Windows のコマンド

サポートされているすべてのバージョンの Windows と Windows Serverには、一連の Win32 コンソール コマンドが組み込まれています。 この一連のドキュメントでは、スクリプトまたはスクリプト ツールを使用してタスクを自動化するために使用できる Windows コマンドについて説明します。

コマンド ライン シェル

Windowsには、コマンド シェルと PowerShell の 2 つのコマンド ライン シェルがあります。 各シェルは、ユーザーとオペレーティング システムまたはアプリケーション間の直接通信を提供するソフトウェア プログラムであり、IT 運用を自動化するための環境を提供します。

コマンド シェルは、バッチ (.bat) ファイルを使用して、ユーザー アカウント管理や夜間のバックアップなどの日常的なタスクを自動化するために Windows に組み込んだ最初のシェルでした。 Windows スクリプト ホストを使用すると、コマンド シェルでさらに高度なスクリプトを実行できます。 詳細については、cscript または wscript を参照してください。 スクリプトを使用すると、ユーザー インターフェイスを使用するよりも効率的に操作を実行できます。 スクリプトは、コマンド ラインで使用できるすべてのコマンドを受け入れます。

PowerShell は、コマンドシェルの機能を拡張してコマンドレットと呼ばれる PowerShell コマンドを実行するように設計されています。 コマンドレットは Windows コマンドに似ていますが、より拡張性の高いスクリプト言語を提供します。 PowerShell では Windows コマンドと PowerShell コマンドレットの両方を実行できますが、コマンド シェルは PowerShell コマンドレットではなく、Windows コマンドのみを実行できます。

最も堅牢で最新の Windows オートメーションの場合は、Windows コマンドではなく PowerShell を使用するか、Windows スクリプト ホストを使用して Windows オートメーションすることをお勧めします。

Windows コマンドの終了コードとエラー コードのリファレンスは、発生したエラーを理解するのに役立つ可能性のあるデバッグ システム エラー コードの記事に記載されています。 Windows コマンドには、コマンド リダイレクト演算子も含まれます。 その使用方法の詳細については、「コマンド リダイレクト演算子の使用」を参照してください。

Note

PowerShell のオープンソースバージョンである PowerShell Core をダウンロードしてインストールすることもできます。

コマンド シェル ファイルとディレクトリ名の自動補完

コマンド シェルを構成すると、指定した制御文字が押された場合に、コンピューターまたはユーザー セッションのファイル名とディレクトリ名を自動的に完了できます。 既定では、この制御文字は、ファイル名とディレクトリ名の両方でタブ キーになるように構成されていますが、異なる場合があります。 この制御文字を変更するには、regedit.exe を実行し、現在のユーザーのみの値を変更するか、コンピューターのすべてのユーザーの値を変更するかどうかに応じて、以下のレジストリ キーとエントリのいずれかに移動します。

注意事項

レジストリを正しく編集しないと、システムが正常に動作しなくなる場合があります。 レジストリに次の変更を加える前に、コンピュータ上の重要なデータをバックアップする必要があります。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Command Processor\CompletionChar
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Command Processor\CompletionChar
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Command Processor\PathCompletionChar

これらの値を、使用する制御文字の値に設定します。 完全なリストについては、仮想キー コードを参照してください。 レジストリ内にある特定の補完文字を無効にするには、有効な制御文字ではないため、スペース (0x20) の値を使用します。 このレジストリ エントリの値のタイプは REG_DWORDであり、16 進値または 10 進値で指定できます。

パラメータを指定して cmd.exe を実行し、/F:ON または /F:OFF を切り替えることで、コマンド シェルのインスタンスごとにファイル名とディレクトリ名の補完を有効または無効にすることもできます。 /F:ON パラメーターと切り替えを使用して名前補完が有効になっている場合、使用される 2 つの制御文字は、ディレクトリー名補完の場合は Ctrl-D、ファイル名補完の場合は Ctrl-F です。 ユーザー指定の設定はコンピューターの設定よりも優先され、コマンド ライン オプションはレジストリ設定よりも優先されます。

コマンド ライン リファレンスに関するページ (英語ページの可能性があります)

特定のコマンドに関する情報を見つけるには、次の A-Z メニューで、コマンドの開始文字を選択してからコマンド名を選択します。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X