン ボット デザイン ガイドライン
2020/9/30 モバイル デバイスでのボットとのファイルの送受信がサポートされるようになりました ボットを介してファイルを送受信する
2020/9/22 Teams 開発を開始するための新しい情報 最初の Teams アプリの構築の概要
2020/9/18 会議中の Teams アプリのサポート (リリース プレビュー) Teams 会議のアプリ
2020/8/19 Microsoft Graph を使用して Teams メッセージをインポートします Microsoft Graph を使用してサードパーティのプラットフォーム メッセージを Teams にインポートする
2020/8/12 受信 Webhookでのアダプティブ カードのサポートが一般提供に移行しました 受信 Webhook を使用してアダプティブ カードを送信する
2020/8/10 Visual Studio ツールキットを使用して Teams アプリの構築を開始します Microsoft Teams ツールキットと Visual Studio Code を使用してアプリを構築する
2020/8/6 タブの SSO 認証のサポート SSO Microsoft Teams のタブを開発する
2020/7/27 Graph のプロアクティブ ボットとメッセージ (パブリック プレビュー) Microsoft Graph を使用した Teams でプロアクティブなボットをインストールしてプロアクティブ メッセージを有効にする
2020/7/22 モバイル デバイスの機能更新 Microsoft Teams タブのデバイス アクセス許可を要求する
2020/7/20 AppSource 申請用の Teams アプリ検証ツール Teams アプリ認証ツール
2020/7/15 Teams の仮想アシスタントを作成します Microsoft Teams 用仮想アシスタント
2020/7/14 ネイティブ読み込みインジケーターのドキュメントの表示 ネイティブ読み込みインジケーターの表示
2020/7/1 Visual Studio Code ツールキットを使用して Teams アプリの構築を開始します Microsoft Teams ツールキットと Visual Studio Code を使用してアプリを構築する
2020/7/1 Teams Web クライアントおよびデスクトップ クライアント向けタブのシングル サインオンの一般提供 シングル サインオン (SSO)
2020/6/5 マニフェスト スキーマがバージョン 1.7 に更新されました。 参照: Microsoft Teams のマニフェスト スキーマ
2020/5/18 Power Virtual Agent と Teams の統合 Power Virtual Agent チャットボットを Microsoft Teams と統合する
2020/4/1 WFM システムと Teams 用シフト コネクタの統合 Microsoft Teams シフトの WFM コネクタ
2020/3/24 会話の単一メンバーの取得のサポート、ページングされたメンバー取得のサポートを追加しました Teams のコンテキストをボット用に取得する


2019
Date Update ここで検索
2020/12/26 replyToIdボットに送信されるペイロードのパラメーターは暗号化されなくなり、この値を使用してこれらのメッセージへのディープ リンクを構築できます。 メッセージのペイロードには、パラメーター legacy.replyToId の暗号化された値が含まれます。
2019/11/5 Teams JavaScript SDK を使用したシングル サインオン。 シングル サインオン
2019/10/31 会話ボットとメッセージ拡張機能のドキュメントが 4.6 Bot Framework SDK に合わせて更新されました。 v3 SDK のドキュメントが [リソース] セクションで利用できます。 すべてのボットとメッセージ拡張機能のドキュメント
2019/10/31 新しいドキュメントの構造と記事の大幅なリファクタリング。 デッド リンクや 404 が発生した場合は、GitHub イシューを作成して報告してください。 すべての項目です。
2019/9/13 要求ボットは、操作ベースのメッセージ拡張機能からインストールされます。 メッセージ拡張機能を使用した操作の開始
2019/8/28 タブとコネクターのプライベート チャネルのサポート。 タブのコンテキストを取得する
2019/6/20 外部 Web サイトを、外部 Web サイトから、Teams チャネルに共有します。 Teams への共有
2019/5/25 タスク モジュールからのボット メッセージで応答します。 タスク モジュールからのボット メッセージで応答する
2019/5/25 グループ チャット内のボット。 グループ チャットやチャネルでのボットとの対話
2019/5/20 アプリ マニフェストのローカリゼーション。 アプリのローカリゼーション
2019/5/20 メッセージの操作。 メッセージの操作
2019/5/20 リンク展開 (カスタム URL プレビュー)。 リンク展開
2019/5/6 ストア アプリ用アプリケーション認定プログラム。 アプリケーション認定
2019/5/6 アプリ テンプレートが利用可能になりました アプリ テンプレート
2019/4/23 操作ベースのメッセージ拡張機能が使用可能です。 操作ベースのメッセージング拡張機能
2019/2/18 プライベート チャットへのディープ リンクの作成。 チャットへのディープ リンクの設定
2019/1/23 タブ コンテキストで SKU とライセンスの種類の情報を表示します。 タブ コンテキスト

2018
Date Update ここで検索
2018 年 11 月 12 日 リリースされたバージョンの Teams で、グループ チャットでタブを使用できるようになりました。 この作業の一環として、タブ セクションが分かりやすく作り直されました。 構成可能なタブ
2018/11/9 ユーザー間のプライベート チャットへのディープ リンクを作成できるようになりました。 チャットへのディープ リンクの設定
2018 年 11 月 8 日 SharePoint Framework 1.7 がリリースされたことに伴い、Microsoft Teams タブを SharePoint Framework の Web パーツとして使用できる新機能が追加されました。 SharePoint のタブ
2018/11/5 タスク モジュール機能がリリースされました。 タスク モジュールを使用すると、Teams アプリケーションでボットとタブの両方からモーダル ポップアップ エクスペリエンスを作成することができます。 ポップアップ内で、独自のカスタム HTML/JavaScript コードを実行したり、YouTube や Microsoft Stream ビデオなどの <iframe> ベースのウィジェットを表示したり、アダプティブ カードを表示したりすることができます。 タスク モジュールの概要タブのタスク モジュールボットのタスク モジュール
2018/10/5 Teams のデスクトップ、iOS、Android クライアントでカードの書式設定情報の更新およびテストが行われました。 カードカードの書式設定
2018/9/24 通話やオンライン会議用のMicrosoft Graph API のベータ版がリリースされ、Teams アプリは音声とビデオを使用した豊富な方法でユーザーと対話できるようになりました。 通話とオンライン会議のボットリアルタイム メディアの概念通話ボットの登録デバッグとローカル テストアプリケーションがホストするメディア着信通知の処理
2018/9/11 タブ構成ページが大幅に高くなりました。 タブ デザイン
2018/8/15 Teams でアダプティブ カードがサポートされるようになりました。 Teams でのアダプティブ カードのアクション
2018/8/10 DevTools のクライアント サポート。 Microsoft Teams デスクトップ クライアント用 DevTools
2018/8/8 メッセージ拡張機能が複数のコマンドをサポートするようになりました。 composeExtensions.commands
2018/8/7 コネクタでインライン構成がサポートされるようになりました。 コネクタのドキュメントも改訂され、分かりやすく拡張されました。 コネクタ
2018/8/6 ボットでファイルを送受信するようになりました。 ボットを介してファイルを送受信する
2018/7/23 アプリの再認証に関する情報が公開セクションに追加されました。 マニフェストのアクセス許可
2018/7/16 タブ構成ページに、より多くのスペースが割り当てられました。 タブ構成ページが大幅に高くなりました
2018/7/12 ゲスト アクセスに関する情報。 Microsoft Teams でのゲスト アクセス
2018/6/7 Microsoft Teams テナント アプリ カタログの情報が追加されました。 Microsoft Teams アプリの公開
2018/5/29 Teams でアダプティブ カードがサポートされます。 Teams でのアダプティブ カードのアクション
2018/4/17 replyToID が Invoke および MessageBack カード アクションのペイロードに追加されました。 これは、カード アクションの送信元のメッセージを更新する必要がある場合に特に便利です。 カード アクション
2018/4/12 Teams プログラミング インターフェイスとこのドキュメント セットの変更を追跡するこのトピックが追加されました。 新機能
2018/4/10 認証 URL で、パスにテナント ID を一貫して使用するように変更が行われました。 タブの認証フローAzure AD タブ認証
2018/4/6 コマンド ボックスの使用に関するデザイン ガイドラインが追加されました。 コマンド ボックス
2018/4/2 ボットを使用して、アプリの通知を送信します。 通知のみのボット
2018/3/27 プロアクティブなメッセージングのためのドキュメントを展開しました。 会話の開始
2018/3/15 カードのドキュメントがリファクタリングされました。 カードカード アクションカードの書式設定カード リファレンス
2018/2/27 AsTeamsChannelAccounts() メソッドのデモを行うサンプル コードが追加されました。 コンテキストをボット用に取得する
2018/2/5 C# の使用を開始するためのトピックが追加されました。 Microsoft Teams プラットフォームで C#/.NET を使い始める

開発者プレビュー Microsoft Teams プラットフォーム機能について説明します。 RSS フィードの ダウンロード フィードをサブスクライブすることで、最新の Teams プラットフォームの更新プログラムを取得できるようになりました。 詳細については、「RSS フィードの構成」を参照してください。

開発者向けプレビュー

開発者向けプレビューは、リリース前の Teams プラットフォーム機能にいち早くアクセスできる公開プログラムです。

2022 年 11 月

2022 年 11 月 11 日: Enable bots to receive all chat messages without being @mentioned

Date Update ここで検索
10/11/2022 会議のステージにコンテンツを共有するためのディープ リンクを生成します。 Teams 会議用のアプリを構築し、会議 > のアプリを有効にして構成する 会議 >でコンテンツを共有するためのディープ リンクを生成します。
09/23/2022 スケジュールされたチャネル会議の会議アプリのサポートを導入しました。 Teams 会議用のアプリを構築し、Teams 会議と通話用のアプリを呼び出す>
08/23/2022 モバイルで Teams 会議ステージにアプリを共有する Teams 会議と通話>用のアプリを構築する 会議用アプリを有効にして構成する
08/10/2022 スケジュールされたパブリック チャネル会議用のアプリ Teams 会議と通話>用のアプリを構築する概要
08/03/2022 Teams 会議ステージでアプリの API をミュートおよびミュート解除する Teams 会議用のアプリを構築し、会議アプリ API 参照を呼び出す>
08/02/2022 Teams のコラボレーション コントロール Teams >コラボレーション コントロールとの統合
05/24/2022 Live Share SDK による強化されたコラボレーション Teams 会議>用のアプリを構築する Live Share > とのコラボレーションの強化の概要
02/03/2022 アプリ マニフェスト バージョン 1.13 が導入されました アプリ マニフェスト > パブリック開発者プレビュー >マニフェスト スキーマ
2022/1/17 モバイル版アダプティブ カードのユーザー ピッカー カードとタスク モジュールを構築する >アダプティブ カードでカード> Peopleピッカーを構築する
2021/10/28 ボットは、リソース固有のコンテンツ (RSC) を使用して、すべてのチャネル メッセージの受信を有効化できます •ボットボット会話>ボット会話の概要
を>構築する • ボットボットの>>会話チャネルとグループの会話を構築する
2021/6/16 チャットのリソース固有の同意 • Microsoft Graph >リソース固有の同意
で Teams データを利用する • アプリ>をテストする Microsoft Graph >Teams でのリソース固有の同意のアクセス許可をテストする

詳細については、「Teams の開発者向けパブリック プレビュー」を参照してください。

非推奨Microsoft Teams プラットフォーム機能について説明します。 RSS フィードの ダウンロード フィードをサブスクライブすることで、最新の Teams プラットフォームの更新プログラムを取得できるようになりました。 詳細については、「RSS フィードの構成」を参照してください。

Deprecated

使用できない Teams プラットフォーム機能。

2022 年 8 月

2022 年 8 月 1 日: App Studio は非推奨となり、 Teams 用開発者ポータル を使用します。

Teams アプリのテンプレート カタログ

新機能に合わせて、すぐに導入したり、ニーズに合わせて変更したりできる稼働準備済みの Teams アプリ テンプレートも提供しています。 新しく追加されたテンプレートには ☆ がついています。

フィードバックをお寄せください

Microsoft では、Teams 開発者が質問をしたり、バグを報告したり、機能要求を送信したり、投稿したりすることを奨励しています。 フィードバックは、利用可能なチャネルのいずれかを通して送信することができます。

最新の更新プログラムを取得する

RSS フィードを構成することで、Teams プラットフォーム更新プログラムを取得できます。

RSS フィードを構成するには

  1. Teams を開きます。
  2. 左側のウィンドウから Teams を選択します。
  3. チーム内のチャネルを選択します。
  4. 省略記号 ●●● を選択し、ドロップダウン リストから [コネクタ] を選択 します
  5. 表示された [コネクタ] ダイアログ ボックスで RSS を検索します。
  6. [構成] を選択します。
  7. [RSS 接続の名前の入力] で名前を入力します。
  8. [RSS フィードのアドレス] で https://aka.ms/TeamsPlatformUpdates を入力します。
  9. [ダイジェストの頻度] ドロップダウン リストでフィードの頻度を選択します。
  10. [保存] を選択します。