Office 365 Outlook

Microsoft Office 365 は、堅牢なセキュリティ、信頼性、ユーザーの生産性に対する組織のニーズを満たすために設計されたクラウドベースのサービスです。

このコネクタは、次の製品および地域で利用可能です。

サービス クラス リージョン
Logic Apps 標準 すべての Logic Apps 地域
Power Automate 標準 すべての Power Automate 地域
Power Apps 標準 すべての Power Apps 地域
コネクタ メタデータ
公開元 Microsoft

Power Apps でのこのコネクタの使用方法を学ぶには、Power Apps から Office 365 Outlook への接続 に移動します。 一部の操作は Graph API を実行します。 Graph API の IP アドレスは、Office 365 の URL と IP アドレスの範囲 をご覧ください。

非推奨の操作の廃止

基盤となる API の廃止プロセスのため、[非推奨] とマークされた操作の使用を回避するために、既存のソリューションを更新することを強くお勧めします。

アクションの既知の問題と制限

簡単な説明 操作 詳細な説明
デジタル署名されたメールの誤ったメール添付ファイル All デジタル署名されたメール の場合、アクション出力に誤った添付ファイル コンテンツが含まれている可能性があります。これは、後続のアクションで入力として使用できません (たとえば、添付ファイル コンテンツを含む新しいファイルを作成するアクションなど)。
さまざまなメール クライアントでの HTML/アクション カードのサポート 承認の電子メールを送信する
オプションを指定してメールを送信
オプション付きのメールまたは承認メールを送信する場合、Outlook でレンダリングされるアクション カード (アクション可能なメッセージ) は、本文メッセージで HTML をサポートしません。 レンダリング動作はオプション Use only HTML message に依存します。

はい に設定されている場合、すべてのメール クライアントは HTML メッセージのみを表示します。 アクション カードはレンダリングされません。

いいえ に設定されている場合、一部のメール クライアントはアクション カードと HTML メッセージの両方を表示し、他のメール クライアントは HTML メッセージのみを表示します。 さまざまなメール クライアントでのアクション カードのサポートについては、アクション可能なメッセージの Outlook バージョン要件 をご覧ください。
会議の最新情報を受け取る イベントの更新 (V4) イベントの開催者がこの操作を使用した場合、すべての出席者が会議の最新情報を受け取ります。 また、現在の設計により、更新中に省略されたすべてのイベント フィールドは既定値にリセットされます。 したがって、それらを更新しない場合に備えて、すべてのイベント プロパティに目的の値を入力するか、現在の値を再入力する必要があります (イベントを取得 (V3)アクション)。
イベントが更新されると、残りの曜日は一日だけです イベントの更新 (V4) 更新するイベントが毎週週に数回繰り返される場合、「選択された曜日」パラメーターでこれらの曜日を必ず指定してください。 そうでない場合は、更新後、「Start Time」 パラメータから取得した曜日が 1 つ保存されます。
サードパーティのメール フィルターを設定する オプションを指定してメールを送信 サードパーティのメール フィルター (G Suite や Mimecast など) は、実行中のユーザー オプションを自動選択します。 このため、Show HTML confirmation dialogはい に設定して、機能に関連するこの問題を回避します。
アクション カード/HTML の送信 承認の電子メールを送信する
オプションを指定してメールを送信
これらのアクションは、アクション カード (アクション可能なメッセージ) と HTML コンテンツを送信します。 応答は、(HTML コンテンツではなく) アクション可能なメッセージ自体でボタンを押した場合にのみローカライズされます。 ソブリン クラウドでは、アクション カードはメールの送信者にのみレンダリングされ、他の受信者にはレンダリングされません。 これは、HTML コンテンツがすべての受信者に対してレンダリングされる場合でも発生します。
共有メールボックスからメールを送信します 共有メールボックスからメールを送信 (V2) 操作は、Microsoft 365 共有メールボックス機能でのみ機能することが期待されます。
100 回を超えて返される会議室の回避策 会議室の取得 (V2) 返される会議室の件数は 100 に制限されています。 回避策として、[会議室リストから会議室を取得 (V2)] を使用して会議室リストを照会します。 次に、選択したリスト内で会議室を検索します。
メールの暗号化の制限 電子メールに返信 (V3) このアクションを使用する場合、暗号化されたメールはコネクタによりサポートされません。 したがって、メールの暗号化がオンになっている Outlook にメールを送信しようとすると、要求が失敗したというメモとともにエラーが表示されます。

トリガーの既知の問題と制限

簡単な説明 操作 詳細な説明
デジタル署名されたメールの誤ったメール添付ファイル All デジタル署名されたメール の場合、トリガー出力に誤った添付ファイル コンテンツが含まれている可能性があります。これは、後続のアクションで入力として使用できません (たとえば、添付ファイル コンテンツを含む新しいファイルを作成するアクションなど)。
システムの制限によりメールが失われる All 同時に送信されるメールが多数ある場合、基盤となっているシステムの制限のため、トリガーが一部のメールを見落とす可能性があります。 この問題はめったに発生しません。メール トリガーに関連しています。
動的配信を使用した添付ファイル付きのメールでトリガーが 2 回実行される場合があります All Microsoft Defender の安全な添付ファイルOffice 365 が動的配信オプションで構成されている場合、新しいメールを受信するとトリガーが 2 回実行される場合があります。 初めて実行するとき、トリガー応答の添付ファイル配列は空です。 添付ファイル付きのメールの場合の回避策として、添付ファイル配列の長さが 0 より大きいかどうかを確認する条件をトリガーの後に設定します。
複数のメールボックスまたはカレンダーを監視する All 複数のメールボックスまたはカレンダーを監視するトリガーを構成する場合は、各メールボックスまたはカレンダーに対して個別にフロー/ロジック アプリを作成します。
トリガーが 2 回発生する 新しいイベントが作成されたとき (V3) 会議への招待を受け入れると、この会議イベントに対してトリガーが 2 回発生します。 理由は、Outlook サービスが受け入れ後のイベントを新しいイベントとして扱い、その ID と作成日を書き換えるからです。イベントが再作成されます。 ユーザーは、組み込みの制御モジュールとそのアクションの状態を使用して Response type パラメーターでトリガーの出力をフィルタリングすることで、この問題を回避できます。
定期的なイベントのすべてのイベントに対してトリガーが発生する イベントが追加、更新、または削除されたとき (V3) トリガーは、イベントが発生するたびに発生します。 定期的なイベントを変更すると、このシリーズのすべてのイベントに影響します。 たとえば、シリーズが 15 回発生する場合、トリガーは 15 回発生します。
トリガーが不要な更新を提供する イベントが追加、更新、または削除されたとき (V3) Exchange の内部プロセスによってイベントを更新できます。そのため、トリガーが再び発生します。 ユーザーは Action Type パラメーターでトリガーの出力をフィルタリングして、不要な更新を無視できます。
トリガー発生の遅延 新しいメールが届いたとき (V3)
自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V3)
メールにフラグが設定されたとき (V3)
イベントが追加、更新、または削除されたとき (V3)
ほとんどの場合、トリガーは対応するイベントの発生時にほぼ即座に発生しますが、まれに、トリガーの発生が最大 1 時間遅延する場合があります。
メール フォルダーが変更されたときにトリガー動作が発生する 新しいメールが届いたとき (V3)
新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2)
自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V2)
トリガーは、メールが受信された日時に基づきます。 メールを別のフォルダーに移動しても、受信日プロパティの値は変更されないため、トリガーは、最後に正常に実行される前に受信されたメールをスキップします。
フラグが立てられたメールでのトリガー動作 メールにフラグが設定されたとき
メールにフラグが設定されたとき (V2)
メールにフラグが設定されたとき (V3)
メールにフラグが設定されたとき (V4)
トリガーは、メールにフラグを立てるときか、フラグが立てられたメールを受信すると発生します。 また、すでにフラグが設定されているメールが何らかの方法で変更された場合 (たとえば、メール カテゴリが変更された場合、またはメールが返信された場合)、このメールでトリガーが発生します。
共有メールボックスのトリガー制限 新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2) ユーザー間の共有メールボックスの場合、片方のユーザーがもう一方のユーザーのメールボックスにフル アクセス (これには、単にメール送信よりも多くのアクセス許可が含まれます) できない限り、トリガーは機能しません。
添付ファイルでタイムアウトをトリガーする 新しいメールが届いたとき (V3) Include Attachmentsはい に設定すると、このコネクタは、すべての添付ファイルがダウンロードされるまで待機します。 添付ファイル付きの多数のメールがほぼ同時に到着すると、これらの添付ファイルのダウンロード中にコネクタがタイムアウトになることがあります。

これを回避するには、トリガーを Include Attachments 設定から いいえ に変更する必要があります。そして、添付ファイルを取得 (V2) アクションを追加するようにロジックを変更して添付ファイルをダウンロードする必要があります。

さらに、LogicApps の作成者は、添付ファイルのダウンロード時間を短縮するために、Office 365 メールボックスと LogicApp は同じリージョンでホストされます。

一般的なエラー

Error Solution
OData へのアクセスが無効になっています。または、コネクタを使用するときにほとんどのエラーが発生します REST API が有効になっていることを確認してください。 専用 (オンプレミス) メール サーバーのアカウントや、サンドボックス (テスト) アカウントでもエラーが発生する場合があります。 管理者は、Office 365 で Exchange 管理センターを使用してメールボックス データを移行する方法 でメールボックスを移行する方法を学ぶことができます。 EWS アプリケーション アクセス ポリシーを使用している場合、次のユーザー エージェントが許可されていることを確認してください: "LogicAppsDesigner/","azure-logic-apps/","PowerApps/", "Mozilla/", "Microsoft Flow ", " Azure.Connectors.Office365Outlook.Office365OutlookConnector ", " Azure.Connectors.Outlook.OutlookConnector*"。
このメールボックスに対して REST API はまだサポートされていません メールボックスが専用 Microsoft Exchange Server にあり、有効な Office 365 メールボックスでない場合、エラーが発生する可能性があります。 詳細については、メールボックスへのリクエストに対するこのメールボックス エラーでは REST API がまだサポートされていない をご覧ください。
指定されたオブジェクトがストアで見つかりませんでした
  • アカウントのアクセス許可を検証します。
  • トリガーに使用されるユーザー アカウントが共有メールボックスのメンバーであることを検証します。
  • 元のメールボックスのアドレス フィールドに共有メールボックスのアドレスが含まれていることを検証します。
  • 管理センター で共有メールボックスの構成を再確認してください。
  • 現在の Outlook タスクの接続を削除して、新しい接続を作成してください。
また、このエラーは、メールボックスの所有者によってメッセージが移動または削除された場合に表示されます。 詳細については、共有メールボックス設定を構成する をご覧ください。
AADSTS53003: アクセスは条件付きアクセス ポリシーによってブロックされており、アクセス ポリシーはトークンの発行やその他の条件付きアクセス エラーを許可していません 条件付きアクセス ポリシーにより、コネクタが期待どおりに実行されない場合があります。 詳細については、Azure AD 条件付きアクセス ドキュメント をご覧ください。

一般的な既知の問題と制限

  • この統合を使用するには、REST API が有効になっている Office 365 メールボックスにアクセスする必要があります。 接続するには、サインイン を選択します。 Office 365 アカウントを指定するように求められます。 その後、手順に従って接続を作成します。

  • メールの添付ファイル には次の 2 種類があります:

    • 添付ファイル: .txt、.jpg、.zip、.pdf などの任意のファイル。 添付ファイルの数少ないプロパティの 1 つは、ファイルの base64 でエンコードされたコンテンツです。 すべてのトリガーの最新バージョンは、これらの添付ファイルをサポートしています。 EML、MSG、および ICS は、トリガー応答で使用できるようにファイルとして添付する必要があります。

    • 項目の添付ファイル: 電子メールに添付された電子メール メッセージとカレンダー項目。 アイテムの添付ファイルには多くのプロパティがあります。 現時点で、これらの添付ファイルはコネクタでサポートされていません。 この問題を回避するには、次を実行できます:

      警告

      国内のクラウドでは、パブリック エンドポイント (https://graph.microsoft.com) を使用しないでください。 詳細については、Microsoft Graph および Graph エクスプローラー サービスのルート エンドポイント をご覧ください。

  • Office 365 グループ アドレスを共有メールボックス アドレスとして使用することはできません。

  • 電子メールを関連組織外に送信する場合、管理者は、関連付けられている組織外の電子メールの送信/転送を拒否する特定のルール (SMTP ヘッダーの使用など) が組織にあるかどうかを確認する必要があります。 詳細については、SMTP ヘッダー を参照してください。

  • Office 365 Outlook コネクタで、共有カレンダーはサポートされていません。

  • Folder パラメーターのカスタム入力値の場合、フォルダー名ではスラッシュ記号 / がサポートされていません。 回避策として、ファイル ピッカーを使用するか、folder Id 値を指定します。

  • まれに、アカウントに必要な権限が付与されているにもかかわらず、新しく作成されたユーザーで接続エラーが発生することがあります。 回避策は、共有メールボックス アカウントの電子メール アドレスとパスワードを使用して、共有メールボックスの接続を切り替える、または/再認証することです。 このようにして、フローはすべてのユーザーに対して正常に実行されます。

  • アカウントに共有メールボックスへのアクセス許可が付与された後、アクセス許可がプラットフォーム上で複製されるまで約 2 時間かかる場合があります。

  • 宛先Cc、または Bcc フィールドに複数の受信者がある場合でも、各メールは接続ごとに 1 つの API 呼び出しとしてのみカウントされます。 送信制限の詳細については、送信制限 をご覧ください。

  • 状況によっては、アダプティブ カードを中に含むメールを送信するときに、非ラテン文字が期待どおりにレンダリングされないことがあります。 詳細については、HTML から PDF への変換に関する既知の問題 をご覧ください。 考えられる回避策として、アダプティブ カードで使用されているのと同じタイプの文字をメールの件名に使用してください。

Office 側の調整の制限

接続ごとのスロットリング制限に加えて、Office は受信トレイごとに独自の制限を課します。 ユーザーが同じ受信トレイを対象とする異なるフロー/ロジック アプリを作成した場合、この制限に達する可能性があります。 詳細については、Exchange Online の制限ドキュメント をご覧ください。

コネクタのタイムアウトの詳細

Office 365 Outlook コネクタは、次の API の 1 つに送信要求を行います。

  • Graph API。単一の外部要求ごとに 30 秒のタイムアウト間隔があります。
  • Outlook REST API。単一の外部要求ごとに 60 秒のタイムアウト間隔があります。

次のエラーは、これらの外部 API へのリクエストが制限に達した後に返されます: { "status": 504, "message": "要求が失敗しました。 後でもう一度試してみてください。"} このような失敗したリクエストは、Power Automate/Azure Logic Apps で最大 4 回再試行されます (デフォルトの再試行ポリシーがユーザーによってオーバーライドされている場合を除く)。 再試行ポリシーの詳細については、Azure Logic Apps でエラーと例外を処理する をご覧ください。

返された 504 (ゲートウェイ タイムアウト) ステータス コードは、基になるアクションが失敗したことを意味するものではありません。 デフォルトの再試行ポリシー (適用されている場合) があるため、同じアクションを複数回実行できます。 たとえば、メールの送信 アクションの結果が 504 応答の場合、リクエストが再試行され、重複するメールが送信される可能性があります。

非推奨の Webhook トリガー

Webhook サブスクリプションのライフサイクルにおける最近の変更のため、新しいメールが届いたとき (webhook) のトリガーは非推奨になりました。 解決策を提供できるよう取り組んでいる間、代わりに新しいメールが届いたとき のポーリング トリガーを使用してください。

共有メールボックスのサポート

2020 年 5 月 6 日の時点で、共有メールボックス サポートが、オプションの Mailbox address パラメーターと共に特定の操作に追加されました。これにより、操作がアクセスする共有メールボックス アドレスを指定できます。 2020 年 5 月 6 日より前にこの操作を使用していた場合は、明示的に操作を更新して、共有メールボックス アドレスを指定する必要があります。

共有メールボックスをまだサポートしていない操作の場合、HTTP with Azure AD コネクタで HTTP リクエストの呼び出し アクションを使用することによって回避策を使用できます。 HTTP with Azure AD コネクタの接続を作成するとき、Azure AD Resource URIBase Resource URL の両方の接続パラメーターにテキスト https://graph.microsoft.com/ を入力します。 作成したら、Outlook メール REST API に移動して URL を設定し、オプションで、共有メールボックス API を呼び出すリクエスト本文を設定できます。 一部の Outlook 機能は、Graph API のベータバージョンでのみ使用できます。 HTTP with Azure AD コネクタはプレミアム コネクタであり、Microsoft Power Automate の無料バージョンを使用している場合は使用できません。

電子メールの本文にハイパーリンクを追加するために、次を実行できます。

  • 本文 フィールドで、リンクするテキストをマークしてから、リンク アイコンを選択します。
  • ダイアログが表示されたら、リンク アドレスを リンク ターゲット フィールドに貼り付け、追加 ボタンを選択します。
  • すべてが正しいことを確認するには、新しいリンクの上にカーソルを置きます。 小さなアイコンが表示されたら、それを選択してリンク先のページを開きます。

SMTP ヘッダー

コネクタは、各送信済み電子メールに次の SMTP ヘッダー (インターネット メッセージ ヘッダー) を添付しています。

  1. 次の値を持つ "x-ms-mail-application":

    サービス
    Power Automate Microsoft Power Automate; User-Agent: azure-logic-apps/1.0 (workflow ; version ) microsoft-flow/1.0
    Power Apps Microsoft Power Apps; User-Agent: PowerApps/ (; AppName=)
    Logic Apps Azure Logic Apps; User-Agent: azure-logic-apps/1.0 (workflow ; version )
  2. 次の値を持つ "x-ms-mail-operation-type":

    説明
    メールの返信操作用 返信
    メールの転送操作用 転送
    メール送信操作用 (SendEmailWithOptionsSendApprovalEmail) を含む 送信
  3. Environment Id 値を持つ "x-ms-mail-environment-id"
    このヘッダーのプレゼンスは、使用している製品によって異なります。

    • 常に Power Apps に存在します。
    • Power Automate では、新しく作成された接続にのみ存在します。
    • Logic Apps に存在することはありません。
  4. Workflow Name 値を持つ "x-ms-mail-workflow-name"
    Power Automate および Logic Apps のみで使用できます。

  5. Workflow Run Id 値を持つ "x-ms-mail-workflow-run-id"
    Power Automate および Logic Apps のみで使用できます。

  6. Client Request Id 値を持つ "x-ms-mail-client-request-id"

添付ファイルに関する作業

特定のトリガーとアクションには、添付ファイルのコンテンツをいつ応答に含める必要があるとしても制御するパラメーターがあります - Include Attachments。 このパラメーターは、添付ファイルのコンテンツのみを制御し、添付ファイルのメタデータは制御しません (Id名前コンテンツ タイプサイズインラインである など)。これはパラメーター値に関係なく応答に含まれます。

コネクタの詳細

コネクタの詳細については、Azure Logic Apps を使用した Office 365 Outlook への接続 をご覧ください。

一般的な制限

名前
メール コンテンツの最大長 (MB 単位) 49
「電子メールの送信」アクションの 5 分あたりの接続ごとの最大合計メール コンテンツ長 (MB) 500
すべてのアクションの 5 分あたりの接続ごとの最大合計コンテンツ長 (MB) 2000
オプションと承認メールのオプションの最大数 100
コネクタから同時に転送される最大メガバイト数 300
コネクタによって同時に処理される最大要求数 70

接続を作成する

このコネクタは、次の認証タイプをサポートしています:

Office 365 資格情報 (Office GCC High) Office 365 の資格情報 (Office GCC High) でログインします。 Azure Government のみ 共有不可
Office 365 資格情報 (Office Public/Office GCC) Office 365 の資格情報 (Office Public/Office GCC) でログインします。 Azure Government のみ 共有不可
既定 Office 365 の資格情報でログインする Azure Government を除くすべての地域 共有不可

Office 365 資格情報 (Office GCC High)

認証 ID: oauthGccHigh

適用可能: Azure Government のみ

Office 365 の資格情報 (Office GCC High) でログインします。

これは共有可能な接続ではありません。 パワー アプリが別のユーザーと共有されている場合、別のユーザーは新しい接続を明示的に作成するように求められます。

Office 365 資格情報 (Office Public/Office GCC)

認証 ID: oauthPublic

適用可能: Azure Government のみ

Office 365 の資格情報 (Office Public/Office GCC) でログインします。

これは共有可能な接続ではありません。 パワー アプリが別のユーザーと共有されている場合、別のユーザーは新しい接続を明示的に作成するように求められます。

既定

適用可能: Azure Government を除くすべての地域

Office 365 の資格情報でログインする

これは共有可能な接続ではありません。 パワー アプリが別のユーザーと共有されている場合、別のユーザーは新しい接続を明示的に作成するように求められます。

調整制限

名前 呼び出し 更新期間
接続ごとの API 呼び出し30060 秒

アクション

1 件のイベントの取得 (V3)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーから特定のイベントを取得します。 (V3)

1 件のメールの取得 (V2)

この操作は、ID で電子メールを取得します。

HTTP 要求を送信する (プレビュー)

Microsoft Graph REST API リクエストを作成し呼び出します。 次のセグメントがサポートされています: 第 1 セグメント: /me、/users/ 第 2 セグメント: messages、mailFolders、events、calendar、calendars、outlook、inferenceClassification。 詳細情報: https://docs.microsoft.com/en-us/graph/use-the-api。

イベントのカレンダー ビューの取得 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントのカレンダー ビューを取得する (V3) を使用してください。

この操作はカレンダーのイベント (定期的インスタンスを含む) をすべて取得します。この場合の繰り返しプロパティは null です。

イベントのカレンダー ビューの取得 (V3)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーのイベント (定期的インスタンスを含む) をすべて取得します。 この場合、繰り返しプロパティは null です。

イベントのカレンダー ビューの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントのカレンダー ビューを取得する (V3) を使用してください。

イベントのカレンダー ビューの取得。

イベントの作成 (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。 (V1)

イベントの作成 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。 (V2)

イベントの作成 (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。

イベントの作成 (V4)

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。

イベントの削除 (V2)

この操作により、カレンダーのイベントが削除されます。

イベントの削除 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを削除する (V2) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが削除されます。

イベントの更新 (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。 (V1)

イベントの更新 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。 (V2)

イベントの更新 (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。

イベントの更新 (V4)

この操作により、Graph API を使用してカレンダーのイベントが更新されます。

イベントを取得する (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを取得する (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーから特定のイベントを取得します。(V1)

イベントを取得する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを取得する (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーから特定のイベントを取得します。(V2)

イベント招待に応答 (V2)

イベント招待に応答する。

イベント招待に応答する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベント招待に応答する (V2) を使用してください。

イベント招待に応答する。

オプションを指定してメールを送信

この操作により、複数のオプションを指定してメールを送信し、受信者がいずれかのオプションで返信するのを待ちます。 別のメール クライアントでアクション可能なメッセージのサポートについては、次のリンクを参照してください: https://docs.microsoft.com/outlook/actionable-messages/#outlook-version-requirements-for-actionable-messages。

カレンダーの取得 (V2)

この操作により、使用可能なカレンダーが一覧表示されます。

カレンダーを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、カレンダーの取得 (V2) を使用してください。

この操作により、使用可能なカレンダーが一覧表示されます。

メールにフラグを設定 (V2)

この操作は、電子メールのフラグを更新します。

メールにフラグを設定 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メールにフラグを設定 (V2) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグを立てます。

メールに返信する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールに返信する (V3) を使用してください。

この操作は電子メールに返信します。

メールに返信する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールに返信する (V3) を使用してください。

この操作は電子メールに返信します。

メールのエクスポート (V2)

電子メールのコンテンツを EML ファイル形式でエクスポートします。

メールの削除 (V2)

この操作は、ID で電子メールを削除します。

メールの移動 (V2)

この操作により、同じメールボックス内の指定されたフォルダーにメールが移動されます。

メールの転送 (V2)

メールを転送する。

メールの送信 (V2)

この操作により、電子メール メッセージが送信されます。

メールを転送する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メールを転送する (V2) を使用してください。

メールを転送する。

メールボックスのメールのヒントを取得 (V2)

自動応答/OOF メッセージやメール ボックスがいっぱいの場合など、メール ボックスに関するメール ヒントを取得します。 これは GccHigh や Mooncake では利用できません。

メールボックスのメールのヒントを取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メール ボックスに関するメール ヒントを取得 (V2) を使用してください。

自動応答/OOF メッセージやメール ボックスがいっぱいの場合など、メール ボックスに関するメール ヒントを取得します。

会議の時間を検索 (V2)

開催者、出席者の空き状況、時間または場所の制約に基づく、会議の時間を検索の提案

会議の時間を検索 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、会議の時間を検索 (V2) を使用してください。

開催者、出席者の空き状況、時間または場所の制約に基づく、会議の時間を検索の提案

会議室の取得 (V2)

ユーザーのテナントで定義されているすべての会議室の一覧を取得する

会議室リストから会議室を取得 (V2)

指定された部屋の一覧の部屋を取得する

会議室リストの取得 (V2)

ユーザーのテナントで定義されているすべての部屋の一覧を取得する

共有メールボックスからメールを送信 (V2)

この操作は、共有メールボックスから電子メールを送信します。 この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。

共有メールボックスからメールを送信します [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、共有メールボックスからメールを送信 (V2) を使用してください。

この操作は、共有メールボックスから電子メールを送信します。この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。

承認のメールを送信する

この操作により承認メールを送信し、宛先からの応答を待ちます。 別のメール クライアントでアクション可能なメッセージのサポートについては、次のリンクを参照してください: https://docs.microsoft.com/outlook/actionable-messages/#outlook-version-requirements-for-actionable-messages。

添付ファイルを取得する (V2)

この操作は、ID で電子メールの添付ファイルを取得します。

添付ファイルを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、添付ファイルを取得する (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールの添付ファイルを取得します。

自動応答の設定 (V2)

メールボックスに自動返信設定を設定する。

自動応答の設定 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、自動応答の設定 (V2) を使用してください。

メールボックスに自動返信設定を設定する。

複数のイベントの取得 (V4)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーから複数のイベントを取得します。 (V4)

複数のイベントを取得する (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V1)

複数のイベントを取得する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V2)

複数のイベントを取得する (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V3)

複数のメールの取得 (V3)

この操作は、Graph API を介してフォルダーから電子メールを取得します。 次のフィールドに関連するフィルター処理は、指定されたメール フォルダーの最初の 250 アイテムを使用して実行されます: To、CC、To または CC、送信者、重要度、添付ファイルのあるもののに取り込む、件名フィルター。 制限を回避するために、「検索クエリ」フィールドを使用することができます。

複数の部屋を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数の部屋を取得する (V2) を使用してください。

ユーザーのテナントで定義されているすべての会議室の一覧を取得する

複数の電子メールの取得 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V3) を使用してください。

この操作はフォルダーから電子メールを取得します。

複数の電子メールの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V3) を使用してください。

この操作はフォルダーから電子メールを取得します。

連絡先のフォルダーを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先のフォルダーの取得 (V2) を使用してください。

この操作により、使用可能な連絡先フォルダーが一覧表示されます。

連絡先の作成 (V2)

この操作では、連絡先フォルダー内に新しい連絡先を作成します。

連絡先の写真の更新

現在のユーザーの指定された連絡先の写真を更新します。 写真のサイズは 4 MB未満にする必要があります。

連絡先の削除 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を削除します。

連絡先の取得 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから特定の連絡先を取得します。

連絡先の取得 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を取得します。

連絡先の更新 (V2)

この操作では、連絡先フォルダー内の連絡先を更新します。

連絡先を作成する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を作成する (V2) を使用してください。

この操作では、連絡先フォルダー内に新しい連絡先を作成します。

連絡先を削除する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を削除する (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を削除します。

連絡先を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先の取得 (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから特定の連絡先を取得します。

連絡先を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先の取得 (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を取得します。

連絡先を更新する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を更新する (V2) を使用してください。

この操作では、連絡先フォルダー内の連絡先を更新します。

連絡先フォルダーの取得 (V2)

この操作により、Graph API を使用して使用可能な連絡先フォルダーが一覧表示されます

部屋の一覧から部屋を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、部屋の一覧から部屋を取得する (V2) を使用してください。

指定された部屋の一覧の部屋を取得する

部屋の一覧を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、部屋の一覧を取得する (V2) を使用してください。

ユーザーのテナントで定義されているすべての部屋の一覧を取得する

開封済みとしてマーク [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、開封済みまたは未読としてマーク (V3) を使用してください。

この操作は電子メールを開封済みとしてマークします。

開封済みまたは未読にする (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、開封済みまたは未読としてマーク (V3) を使用してください。

この操作は電子メールを開封済みまたは未読としてマークします。

開封済みまたは未開封にする (V3)

この操作は電子メールを開封済みまたは未読としてマークします。

電子メールに返信 (V3)

この操作は電子メールに返信します。

電子メールの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールを取得します。

電子メールをエクスポートする [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールをエクスポートする (V2)を使用してください。

電子メールのコンテンツをエクスポートする。

電子メールを削除する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを削除する (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールを削除します。

電子メールを移動する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを移動する (V2) を使用してください。

この操作により、同じメールボックス内の指定されたフォルダーにメールが移動されます。

電子メールを送信する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを送信する (V2) を使用してください。

この操作により、電子メール メッセージが送信されます。

1 件のイベントの取得 (V3)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーから特定のイベントを取得します。 (V3)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

項目 ID
id True string

イベントを選択する

戻り値

Graph API を使用したクライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

1 件のメールの取得 (V2)

この操作は、ID で電子メールを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

電子メールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを取得する共有メールボックスのアドレス。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

true に設定すると、電子メールと共に添付ファイルのコンテンツも取得されます。

インターネット メッセージ ID
internetMessageId string

インターネット メッセージ ID。

戻り値

Graph クライアントが電子メール メッセージを受信する

HTTP 要求を送信する (プレビュー)

Microsoft Graph REST API リクエストを作成し呼び出します。 次のセグメントがサポートされています: 第 1 セグメント: /me、/users/ 第 2 セグメント: messages、mailFolders、events、calendar、calendars、outlook、inferenceClassification。 詳細情報: https://docs.microsoft.com/en-us/graph/use-the-api。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
URI
Uri True string

完全または相対 URI。 例: https://graph.microsoft.com/{version}/{resource}。

メソッド
Method True string

HTTP メソッド (既定値は GET)。

本文​​
Body binary

要求本文のコンテンツ。

コンテンツタイプ
ContentType string

本文のコンテンツ タイプ ヘッダー (既定はアプリケーション/JSON)。

CustomHeader1
CustomHeader1 string

カスタム ヘッダー 1。 フォーマットに指定: ヘッダー名: ヘッダー値

CustomHeader2
CustomHeader2 string

カスタム ヘッダー 2。 フォーマットに指定: ヘッダー名: ヘッダー値

CustomHeader3
CustomHeader3 string

カスタム ヘッダー 3。 フォーマットに指定: ヘッダー名: ヘッダー値

CustomHeader4
CustomHeader4 string

カスタム ヘッダー 4。 フォーマットに指定: ヘッダー名: ヘッダー値

CustomHeader5
CustomHeader5 string

カスタム ヘッダー 5。 フォーマットに指定: ヘッダー名: ヘッダー値

戻り値

イベントのカレンダー ビューの取得 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントのカレンダー ビューを取得する (V3) を使用してください。

この操作はカレンダーのイベント (定期的インスタンスを含む) をすべて取得します。この場合の繰り返しプロパティは null です。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
calendarId True string

カレンダーを選択してください

開始時間
startDateTimeOffset True string

開始時間 (例: '2017-01-01T08:00:00-07:00')

終了時間
endDateTimeOffset True string

終了時間 (例: '2017-02-01T08:00:00-07:00')

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

検索​​
search string

イベントの本文および件名と一致するテキストを検索する

戻り値

エンティティ一覧の応答

イベントのカレンダー ビューの取得 (V3)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーのイベント (定期的インスタンスを含む) をすべて取得します。 この場合、繰り返しプロパティは null です。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
calendarId True string

カレンダーを選択してください

開始時間
startDateTimeUtc True string

開始時間 (UTC) (例: '2017-01-01T08:00:00')

終了時間
endDateTimeUtc True string

終了時間 (UTC) (例: '2017-02-01T08:00:00')

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

検索​​
search string

イベントの本文および件名と一致するテキストを検索する

戻り値

エンティティ一覧の応答

イベントのカレンダー ビューの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントのカレンダー ビューを取得する (V3) を使用してください。

イベントのカレンダー ビューの取得。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
calendarId True string

カレンダーを選択してください。

開始時間
startDateTimeOffset True string

開始時間 (例: '2017-01-01T08:00:00-07:00')。

終了時間
endDateTimeOffset True string

終了時間 (例: '2017-02-01T08:00:00-07:00')。

戻り値

リストと次のリンクを含む応答

イベントの作成 (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。 (V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
Id string

イベントの一意識別子

回答
Response string
時間
Time date-time
タイプ
Type string
件名
Name string
住所
Address email
ContentType
ContentType string
内容
Content string
本文のプレビュー
BodyPreview string

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

カテゴリ
Categories string
キーの変更
ChangeKey string

このプロパティは、イベント オブジェクトのバージョンを識別します。 イベントが変更されるたびに、ChangeKey も変更されます。

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時間

終了タイム ゾーン
EndTimeZone string

このプロパティは、会議の終了時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

添付ファイルはありますか?
HasAttachments boolean

イベントに添付ファイルがある場合は true に設定します

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

キャンセル済みかどうか?
IsCancelled boolean

イベントがキャンセルされている場合は true に設定する

開催者
IsOrganizer boolean

メッセージの送信者が開催者である場合も true に設定する

表示名
DisplayName string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
高度
Altitude double
緯度
Latitude double
経度
Longitude double
精度
Accuracy double
AltitudeAccuracy
AltitudeAccuracy double
件名
Name string
住所
Address email
タイプ
Type string
間隔
Interval integer
Month integer
DayOfMonth
DayOfMonth integer
DaysOfWeek
DaysOfWeek string
FirstDayOfWeek
FirstDayOfWeek string
インデックス
Index string
タイプ
Type string
StartDate
StartDate date-time
EndDate
EndDate date-time
NumberOfOccurrences
NumberOfOccurrences integer
アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

回答
Response string
時間
Time date-time
シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

表示方法
ShowAs string

空き時間または取り込み中として表示する

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時間

開始タイム ゾーン
StartTimeZone string

このプロパティは、会議の開始時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

タイプ
Type string

イベントの種類: 1 つのインスタンス、、発生、例外、またはシリーズ マスター

Web リンク
WebLink uri

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

理由
Reason string

削除されたイベントの場合、O365 の同期イベント プロトコルによって使用される理由は「削除」されます。

戻り値

バックエンドのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

本文​​
CalendarEventBackend

イベントの作成 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。 (V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body string

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
IsHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

場所
Location string

イベントの場所

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
Recurrence string

イベントの定期的なパターン

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

表示方法
ShowAs string

イベント中に表示する状態

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

戻り値

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントの作成 (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの作成 (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

場所
Location string

イベントの場所

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
Recurrence string

イベントの定期的なパターン

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

表示方法
ShowAs string

イベント中に表示する状態

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

戻り値

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントの作成 (V4)

この操作は、カレンダーに新しいイベントを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

情報カテゴリ
subject True string

イベントの件名

開始時刻
start True date-no-tz

イベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00:00')

終了時刻
end True date-no-tz

イベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00:00')

タイム ゾーン
timeZone True string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
requiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
optionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
resourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

場所
location string

イベントの場所

重要度
importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
isAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
recurrence string

イベントの繰り返し実行のパターン: なし、毎日、毎週、毎月、または毎年

選択した曜日
Selected days of week string
繰り返しの終了日
recurrenceEnd date

繰り返し実行の終了日

発生回数
numberOfOccurences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
reminderMinutesBeforeStart integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

アラーム オン
isReminderOn boolean

イベントをユーザーに通知するようにアラートが設定されている場合は、true に設定します。

表示方法
showAs string

イベント中に表示する状態: 空き時間、保留、取り込み中、oof、workingElsewhere または不明

要求された応答
responseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

秘密度
sensitivity string

可能な値は次のとおりです: 標準、個人、非公開、機密

戻り値

Graph API を使用したクライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントの削除 (V2)

この操作により、カレンダーのイベントが削除されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
calendar True string

カレンダーを選択してください

ID
event True string

イベントを選択する

イベントの削除 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを削除する (V2) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが削除されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
id True string

イベントを選択する

イベントの更新 (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。 (V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
id True string

イベントを選択する

ID
Id string

イベントの一意識別子

回答
Response string
時間
Time date-time
タイプ
Type string
件名
Name string
住所
Address email
ContentType
ContentType string
内容
Content string
本文のプレビュー
BodyPreview string

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

カテゴリ
Categories string
キーの変更
ChangeKey string

このプロパティは、イベント オブジェクトのバージョンを識別します。 イベントが変更されるたびに、ChangeKey も変更されます。

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時間

終了タイム ゾーン
EndTimeZone string

このプロパティは、会議の終了時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

添付ファイルはありますか?
HasAttachments boolean

イベントに添付ファイルがある場合は true に設定します

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

キャンセル済みかどうか?
IsCancelled boolean

イベントがキャンセルされている場合は true に設定する

開催者
IsOrganizer boolean

メッセージの送信者が開催者である場合も true に設定する

表示名
DisplayName string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
高度
Altitude double
緯度
Latitude double
経度
Longitude double
精度
Accuracy double
AltitudeAccuracy
AltitudeAccuracy double
件名
Name string
住所
Address email
タイプ
Type string
間隔
Interval integer
Month integer
DayOfMonth
DayOfMonth integer
DaysOfWeek
DaysOfWeek string
FirstDayOfWeek
FirstDayOfWeek string
インデックス
Index string
タイプ
Type string
StartDate
StartDate date-time
EndDate
EndDate date-time
NumberOfOccurrences
NumberOfOccurrences integer
アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

回答
Response string
時間
Time date-time
シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

表示方法
ShowAs string

空き時間または取り込み中として表示する

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時間

開始タイム ゾーン
StartTimeZone string

このプロパティは、会議の開始時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

タイプ
Type string

イベントの種類: 1 つのインスタンス、、発生、例外、またはシリーズ マスター

Web リンク
WebLink uri

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

理由
Reason string

削除されたイベントの場合、O365 の同期イベント プロトコルによって使用される理由は「削除」されます。

戻り値

バックエンドのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

本文​​
CalendarEventBackend

イベントの更新 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。 (V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
id True string

イベントを選択する

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body string

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
IsHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

場所
Location string

イベントの場所

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
Recurrence string

イベントの定期的なパターン

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

表示方法
ShowAs string

イベント中に表示する状態

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

戻り値

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントの更新 (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントの更新 (V4) を使用してください。

この操作により、カレンダーのイベントが更新されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
id True string

イベントを選択する

情報カテゴリ
Subject True string

イベントの件名

開始時刻
Start True date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End True date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

場所
Location string

イベントの場所

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
Recurrence string

イベントの定期的なパターン

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

表示方法
ShowAs string

イベント中に表示する状態

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

戻り値

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントの更新 (V4)

この操作により、Graph API を使用してカレンダーのイベントが更新されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

ID
id True string

イベントを選択する

情報カテゴリ
subject True string

イベントの件名

開始時刻
start True date-no-tz

イベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00:00')

終了時刻
end True date-no-tz

イベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00:00')

タイム ゾーン
timeZone True string

イベントのタイム ゾーン

必須の出席者
requiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
optionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
resourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

場所
location string

イベントの場所

重要度
importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
isAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
recurrence string

イベントの繰り返し実行のパターン: なし、毎日、毎週、毎月、または毎年

選択した曜日
Selected days of week string
繰り返しの終了日
recurrenceEnd date

繰り返し実行の終了日

発生回数
numberOfOccurences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
reminderMinutesBeforeStart integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

アラーム オン
isReminderOn boolean

イベントをユーザーに通知するようにアラートが設定されている場合は、true に設定します。

表示方法
showAs string

イベント中に表示する状態: 空き時間、保留、取り込み中、oof、workingElsewhere または不明

要求された応答
responseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

秘密度
sensitivity string

可能な値は次のとおりです: 標準、個人、非公開、機密

戻り値

Graph API を使用したクライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベントを取得する (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを取得する (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーから特定のイベントを取得します。(V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

項目 ID
id True string

イベントを選択する

戻り値

バックエンドのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

本文​​
CalendarEventBackend

イベントを取得する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントを取得する (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーから特定のイベントを取得します。(V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

項目 ID
id True string

イベントを選択する

戻り値

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

イベント招待に応答 (V2)

イベント招待に応答する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
イベント ID
event_id True string

応答するイベントの ID。

回答
response True string

イベント招待への回答

コメント
Comment string

コメント

応答を送信しますか?
SendResponse boolean

応答を開催者に送信しますか?

イベント招待に応答する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベント招待に応答する (V2) を使用してください。

イベント招待に応答する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
イベント ID
event_id True string

応答するイベントの ID。

回答
response True string

イベント招待への回答

コメント
Comment string

コメント

応答を送信しますか?
SendResponse boolean

応答を開催者に送信しますか?

オプションを指定してメールを送信

この操作により、複数のオプションを指定してメールを送信し、受信者がいずれかのオプションで返信するのを待ちます。 別のメール クライアントでアクション可能なメッセージのサポートについては、次のリンクを参照してください: https://docs.microsoft.com/outlook/actionable-messages/#outlook-version-requirements-for-actionable-messages。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject string

電子メールの件名

ユーザー オプション
Options string

電子メール応答のカンマ区切りのオプションの一覧

ヘッダー テキスト
HeaderText string

電子メール本文のヘッダー テキスト

選択したテキスト
SelectionText string

ユーザー オプションの選択のヘッダー テキスト

本文​​
Body string

電子メールの本文

重要度
Importance string

重要度

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

HTML メッセージのみで使用します
UseOnlyHTMLMessage boolean

HTML メッセージのみで使用します

HTML メッセージの非表示
HideHTMLMessage boolean

はいに設定すると、メールの本文は非表示になり、メッセージ カードのみが表示されます。 アクション可能なメッセージをサポートしない電子メール クライアントは、パラメーター値に関係なく HTML メッセージを表示します。

HTML の確認ダイアログを表示する
ShowHTMLConfirmationDialog boolean

[はい] に設定すると、HTML メッセージの選択したオプションを確認するメッセージが表示されます

戻り値

承認電子メール応答

本文​​
ApprovalEmailResponse

カレンダーの取得 (V2)

この操作により、使用可能なカレンダーが一覧表示されます。

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

ID
value.id string

カレンダーの ID。 ID は実行時に使用されます。

件名
value.name string

カレンダーの表示名。

所有者
value.owner EmailAddress_V2

カレンダーを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、カレンダーの取得 (V2) を使用してください。

この操作により、使用可能なカレンダーが一覧表示されます。

戻り値

エンティティ一覧の応答

メールにフラグを設定 (V2)

この操作は、電子メールのフラグを更新します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

フラグを設定するメールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを更新する共有メールボックスのアドレス。

フラグの状態
flagStatus string

フラグの状態

メールにフラグを設定 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メールにフラグを設定 (V2) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグを立てます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

フラグを設定するメールの ID。

メールに返信する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールに返信する (V3) を使用してください。

この操作は電子メールに返信します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

返信するメールの ID。

発信先
To email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

CC
Cc email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

BCC
Bcc email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

情報カテゴリ
Subject string

メールの件名 (空の場合は、元の件名が使用されます)。

本文​​
Body string

メールの内容。

全員へ返信
ReplyAll boolean

すべての受信者に返信する場合は True。 (既定: False)

HTML かどうか
IsHtml boolean

返信を HTML として送信する場合は True。 (既定: True)

重要度
Importance string

重要性を選択してください。 (既定: 低)

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

返信に使用する共有メールボックスのアドレス。

メールに返信する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールに返信する (V3) を使用してください。

この操作は電子メールに返信します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

返信するメールの ID。

コメント
comment True string

コメントに返信する。

全員へ返信
replyAll boolean

すべての受信者に返信します。

メールのエクスポート (V2)

電子メールのコンテンツを EML ファイル形式でエクスポートします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

エクスポートする電子メールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

エクスポート元の共有メールボックスのアドレス。

戻り値

応答
binary

メールの削除 (V2)

この操作は、ID で電子メールを削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

削除するメールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メール削除対象の共有メールボックスのアドレス。

メールの移動 (V2)

この操作により、同じメールボックス内の指定されたフォルダーにメールが移動されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

移動する電子メールの ID。

フォルダー
folderPath True string

電子メールを移動するメール フォルダー。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メール移動元の共有メールボックスのアドレス。

戻り値

Graph クライアントが電子メール メッセージを受信する

メールの転送 (V2)

メールを転送する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
message_id True string

転送するメッセージの ID です。 (トリガーや 'メールの取得' アクションの出力によって 'メッセージ ID' を使用できます)

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メール転送元の共有メールボックスのアドレス。

コメント
Comment string

コメント

発信先
ToRecipients True string

メッセージを転送する受信者のセミコロンで区切った一覧

メールの送信 (V2)

この操作により、電子メール メッセージが送信されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject True string

メールの件名を指定します

本文​​
Body True html

メールの本文を指定します

送信元 (送信)
From email

メールの送信元の電子メール アドレス (そのメールボックスの「送信」または「代理人として送信」のアクセス許可が必要)。 アクセス許可の付与の詳細については、https://docs.microsoft.com/office365/admin/manage/send-email-as-distribution-list を参照してください

CC
Cc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

BCC
Bcc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

件名
Name True string

添付ファイル名

Description
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

秘密度
Sensitivity string

秘密度

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

重要度
Importance string

重要度

メールを転送する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メールを転送する (V2) を使用してください。

メールを転送する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
message_id True string

転送するメッセージの ID です。

コメント
Comment string

コメント

発信先
ToRecipients True string

メッセージを転送する受信者のセミコロンで区切った一覧

メールボックスのメールのヒントを取得 (V2)

自動応答/OOF メッセージやメール ボックスがいっぱいの場合など、メール ボックスに関するメール ヒントを取得します。 これは GccHigh や Mooncake では利用できません。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
電子メール アドレス
Email Addresses string

戻り値

名前 パス 説明
value array of MailTipsClientReceive_V2

メールボックスのメールのヒントを取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メール ボックスに関するメール ヒントを取得 (V2) を使用してください。

自動応答/OOF メッセージやメール ボックスがいっぱいの場合など、メール ボックスに関するメール ヒントを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress True string

メールのヒントを取得するメールボックスのアドレス。

戻り値

呼び出し元に返されたメールのヒント クライアント モデル

本文​​
MailTipsClientReceive

会議の時間を検索 (V2)

開催者、出席者の空き状況、時間または場所の制約に基づく、会議の時間を検索の提案

パラメーター

名前 キー 必須 説明
必須の出席者
RequiredAttendees string

セミコロン区切られた電子メール アドレスの一覧

任意出席者
OptionalAttendees string

セミコロン区切られた電子メール アドレスの一覧

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

会議の期間
MeetingDuration integer

会議の期間 (分)

開始時刻
Start date-time

会議時間の提案の開始時間

終了時刻
End date-time

会議時間の提案の終了時間

最大候補数
MaxCandidates integer

応答で返される会議の提案の最大数

最小出席者の割合
MinimumAttendeePercentage string

応答で返される時間帯に必要な最小信頼度

開催者は任意かどうか?
IsOrganizerOptional boolean

開催者が出席する必要がない場合は true。 既定値は false

活動ドメイン
ActivityDomain string

仕事、個人用、無制限、または不明

戻り値

名前 パス 説明
提案が空である理由
emptySuggestionsReason string

提案が空である理由

会議時間の提案
meetingTimeSuggestions MeetingTimeSuggestions_V2

会議時間の提案

会議の時間を検索 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、会議の時間を検索 (V2) を使用してください。

開催者、出席者の空き状況、時間または場所の制約に基づく、会議の時間を検索の提案

パラメーター

名前 キー 必須 説明
必須の出席者
RequiredAttendees string

セミコロン区切られた電子メール アドレスの一覧

任意出席者
OptionalAttendees string

セミコロン区切られた電子メール アドレスの一覧

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

会議の期間
MeetingDuration integer

会議の期間 (分)

開始時刻
Start date-time

会議時間の提案の開始時間

終了時刻
End date-time

会議時間の提案の終了時間

最大候補数
MaxCandidates integer

応答で返される会議の提案の最大数

最小出席者の割合
MinimumAttendeePercentage string

応答で返される時間帯に必要な最小信頼度

開催者は任意かどうか?
IsOrganizerOptional boolean

開催者が出席する必要がない場合は true。 既定値は false

活動ドメイン
ActivityDomain string

仕事、個人用、無制限、または不明

戻り値

名前 パス 説明
提案が空である理由
EmptySuggestionsReason string

提案が空である理由

会議時間の提案
MeetingTimeSuggestions MeetingTimeSuggestions

会議時間の提案

会議室の取得 (V2)

ユーザーのテナントで定義されているすべての会議室の一覧を取得する

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.name string

件名

住所
value.address string

住所

会議室リストから会議室を取得 (V2)

指定された部屋の一覧の部屋を取得する

パラメーター

名前 キー 必須 説明
部屋の一覧
room_list True string

部屋を見つけるための部屋一覧

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.name string

件名

住所
value.address string

住所

会議室リストの取得 (V2)

ユーザーのテナントで定義されているすべての部屋の一覧を取得する

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.name string

件名

住所
value.address string

住所

共有メールボックスからメールを送信 (V2)

この操作は、共有メールボックスから電子メールを送信します。 この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
元のメールボックスのアドレス
MailboxAddress True email

someone@contoso.com のような共有メールボックスの電子メール アドレスを指定する

発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject True string

メールの件名を指定します

本文​​
Body True html

メールの本文を指定します

CC
Cc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

BCC
Bcc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

重要度
Importance string

重要度

共有メールボックスからメールを送信します [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、共有メールボックスからメールを送信 (V2) を使用してください。

この操作は、共有メールボックスから電子メールを送信します。この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
元のメールボックスのアドレス
MailboxAddress True email

someone@contoso.com のような共有メールボックスの電子メール アドレスを指定する

発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject True string

メールの件名を指定します

本文​​
Body True string

メールの本文を指定します

CC
Cc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

BCC
Bcc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

重要度
Importance string

重要度

HTML かどうか
IsHtml boolean

HTML かどうか?

承認のメールを送信する

この操作により承認メールを送信し、宛先からの応答を待ちます。 別のメール クライアントでアクション可能なメッセージのサポートについては、次のリンクを参照してください: https://docs.microsoft.com/outlook/actionable-messages/#outlook-version-requirements-for-actionable-messages。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject string

情報カテゴリ

ユーザー オプション
Options string

ユーザー オプション

ヘッダー テキスト
HeaderText string

電子メール本文のヘッダー テキスト

選択したテキスト
SelectionText string

ユーザー オプションの選択のヘッダー テキスト

本文​​
Body string

本文​​

重要度
Importance string

重要度

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

HTML メッセージのみで使用します
UseOnlyHTMLMessage boolean

HTML メッセージのみで使用します

HTML メッセージの非表示
HideHTMLMessage boolean

はいに設定すると、メールの本文は非表示になり、メッセージ カードのみが表示されます。 アクション可能なメッセージをサポートしない電子メール クライアントは、パラメーター値に関係なく HTML メッセージを表示します。

HTML の確認ダイアログを表示する
ShowHTMLConfirmationDialog boolean

[はい] に設定すると、HTML メッセージの選択したオプションを確認するメッセージが表示されます

戻り値

承認電子メール応答

本文​​
ApprovalEmailResponse

添付ファイルを取得する (V2)

この操作は、ID で電子メールの添付ファイルを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

電子メールの ID。

添付ファイル ID
attachmentId True string

ダウンロードする添付ファイルの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

添付ファイル取得元の共有メールボックスのアドレス。

戻り値

名前 パス 説明
ID
id string

添付ファイルの ID。

件名
name string

添付ファイルの名前。

コンテンツ タイプ
contentType string

添付ファイルのコンテンツ タイプです。

サイズ
size integer

添付ファイルのサイズ。

コンテンツのバイト数
contentBytes byte

添付ファイルのコンテンツ。

インラインかどうか
isInline boolean

この添付ファイルがインラインの場合は true に設定します。

最終更新日時
lastModifiedDateTime date-time

添付ファイルが最後に修正された日時。

コンテンツ ID
contentId string

コンテンツ ID

添付ファイルを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、添付ファイルを取得する (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールの添付ファイルを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

電子メールの ID。

添付ファイル ID
attachmentId True string

ダウンロードする添付ファイルの ID。

戻り値

応答
binary

自動応答の設定 (V2)

メールボックスに自動返信設定を設定する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
ステータス
status True string

自動返信設定状態

External Audience
externalAudience True string

外部返信メッセージが表示される対象者

日時
dateTime string

スケジュールされた開始時間 (例: '2017-08-29T04:00:00.0000000')

TimeZone
timeZone string

TimeZone (例: '太平洋標準時')

日時
dateTime string

スケジュールされた終了時間 (例: '2017-08-29T05:00:00.0000000')

TimeZone
timeZone string

TimeZone (例: '太平洋標準時')

内部の応答メッセージ
internalReplyMessage string

組織内のユーザーへのメッセージ

外部の応答メッセージ
externalReplyMessage string

組織外のユーザーへのメッセージ

戻り値

名前 パス 説明
automaticRepliesSetting
automaticRepliesSetting AutomaticRepliesSettingClient_V2

コネクタの自動返信設定モデル

自動応答の設定 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、自動応答の設定 (V2) を使用してください。

メールボックスに自動返信設定を設定する。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
ステータス
Status True string

自動返信設定状態

External Audience
ExternalAudience True string

外部返信メッセージが表示される対象者

開始時間
ScheduledStartDateTimeOffset string

スケジュールされた開始時間 (例: '2016-11-01T15:30:00-00:00Z')

終了時間
ScheduledEndDateTimeOffset string

スケジュールされた終了時間 (例: '2016-11-01T15:30:00-00:00Z')

内部の応答メッセージ
InternalReplyMessage string

組織内のユーザーへのメッセージ

外部の応答メッセージ
ExternalReplyMessage string

組織外のユーザーへのメッセージ

複数のイベントの取得 (V4)

この操作は、Graph API を使用してカレンダーから複数のイベントを取得します。 (V4)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

Graph API によって返されるカレンダー項目の一覧

複数のイベントを取得する (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

エンティティ一覧の応答

複数のイベントを取得する (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

エンティティ一覧の応答

複数のイベントを取得する (V3) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数のイベントを取得する (V4) を使用してください。

この操作は、カレンダーから複数のイベントを取得します。(V3)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

複数のメールの取得 (V3)

この操作は、Graph API を介してフォルダーから電子メールを取得します。 次のフィールドに関連するフィルター処理は、指定されたメール フォルダーの最初の 250 アイテムを使用して実行されます: To、CC、To または CC、送信者、重要度、添付ファイルのあるもののに取り込む、件名フィルター。 制限を回避するために、「検索クエリ」フィールドを使用することができます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

電子メールを取得するメール フォルダー (既定: 「Inbox」)。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

未読のメッセージのみ取り込む
fetchOnlyUnread boolean

未読の電子メールのみを取得しますか?。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを取得する共有メールボックスのアドレス。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

true に設定すると、電子メールと共に添付ファイルのコンテンツも取得されます。

検索クエリ
searchQuery string

メールをフィルター処理する検索クエリです。 「$search」パラメーターの使用方法については、https://docs.microsoft.com/graph/query-parameters#search-parameter を参照してください。

上詰め
top integer

取得するメールの件数 (既定: 10, 最大: 25)。

戻り値

バッチ応答のラッパー オブジェクトを表します

複数の部屋を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、複数の部屋を取得する (V2) を使用してください。

ユーザーのテナントで定義されているすべての会議室の一覧を取得する

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.Name string

件名

住所
value.Address string

住所

複数の電子メールの取得 (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V3) を使用してください。

この操作はフォルダーから電子メールを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

電子メールを取得するメール フォルダー (既定: 「Inbox」)。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

未読のメッセージのみ取り込む
fetchOnlyUnread boolean

未読の電子メールのみを取得しますか?。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

true に設定すると、電子メールと共に添付ファイルのコンテンツも取得されます。

検索クエリ
searchQuery string

電子メールをフィルター処理する検索クエリ (Outlook クライアントなど)。

上詰め
top integer

取得するメールの件数です (既定値: 10)。

戻り値

バッチ応答のラッパー オブジェクトを表します

複数の電子メールの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V3) を使用してください。

この操作はフォルダーから電子メールを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

電子メールを取得するメール フォルダー (既定: 「Inbox」)。

未読のメッセージのみ取り込む
fetchOnlyUnread boolean

未読の電子メールのみを取得しますか?。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

true に設定すると、電子メールと共に添付ファイルのコンテンツも取得されます。

検索クエリ
searchQuery string

電子メールをフィルター処理する検索クエリ (Outlook クライアントなど)。

上詰め
top integer

取得するメールの件数です (既定値: 10)。

戻り値

連絡先のフォルダーを取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先のフォルダーの取得 (V2) を使用してください。

この操作により、使用可能な連絡先フォルダーが一覧表示されます。

戻り値

エンティティ一覧の応答

連絡先の作成 (V2)

この操作では、連絡先フォルダー内に新しい連絡先を作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
parentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
fileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
displayName string

連絡先の表示名

指定された名前
givenName True string

連絡先の名

イニシャル
initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
middleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
nickName string

連絡先のニックネーム

surname string

連絡先の姓

敬称
title string

連絡先の役職

生成
generation string

連絡先の生成

名前
name string
アドレス
address email
IM アドレス
IM addresses string
JobTitle
jobTitle string

連絡先の役職

会社名
companyName string

連絡先の会社の名前

部署
department string

連絡先の部署

オフィスの場所
officeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
businessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
assistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
manager string

連絡先の上司の名前

自宅電話
Home phones string
勤務先電話番号
Business phones string
携帯電話
mobilePhone string

連絡先の携帯電話番号

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

フリガナ (会社名)
yomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
yomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
yomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
Categories string
キーの変更
changeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
createdDateTime date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
lastModifiedDateTime date-time

連絡先が修正された時間

戻り値

連絡先

本文​​
ContactResponse_V2

連絡先の写真の更新

現在のユーザーの指定された連絡先の写真を更新します。 写真のサイズは 4 MB未満にする必要があります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

連絡先フォルダーを選択します

項目 ID
id True string

写真を更新する連絡先を表す一意識別子

画像コンテンツ
body True binary

画像コンテンツ

連絡先の削除 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
id True string

削除する連絡先を表す一意識別子

連絡先の取得 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから特定の連絡先を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

連絡先フォルダーを選択します

項目 ID
id True string

取得する連絡先を表す一意の識別子

戻り値

連絡先

本文​​
ContactResponse_V2

連絡先の取得 (V2)

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

取得する連絡先のフォルダを表す一意の識別子

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

エンティティ一覧の応答

連絡先の更新 (V2)

この操作では、連絡先フォルダー内の連絡先を更新します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
folder True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
id True string

更新する連絡先を表す一意識別子

ID
id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
parentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
fileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
displayName string

連絡先の表示名

指定された名前
givenName True string

連絡先の名

イニシャル
initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
middleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
nickName string

連絡先のニックネーム

surname string

連絡先の姓

敬称
title string

連絡先の役職

生成
generation string

連絡先の生成

名前
name string
アドレス
address email
IM アドレス
IM addresses string
JobTitle
jobTitle string

連絡先の役職

会社名
companyName string

連絡先の会社の名前

部署
department string

連絡先の部署

オフィスの場所
officeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
businessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
assistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
manager string

連絡先の上司の名前

自宅電話
Home phones string
勤務先電話番号
Business phones string
携帯電話
mobilePhone string

連絡先の携帯電話番号

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

フリガナ (会社名)
yomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
yomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
yomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
Categories string
キーの変更
changeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
createdDateTime date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
lastModifiedDateTime date-time

連絡先が修正された時間

戻り値

連絡先

本文​​
ContactResponse_V2

連絡先を作成する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を作成する (V2) を使用してください。

この操作では、連絡先フォルダー内に新しい連絡先を作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
table True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
Id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
ParentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
Birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
FileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
DisplayName string

連絡先の表示名

指定された名前
GivenName True string

連絡先の名

イニシャル
Initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
MiddleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
NickName string

連絡先のニックネーム

Surname string

連絡先の姓

敬称
Title string

連絡先の役職

生成
Generation string

連絡先の生成

件名
Name string
住所
Address email
IM アドレス
IM addresses string
JobTitle
JobTitle string

連絡先の役職

会社名
CompanyName string

連絡先の会社の名前

部署
Department string

連絡先の部署

オフィスの場所
OfficeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
Profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
BusinessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
AssistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
Manager string

連絡先の上司の名前

自宅電話
Home phones string
勤務先電話番号
Business phones string
携帯電話
MobilePhone1 string

連絡先の携帯電話番号

番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
フリガナ (会社名)
YomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
YomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
YomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
Categories string
キーの変更
ChangeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
DateTimeCreated date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

連絡先が修正された時間

戻り値

連絡先の応答

本文​​
ContactResponse

連絡先を削除する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を削除する (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
table True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
id True string

削除する連絡先を表す一意識別子

連絡先を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先の取得 (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから特定の連絡先を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
table True string

連絡先フォルダーを選択します

項目 ID
id True string

取得する連絡先を表す一意の識別子

戻り値

連絡先の応答

本文​​
ContactResponse

連絡先を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先の取得 (V2) を使用してください。

この操作は、連絡先のフォルダーから連絡先を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
table True string

取得する連絡先のフォルダを表す一意の識別子

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限する ODATA フィルター クエリです (例: stringColumn eq 'string' OR numberColumn lt 123)。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

エンティティ一覧の応答

連絡先を更新する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、連絡先を更新する (V2) を使用してください。

この操作では、連絡先フォルダー内の連絡先を更新します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー ID
table True string

連絡先フォルダーを選択します

ID
id True string

更新する連絡先を表す一意識別子

ID
Id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
ParentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
Birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
FileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
DisplayName string

連絡先の表示名

指定された名前
GivenName True string

連絡先の名

イニシャル
Initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
MiddleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
NickName string

連絡先のニックネーム

Surname string

連絡先の姓

敬称
Title string

連絡先の役職

生成
Generation string

連絡先の生成

件名
Name string
住所
Address email
IM アドレス
IM addresses string
JobTitle
JobTitle string

連絡先の役職

会社名
CompanyName string

連絡先の会社の名前

部署
Department string

連絡先の部署

オフィスの場所
OfficeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
Profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
BusinessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
AssistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
Manager string

連絡先の上司の名前

自宅電話
Home phones string
勤務先電話番号
Business phones string
携帯電話
MobilePhone1 string

連絡先の携帯電話番号

番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string
フリガナ (会社名)
YomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
YomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
YomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
Categories string
キーの変更
ChangeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
DateTimeCreated date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

連絡先が修正された時間

戻り値

連絡先の応答

本文​​
ContactResponse

連絡先フォルダーの取得 (V2)

この操作により、Graph API を使用して使用可能な連絡先フォルダーが一覧表示されます

戻り値

エンティティ一覧の応答

部屋の一覧から部屋を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、部屋の一覧から部屋を取得する (V2) を使用してください。

指定された部屋の一覧の部屋を取得する

パラメーター

名前 キー 必須 説明
部屋の一覧
room_list True string

部屋を見つけるための部屋一覧

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.Name string

件名

住所
value.Address string

住所

部屋の一覧を取得する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、部屋の一覧を取得する (V2) を使用してください。

ユーザーのテナントで定義されているすべての部屋の一覧を取得する

戻り値

名前 パス 説明
value array of object

件名
value.Name string

件名

住所
value.Address string

住所

開封済みとしてマーク [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、開封済みまたは未読としてマーク (V3) を使用してください。

この操作は電子メールを開封済みとしてマークします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

開封済みとしてマークする電子メールの ID。

開封済みまたは未読にする (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、開封済みまたは未読としてマーク (V3) を使用してください。

この操作は電子メールを開封済みまたは未読としてマークします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

マークする電子メールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを更新する共有メールボックスのアドレス。

マークの種類
isRead boolean

開封済みまたは未読としてマークする。

開封済みまたは未開封にする (V3)

この操作は電子メールを開封済みまたは未読としてマークします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

マークする電子メールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを更新する共有メールボックスのアドレス。

マークの種類
isRead True boolean

開封済みまたは未読としてマークする。

電子メールに返信 (V3)

この操作は電子メールに返信します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

返信するメールの ID。

発信先
To email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

CC
Cc email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

BCC
Bcc email

例 : recipient1@domain.com; recipient2@domain.com

情報カテゴリ
Subject string

メールの件名 (空の場合は、元の件名が使用されます)。

本文​​
Body html

メールの内容。

全員へ返信
ReplyAll boolean

すべての受信者に返信する場合は True。 (既定: False)

重要度
Importance string

重要性を選択してください。 (既定: 低)

件名
Name True string

添付ファイル名

内容
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

返信に使用する共有メールボックスのアドレス。

電子メールの取得 [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールの取得 (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

電子メールの ID。

元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress string

メールを取得する共有メールボックスのアドレス。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

true に設定すると、電子メールと共に添付ファイルのコンテンツも取得されます。

インターネット メッセージ ID
internetMessageId string

インターネット メッセージ ID。

戻り値

電子メールのメッセージを受信する

電子メールをエクスポートする [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールをエクスポートする (V2)を使用してください。

電子メールのコンテンツをエクスポートする。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

エクスポートする電子メールの ID。

戻り値

応答
binary

電子メールを削除する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを削除する (V2) を使用してください。

この操作は、ID で電子メールを削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

削除するメールの ID。

電子メールを移動する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを移動する (V2) を使用してください。

この操作により、同じメールボックス内の指定されたフォルダーにメールが移動されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
メッセージ ID
messageId True string

移動する電子メールの ID。

フォルダー
folderPath True string

電子メールを移動するメール フォルダー。

戻り値

電子メールのメッセージを受信する

電子メールを送信する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールを送信する (V2) を使用してください。

この操作により、電子メール メッセージが送信されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
送信元 (送信)
From email

メールの送信元の電子メール アドレス (そのメールボックスの「送信」または「代理人として送信」のアクセス許可が必要)。 アクセス許可の付与の詳細については、https://docs.microsoft.com/office365/admin/manage/send-email-as-distribution-list を参照してください

CC
Cc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

BCC
Bcc email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

発信先
To True email

someone@contoso.com のような電子メール アドレスをセミコロンで区切って指定します

情報カテゴリ
Subject True string

メールの件名を指定します

本文​​
Body True string

メールの本文を指定します

件名
Name True string

添付ファイル名

Description
ContentBytes True byte

添付ファイルのコンテンツ

秘密度
Sensitivity string

秘密度

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

重要度
Importance string

重要度

HTML かどうか
IsHtml boolean

HTML かどうか?

トリガー

イベントが変更されたとき (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが修正されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V1)

イベントが変更されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが修正されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V2)

イベントが変更されたとき (V3)

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V3)

イベントが追加、更新、または削除されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが追加、更新、削除されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。 (V2)

イベントが追加、更新、または削除されたとき (V3)

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。 (V3) これは、Mooncake では使用できません。

イベントが追加、更新、または削除されたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが追加、更新、削除されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。

メールにフラグが設定されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールにフラグが設定されたとき (V4) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

メールにフラグが設定されたとき (V3)

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

メールにフラグが設定されたとき (V4) (プレビュー)

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

メールにフラグが設定されたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールにフラグが設定されたとき (V4) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3) を使用してください。

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3)

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

予定しているイベントがすぐに開始されるとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3) を使用してください。

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

新しいイベントが作成されたとき (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいイベントが作成されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V1)

新しいイベントが作成されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいイベントが作成されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V2)

新しいイベントが作成されたとき (V3)

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V3)

新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2)

この操作は、共有メールボックスに新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

新しいメールが共有メールボックスに届いたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが共有メールボックスに届いたときにフローをトリガーします。この操作を正常に実行させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。ままた、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

新しいメールが届いたとき (V3)

この操作は、新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

新しい電子メールを受信したとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

新しい電子メールを受信したとき (webhook) [非推奨]

この操作は、新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。

新しい電子メールを受信したとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メンションされた新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、自分をメンションした新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V3)

この操作は、自分をメンションした新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

自分をメンションした新しいメールが届いたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メンションされた新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、自分をメンションした新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

イベントが変更されたとき (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが修正されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

本文​​
CalendarEventList

イベントが変更されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが修正されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

イベントが変更されたとき (V3)

この操作は、カレンダーのイベントが修正されたときにフローを実行します。 (V3)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

Graph API によって返されるカレンダー項目の一覧

イベントが追加、更新、または削除されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが追加、更新、削除されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。 (V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

追跡される受信日
incomingDays integer

追跡されるカレンダーの受信日数

追跡経過日数
pastDays integer

追跡されるカレンダーの経過日数

戻り値

カレンダー項目とアクションの種類の一覧

イベントが追加、更新、または削除されたとき (V3)

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。 (V3) これは、Mooncake では使用できません。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

追跡される受信日
incomingDays integer

追跡されるカレンダーの受信日数

追跡経過日数
pastDays integer

追跡されるカレンダーの経過日数

戻り値

カレンダー項目とアクションの種類の一覧

イベントが追加、更新、または削除されたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、イベントが追加、更新、削除されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、カレンダーにおいて新しいイベントの追加、更新、削除が行われたときにフローを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

追跡される受信日
incomingDays integer

追跡されるカレンダーの受信日数

追跡経過日数
pastDays integer

追跡されるカレンダーの経過日数

戻り値

カレンダー項目とアクションの種類の一覧

メールにフラグが設定されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールにフラグが設定されたとき (V4) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

メールにフラグが設定されたとき (V3)

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

メールにフラグが設定されたとき (V4) (プレビュー)

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

メールにフラグが設定されたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、電子メールにフラグが設定されたとき (V4) を使用してください。

この操作は、電子メールにフラグが設定されたときにフローをトリガーします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3) を使用してください。

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを表す一意識別子です。

先読み時間
lookAheadTimeInMinutes integer

今後のイベントを先読みする時間 (分単位)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3)

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを表す一意識別子です。

先読み時間
lookAheadTimeInMinutes integer

今後のイベントを先読みする時間 (分単位)。

戻り値

Graph API によって返されるカレンダー項目の一覧

予定しているイベントがすぐに開始されるとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、予定しているイベントがすぐに開始されるとき (V3) を使用してください。

この操作は、今後のカレンダー イベントが開始するときにフローを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを表す一意識別子です。

先読み時間
lookAheadTimeInMinutes integer

今後のイベントを先読みする時間 (分単位)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

本文​​
CalendarEventList

新しいイベントが作成されたとき (V1) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいイベントが作成されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V1)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

本文​​
CalendarEventList

新しいイベントが作成されたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいイベントが作成されたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V2)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

カレンダー項目の一覧

新しいイベントが作成されたとき (V3)

この操作は、新しいイベントをカレンダーに作成するときにフローにトリガーをかけます。 (V3)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
カレンダー ID
table True string

カレンダーを選択してください

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

戻り値

Graph API によって返されるカレンダー項目の一覧

新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2)

この操作は、共有メールボックスに新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 この操作を成功させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress True string

共有メールボックスのアドレス。

フォルダー
folderId string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
hasAttachments boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

新しいメールが共有メールボックスに届いたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しいメールが共有メールボックスに届いたとき (V2) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが共有メールボックスに届いたときにフローをトリガーします。この操作を正常に実行させるには、アカウントにメールボックスにアクセスするアクセス許可が必要です。この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。ままた、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
元のメールボックスのアドレス
mailboxAddress True string

共有メールボックスのアドレス。

フォルダー
folderId string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
hasAttachments boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

新しいメールが届いたとき (V3)

この操作は、新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

新しい電子メールを受信したとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

新しい電子メールを受信したとき (webhook) [非推奨]

この操作は、新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

重要度
importance string

受信した電子メールの重要度 (「指定なし」、「高」、「標準」、「低」)。

添付ファイルの有無
hasAttachment string

電子メールに添付ファイルがあるかどうか (「任意」、「はい」、「いいえ」)。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

新しい電子メールを受信したとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V2) [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メンションされた新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、自分をメンションした新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

自分をメンションした新しいメールが届いたとき (V3)

この操作は、自分をメンションした新しいメールが届いたときにフローをトリガーします。 メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい値を上回っているメールは、スキップされます。 また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

自分をメンションした新しいメールが届いたとき [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりに、メンションされた新しい電子メールが届いたとき (V3) を使用してください。

この操作は、自分をメンションした新しい電子メールが届いたときにフローをトリガーします。メッセージの合計サイズが Exchange 管理者によって指定された上限値または 50 MB のどちらか小さい方の値を上回っているメールは、スキップされます。また、保護された電子メールや、本文や添付ファイルが無効な電子メールをスキップする場合もあります。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
フォルダー
folderPath string

新しい電子メールをチェックするメール フォルダー。

発信先
to email

セミコロンで区切られた受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

CC
cc email

セミコロンで区切られた CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

送信先または CC
toOrCc email

セミコロンで区切られた送信先または CC の受信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

From
from email

セミコロンで区切られた送信者の電子メール アドレス (一致する場合にトリガーが実行される)。

重要度
importance string

電子メールの重要度 (指定なし、高、標準、低)。

添付ファイルがある場合のみ
fetchOnlyWithAttachment boolean

true に設定すると、添付ファイルのある電子メールのみが取得されます。 添付ファイルのない電子メールはスキップされます。 false に設定すると、すべての電子メールが取得されます。

添付ファイルを含む
includeAttachments boolean

トリガーの応答に添付ファイルのコンテンツを含める必要があるかどうか。

件名フィルター
subjectFilter string

件名行内で検索する文字列です。

戻り値

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

定義

CalendarEventList

カレンダー項目の一覧

名前 パス 説明
value array of CalendarEventBackend

カレンダー項目の一覧

CalendarEventBackend

バックエンドのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

名前 パス 説明
ID
Id string

イベントの一意識別子

出席者
Attendees array of Attendee

イベントの出席者の一覧

本文​​
Body ItemBody
本文のプレビュー
BodyPreview string

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

カテゴリ
Categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

キーの変更
ChangeKey string

このプロパティは、イベント オブジェクトのバージョンを識別します。 イベントが変更されるたびに、ChangeKey も変更されます。

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

終了時刻
End date-time

イベントの終了時間

終了タイム ゾーン
EndTimeZone string

このプロパティは、会議の終了時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

添付ファイルはありますか?
HasAttachments boolean

イベントに添付ファイルがある場合は true に設定します

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

キャンセル済みかどうか?
IsCancelled boolean

イベントがキャンセルされている場合は true に設定する

開催者
IsOrganizer boolean

メッセージの送信者が開催者である場合も true に設定する

場所
Location Location
開催者
Organizer Recipient
繰り返し
Recurrence PatternedRecurrence
アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

ResponseStatus
ResponseStatus ResponseStatus
シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

表示方法
ShowAs string

空き時間または取り込み中として表示する

開始時刻
Start date-time

イベントの開始時間

開始タイム ゾーン
StartTimeZone string

このプロパティは、会議の開始時間のタイム ゾーンを指定します。 値は、Windows で定義されているとおりである必要があります (例: 「太平洋標準時」)。

情報カテゴリ
Subject string

イベントの件名

タイプ
Type string

イベントの種類: 1 つのインスタンス、、発生、例外、またはシリーズ マスター

Web リンク
WebLink uri

イベントに関連付けられているメッセージのプレビュー

理由
Reason string

削除されたイベントの場合、O365 の同期イベント プロトコルによって使用される理由は「削除」されます。

出席者

名前 パス 説明
ステータス
Status ResponseStatus
タイプ
Type string
EmailAddress
EmailAddress EmailAddress

ItemBody

名前 パス 説明
ContentType
ContentType string
内容
Content string

場所

名前 パス 説明
表示名
DisplayName string
住所
Address PhysicalAddress
座標
Coordinates GeoCoordinates

受信者

名前 パス 説明
EmailAddress
EmailAddress EmailAddress

PatternedRecurrence

名前 パス 説明
パターン
Pattern RecurrencePattern
範囲
Range RecurrenceRange

ResponseStatus

名前 パス 説明
回答
Response string
時間
Time date-time

EmailAddress

名前 パス 説明
件名
Name string
住所
Address email

PhysicalAddress

名前 パス 説明
番地
Street string
City string
完了状態
State string
CountryOrRegion
CountryOrRegion string
PostalCode
PostalCode string

GeoCoordinates

名前 パス 説明
高度
Altitude double
緯度
Latitude double
経度
Longitude double
精度
Accuracy double
AltitudeAccuracy
AltitudeAccuracy double

RecurrencePattern

名前 パス 説明
タイプ
Type string
間隔
Interval integer
Month integer
DayOfMonth
DayOfMonth integer
DaysOfWeek
DaysOfWeek array of string
FirstDayOfWeek
FirstDayOfWeek string
インデックス
Index string

RecurrenceRange

名前 パス 説明
タイプ
Type string
StartDate
StartDate date-time
EndDate
EndDate date-time
NumberOfOccurrences
NumberOfOccurrences integer

CalendarEventListClientReceive

カレンダー項目の一覧

名前 パス 説明
value array of CalendarEventClientReceive

カレンダー項目の一覧

CalendarEventClientReceive

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

名前 パス 説明
情報カテゴリ
Subject string

イベントの件名

開始時刻
Start date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

表示方法
ShowAs integer

イベント中に表示する状態 (不明 - -1、空き時間 - 0、保留 - 1、取り込み中 - 2、Oof - 3、workingElsewhere - 4)

繰り返し
Recurrence integer

イベントの繰り返し実行のパターン (なし - 0、毎日 - 1、毎週 - 2、毎月 - 3、毎年 - 4)

応答の種類
ResponseType integer

イベントの応答の種類 (なし - 0、開催者 - 1、TentativelyAccepted - 2、承諾済み - 3、拒否済み - 4、NotResponded - 5)

応答時間
ResponseTime date-time

イベントの応答時間

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

重要度
Importance integer

イベントの重要度 (0 - 低、1 - 標準、2 - 高)

ID
Id string

イベントの一意識別子

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

開催者
Organizer email

イベントの開催者

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

カテゴリ
Categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

Web リンク
WebLink uri

Outlook Web App でイベントを開くための URL

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body string

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
IsHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

場所
Location string

イベントの場所

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

GraphCalendarEventListClientReceive

Graph API によって返されるカレンダー項目の一覧

名前 パス 説明
value array of GraphCalendarEventClientReceive

カレンダー項目の一覧

GraphCalendarEventClientReceive

Graph API を使用したクライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

名前 パス 説明
情報カテゴリ
subject string

イベントの件名

開始時刻
start date-no-tz

イベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00:00.0000000')

終了時刻
end date-no-tz

イベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00:00.0000000')

タイムゾーンが指定された開始時刻
startWithTimeZone date-time

タイムゾーンが指定されたイベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00: 00.0000000 + 00:00')

タイム ゾーンが指定された終了時刻
endWithTimeZone date-time

タイム ゾーンが指定されたイベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00: 00.0000000 + 00:00')

本文​​
body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
isHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

応答の種類
responseType string

イベントの応答の種類 (なし、開催者、tentativelyAccepted、承諾済み、拒否済み、または NotResponded)

応答時間
responseTime date-time

イベントの応答時間

ID
id string

イベントの一意識別子

作成時刻
createdDateTime date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
lastModifiedDateTime date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

開催者
organizer email

イベントの開催者

タイム ゾーン
timeZone string

イベントのタイム ゾーン

シリーズ マスター ID
seriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

iCalUId
iCalUId string

カレンダー間のイベントの一意の識別子。 この ID は、定期的な繰り返しの発生ごとに異なります

カテゴリ
categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

Web リンク
webLink uri

Outlook Web App でイベントを開くための URL

必須の出席者
requiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
optionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
resourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

場所
location string

イベントの場所

重要度
importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
isAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
recurrence string

イベントの繰り返し実行のパターン: なし、毎日、毎週、毎月、または毎年

繰り返しの終了日
recurrenceEnd date

繰り返し実行の終了日

発生回数
numberOfOccurences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
reminderMinutesBeforeStart integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

アラーム オン
isReminderOn boolean

イベントをユーザーに通知するようにアラートが設定されている場合は、true に設定します。

表示方法
showAs string

イベント中に表示する状態: 空き時間、保留、取り込み中、oof、workingElsewhere または不明

要求された応答
responseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

秘密度
sensitivity string

可能な値は次のとおりです: 標準、個人、非公開、機密

PaginatedListResponse[CalendarEventClientReceiveStringEnums]

リストと次のリンクを含む応答

名前 パス 説明
Values array of CalendarEventClientReceiveStringEnums

CalendarEventClientReceiveStringEnums

クライアントのコネクタ固有のカレンダー イベント モデル クラス

名前 パス 説明
重要度
Importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

応答の種類
ResponseType string

イベントの応答の種類: なし、開催者、TentativelyAccepted、承諾済み、拒否済み、または NotResponded

繰り返し
Recurrence string

イベントの定期的なパターン

表示方法
ShowAs string

イベント中に表示する状態

情報カテゴリ
Subject string

イベントの件名

開始時刻
Start date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

応答時間
ResponseTime date-time

イベントの応答時間

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

ID
Id string

イベントの一意識別子

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

開催者
Organizer email

イベントの開催者

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

カテゴリ
Categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

Web リンク
WebLink uri

Outlook Web App でイベントを開くための URL

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body string

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
IsHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

場所
Location string

イベントの場所

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

ClientReceiveMessageStringEnums

電子メールのメッセージを受信する

名前 パス 説明
重要度
Importance string

メッセージの重要度

From
From email

メールボックスの所有者とメッセージの送信者

発信先
To email

メッセージの受信者

CC
Cc email

メッセージの CC 受信者

BCC
Bcc email

メッセージの BCC 受信者

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

情報カテゴリ
Subject string

メッセージの件名

本文​​
Body string

メッセージの本文

本文のプレビュー
BodyPreview string

メッセージのプレビュー

添付ファイルの有無
HasAttachment boolean

メッセージに添付ファイルがあるかかどうかを示します

メッセージ ID
Id string

メッセージの一意識別子

インターネット メッセージ ID
InternetMessageId string

RFC2822 が指定する形式のメッセージ ID

会話 ID
ConversationId string

電子メールが属する会話を表す ID

受取時間
DateTimeReceived date-time

メッセージを受信した日時

既読
IsRead boolean

メッセージが既読かどうかを示します

Attachments
Attachments array of ClientReceiveFileAttachment

メッセージの添付ファイル

HTML かどうか
IsHtml boolean

HTML かどうか?

ClientReceiveFileAttachment

添付ファイル

名前 パス 説明
添付ファイル ID
Id string

添付ファイル ID

件名
Name string

添付ファイル名

内容
ContentBytes byte

添付ファイルのコンテンツ

コンテンツ タイプ
ContentType string

添付ファイルのコンテンツ タイプ

サイズ
Size integer

添付ファイルのサイズ (バイト数)

インラインかどうか
IsInline boolean

この添付ファイルがインラインの場合は true に設定します

最終更新日時
LastModifiedDateTime date-time

添付ファイルが最後に修正された日時

コンテンツ ID
ContentId string

コンテンツ ID

BatchResponse[ClientReceiveMessage]

バッチ応答のラッパー オブジェクトを表します

名前 パス 説明
value array of ClientReceiveMessage

応答オブジェクトの一覧

ClientReceiveMessage

電子メールのメッセージを受信する

名前 パス 説明
From
From email

メールボックスの所有者とメッセージの送信者

発信先
To email

メッセージの受信者

CC
Cc email

メッセージの CC 受信者

BCC
Bcc email

メッセージの BCC 受信者

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

情報カテゴリ
Subject string

メッセージの件名

本文​​
Body string

メッセージの本文

重要度
Importance integer

メッセージの重要度 (0 - 低、1 - 標準、2 - 高)

本文のプレビュー
BodyPreview string

メッセージのプレビュー

添付ファイルの有無
HasAttachment boolean

メッセージに添付ファイルがあるかかどうかを示します

メッセージ ID
Id string

メッセージの一意識別子

インターネット メッセージ ID
InternetMessageId string

RFC2822 が指定する形式のメッセージ ID

会話 ID
ConversationId string

電子メールが属する会話を表す ID

受取時間
DateTimeReceived date-time

メッセージを受信した日時

既読
IsRead boolean

メッセージが既読かどうかを示します

Attachments
Attachments array of ClientReceiveFileAttachment

メッセージの添付ファイル

HTML かどうか
IsHtml boolean

HTML かどうか?

GraphClientReceiveMessage

Graph クライアントが電子メール メッセージを受信する

名前 パス 説明
From
from email

メールボックスの所有者とメッセージの送信者

発信先
toRecipients email

メッセージの受信者

CC
ccRecipients email

メッセージの CC 受信者

BCC
bccRecipients email

メッセージの BCC 受信者

返信先
replyTo email

返信時に使用するメール アドレス

情報カテゴリ
subject string

メッセージの件名

本文​​
body string

メッセージの本文

重要度
importance string

メッセージの重要度 (低、標準、高)

本文のプレビュー
bodyPreview string

メッセージのプレビュー

添付ファイルの有無
hasAttachments boolean

メッセージに添付ファイルがあるかかどうかを示します

メッセージ ID
id string

メッセージの一意識別子

インターネット メッセージ ID
internetMessageId string

RFC2822 が指定する形式のメッセージ ID

会話 ID
conversationId string

電子メールが属する会話を表す ID

受取時間
receivedDateTime date-time

メッセージを受信した日時

既読
isRead boolean

メッセージが既読かどうかを示します

Attachments
attachments array of GraphClientReceiveFileAttachment

メッセージの添付ファイル

HTML かどうか
isHtml boolean

HTML かどうか?

GraphClientReceiveFileAttachment

添付ファイル

名前 パス 説明
添付ファイル ID
id string

添付ファイル ID

件名
name string

添付ファイル名

内容
contentBytes byte

添付ファイルのコンテンツ

コンテンツ タイプ
contentType string

添付ファイルのコンテンツ タイプ

サイズ
size integer

添付ファイルのサイズ (バイト数)

インラインかどうか
isInline boolean

この添付ファイルがインラインの場合は true に設定します

最終更新日時
lastModifiedDateTime date-time

添付ファイルが最後に修正された日時

コンテンツ ID
contentId string

コンテンツ ID

BatchResponse[GraphClientReceiveMessage]

バッチ応答のラッパー オブジェクトを表します

名前 パス 説明
value array of GraphClientReceiveMessage

応答オブジェクトの一覧

TriggerBatchResponse[ClientReceiveMessage]

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

名前 パス 説明
value array of ClientReceiveMessage

応答オブジェクトの一覧

TriggerBatchResponse[GraphClientReceiveMessage]

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

名前 パス 説明
value array of GraphClientReceiveMessage

応答オブジェクトの一覧

MailTipsClientReceive

呼び出し元に返されたメールのヒント クライアント モデル

名前 パス 説明
AutomaticReplies
AutomaticReplies MailTipsAutomaticReplies

メールのヒントの一部としての自動返信

DeliveryRestricted
DeliveryRestricted boolean

制限された配信かどうか

ExternalMemberCount
ExternalMemberCount integer

外部メンバーの数

IsModerated
IsModerated boolean

モデレートされているかどうか

MailboxFull
MailboxFull boolean

メールボックスがいっぱいかどうか

MaxMessageSize
MaxMessageSize integer

最大メッセージ サイズ

TotalMemberCount
TotalMemberCount integer

総メンバー数

MailTipsAutomaticReplies

メールのヒントの一部としての自動返信

名前 パス 説明
メッセージ
Message string

自動返信のメッセージ

TriggerBatchResponse[ReceiveMessageMetadata]

バッチ トリガー応答のラッパー オブジェクトを表します

名前 パス 説明
value array of ReceiveMessageMetadata

応答オブジェクトの一覧

ReceiveMessageMetadata

電子メールのメッセージを受信する

名前 パス 説明
From
From email

メールボックスの所有者とメッセージの送信者

発信先
To email

メッセージの受信者

CC
Cc email

メッセージの CC 受信者

BCC
Bcc email

メッセージの BCC 受信者

返信先
ReplyTo email

返信時に使用するメール アドレス

情報カテゴリ
Subject string

メッセージの件名

重要度
Importance integer

メッセージの重要度 (0 - 低、1 - 標準、2 - 高)

添付ファイルの有無
HasAttachment boolean

メッセージに添付ファイルがあるかかどうかを示します

メッセージ ID
Id string

メッセージの一意識別子

受取時間
DateTimeReceived date-time

メッセージを受信した日時

既読
IsRead boolean

メッセージが既読かどうかを示します

ApprovalEmailResponse

承認電子メール応答

名前 パス 説明
SelectedOption
SelectedOption string

ユーザー応答

UserEmailAddress
UserEmailAddress string

ユーザーのメール アドレス。 この値には、配布グループや電子メール対応セキュリティ グループの個人ユーザーおよびユーザー ID の電子メール アドレスが含まれます。

UserTenantId
UserTenantId string

ユーザー テナント ID。 この値には、配布グループや電子メール対応セキュリティ グループの個人ユーザーおよびメンバーのテナント ID が含まれます。

UserId
UserId string

ユーザー ID。 この値には、配布グループや電子メール対応セキュリティ グループの個人ユーザーおよびメンバーのユーザー ID が含まれます。

EntityListResponse[Table]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of Table

値の一覧

テーブル

テーブルを表します。

名前 パス 説明
件名
Name string

テーブルの名前です。 名前は実行時に使用されます。

表示名
DisplayName string

テーブルの表示名です。

DynamicProperties
DynamicProperties object

コネクタによってクライアントに提供された追加のテーブル プロパティです。

EntityListResponse[CalendarEventBackend]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of CalendarEventBackend

値の一覧

EntityListResponse[CalendarEventClientReceiveStringEnums]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of CalendarEventClientReceiveStringEnums

値の一覧

EntityListResponse[GraphCalendarEventClientReceive]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of GraphCalendarEventClientReceive

値の一覧

CalendarEventListWithActionType

カレンダー項目とアクションの種類の一覧

名前 パス 説明
value array of CalendarEventClientWithActionType

カレンダー項目の一覧

CalendarEventClientWithActionType

カレンダー イベント モデルとアクションの種類

名前 パス 説明
アクションの種類
ActionType string

変更されたイベントのアクションの種類 - 追加、更新、または削除。

追加されたかどうか
IsAdded boolean

トリガーの最後のポーリング以降にイベントが追加されたかどうかを示すフラグ。

更新されているかどうか
IsUpdated boolean

トリガーの最後のポーリング以降にイベントが更新されたかどうかを示すフラグ。

情報カテゴリ
Subject string

イベントの件名

開始時刻
Start date-time

イベントの開始時刻 (例: '2016-11-01T14:30:00Z')

終了時刻
End date-time

イベントの終了時刻 (例: '2016-11-01T15:30:00Z')

表示方法
ShowAs integer

イベント中に表示する状態 (不明 - -1、空き時間 - 0、保留 - 1、取り込み中 - 2、Oof - 3、workingElsewhere - 4)

繰り返し
Recurrence integer

イベントの繰り返し実行のパターン (なし - 0、毎日 - 1、毎週 - 2、毎月 - 3、毎年 - 4)

応答の種類
ResponseType integer

イベントの応答の種類 (なし - 0、開催者 - 1、TentativelyAccepted - 2、承諾済み - 3、拒否済み - 4、NotResponded - 5)

応答時間
ResponseTime date-time

イベントの応答時間

イベントの一意の ID
ICalUId string

イベントのすべてのインスタンスによって、複数のカレンダーの間で共有される一意識別子

重要度
Importance integer

イベントの重要度 (0 - 低、1 - 標準、2 - 高)

ID
Id string

イベントの一意識別子

作成時刻
DateTimeCreated date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

開催者
Organizer email

イベントの開催者

タイム ゾーン
TimeZone string

イベントのタイム ゾーン

シリーズ マスター ID
SeriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

カテゴリ
Categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

Web リンク
WebLink uri

Outlook Web App でイベントを開くための URL

必須の出席者
RequiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
OptionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
ResourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

本文​​
Body string

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
IsHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

場所
Location string

イベントの場所

終日イベントですか?
IsAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

定期的なアイテムの終了時刻
RecurrenceEnd date-time

繰り返し実行の終了時間

発生回数
NumberOfOccurrences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
Reminder integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

要求された応答
ResponseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

GraphCalendarEventListWithActionType

カレンダー項目とアクションの種類の一覧

名前 パス 説明
value array of GraphCalendarEventClientWithActionType

カレンダー項目の一覧

GraphCalendarEventClientWithActionType

Graph カレンダー イベント モデルとアクションの種類

名前 パス 説明
アクションの種類
ActionType string

変更されたイベントのアクションの種類 - 追加、更新、または削除。

追加されたかどうか
IsAdded boolean

トリガーの最後のポーリング以降にイベントが追加されたかどうかを示すフラグ。

更新されているかどうか
IsUpdated boolean

トリガーの最後のポーリング以降にイベントが更新されたかどうかを示すフラグ。

情報カテゴリ
subject string

イベントの件名

開始時刻
start date-no-tz

イベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00:00.0000000')

終了時刻
end date-no-tz

イベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00:00.0000000')

タイムゾーンが指定された開始時刻
startWithTimeZone date-time

タイムゾーンが指定されたイベントの開始時刻 (例: '2017-08-29T04:00: 00.0000000 + 00:00')

タイム ゾーンが指定された終了時刻
endWithTimeZone date-time

タイム ゾーンが指定されたイベントの終了時刻 (例: '2017-08-29T05:00: 00.0000000 + 00:00')

本文​​
body html

イベントに関連付けられているメッセージの本体

HTML かどうか
isHtml boolean

本文が HTML の場合は true に設定する

応答の種類
responseType string

イベントの応答の種類 (なし、開催者、tentativelyAccepted、承諾済み、拒否済み、または NotResponded)

応答時間
responseTime date-time

イベントの応答時間

ID
id string

イベントの一意識別子

作成時刻
createdDateTime date-time

イベントが作成された日時

最終変更時刻
lastModifiedDateTime date-time

ドキュメントが最後に修正された日時

開催者
organizer email

イベントの開催者

タイム ゾーン
timeZone string

イベントのタイム ゾーン

シリーズ マスター ID
seriesMasterId string

シリーズ マスターというイベントの種類の一意識別子

iCalUId
iCalUId string

カレンダー間のイベントの一意の識別子。 この ID は、定期的な繰り返しの発生ごとに異なります

カテゴリ
categories array of string

イベントに関連付けられたカテゴリ

Web リンク
webLink uri

Outlook Web App でイベントを開くための URL

必須の出席者
requiredAttendees email

イベントの必須出席者 (セミコロン区切り)

任意出席者
optionalAttendees email

イベントの任意出席者 (セミコロン区切り)

リソースの出席者
resourceAttendees string

イベントのリソースの出席者 (セミコロン区切り)

場所
location string

イベントの場所

重要度
importance string

イベントの重要度: 低、標準、高

終日イベントですか?
isAllDay boolean

イベントが終日である場合は true に設定します

繰り返し
recurrence string

イベントの繰り返し実行のパターン: なし、毎日、毎週、毎月、または毎年

繰り返しの終了日
recurrenceEnd date

繰り返し実行の終了日

発生回数
numberOfOccurences integer

イベントを繰り返す回数

アラーム
reminderMinutesBeforeStart integer

イベントのアラームが開始されるまでの時間 (分)

アラーム オン
isReminderOn boolean

イベントをユーザーに通知するようにアラートが設定されている場合は、true に設定します。

表示方法
showAs string

イベント中に表示する状態: 空き時間、保留、取り込み中、oof、workingElsewhere または不明

要求された応答
responseRequested boolean

イベントの承諾時または拒否時に送信者の応答を希望する場合は true に設定します

秘密度
sensitivity string

可能な値は次のとおりです: 標準、個人、非公開、機密

EntityListResponse[GraphContactFolder]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of GraphContactFolder

値の一覧

GraphContactFolder

Graph API によって返される連絡先フォルダーのデータ モデル

名前 パス 説明
ID
id string

連絡先のフォルダーの ID

表示名
displayName string

連絡先のフォルダーの名前

親フォルダー ID
parentFolderId string

親フォルダーの ID

EntityListResponse[ContactResponse]

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of ContactResponse

値の一覧

ContactResponse

連絡先の応答

名前 パス 説明
指定された名前
GivenName string

連絡先の名

自宅電話
HomePhones array of string

連絡先の自宅電話番号

ID
Id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
ParentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
Birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
FileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
DisplayName string

連絡先の表示名

イニシャル
Initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
MiddleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
NickName string

連絡先のニックネーム

Surname string

連絡先の姓

敬称
Title string

連絡先の役職

生成
Generation string

連絡先の生成

電子メール アドレス
EmailAddresses array of EmailAddress

連絡先の電子メール アドレス

IM アドレス
ImAddresses array of string

連絡先のインスタント メッセージ (IM) アドレス

JobTitle
JobTitle string

連絡先の役職

会社名
CompanyName string

連絡先の会社の名前

部署
Department string

連絡先の部署

オフィスの場所
OfficeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
Profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
BusinessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
AssistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
Manager string

連絡先の上司の名前

勤務先電話番号
BusinessPhones array of string

連絡先の勤務先電話番号

携帯電話
MobilePhone1 string

連絡先の携帯電話番号

HomeAddress
HomeAddress PhysicalAddress
BusinessAddress
BusinessAddress PhysicalAddress
OtherAddress
OtherAddress PhysicalAddress
フリガナ (会社名)
YomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
YomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
YomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
Categories array of string

連絡先に関連付けられたカテゴリ

キーの変更
ChangeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
DateTimeCreated date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
DateTimeLastModified date-time

連絡先が修正された時間

AutomaticRepliesSettingClient_V2

コネクタの自動返信設定モデル

名前 パス 説明
ステータス
status string

自動返信設定状態

External Audience
externalAudience string

外部返信メッセージが表示される対象者

日時
scheduledStartDateTime.dateTime string

スケジュールされた開始時間 (例: '2017-08-29T04:00:00.0000000')

TimeZone
scheduledStartDateTime.timeZone string

TimeZone (例: '太平洋標準時')

日時
scheduledEndDateTime.dateTime string

スケジュールされた終了時間 (例: '2017-08-29T05:00:00.0000000')

TimeZone
scheduledEndDateTime.timeZone string

TimeZone (例: '太平洋標準時')

内部の応答メッセージ
internalReplyMessage string

組織内のユーザーへのメッセージ

外部の応答メッセージ
externalReplyMessage string

組織外のユーザーへのメッセージ

MailTipsClientReceive_V2

呼び出し元に返されたメールのヒント クライアント モデル

名前 パス 説明
automaticReplies
automaticReplies MailTipsAutomaticReplies_V2

メールのヒントの一部としての自動返信

制限された配信かどうか
deliveryRestricted boolean

制限された配信かどうか

モデレートされているかどうか
externalMemberCount integer

外部メンバーの数

モデレートされているかどうか
isModerated boolean

モデレートされているかどうか

メールボックスがいっぱいかどうか
mailboxFull boolean

メールボックスがいっぱいかどうか

最大メッセージ サイズ
maxMessageSize integer

最大メッセージ サイズ

総メンバー数
totalMemberCount integer

総メンバー数

MailTipsAutomaticReplies_V2

メールのヒントの一部としての自動返信

名前 パス 説明
自動返信のメッセージ
message string

自動返信のメッセージ

MeetingTimeSuggestions

会議時間の提案

名前 パス 説明
信頼度
Confidence float

信頼度

開催者の空き状況
OrganizerAvailability string

開催者の空き状況

提案の理由
SuggestionReason string

提案の理由

DateTimeTimeZone
MeetingTimeSlot.Start DateTimeTimeZone

DateTimeTimeZone

DateTimeTimeZone
MeetingTimeSlot.End DateTimeTimeZone

DateTimeTimeZone

出席者の空き状況
AttendeeAvailability array of object

出席者の空き状況

可用性
AttendeeAvailability.Availability string

可用性

タイプ
AttendeeAvailability.Attendee.Type string

タイプ

住所
AttendeeAvailability.Attendee.EmailAddress.Address string

住所

場所
Locations array of object

場所

表示名
Locations.DisplayName string

表示名

場所の電子メール アドレス
Locations.LocationEmailAddress string

場所の電子メール アドレス

タイプ
Locations.Address.Type string

タイプ

番地
Locations.Address.Street string

番地

Locations.Address.City string

完了状態
Locations.Address.State string

完了状態

国または地域
Locations.Address.CountryOrRegion string

国または地域

郵便番号
Locations.Address.PostalCode string

郵便番号

MeetingTimeSuggestions_V2

会議時間の提案

名前 パス 説明
信頼度
confidence float

信頼度

開催者の空き状況
organizerAvailability string

開催者の空き状況

提案の理由
suggestionReason string

提案の理由

DateTimeTimeZone
meetingTimeSlot.start DateTimeTimeZone_V2

DateTimeTimeZone

DateTimeTimeZone
meetingTimeSlot.end DateTimeTimeZone_V2

DateTimeTimeZone

出席者の空き状況
attendeeAvailability array of object

出席者の空き状況

可用性
attendeeAvailability.availability string

可用性

タイプ
attendeeAvailability.attendee.type string

タイプ

住所
attendeeAvailability.attendee.emailAddress.address string

住所

場所
locations array of object

場所

表示名
locations.displayName string

表示名

場所の電子メール アドレス
locations.locationEmailAddress string

場所の電子メール アドレス

番地
locations.address.street string

番地

locations.address.city string

完了状態
locations.address.state string

完了状態

国または地域
locations.address.countryOrRegion string

国または地域

郵便番号
locations.address.postalCode string

郵便番号

DateTimeTimeZone

DateTimeTimeZone

名前 パス 説明
日時
DateTime string

日時

TimeZone
TimeZone string

TimeZone

DateTimeTimeZone_V2

DateTimeTimeZone

名前 パス 説明
日時
dateTime string

DateTime (例: 「2017-08-29T04:00:00.0000000」)

TimeZone
timeZone string

TimeZone (例: '太平洋標準時')

EntityListResponse[ContactResponse]_V2

エンティティ一覧の応答

名前 パス 説明
value array of ContactResponse_V2

値の一覧

EmailAddress_V2

名前 パス 説明
名前
name string
アドレス
address email

PhysicalAddress_V2

名前 パス 説明
番地
street string

連絡先の番地。

city string

連絡先の市。

完了状態
state string

連絡先の都道府県。

国または地域
countryOrRegion string

連絡先の地域の国。

郵便番号
postalCode string

連絡先の郵便番号。

ContactResponse_V2

連絡先

名前 パス 説明
ID
id string

連絡先の一意の識別子。

親フォルダー ID
parentFolderId string

連絡先の親フォルダーの ID

誕生日
birthday date-time

連絡先の誕生日

ファイルの種類
fileAs string

連絡先が記載されている名前

表示名
displayName string

連絡先の表示名

指定された名前
givenName string

連絡先の名

イニシャル
initials string

連絡先のイニシャル

ミドルネーム
middleName string

連絡先のミドル ネーム

ニックネーム
nickName string

連絡先のニックネーム

surname string

連絡先の姓

敬称
title string

連絡先の役職

生成
generation string

連絡先の生成

電子メール アドレス
emailAddresses array of EmailAddress_V2

連絡先の電子メール アドレス

IM アドレス
imAddresses array of string

連絡先のインスタント メッセージ (IM) アドレス

JobTitle
jobTitle string

連絡先の役職

会社名
companyName string

連絡先の会社の名前

部署
department string

連絡先の部署

オフィスの場所
officeLocation string

連絡先のオフィスの場所

Profession
profession string

連絡先の Profession

勤務先のホーム ページ
businessHomePage string

連絡先の勤務先のホーム ページ

秘書名
assistantName string

連絡先の秘書の名前

管理者
manager string

連絡先の上司の名前

自宅電話
homePhones array of string

連絡先の自宅電話番号

勤務先電話番号
businessPhones array of string

連絡先の勤務先電話番号

携帯電話
mobilePhone string

連絡先の携帯電話番号

homeAddress
homeAddress PhysicalAddress_V2
businessAddress
businessAddress PhysicalAddress_V2
otherAddress
otherAddress PhysicalAddress_V2
フリガナ (会社名)
yomiCompanyName string

日本語で表した連絡先の会社名

フリガナ (名)
yomiGivenName string

日本語で表した連絡先の名

姓のフリガナ
yomiSurname string

日本語で表した連絡先の姓

カテゴリ
categories array of string

連絡先に関連付けられたカテゴリ

キーの変更
changeKey string

イベント オブジェクトのバージョンを識別する

作成時刻
createdDateTime date-time

連絡先が作成された時間

最終変更時刻
lastModifiedDateTime date-time

連絡先が修正された時間

ObjectWithoutType

バイナリ

これは基本的なデータ型 'バイナリ' です。